映画と出会う・世界が変わる

フリーページ

2007年01月05日
XML
カテゴリ:硫黄島2部作
これはご本人が亡くなっているので実現は不可能
であるが、深作欣二をあげたい。
「軍旗はためく下で」のような構成でどうだろうか。
今井正監督の「あゝ声なき友」という作品がある。
かっての戦友たちの遺書をあずかって一人生還した男が、
残りの人生をかけて、全国の遺族を訪れ歩き、この訪問
を通して戦争のもたらした悲劇を描くという内容。
このような出だしで、そこから硫黄島の戦いの実態と
悲劇をあぶりだすという内容を期待できそうだ。
現存の映画監督で、これを撮るにふさわしい、あるいは、
適した人がなかなか見当たらない。
強いてあげれば、崔洋一と阪本順治であろうか。
こうして考えれば、日本映画界には戦争を体験した上で
映画作家としてそれを伝えていける人がいないし、より
若い映画作家にも、そうした意識のある人が少ないこと
が判る。






最終更新日  2007年01月05日 09時16分39秒
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 戦争映画の作り手   E.T. さん
おくれましたが、あけましておめでとうございます。硫黄島2部作、日本人監督では、思いつきません。若手には、誰もおりませんね。つまらない恋愛(涙過剰)しか映画化できないし、ベテラン佐藤純也監督・・男たちの大和なんて珍作(?)ですしね、本気で戦争に立ち向かわないのが流行のご時世に、棹さすのは市場調査上(儲けない)無理だし、製作委員会も了承しない。
 別な意味の戦争映画「半島を出よ」:村上龍原作映画化の話も霧散霧消しましたし。 (2007年01月06日 10時49分40秒)

 あけましておめでとうございます   サリィ斉藤 さん
今年も楽しみに読ませていただきます。
「硫黄島からの手紙」を観て、この映画を日本で作ることは出来ただろうか…と考えた人は多かったでしょうね。
二部作の配給のやり方一つとっても、日本の映画の送り手達には、もっとしっかりしてよーと言いたくなってしまいました。 (2007年01月07日 21時46分13秒)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:映画しりとり遊びをやってみた!(03/15) mix cialis and viagraviagra cialis levi…
 http://buycialisky.com/@ Re:法治国家放棄宣言(12/03) generic cialis sourcecost comparison of…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画「ミッドナイト・イーグル」と松竹の行方?(12/15) buy brand name cialiscialis soft pill f…
 http://buycialisky.com/@ Re:「龍馬伝」なんか知らないよ!(11/28) safe generic cialisand hypertension cia…
 http://buycialisky.com/@ Re:2012■さまざまな出演者たち(12/17) cialis generika ohne zollcialis non gen…

お気に入りブログ

同感です New! みらい0614さん

病院ハシゴと疲労感 New! k-nanaさん

バイデンには国民の… New! lalameansさん

傷に気付く ポンボさん

1889. 第46代米国… カズ姫1さん


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.