映画と出会う・世界が変わる

フリーページ

2007年11月26日
XML
映画「ボーン・アルティメイタム」の主役は、当然、
主人公ジェイソン・ボーンを演じるマット・ディモン
である。
このボーンが銃を構え、撃ち、走り、殴り、カーチェイス
で暴走して動の役割を果たす一方で、静の役割のパメラと
ニッキーを忘れてはいけない。
実はボーン以上に強い印象を残している。
クライマックスに誘導するジョーン・アレン演じるパメラの
知能犯的行動、そしてラスト、微笑むジュリア・スタイルズ
演じるニッキーは、この映画の主役は実は私だと言わんばかり
である。

この映画でボーンが主人公であることが出来るのは、キャメラ
ワークと編集技術によってではないだろうか。






最終更新日  2007年11月26日 02時33分05秒
コメント(3) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 パメラの台詞   E.T. さん
組織の恥部をさらけ出す決意をする場面の台詞”殺し屋を養成するためにCIAに入局したのではない”、いい台詞ですね。強面の有能な役が多いジョーン・アレンが口にするので納得させられます。
この映画、製作段階でのシナリオが二転三転した作品だったそうで、俳優たちも次どうなるか、知らされないまま撮影していたとか。文字通り、全編全力疾走し、カメラは主人公と併走しつづける、体力勝負の完結編でした。
 閑話休題、この映画でも終盤に登場したアルバート・フィニー、今年は彼の当たり年。初頭の「リトルミスサンシャイン」の死期間寸前の老人、「プロヴァンスからの贈りもの」のフランス田舎暮らしの
テニス好き悠々自適・初老の男(リドリー・スコット監督を彷彿とさせる)そして、今作「ボー・・」
というわけでありました。 (2007年11月26日 11時34分10秒)

 E.T.さんへ   哲0701 さん
>”殺し屋を養成するためにCIAに入局したのではない”

このセリフはとても良かったです。
まるで社会派ドラマのセリフのようですが、
それがこの痛快娯楽映画の中に違和感なく
おさまっていました。

「リトル・ミスサンシャイン」の老人は
アラン・アーキンではありませんでしたか?
アルバート・フィニーは出ていましたっけ?
それにしてもこの人、おっしゃる通りに
最近活躍ですね。 (2007年11月28日 08時47分54秒)

 Re:ボーン・アルティメイタム■本当の主人公は?(11/26)   BCwall さん
ジョーン・アレンとジュリア・スタイルズがさりげなく、しかし確実に効いていましたね。
アルバート・フィニーは、今年公開の映画で大活躍ですね。 (2007年11月30日 19時46分56秒)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:映画しりとり遊びをやってみた!(03/15) mix cialis and viagraviagra cialis levi…
 http://buycialisky.com/@ Re:法治国家放棄宣言(12/03) generic cialis sourcecost comparison of…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画「ミッドナイト・イーグル」と松竹の行方?(12/15) buy brand name cialiscialis soft pill f…
 http://buycialisky.com/@ Re:「龍馬伝」なんか知らないよ!(11/28) safe generic cialisand hypertension cia…
 http://buycialisky.com/@ Re:2012■さまざまな出演者たち(12/17) cialis generika ohne zollcialis non gen…

お気に入りブログ

桜は司法に頑張って… New! みらい0614さん

なかなかの物量 New! k-nanaさん

ルイ=フェルディナ… New! SEAL OF CAINさん

安倍・菅ら朝鮮工作… New! lalameansさん

出会ったいきものさ… New! ポンボさん


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.