映画と出会う・世界が変わる

フリーページ

2008年03月29日
XML
25日の日記で「バンテージ・ポイント」の出来は編集技術に
よると書いたが、この編集技術が大きく支えている作品は、
この「バンテージ・ポイント」に限られない。
最近の映画の大きな傾向である。
登場人物の個性を描くことで、それを演出することでスリル
を盛り上げるという手法ではなく、短いショットでアクション
シーンをつなぐことで盛り上げようという手法に変わってき
ている。
このことは、「ダイハード」の第1作から昨年公開された
「ダイハード4.0」を比較するとよくわかる。
「ダイハード」以前のアクション映画の代表的存在といえる
「ブリット」や「ダーティー・ハリー」は、まさにヒーロー
のキャラクターが主役であり、派手なアクションは添え物で
あったと思う。
編集で見せるとは、これは本編ではなく予告編である。
「バンテージ・ポイント」は上映時間は約90分と、本編として
は短い方であるが、これは「長い予告編」である。

それにしても、この予告編的本編はいつ頃から主流になった
のであろうか。80年代中期に隆盛を極めたスタローン・シュワ
のマッチョ破壊アクションあたりが起源かと思うのだが、
いかがであろうか。











最終更新日  2008年03月29日 10時53分09秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:映画しりとり遊びをやってみた!(03/15) mix cialis and viagraviagra cialis levi…
 http://buycialisky.com/@ Re:法治国家放棄宣言(12/03) generic cialis sourcecost comparison of…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画「ミッドナイト・イーグル」と松竹の行方?(12/15) buy brand name cialiscialis soft pill f…
 http://buycialisky.com/@ Re:「龍馬伝」なんか知らないよ!(11/28) safe generic cialisand hypertension cia…
 http://buycialisky.com/@ Re:2012■さまざまな出演者たち(12/17) cialis generika ohne zollcialis non gen…

お気に入りブログ

フッド:ザ・ビギニ… New! 天地 はるなさん

醍醐味 New! k-nanaさん

惚け(ボケ)菌なる… New! ポンボさん

1791. マンモス・ケ… カズ姫1さん

河口湖ジャズセミナー lalameansさん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.