映画と出会う・世界が変わる

フリーページ

2008年05月07日
XML
この映画「相棒-劇場版-」が描く内容に、金子修介の「ガメラ・シリーズ」
を見たときと同じような衝撃と意外性を感じた。
映画「相棒-劇場版-」が描くものは「ゲーム的犯罪・テロを装った復讐で
あり、その復讐によって政府とメディア、そしてそれらに付和雷同した国民、
それぞれの責任を明確化しようとしたこと」である。
犯人は、この行動によって政府・メディア・国民の無責任によって一人の青年
が死に至った事件を明らかにして、それらの責任を明確にしようとした。
この映画のユニークさは、犯人の意志の正当性を認めていることにある。
それは、杉下の犯人に対して「貴方の言っていることは正しいと思います。
しかし、やり方が間違っている」という台詞に顕れている。
多くのこの種のドラマが犯人に対する道徳的なお説教で終わらせているが、
ここではその姿勢を装いながら、その意志は認めて、他の方法で行うことを
諭すのである。この巧妙さこそ、この作品の最大の魅力であり、核である。
この映画は、いろいろと欠点はあるにしても人質バッシング事件への批判を
テーマにした社会派映画として評価したい。







最終更新日  2008年05月07日 03時20分13秒
コメント(2) | コメントを書く
[作品レビュー(日本映画)] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:映画しりとり遊びをやってみた!(03/15) mix cialis and viagraviagra cialis levi…
 http://buycialisky.com/@ Re:法治国家放棄宣言(12/03) generic cialis sourcecost comparison of…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画「ミッドナイト・イーグル」と松竹の行方?(12/15) buy brand name cialiscialis soft pill f…
 http://buycialisky.com/@ Re:「龍馬伝」なんか知らないよ!(11/28) safe generic cialisand hypertension cia…
 http://buycialisky.com/@ Re:2012■さまざまな出演者たち(12/17) cialis generika ohne zollcialis non gen…

お気に入りブログ

天神祭りと大阪締め New! 天地 はるなさん

心配される New! k-nanaさん

兵庫の尼崎で、投票… New! lalameansさん

熱しやすく冷めやす… みらい0614さん

選挙戦が終わって ポンボさん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.