映画と出会う・世界が変わる

フリーページ

2008年11月27日
XML
「おくりびと」という映画を見ながら、
考えたのは職業への差別感である。
納棺士にはあらゆる人がお世話になり、
そこには非常に高度な技術が必要なので
あるが、「私は納棺士です」と堂々と言
うのをはばかる何かがあるようだ。
主人公が納棺の仕事をする会社に勤めた
ことを妻に言わなかったことも、それは
決して自分の希望の仕事ではなかったか
らではなく、この仕事への差別意識が働
いたからではなかろうか。
事実、旧友からは「そんな職業について」
と非難され、妻は実家に帰るということ
になってしまう。
この差別意識は、この職業が「人間の死」
から成り立つものだからなのか、単に「死」
という縁起でもないことから成り立つから
なのか、私にはよく判らない。
映画を見ている間、必ず存在しながらも「恥
ずかしい職業」と言われるものには何があり、
そのように思う理由は何だろうかと考えて
いた。






最終更新日  2008年11月27日 09時12分53秒
コメント(3) | コメントを書く
[作品レビュー(日本映画)] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:映画しりとり遊びをやってみた!(03/15) mix cialis and viagraviagra cialis levi…
 http://buycialisky.com/@ Re:法治国家放棄宣言(12/03) generic cialis sourcecost comparison of…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画「ミッドナイト・イーグル」と松竹の行方?(12/15) buy brand name cialiscialis soft pill f…
 http://buycialisky.com/@ Re:「龍馬伝」なんか知らないよ!(11/28) safe generic cialisand hypertension cia…
 http://buycialisky.com/@ Re:2012■さまざまな出演者たち(12/17) cialis generika ohne zollcialis non gen…

お気に入りブログ

1780. 夕日と月下の… New! カズ姫1さん

折々のことば:死を… New! 天地 はるなさん

スタジオリハーサル… New! lalameansさん

オンブラマイフ New! k-nanaさん

「大規模停電は人災… みらい0614さん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.