映画と出会う・世界が変わる

フリーページ

2009年06月23日
XML
自らゲイを公表して公職についたアメリカ初めての政治
家ハーヴェイ・ミルクの半生を描いた作品。
決して過度にドラマティックになるわけでもなく、また
ゲイの正当性を声高に主張しているわけでもない、どち
らかというと淡々とした演出であることに非常な説得力
がある。
1972年から1977年に市会議員に当選し、1978年に殺害さ
れるまでを描いたものであるが、この時期はアメリカ映
画史では、アメリカンニューシネマからベトナム戦争後
の疲弊したアメリカを描いた作品が数多く登場した時期
である。それらの映画に大きな役割を持ってゲイが登場
するが、そのことと併せて見ると、ミルクを中心とした
運動は決してゲイのコミュニティだけでのものではなく
全国的なひとつの大きな気運であったといえようし、そ
の流れがやがて黒人大統領を生み出すということにつな
がっていったのかと思う。
ミルクが恋人と一緒にサンフランシスコのカストロ通り
でカメラ店を開いて、そこかがコミュニティになってい
く過程は、我々の日常のコミュニティ作り、運動の立ち
上げにも非常に参考になるのではないか。
この映画もまたヒーロー映画として見る者に勇気を与え
てくれる。









最終更新日  2009年06月23日 08時53分48秒
コメント(1) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:映画しりとり遊びをやってみた!(03/15) mix cialis and viagraviagra cialis levi…
 http://buycialisky.com/@ Re:法治国家放棄宣言(12/03) generic cialis sourcecost comparison of…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画「ミッドナイト・イーグル」と松竹の行方?(12/15) buy brand name cialiscialis soft pill f…
 http://buycialisky.com/@ Re:「龍馬伝」なんか知らないよ!(11/28) safe generic cialisand hypertension cia…
 http://buycialisky.com/@ Re:2012■さまざまな出演者たち(12/17) cialis generika ohne zollcialis non gen…

お気に入りブログ

北海道ドライブ旅行… New! 天地 はるなさん

ノートパソコン買っ… New! k-nanaさん

「期日前投票」がい… lalameansさん

1773. 第25回参議院… カズ姫1さん

無党派って、って思… ポンボさん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.