映画と出会う・世界が変わる

フリーページ

2009年07月12日
XML
物語としては手塚治虫の原作があり、内容は米国もから
んだ国家謀略、毒ガス兵器、復讐、主人公は聖と邪を象
徴する二人。真相を追究する新聞記者。
これだけの素材が揃っていて、これほど面白くない凡庸
な映画に仕上げるというのも、もしかしたら、これもま
たある種の才能ではないかと感心してしまう。
こういう物語を描きながら、作者たちは一体、どこで観
客を楽しませ、何を訴えたかったのか?
ラストシーンは、続編を期待させるものであるが、作る
ならどうか脚本や監督など主要スタッフは総入れ替えを
して出直して欲しい。
それでこの作品は映画学校あたりで「面白い素材を活か
しきれない事例」として教材に使っていただきたいとこ
ろである。







最終更新日  2009年07月12日 08時13分15秒
コメント(0) | コメントを書く
[作品レビュー(日本映画)] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:映画しりとり遊びをやってみた!(03/15) mix cialis and viagraviagra cialis levi…
 http://buycialisky.com/@ Re:法治国家放棄宣言(12/03) generic cialis sourcecost comparison of…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画「ミッドナイト・イーグル」と松竹の行方?(12/15) buy brand name cialiscialis soft pill f…
 http://buycialisky.com/@ Re:「龍馬伝」なんか知らないよ!(11/28) safe generic cialisand hypertension cia…
 http://buycialisky.com/@ Re:2012■さまざまな出演者たち(12/17) cialis generika ohne zollcialis non gen…

お気に入りブログ

YouTubeを観ることが… New! lalameansさん

ロンドン観光:リー… New! 天地 はるなさん

ダブルヘッダー New! k-nanaさん

読書備忘録 みらい0614さん

1698. 日本での日々… カズ姫1さん


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.