映画と出会う・世界が変わる

フリーページ

2010年01月26日
XML
「戦場でワルツを」と「おくりびと」とはアカデミー外国語映画賞
を争った作品である。結果としては「おくりびと」が受賞したので
あるが、私はそれは納得である。
「おくりびと」が優れていると言っているのではない。
映画としては断然に「戦場でワルツを」が内容もテーマも衝撃力は
あり、これこそ世界中で見られるべき作品だと思う。
だからこそ、戦争を行っている国としては、この映画から遠ざかり
たかったのではなかろうか?審査員は当然、アメリカ人であれば、
そのような気持ちに傾くであろうことは、この映画を見ると、よく
理解できる。
「プラトーン」や「ディア・ハンター」のように被害者のふりをし
たヒロイズム映画とは違うのである。
人畜無害、癒し系の「おくりびと」が受賞するのは当然であろう。








最終更新日  2010年01月26日 16時15分55秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:映画しりとり遊びをやってみた!(03/15) mix cialis and viagraviagra cialis levi…
 http://buycialisky.com/@ Re:法治国家放棄宣言(12/03) generic cialis sourcecost comparison of…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画「ミッドナイト・イーグル」と松竹の行方?(12/15) buy brand name cialiscialis soft pill f…
 http://buycialisky.com/@ Re:「龍馬伝」なんか知らないよ!(11/28) safe generic cialisand hypertension cia…
 http://buycialisky.com/@ Re:2012■さまざまな出演者たち(12/17) cialis generika ohne zollcialis non gen…

お気に入りブログ

ひとり・・・ New! k-nanaさん

京都アニメーション… New! lalameansさん

この人(山本太郎)は… New! みらい0614さん

シンク・オア・スイ… New! 天地 はるなさん

おんりょう ポンボさん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.