映画と出会う・世界が変わる

フリーページ

2010年03月25日
XML
タイムトラベルものの成否は伏線の張り方とその結実が
ドラマにどのような影響を与えるか、そして、ほのかに
感じさせるセンチメンタリズムであろう。
その点ではこの作品は成功作である。
オリジナルの主演者・原田知世は透明感のある美少女タ
イプであったのに対して今回の主演の仲里依紗は、周辺
にいるような元気な女の子という感じ。
原田が静であれば、仲は動である。
そのような仲のキャラクターを活かして走る場面が多く、
そこがこのドラマの魅力でもある。
ドラマとしては1974年を舞台にしており、原田作品の観
客にとっては懐かしさを堪能できるのではなかろうか。
その意味では、この作品は2世代の観客が楽しむことの
出来る極めてお得な作品である。
仲里依紗は好演であるが、それほどのインパクトはない。
次のゼブラクィーンはどうなのだろうか?






最終更新日  2010年03月25日 00時04分04秒
コメント(2) | コメントを書く
[作品レビュー(日本映画)] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:映画しりとり遊びをやってみた!(03/15) mix cialis and viagraviagra cialis levi…
 http://buycialisky.com/@ Re:法治国家放棄宣言(12/03) generic cialis sourcecost comparison of…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画「ミッドナイト・イーグル」と松竹の行方?(12/15) buy brand name cialiscialis soft pill f…
 http://buycialisky.com/@ Re:「龍馬伝」なんか知らないよ!(11/28) safe generic cialisand hypertension cia…
 http://buycialisky.com/@ Re:2012■さまざまな出演者たち(12/17) cialis generika ohne zollcialis non gen…

お気に入りブログ

米トランプは、旧・… New! lalameansさん

昔語り:やみかご New! 天地 はるなさん

拍子抜け~(笑) New! k-nanaさん

遁刑者が出る責任は… ポンボさん

北海道新聞の記事 みらい0614さん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.