映画と出会う・世界が変わる

フリーページ

2010年03月31日
XML
この作品が描くのはあまりにも過酷な爆弾処理の業務である。
普通、「日常業務」という言葉には何の変哲もない業務を連
想しがちであるが、ここでの日常業務は全く違う。異常な日
常、異常な環境である。
そうした業務がそれに携わる人々の人間性を変えていくこと
は明らかである。
この映画を見た人はほとんど「戦争はいけない」、「このよ
うなことを若者たちに課す戦争は止めるべきだ」という反応
を示すであろう。しかし、ある種の条件反射のようなもので
しかない。
従って、この映画は本当の意味での反戦映画とはなりえてい
ない。そもそもここに描かれている状況を作り出したのは、
アメリカなのである。この映画は、そのことを全く忘れたよ
うな描き方。被害者意識だけの映画である。
自分たちが侵略者であることを忘れ被害者意識に凝り固まっ
た「ディア・ハンター」と非常によく似ている。







最終更新日  2010年03月31日 00時21分49秒
コメント(2) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:映画しりとり遊びをやってみた!(03/15) mix cialis and viagraviagra cialis levi…
 http://buycialisky.com/@ Re:法治国家放棄宣言(12/03) generic cialis sourcecost comparison of…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画「ミッドナイト・イーグル」と松竹の行方?(12/15) buy brand name cialiscialis soft pill f…
 http://buycialisky.com/@ Re:「龍馬伝」なんか知らないよ!(11/28) safe generic cialisand hypertension cia…
 http://buycialisky.com/@ Re:2012■さまざまな出演者たち(12/17) cialis generika ohne zollcialis non gen…

お気に入りブログ

つながらない New! k-nanaさん

ロケットマン★エルト… 天地 はるなさん

まだ被害全容すら把… みらい0614さん

1780. 夕日と月下の… カズ姫1さん

スタジオリハーサル… lalameansさん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.