映画と出会う・世界が変わる

フリーページ

2010年04月11日
XML
南アフリカ上空に飛来した巨大な宇宙船。そこに乗って
いたのは強力な科学技術によって人類を駆逐しようとい
う宇宙人でも、お友達になろうという宇宙人でもなく、
疲労した難民であった。
彼らとの共同生活の中で、やがて彼らが住む第九地区は
スラク化し、新たな居住地区への強制移住が計画される。
この設定が既に、この世界のどこかで起きている実在の
出来事の喩えになっている。
難民と保護する側との関係は、弱者と強者であり、それ
は支配者と被支配者との関係に転化するのは容易である。
この映画の主人公ヴィカスのキャラクター設定は、非常
に象徴的である。彼は日常では非常に善人であり、むし
ろ気が弱いマイホームパパである。
ところがその彼がエイリアンたちを前にした途端に高圧
的な態度で支配者への変貌する。
この描写こそが、この映画が社会批判作品としての説得
力を発揮していると思う。
ヴィカスのような人間こそが実は差別や虐殺の主力にな
っているいるのではないか。
例えば、かっての南京での大虐殺の主力も、家庭や地域
においては、やさしい世話好きのお父さんやお兄さんで
はなかったのかと考えさせるそんな作品であった。






最終更新日  2010年04月11日 14時59分30秒
コメント(3) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:映画しりとり遊びをやってみた!(03/15) mix cialis and viagraviagra cialis levi…
 http://buycialisky.com/@ Re:法治国家放棄宣言(12/03) generic cialis sourcecost comparison of…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画「ミッドナイト・イーグル」と松竹の行方?(12/15) buy brand name cialiscialis soft pill f…
 http://buycialisky.com/@ Re:「龍馬伝」なんか知らないよ!(11/28) safe generic cialisand hypertension cia…
 http://buycialisky.com/@ Re:2012■さまざまな出演者たち(12/17) cialis generika ohne zollcialis non gen…

お気に入りブログ

始まっちゃった New! k-nanaさん

遁刑者が出る責任は… New! ポンボさん

北海道新聞の記事 みらい0614さん

再読:みをつくし料… 天地 はるなさん

ネット社会となって… lalameansさん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.