フリーページ

2011年09月29日
XML
この映画を見ながら頭の中に浮かんだ、というか連想したのは
小川紳介の「ニッポン国古屋敷村」であり、「1000年刻みの日
時計」である。これらの小川作品と同様に実に豊かな作品であ
る。また、小川作品がフィクションとノンフィクションの間を
ぬうように展開していったことを、阪本監督もチャレンジして
いるようだ。
この作品は原田芳雄の念願の企画であったというが、おそらく
彼の役者としての役者論であり、映画論でもあるのだろう。
この映画は、ここに関わった人々の「8 1/2」であり、「映画
に愛をこめて アメリカの夜」であるとも言えよう。
とにかく素晴らしい! 






最終更新日  2011年09月29日 08時32分13秒
コメント(1) | コメントを書く
[作品レビュー(日本映画)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 おお、長崎にやっと来ましたか   明彦 さん
悲しい背景があるのに、ささやかな幸せを貰える作品になっていましたね。
名優と実力派スターしかいないような村に、性別不詳の若者が迷い込み・・・成る程、一種のファンタジーでもありましたね。

ところで、濃くない(つもりの)歌舞伎ファンとしては、今なお歌舞伎が身近な楽しみである「村芝居」がたっぷりと描かれたことが興味深かったです。
実はちょっと前に、同じ大鹿村の歌舞伎を題材にした『Beauty-うつくしきもの』という映画があって、そこでは片岡孝太郎・愛之助という本物の歌舞伎役者(と麻生久美子!)が劇中劇を演じたのですが・・・。
歌舞伎としてはど下手であろう今度の劇中劇の方が、ずっと力強く楽しかったのです。
歌舞伎が元来持っていた力を、原田さんはこの村で感じ取ったのかもしれません。
(家柄の特権を行使する香川照之、もしかしたら歌舞伎でも成功したりして) (2011年09月29日 23時27分55秒)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

哲0701

哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 国民洗脳から目を覚ませ!@ Re:メンフィスに行く日本人(07/02) 馬鹿メディアである、テレビ、新聞、週刊…
 背番号のないエース0829@ まず、木村拓哉 「マスカレード・ナイト」に、上記の内容…
 王島将春@ Re:「ディア・ハンター」はお嫌い?(11/06) はじめまして。福井市在住の王島将春(お…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画しりとり遊びをやってみた!(03/15) mix cialis and viagraviagra cialis levi…
 http://buycialisky.com/@ Re:法治国家放棄宣言(12/03) generic cialis sourcecost comparison of…

お気に入りブログ

パル君 番外編2 … New! ポンボさん

「ソ連兵へ差し出さ… New! みらい0614さん

いいんだけど New! k-nanaさん

アプローズ アプロ… 天地 はるなさん

1996. 強かなベラン… カズ姫1さん


© Rakuten Group, Inc.