2007年11月25日

「ボーン・アルティメイタム」は「グッド・シェパード」よりすごい

(1)
登場人物と共にキャメラは街中に飛び出し、
疾走し、人ごみの中を揺れ動く。
ダイナミックなキャメラワークとそれを引き
立たせる編集テクニックが、観客に臨場感を
与えスリルを与える。
この独特のタッチは第1作目、第2作目と変
わらないが、更に技巧的である。

主演はもちろんマット・ディモン。適役である。
「グッド・シェパード」とほぼ同時期に公開
され、共にCIAの諜報部員を演じている。
シリアス路線の「グッド・シェパード」と痛快
娯楽路線の「ボーン・シリーズ」の第3作目。
CIAの持つ冷酷さは、皮肉なことに痛快娯楽
作の「ボーン・アルティメイタム」の方がよく
描けており、マット・ディモンとしても適役
であった。
ラストは更に続編を意識したと思われるが、これ
以上に続けると、ボーンのスーパー諜報部員ぶり
がエスカレートしてかえって荒唐無稽な凡作に
なりそうである。












TWITTER

最終更新日  2007年11月25日 00時47分48秒
コメント(1) | コメントを書く