2007年11月28日

「酔眼のまち-ゴールデン街 1968~98年」を購入!

(1)
カテゴリ:映画の話題全般
田村正毅というキャメラマンは非常に不思議な存在だ。
日本ドキュメンタリー映画史を語る上ではキャメラマンの
大津幸四郎と田村正毅を欠かすわけにはいかないだろう。
この二人のフィルモグラフィーを見ると非常に対照的である。
大津幸四郎の方は「水俣 患者さんとその世界」を初めとする
「水俣シリーズ」があり、「ゆんたんざ沖縄」、「狭山事件」、
「全身小説家」などいかにも長くこのジャンルで活躍してきた
という感じであるが、一方の田村正毅の方は、「三里塚シリーズ」、
「ニッポン国古屋敷村」など小川プロ作品以外では「修羅雪姫」、
「ションベン・ライダー」、「タンポポ」、「美しい夏キリシマ」
など劇映画が多い。それも気鋭の作家による作品が目立つ。
河瀬直美の「萌の朱雀」や青山真治の「ユリイカ」など海外で評価
された作品もある。
非常に優れたキャメラマンであるにもかかわらず、田村正毅を論じ
た評論などは少なく、それゆえ、この人の創作の秘密を知りたいと
思っていた。

そんな中、朝日新書の新刊として
「酔眼のまち-ゴールデン街 1968~98年」
が出た。
著者は、なんとタムラマサキと青山真治!

早速購入。
これからしばらくは楽しみを与えてくれそうだ。
感想については後日に。






TWITTER

最終更新日  2007年11月28日 08時01分32秒
コメント(1) | コメントを書く
[映画の話題全般] カテゴリの最新記事