2011年08月03日

ヒッチコックの「鳥」にはユーモアがない

(2)

「鳥」は、観客をひきつける映画なのであるが、
ヒッチコックの作品としては「裏窓」や「北北西に
進路とれ」とは決定的に違う点がある。
それは、例えば、「北北西に進路とれ」では、どれ
ほど主人公がひどい目に会っても、そこにはユーモ
アがある。
しかし、「鳥」には、それが感じられないのである。
陰惨なのである。
主人公たちが、あの後、どのようになるのか判らな
いという結末も、その雰囲気を更に強くしている。

 






TWITTER

最終更新日  2011年08月03日 07時22分13秒
コメント(2) | コメントを書く