062093 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Oneちゃんの年間300本映画日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Profile


oneちゃん

Freepage List

Category

Favorite Blog

墓場なき野郎ども repulsion*さん

ぷち てんてん ぷちてん525さん
+++pochi pochi+++ Rachelynさん

Comments

どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…
チリチリ@ 次は庭で全裸予定w http://kuri.backblack.net/36l1w-d/ ち○…
まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…
ダル伊藤@ ズ ル ム ケ自慢の奴涙目w 包.茎の方がピストンしてる時に、皮がこ…
旋風脚@ いそぎ中継す!!!! http://kuruma.koreikura.net/1mtej4y/ …

Archives

2020/09
2020/08
2020/07
2020/06
2020/05
2005/09/10
XML
カテゴリ:BS映画
「運動靴と赤い金魚」の監督だったんですね、道理でラストシーンが似ているはず。
こういう終わり方って、何だかいいです。

素朴でシンプルだけれど(有名俳優も出なければ、立派なセットもないから、勿論お金はかかっていません)、登場人物のそれぞれの思い~これも難しかったり、複雑だったりする感情ではなく極めて根源的な感情~が充分に伝わってくる、そんな映画。

私はこういう映画、いいなぁと思います。

ハリウッド映画好きな人には退屈と感じるかもしれませんが。

それにしても、平和で恵まれた日本に住んでこういう映画を観ると、世界には苛酷な生活を強いられている人、特に子供達がいるんだなぁと知って、重苦しい気分になります。

自分の国を追われ、他国で肩身の狭い思いをし、しかも生活は貧しく厳しい。
自分の娘と同じ年頃の少女が学校にも通えず、冷たい水の中に入って重い石を運ぶという姿に涙が出そうになりました。

世界の現実に目を向けるという意味でも、こういう映画の観賞は必要なことかも知れません。






Last updated  2005/09/14 01:52:36 PM
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.