シネマうさぎ

Freepage List

2005/11/25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
スパイク・ジョーンズ監督、チャーリー・カウフマン脚本のこの映画は何回見ても面白いです。
暇つぶしに少し見て寝ようと思っていたら最後まで見ちゃいました。

「マルコビッチの穴」で成功した脚本家、チャーリー・カウフマンは新しい脚本に取り掛かっていたが、なかなか進まず日々苦闘していた・・・・・。

現実と虚構が混じった変わったストーリーで面白かったです。
チャーリー・カウフマンはとても面白い脚本家だと思います。

現実の自分自身を主人公にしてそこからストーリーが膨らんでいきフィクションの世界に入っていくとてもシュールな映画です。

チャーリー・カウフマンと双子のドナルドを演じるのはニコラス・ケイジでハゲでデブのカッコ悪い役をうまく演じていました。
この人は本当に演技うまいと思います。

その他にメリル・ストリープやクリス・クーパーなど個性派演技上手俳優が脇を固めており、安心して見れます。

え~。。。。。僕も脚本を自分で書いているのでチャーリーの苦悩する様子はとても共感できました。

映画の中で出てくるブライアン・コックス演じるロバート・マッキーも実在の人物で脚本アドバイザー?脚本コンサルタント?としてアメリカでは有名な人です。
僕も彼の「脚本の書き方講座」みたいなのを一度受講しましたが本物の彼はメチャメチャ面白いです。
映画のまんまのパフォーマンスで芸人みたいな印象を受けました。

脚本は書けない、好きな女性に声もかけられないへたれチャーリーがオナニーばかりしているシーンやメリル・ストリープ演じるスーザンがドラッグにはまってわけが分からなくなっていくシーンなどがリアルで面白かったです。

僕もいつかチャーリー・カウフマンの脚本を映画化してみたいです。
この人本当に面白い。

バイバイ






Last updated  2005/11/26 02:28:25 AM
コメント(0) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


シネマうさぎ

Calendar

Category

Comments

ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
とろろ天@ 山椒大夫 厨子王は花柳喜章、山椒大夫は新道英太郎…
さとし。@ 僕の村は戦場だった(1962) 突然失礼します。 このタイトルのタルコフ…

Archives

2020/12
2020/11
2020/10
2020/09
2020/08

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.