シネマうさぎ

全46件 (46件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

カテゴリ未分類

2007/07/31
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

僕の敬愛する映画監督の一人ミケランジェロ・アントニオーニ、そしてイングマール・ベルイマンが2007年7月30日に亡くなりました。同じ日に巨匠2人が亡くなるとは。。。。。

ミケランジェロ・アントニオーニは「Blow-Up」をはじめて見たとき訳が分からなかったので敬遠してましたがその後「情事」を見てとても気に入りました。そして「太陽はひとりぼっち」は怪しい邦題にもかかわらず彼の映画では一番好きです。「赤い砂漠」のDVD化(アメリカ国内)を早くしてほしいです。

イングマール・ベルイマンは天才です!どうがんばっても彼のように演出はできないだろうとあきらめています。彼の演出はうますぎます。真似できません。ストレートな物語でも実験的なものでも、どんなタイプの映画もうまく演出します。特に好きなのは「叫びとささやき」「ペルソナ」です。

彼らの映画からはとても刺激を受けいろいろ勉強させてもらいました。感謝しています。

Good Bye







Last updated  2007/08/01 12:18:50 PM
コメント(0) | コメントを書く


2006/02/05
カテゴリ:カテゴリ未分類
トミー・リー・ジョーンズ。。。。。ワッハッハッハッハッ。。。。。

どういうわけかこのおっさんはおもろい印象が僕の中ではありました。10年前はどの映画にも出てましたね。仕事やりすぎやろ!と言うぐらいハリウッドはトミー・リー・ジョーンズだらけでした。

2週間前にマンハッタンのブックストアでトミー・リー・ジョーンズのサイン会がありました。今回紹介する「Three Burials」のプロモーションのためです。
僕はそのサイン会に行ってきました。サイン欲しかったわけではないですが、(笑)ただ実物はどんなおっさんかなあと思って。

黒のスーツに身を包んで登場したトミー・リー・ジョーンズ。「Men In Black」を思わせる姿です。カッコよかった!なかなか渋いおっさんでしたよ。

テキサスとメキシコの国境近くでメキシカンの死体が発見される。テキサスの牧場主ピートの親友メルキアデスだった。
彼は生前、自分が死んだら故郷のメキシコの町に埋めてくれとピートに話していた。
ピートは墓を掘り起こしメルキアデスの死体を馬でメキシコまで運ぼうとするのだが・・・・・。

とてものんびりというかまったりした空気を感じる映画です。テキサスは行ったことないんですがのんびりした感じなんでしょうか。ニューヨークとは時間の過ぎ方が全然違う印象です。

この映画で監督デビューしたトミー・リー・ジョーンズ。なかなかいい演出でした。
主役も彼がやってますが、2005年のカンヌで最優秀男優賞を取っています。

脚本家はメキシコのギレルモ・アリアガでカンヌの最優秀脚本賞を受賞しています。この人は「21 Gram」や「アモーレス・ペロス」の脚本を書いてる人ですね。

この映画に出てくる俳優はみんなナイスでした。
トミー・リー・ジョーンズはもちろんですし、国境警備員役のバリー・ペッパーがとてもいい味出していました。

男の友情を描いた硬派な映画で昔のウェスタンに通じます。
トミー・リー・ジョーンズはジョン・ウェインと言ったところでしょうか?→そんなことはないですね。トミーのおっさん、あそこまではカッコよくない。(笑)

バイバイ






Last updated  2006/02/06 07:47:11 AM
コメント(0) | コメントを書く
2006/02/01
テーマ:ハウスの館(2)
カテゴリ:カテゴリ未分類
いやあ~昨夜のCIELO最高でしたよ!やっぱりFrancis Kはうまいですね!昨夜もずっと踊っていました。

CIELOはニューヨークにあるハウスのクラブ?ラウンジ?で毎週月曜日はFrancis Kがまわしていて、僕は毎週通っています。

この映画「MAESTRO」は70年代、80年代のクラブ・シーン、ダンス・ミュージック・シーンのドキュメンタリーで、先程のFrancis KやDavid Mancuo、Danny Tenaglia、Louie Vega、Derrick Mayなどがインタビューに答えています。

ぶっちゃけ、つまんなかったです。バックで流れている音楽とは対照的に映画自体はノリが悪いです。

これ見るんだったらCIELOに行きましょう。Let's Dance!

バイバイ






Last updated  2006/02/01 09:17:22 AM
コメント(1) | コメントを書く
2006/01/28
カテゴリ:カテゴリ未分類
エルメス役の伊東美咲って誰ですか?メチャメチャかわいいですね。あんなきれいな女優がいるなんて知りませんでした。→日本の芸能界のこと、うといです。(笑)

秋葉原に通うアニメおたく山田剛司はある日電車の中で青山沙織というメチャメチャかわいい女性を酔っ払いから助けようとするが、反対に殴られてしまう・・・・・_| ̄|○

話題のTVドラマで友達2人からも薦められたので見ましたが。。。。。ん~。。。。。どうなんでしょう?

でも伊藤美咲はメチャメチャかわいかったですよ!

もともと11話の連ドラにするにはネタがないんじゃないでしょうか。

電車男とエルメスが付き合うようになるまでの第6話までがかなりだらだらしているし、掲示板の書き込みをしているのがばれて危機を向かえる前の第9話なんかいらないエピソードのような気がします。

第11話(最終回)も1時間半の拡大版になっているんだけど、回想シーンが多くだらだらした感じでこれなら1時間ですっきりまとめてくれた方がいいんじゃないかと思いました。

「もう一つの最終回」というのも違うエンディングがあるのかと思っていたら電車男のダイジェスト版的な要素が強く、今までの未公開シーンを流しているような印象でした。
しかもこの回は劇団ひとりと掲示板の仲間で阪神ファンの人が主人公みたいになっており、伊藤美咲がほとんど出てこない。。。。。_| ̄|○

脚本がイマイチだったように思います。これだったら倉本聰に書いてもらった方が良かったんじゃないか?!→富良野を舞台にした電車男。。。。。ちょっと違うか。(笑)

でも伊藤美咲はメチャメチャかわいかったですよ!

演出もどうなんでしょう?

第5話でエルメスのストーカーが登場して電車男とのからみがあるんですが、何を表現したいのかイマイチ演出面に疑問を持ちました。

それから電車男に対する演出ですが、あの大げさなアクティングはなんなんでしょう?!コメディ・タッチのドラマなんだろうけどやり過ぎのような気がします。おまえ、何してるの?って感じ。

その他ハリウッド映画で見たことあるようなシーンもいくつかあったし。。。。。_| ̄|○

でも伊藤美咲はメチャメチャかわいかったですよ!

おたくを主人公にしているというだけであって、あれはシャイな男に共通している話ですね。
で、エルメスは男の願望。あんなきれいな女性からさえない男を誘ってくるなんて男の夢ですよ。だからエルメスのキャラクターがイマイチ分からなかった。リアリティにかけているというか。。。。。途中から「この女おかしいやろ!」って思いました。

でも伊藤美咲はメチャメチャかわいかったですよ!

この作品は全体的にエイティーズ・テイストいっぱいでしたね。

オープニングの曲はELO(懐かしいですね。)だし、ドラマの中ではよくCCB(懐かしいですね。)の曲がかかっていました。

でもなんと言っても僕が一番気に入ったのは電車男の友達の川本氏のかぶっていたJPSのベースボール・キャップ。黒のやつね。
80年代あのJPSのロゴめちゃめちゃ流行っていました。懐かしかったです。

でも伊藤美咲はメチャメチャかわいかったですよ!

俳優では劇団ひとり、岸辺シロー、エルメスの先輩役(誰ですか?)、白石美帆、電車男が勤めている会社の社長役(誰ですか?)が個人的には気に入っています。

それから掲示板の仲間で車掌の服をいつも着ていた人(誰ですか?)は出てくるたびにメチャメチャ笑えました。いいですね。

でも伊東美咲が一番良かったです!

多分、全6話ぐらいのシリーズにしたらすっきりしてもっと良かったんだと思います。
でもこの手のドラマは1クールしなければならないから11話、12話必要になってくるだろうし、伊東美咲が6話しか見えないというのも_| ̄|○なのでしょうがないですね。

以上散々書きましたが「電車男」はオーケーです。ありです。

だって伊東美咲が。。。。。

バイバイ






Last updated  2006/01/30 08:12:52 AM
コメント(2) | コメントを書く
2006/01/19
カテゴリ:カテゴリ未分類
リチャード・リンクレイター監督の映画でこの前「Dazed And Confused」を見ましたが、今日も彼の作品です。

こっちはメチャメチャ良かったです。

前作「恋人までの距離」の続編です。
ウィーンでの出会いから9年、ジェシーはセリーヌとの思い出を本にして出版するが、それがベストセラーになる。
そのため彼はプロモーションでパリのある本屋にいた。そしてそこでセリーヌと再会するが・・・・・。

今回も2人は出会ったもののジェシーはニューヨークに戻るため、日没までに空港に行かなければなりません。
2人に残された時間は85分。ほぼリアルタイムで映画は進んでいきます。

今回は特にパリが舞台ということもあって、ほんとエリック・ロメールの映画まんまという感じがしました。
2人のセリフがフランス語だったら勘違いしますね。

映画のスタイルは前作同様で会話中心になっています。でもセリフがとてもリアルですね。とても自然。
メーキングを見たんですが、何回もリハーサルしています。
一発撮りじゃないかと思えるぐらい自然です。

イーサン・ホークとジュリー・デルピーはうまいです。実はこういう自然な演技の方が難しいような気がします。
それにしてもセリーヌはベラベラベラベラよくしゃべっています。

個人的には前回より今回の続編の方が好きです。どうしてでしょう?

9年の間にいろいろなことがあり、再会できた今が2人にとっては一番ハッピーというのがちょっとせつなくていいのかも知れません。

僕も別れた彼女といつか会ってみたいですね。どんな感じでしょう?

バイバイ






Last updated  2006/03/30 01:48:49 AM
コメント(1) | コメントを書く
2006/01/15
カテゴリ:カテゴリ未分類
「バッド・チューニング」???

邦題は意味不明ですが、この映画はアメリカの高校生の様子を描いた作品です。

1976年のテキサス州、オースティンを舞台にした青春映画です。
リー高等学校は今日が最後の授業で明日からは夏休み。生徒達は浮かれて夜パーティにくりだすが・・・・・。

これはリチャード・リンクレイター監督(「スクール・オブ・ロック」)が1993年に作った初期の作品です。

学校終了から夜のパーティまでの1日を淡々と描いており、特に盛り上がる部分がないまま映画は終わります。
退屈な学生達の1日を切り取った映画です。

生徒達は大はしゃぎ。マリファナ吸ったり、ビールを飲みながら車で街を走り回ります。
アメリカは16歳で免許が取れるからいいですね。うらやましいです。。。。。が、そこだけです、うらやましいのは。

下級生いじめ、マリファナ、ビールと他にやることないんでしょうか?

この映画に出てくる高校生達がとてもエンジョイしてるとは思えませんでした。
何もすることないからみんなでかたまって騒いでいる。。。。。なんか虚しいようなかわいそうな印象を受けました。

この映画は若き日のベン・アフレック、ミラ・ジョヴォヴィッチ、レニー・ゼルウィガーなどが登場しています。

それからAerosmith、Deep Purple、Kiss、ZZ Top、Black Sabbathなど70年代のハード・ロックが映画のバックで流れています。

ん~。。。。。それぐらいですね、よかったところは。

で、邦題は誰が付けたんでしょう?映画より気になります。

バイバイ






Last updated  2006/01/16 08:48:11 AM
コメント(0) | コメントを書く
2006/01/09
カテゴリ:カテゴリ未分類
ピアース・ブロスナン主演だったので見に行きました。このおっさん本当に面白いです。

国際ヒットマンのジュリアンはメキシコ・シティで殺しの仕事を請ける。その頃セールスマンのダニーもデンバーから仕事のためメキシコ・シティへ。
2人はあるバーで偶然出会い、意気投合するが・・・・・。

ヒットマンが主人公ですがこれはサスペンスではなくコメディ映画です。

ピアース・ブロスナン主演のコメディ映画と言えば前回見た「テーラー・オブ・パナマ」もそうですが、今回も似たキャラクターです。

似てるといえばジェームス・ボンドにも似てます。
世界をまたにかけた仕事をして女好きと、ピアース・ブロスナンの演じるキャラクターは全部一緒ですね。

僕はそんな彼が大好きです。(笑)
最近僕が一番気に入っているコメディ俳優です。(笑)

ストーリー的には「テーラー・オブ・パナマ」の方が好きです。
「テーラー。。。。。」ではブロスナン以外は全員シリアスだったからです。でもこの映画は完全にコメディなのでブロスナンの軽さ、調子のよさがイマイチ引き立っていなかったように思います。

これよりも彼の出ていた007の方が笑えるんじゃないでしょうか。

でもブロスナンはとても服のセンスがいいと思います。どの服も着こなしていてカッコいい。→本当はカッコいい俳優なんでしょうけど。(笑)

彼はジェームス・ボンド役を降板しましたが、似たようなキャラクターの映画ばかりに出てますね。
特に舞台が中米、南米の映画に最近よく出ています。

中南米を舞台にした007のパロディ映画ばかりこれから出続けるんでしょうか?
それはそれで僕は応援していきたいです。(笑)

バイバイ






Last updated  2006/01/10 11:02:41 AM
コメント(1) | コメントを書く
2006/01/02
カテゴリ:カテゴリ未分類
今年のヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を取った映画でとても感動しました。

1963年のワイオミング州を舞台にしたゲイのカウボーイを主人公にした映画です。
63年の夏、ワイオミングの山で羊の群れを統率する仕事を引き受けたエニスとジェイクの2人にはいつしか愛が芽生えていった・・・・・・・・・・。

アメリカの広大な自然の風景がとてもきれいな映画です。撮影はカナダのカルガリーだそうですが。(笑)

エニスとジェイクは夏のバイトを終え、その後2人はそれぞれ女性と結婚しますがお互いのことが忘れられず4年後再開することになります。
ゲイであることを家族や世間から隠して2人は会うんですが、バレバレでいろいろな問題が起きていくというストーリー展開です。

アン・リー監督の淡々とした演出はうまいです。
この人復活しましたね。03年に作った「超人ハルク」は大失敗。今までの作品と全然ちゃうやん!

アン・リーは93年に「the Wedding Banquet」というゲイの結婚をテーマにした映画を作っています。その辺りから監督に抜擢されたのかもしれません。

ちょっと前までタブーだったゲイを扱った映画は最近では珍しくなくなってきました。そして現代版ではありますがカウボーイの世界にも登場。

ジェン・ウェインやクリント・イーストウッドなど硬派なイメージのウェスタン映画。
これを機にゲイの西部劇もこれから出てきそうですね。

バイバイ






Last updated  2006/01/04 05:07:28 AM
コメント(3) | コメントを書く
2005/11/25
カテゴリ:カテゴリ未分類
スパイク・ジョーンズ監督、チャーリー・カウフマン脚本のこの映画は何回見ても面白いです。
暇つぶしに少し見て寝ようと思っていたら最後まで見ちゃいました。

「マルコビッチの穴」で成功した脚本家、チャーリー・カウフマンは新しい脚本に取り掛かっていたが、なかなか進まず日々苦闘していた・・・・・。

現実と虚構が混じった変わったストーリーで面白かったです。
チャーリー・カウフマンはとても面白い脚本家だと思います。

現実の自分自身を主人公にしてそこからストーリーが膨らんでいきフィクションの世界に入っていくとてもシュールな映画です。

チャーリー・カウフマンと双子のドナルドを演じるのはニコラス・ケイジでハゲでデブのカッコ悪い役をうまく演じていました。
この人は本当に演技うまいと思います。

その他にメリル・ストリープやクリス・クーパーなど個性派演技上手俳優が脇を固めており、安心して見れます。

え~。。。。。僕も脚本を自分で書いているのでチャーリーの苦悩する様子はとても共感できました。

映画の中で出てくるブライアン・コックス演じるロバート・マッキーも実在の人物で脚本アドバイザー?脚本コンサルタント?としてアメリカでは有名な人です。
僕も彼の「脚本の書き方講座」みたいなのを一度受講しましたが本物の彼はメチャメチャ面白いです。
映画のまんまのパフォーマンスで芸人みたいな印象を受けました。

脚本は書けない、好きな女性に声もかけられないへたれチャーリーがオナニーばかりしているシーンやメリル・ストリープ演じるスーザンがドラッグにはまってわけが分からなくなっていくシーンなどがリアルで面白かったです。

僕もいつかチャーリー・カウフマンの脚本を映画化してみたいです。
この人本当に面白い。

バイバイ






Last updated  2005/11/26 02:28:25 AM
コメント(0) | コメントを書く
2005/09/27
カテゴリ:カテゴリ未分類
デビッド・クローネンバーグ監督の最新作はタイトルどおり過激な暴力シーンがいっぱいでした。
テンションが高く緊張感がありとても面白い映画でした。

トムはインディアナ州の小さな町で妻、子供2人の4人で静かに暮らしています。
ある日トムの経営するダイナーにチンピラ2人がやってきて、ウェイトレスをレイプしようとする。
拳銃を持って脅す2人組みだが、トムは拳銃を奪い2人を射殺する。
正当防衛で町の悪者を殺したということでトムは地元のヒーローになるが・・・・・。

主人公のトムをヴィゴ・モーテンセンが演じています。えっ、誰ですかって?→ヴィゴ・モーテンセンは「ロード・オブ・ザ・リング」のアラゴルン役でブレークした俳優です。。。。。そう、最後に王様になった人!

ロード・オブ・ザ・リング」ではカッコいいヒーローでキャラクター的には単純な役でしたが、今回は複雑なキャラクターを演じていてなかなか良かったです。
アカデミーの主演男優賞候補とうわさされています。

マリア・ベロ(見たことのない女優でしたが。)やウイリアム・ハートなど他の役者もみんな良かったです。

その中でも特に良かったのがエド・ハリスです。彼は片目がつぶれているマフィアの役をしていますが、見てて本当に怖かったです。この人は本当にうまいですね。感心しました。(アカデミー賞とったことあるのかな?)

オープニングのシーンや後半のトムとマフィアの対決はタランティーノを思わせる演出でした。
最近の映画で過激な暴力シーンはタランティーノにどうしてもなっちゃうんでしょうか?

でも全体としてはクローネンバーグらしい映画になっていると思います。
タランティーノとはまた違ったブラック・ユーモアもありますし、エロいシーンも出てきます。

95分と短く最初から映画に入り込めたので終わったときは「あれ、もう終わり?」と思ったぐらいです。もっと先を見たくなるような映画でした。

「時計じかけのオレンジ」とはまた違った暴力をテーマにした映画でした。

バイバイ






Last updated  2007/09/24 06:21:08 AM
コメント(1) | コメントを書く

全46件 (46件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.