044626 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

しなもんブログ

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

eラーニング

2012年07月24日
XML
カテゴリ:eラーニング
毎日忙しく動き回っているうちに、いつのまにか初夏が過ぎ、梅雨まで明けていました(笑)

今日は聞いて聞いてのお知らせです。

私たちのeラーニング フォルスクラブが、4月初めからJ-WAVEで絵本の読み聞かせの番組を持ちました。
(4月から始まっているのに今頃UPしているのはなんだかな~ですが)

これが本当に上質の番組で、仲間たちの自慢です。

小さなお子さんのいるお父さんやお母さんも、少し前に子どもだった若い人も、
疲れたおじさまも、シニアの皆さまにも、みんなみんな聞いていただきたいのです。

幼いときに好きだった絵本や、子どもたちに読んであげた絵本や、
大切な友人に贈った絵本が、秀島文香さんの1/F ゆらぎの心地よい声で、夜ごと朗読されていきます。

J-WAVE 月~金の21:50~22:00 です。

ぜひ一度訪れてみてくださいね。

J-WAVEのサイトから
http://www.j-wave.co.jp/original/readingforyourheart/
フォルスクラブのHPからも
https://www.force-club.com


               reading







最終更新日  2012年07月24日 11時14分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年11月13日
カテゴリ:eラーニング
皆さま、こんにちは。

前回の更新から、またまたあっという間に二ヶ月以上が経ってしまいました(照)
便りのないのは無事な証拠?、元気に飛び回っているとご想像ください。
彼女はいったいどうしているのやらという疑問に答えております(笑)

先月10/24~26には、私たちのeラーニング フォルス香港研修に行ってきましたよ。
香港は初めてでしたので、最も身近な中国という感じで楽しく観察しました。
とにかく、食事のサービスが荒っぽいのはピカ一でした。
私の経験の中では、香港→韓国→台湾→シンガポールの順番で荒っぽい。
それは、ある程度きちんとした会食の席のサービスでも同様でした。
お皿が欠けやしないか、マネージャーに叱られはしないかと、こちらがひやひやしました。

ソフトドリンクのサービスが、案内もされないまま終了したことに気づかず、取りにいったらなにやらスタッフが大もめ。
もうサービスの時間が終わっていたらしく、ドリンクは出せないと大声で言い合っていたようなのです。
お客の目の前で言い合うなど、日本では考えられないことですが、とっても興味深かった。
思わず、同行のコンサル氏に、「私、一ヶ月もすれば、こちら風にがんがん主張できるようになるかも」と言って苦笑されました。

中国では、主張するのが当たり前なので、ほしいものはほしいという文化。これもいっそ気持ちいいです。
日本文化もいいが、中国文化もいい。充分やっていけます。

25日は、HSBC香港の口座を作ったり、提携企業のBMIや、投信を購入しているフレンズプロビデント社のオフィスを見学したり、プチ金融ツアーでした。

まとめセミナーで、社長がおっしゃいました。
「どんなプロジェクトでも、何をやるかではなく、誰とやるか、お前とやって失敗したなら仕方がないといわれるかどうかなのです。」
「今初めて言います。私の背中を見ろ。」

私たちのフォルスは、2013年9月に香港証券取引所への上場をめざします。

空港で、すでに香港市場で上場を果たした、九州の味千ラーメンを食べてみました(画像)
日本では絶対に重要な「だし」の味がほとんど感じられなかったのは残念です。
しかし、九州ではおいしいらしいので、多分香港・中国向けの味付けなのだと思われます。
食べる人がおいしいと感じればいいのです。

本日の格言 郷に入っては郷に従え。






最終更新日  2011年11月13日 12時59分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年10月19日
カテゴリ:eラーニング
一ヶ月のごぶさたでした。

ここしばらくは、10/17の宅地建物取引主任者資格試験に向けて、けっこう勉強していました。

結果は自己採点で32点/50問でした。

合格ラインが36点前後といわれていますので、やや惜しいというところでしょうか。

実は、宅建試験は十数年前に2回受験したことがあります。

その時は、半分ぐらい取れたかな~?というあいまいさを残したまま、
子育ての忙しさにまぎれて、そのままになっていました。

今回は、私たちのeラーニング フォルスクラブから、宅建講座が資格5講座の一つとして近いうちにリリースされるため、ウォーミングアップを兼ねて、やや真面目にとりくんでみたのです。

あと1割得点率をあげればよいということがわかったので、来年こそは、フォルスクラブのeラーニングと、やはり確実に合格するために、2ヶ月ほど先生にもついてみようかしら。

ちなみに、会場は神奈川大学24号館でしたが、案内にある「駅から13分」は絶対にうそ!
20分はかかりました。遠い~。

受験者は3分の2程度が若者で、就職率も悪い中、みんな頑張ってねという気持ちでいっぱいになりました。

私たちがお願いしているコンサルタントは、3ヶ月の勉強で合格したそうです。

以前、攻略法のアドバイスをおねがいしたら、法令はやらなくてよし、宅建業法と民法のみ勉強するようにと言われました。

時間も限られている中、まったく正しい方法なのですが、せめてあと10日ほど、法令のテキストと問題集にも手をつけておけば、さらに2問と拾えたかもという気がしています。

そんなわけで、宅建の勉強は2ヶ月はがんばりましょ~~というのが結論。

友人のお嬢さんが不動産会社にお勤めで、宅建取引主任者資格を持っていると、月に2万円の手当てがあるそうです。
ということは、年に24万円。
昇給しづらい時代に、これは大きいです。

受験予定のみなさん、来年こそは取りましょうね。
私も、フォルスクラブの宅建講座で合格した第一グループになります(決意)






最終更新日  2010年10月19日 10時15分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年03月19日
カテゴリ:eラーニング
                       →→詳しくはこちら

このブログを読んで下さっている皆さまは、テレビ東京 木曜 10:00の「ルビコンの決断」という番組を見たことがありますか。

私も、自分がeラーニングビジネスをしていることから、この「ルビコンの決断」と「ガイアの夜明け」、村上龍氏の「カンブリア宮殿」、平日夜の「ワールドビジネスサテライト」は、できるだけ欠かさず見るようにしています。

さて、昨日3月18日(木)の「ルビコンの決断」は、ユニチャーム社の大人用紙パンツ「リハビリパンツ」の開発物語でした。

ユニチャーム社は、近年幼児のトイレトレーニング用紙パンツ「トレパンマン」や、私も大ファンの「超立体マスク」など、次々とヒットを飛ばしています。
その秘訣は、卓越したマーケティング。
それは、「マーケティングの神様」と呼ばれていた社員 岡部高明氏の力が大きかったそうです。

再現ドラマのなかで岡部氏が、
「トレパンマンは、ただのパンツ型紙おむつじゃない。このトレパンマンを使って、オムツからパンツに移行するトレーニングをしませんかという新しいメッセージが、お母さんたちに受け入れられたのだ。」と語る場面がありました。

そして「リハビリパンツ」もしかり。
コンセプトもないまま試作された大人用紙パンツに、日本の介護を変えるような新しいメッセージをこめたいと熱く語るのです。

部下の若手社員が現場を歩き回って見つけた答えは、
自力でトイレに行ける、介護が必要な人の最低の尊厳を守る、寝たきりにさせない、トイレに行くのもリハビリ~リハビリするパンツという新しいメッセージだったのです。

再現ドラマのなかでは、「良い商品だから売れるわけじゃない。その商品にこめられた新しいメッセージが共感されて売れるのだ。」
とも語られていました。

なるほど~。深く感じ入りました。

さて、私たちのForce Clubは、どんな新しいメッセージを発しているでしょうか。
この続きはまた次回。

そしてGOOD NEWSです!!

Force Clubは今月度より2ヶ月間無料キャンペーンをスタートしました。

入会金と、2ヶ月の月会費が無料で、幼児からセンター入試対策までのeラーニングがお試しできます。

コンテンツの詳しい内容はこちらから↓

お問い合わせはコメントください♪

 


FORCE Club ユーザー募集








最終更新日  2010年03月21日 13時51分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年12月05日
カテゴリ:eラーニング
12月2日(火)、かねてからアプローチしていた「天一書房 綱島店」に、フォルスクラブのクーポン付チラシを置いていただきました。

思えば半年ほど前に、仲間のHさんと一緒に初めて営業にいったときから、店長の篠田さんは、丁寧に熱心に話を聞いてくださいました。

eラーニングの可能性・将来性や、すでにたくさんの会員がいること、現在配信しているコンテンツ、8月のeラーニングワールド2009への出展、今後の展開予定など、ひとつひとつ興味深そうにうなずいてくださったので、私たちもうれしかったものです。

その後、実際配信している小中学生プログラムと大学入試用プログラムのプレゼンテーションを経て、検討半年、とうとう本部部長より、「ためしに一度置いてみようか」と許可が下りたそうです。

すでに、綱島には2箇所の広告チャネルがあるのものの、なんといっても天一書房は綱島駅前の人気の書店でもあり、客数がダントツに多いので、人の目に触れる機会が多いのですよ。

eラーニングは、国内ではまだまだ一般に普及していないのですが、米国の大手新聞さえも、購読者がネットに流れて経営の危機に陥っているこのごろ、こと教育・教養分野でも、インターネット活用が当たり前になる日は遠くないはずです。

なにより、何時でも、どの地域でも(どんな過疎地でも)、通わずに、学年を超えて(自分のちょうどに合わせて)、自分のペースで学べる個別学習は、理にかなった学習法。
さらに、家族全員で使っても定額6300円(ひとりで使うライトプラン3150円もあり)という安さ。

この時代に選ばれないほうが不思議なくらいです。

来年はいよいよ私たちのフォルスクラブが勝負をかける年。

わくわくしちゃいますね~。

Force(フォルス)の詳しい情報はこちらから↓

FORCE Club ユーザー募集







最終更新日  2009年12月11日 23時34分44秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年10月27日
カテゴリ:eラーニング

9月18日にリリースされた、私たちのeラーニング FORCE(フォルス)高校生用プログラム。
ときどき高校生用の問題に挑戦してみている今日このごろです。

しかし、しかし、学校という現役をはなれてはや数十年。

最後の記憶は、卒論の原文読解、または就職用にあわてて勉強した英検、もしくは教員採用試験問題集なわけですが、もうす~っかり!!忘却のかなた。

その後、英会話を習ったり、子どもの課題を手伝ったりしてはいたものの、遥かな記憶をたどるのに精一杯。
また、語学は生き物なので、かつては習わなかった語形があるなど、とても恐ろしくて正解と断定できません。

さて、そこでFORCE(フォルス)の高校生用プログラム。
単元別かつグレード別になっているので、スタート時点は一見ものすごく易しそう。
しかし、なかなか一度で全問正解とは行きません。はああ~ぁ。

(つっこみ→全問正解の場合はヤッター!!と文字が出るのだが・・・・このときの表現はcoolにexcellent!としたいところ)

やはり、毎日学習する現役学生の強さを感じます。

学問の王道は、毎日休まず、繰り返し、自分にちょうどのところを学ぶこと。
(たしかドラゴン桜にもあったような・・私は公文式で知りました)

だから子どもたちには、毎日少しでもいいから途切れず学んで、「べき乗」の効果を最大限に出してほしいものです。
得意なことは好きなこと、楽しいことになるからね。

今FORCEでは「コインキャンペーン」中で、300コインためると1000円のクオカードがもらえます。
友人のお宅でも、ぞくぞくともらっています→NEWS

きっとずいぶんトレーニングも重ねたことでしょう。
みんなの成長が楽しみ、楽しみ。

FORCE(フォルス)Clubの詳しい情報はこちらから↓

FORCE Club ユーザー募集








最終更新日  2009年10月28日 14時19分51秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年09月30日
カテゴリ:eラーニング
前々回にお知らせしていたForce高校生用プログラム。
リリースされた9月18日に、早速ダウンロード&インストールするも、ID・パスワード画面から先に動かず。
しかしながら、間違ったID・パスワードを入れると、瞬時に間違っていますというアラーム画面が出ます。

なに?なに?いきなりバグ?まさか。
リリースの予定を1ヵ月半も遅らせて、万全を期したはずなのに。

納得がいかず、すぐにサポートアドレスにメールで問い合わせをしたところ、翌日に返信がありました。

1.Windowsアップデートを最新の状態にしてください。
2.Windowsを最新の状態にしても起動しない場合は、セキュリティソフトの制限が考えられます。
  → 「ツール」→「インターネットオプション」にてセキュリティを「中」にしてください。
  → 別でセキュリティソフトを入れている場合は、そのセキュリティソフトを一時停止してから再度ご登録を行ってください。
3.以上の操作を行っても学習システムにログインできない場合は、大阪事務センターまでご連絡ください。

という指示です。
早速このとおりに実行したものの、やはり動かず。
旅行から帰ってから連絡しますと返して、週明けに電話でのサポートを受けました。

まずOSのWindows XPのサービスパックのバージョンは?→2を3に上げてください。
インターネット・エクスプローラーのバージョンは?→6を8に上げてください。

な~んだ、結局自分のPCを最新バージョンに上げていないことが原因だったのね。
しかし、そのバージョンにしないと動かないとは、いったいどこに書いてあったの?
と、ちょっと-_-としながら尋ねると、「必要なことはすべてサポートサイトに書いてあります。」

そして、お名前を尋ねると、「Mです。」
え、え~っ!!!
電話の声が若いので気がつかなかったが、e-Learning World2009の会場の外で、みんなで3時間も食い下がった??M部長ではありませんか。

「東京でお会いしています」・・・そうでしょうとも。

今回もサポートありがとうございました。
Forceはサポートも手厚いということがよく分かりました。

あとは、新プログラムに熟練するだけ・・・です(苦笑)

Force(フォルス)の詳しい情報はこちらから↓

FORCE Club ユーザー募集








最終更新日  2009年10月01日 00時21分32秒
コメント(1) | コメントを書く
2009年09月15日
カテゴリ:eラーニング
来る9月18日、私たちのForce(フォルス)は、待ちに待った高校生用システムの配信をスタートします!!

東大卒メンバーの作問で、30の大学と500の高校に既に使われており、実績のある問題群です。
英語、国語、社会、理科、数学、情報の6教科。
質問ボックスという機能もついています。こちらは個人的にForceへ質問をすると、1週間以内でその回答がもらえます。
月6回まで無料で質問OK。

他にも、★ノートパソコンが無料でもらえるキャンペーンや、小、中学生、高校生向けに★コインシステムキャンペーン(9月1日~30日まで)もスタートしています。クオカードや東京ディズニーランド1泊2日(家族4名まで)招待旅行、プレーステーション3プレゼントなどのキャンペーンもあります。

また、★フォルスの利用者の声募集(9月30日まで) 感動、感想をFAXまたはメールで送ると、採用者には一万円の商品券が貰える!!キャンペーンも開催中です。

いよいよ秋の学習シーズン、本格的な受験準備のシーズンという感じで盛り上がってきましたね。
ますます充実して、本格的なeラーニングの時代を迎えます。

た・の・し・み!!

詳しくはこちらから↓

FORCE Club ユーザー募集






最終更新日  2009年09月15日 11時08分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年09月01日
カテゴリ:eラーニング
今日、郵便局に貼らせていただいている「eラーニングのForce」のチラシから、初めて電話でのお問い合わせをいただきました!
チラシからの反応は、1万枚に1件といわれているだけに、思わずちょっと驚いてしまいましたよ。

電話では、eラーニングの特徴や利点を、具体的にイメージしてもらえるように説明することが難しく、かなりもどかしく感じました。
教育熱心な保護者の方なら、お家で使うイメージがわけば、きっと試してみたくなるに違いないのですが。

今は、まもなくリリースされる高校生プログラムの完成と、もう少し時代が追いついてくるのを待っている状態なのです。

先日東京ビックサイトで開かれた「e-Learning WORLD 2009」でも、一般の子どもたち向けに作られたeラーニングは、ほぼ私たちのForceだけでした。

来年の夏には、全国津々浦々にブロードバンド環境が完成します。
先の麻生さんも、計画より半年前倒しでブロードバンドインフラを整備することを、自分たちの実績として誇らしげに語っていらっしゃいましたね。
(国家戦略というよりは、景気刺激策の一環だったようですが)

そして、インフラはできた。それから、そのインフラをどう活用して、私たちが発展するか、それが問題ですね。

今日もやっぱり尋ねられました。
eラーニングとはどんなものですか?と。

業界最大手 (株)ネットラーニング社の代表取締役 岸田徹氏は、ブログに次のように書いていらっしゃいます。

「eラーニングは、ネットを用いた教育であり、学習です。

eラーニングを、教育・学習ととらえた場合、これまでの教育の圧倒的な主流であった集合教育、教室における教育とまったくちがう新しい教育です。集合教育に対する新しい個別教育であるという点において、人類の教育の歴史における革命です。この認識は、やがて、だれでもあたりまえにそう考える時期がくるでしょう。

eラーニングとは。
eラーニングをどう考えるかによって、提供されるeラーニングもまったくちがうものになります。

eラーニングは、教育革命です。 」

政治も進化しそうな気配ですね。
教育も、同じ場所にとどまりつづけることはできないでしょう。

Force(フォルス)の詳しい情報はこちらから↓

FORCE Club ユーザー募集












最終更新日  2009年09月02日 00時21分33秒
コメント(1) | コメントを書く
2009年08月08日
カテゴリ:eラーニング
8/6(木)、かねてより楽しみにしていた東京ビックサイトでの“e-Learning WORLD 2009 ”に行ってきました。

友人が、水上バスで行くと楽しいよとアドバイスをくれたので、小雨のけぶる中、日の出桟橋から船に乗りました。
レインボーブリッジを撮影したり、湾岸のビル郡を眺めたり、晴れていればもっともっと気持ちがよかったと思います。
到着すると、次々にたくさんのお仲間にも出会い、楽しくもりあがりつつグループの4人で会場を回りました。

まず真っ先に私たちのブランド、イーラーニング研究所のForce Clubの展示ブースへ。
あれれ?あんまり人は集まっていないよ。
というか、ちょっと上品過ぎませんか?
他のブースでは、呼び込み、チラシ渡しなど、お祭りのように積極的に勧誘しています。
50m歩くだけで、渡された資料の量に四苦八苦するようですのに。

しかし気を取り直して、T部長にご挨拶。あれこれ尋ね続けること20分、今度はM部長が交代してくださり、お昼ご飯も通して、3時間以上私たちの疑問や不安に、あれこれに誠実に答えてくださいました。

いつも感じることですが、幹部社員の皆さんは、一人ひとりが華麗なる実績を残してきたビジネスマンで、さらにそれに飽き足らずベンチャー事業に挑戦しに来ました、という共通項があるようです。
「儲ける」というだけなら、もっと他に効率のよいものがいろいろある。
そこをあえて保守の牙城??、教育業界にチャレンジしてしまうところがすごいと思います。

M部長いわく~今日ここに出展しているのは、ほとんど法人向けの製品であり、一般ユーザー向けのソフトはほとんどないに等しい。すなわちe-Learning の市場が一般に広がっていない、それが現状であり、一番の問題~なのだそうです。

やっぱり。
内心、そうじゃないかなと思っていました。
吉田社長は、一般ユーザー向けに最高のものを作っているといつもおっしゃいますが、私たちはまず周囲のe-Learningってなに?という質問をクリアしなくてはならないのですよ。

eメールやインターネットショッピングは本当に普及しましたが、e-Learning(インターネット学習ともいう)の認知度、普及は不思議なぐらいまだまだです。

しかしながら、それはこれから必ず伸びるということです。
大きくブレイクするのはいつかしら?という楽しみでもあります。

PCを始めてから14年、その便利さに、近くデジタル時代が来ると直感してから、ITは長足の進歩を遂げてきましたが、日本は他の先進国の生きた使い方にはまだまだおよびません。
住んでいる地域や、提供される教育の質や、教育に振り向けられる資金の多寡などに足を取られず、まず学び始められるe-Learningは、きっと日本にも必要不可欠なものになりますね。

いや~、楽しみ、楽しみ。

P.S.文部科学大臣賞を受賞した「鹿屋体育大学」の、
~実践的スポーツ指導者教育プログラム
インターン活動を包括的に支えるe-Learningプログラム~は、平成18年度「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」採択事業~すなわち競争的資金1000万超を使って、研究者をひとり雇い、ほとんど自前で作成したプログラムだそうです。
すばらしい!とても便利に使えそうなe-Learningプログラムでした。
ほとんどお金をかけていないところも優れていると思いました。
きっと、他の体育大学から問い合わせが殺到しますね。


Force Club 詳しくは↓
FORCE Club ユーザー募集

ランキングに参加しています↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








最終更新日  2009年08月09日 21時20分03秒
コメント(0) | コメントを書く

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.