1353668 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

幕張本郷の小さなフレンチレストラン   サンク・オ・ピエのオーナーシェフ、中村雅信の日記ページ

全1576件 (1576件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Nov 21, 2017
XML
カテゴリ:シェフの雑記帳
Cinq au pied.Menu pour Beaujolais Nouveau 2017
ボージョレ・ヌーボーを楽しむコース
¥6300(ご予約限定メニューです)
Plat panache des 7entrees
大皿7種前菜の盛り合わせ
Cote de cochon 32℃ fume
宮城県産32℃豚の自家製ロースハム
Poitrine de cochon 32℃ fume
32℃豚の自家製生ベーコン
Rillette de cochon 32℃
32℃豚のリエット
CROSTINI de foie de volaille aux anchois
鶏レバーのクロスティーニ、アンチョビ風味
Confit de Huitre de HARIMANADA
播磨灘産牡蠣のコンフィ
Beurre au Gorgonzola et raisin
ゴルゴンゾーラ風味のレーズンバター
Olives et pickles
オリーヴとピクルス
Foie gras chaud avec confiture de myrtille et miel auvinaigre de framboises et salade
フォアグラのソテー、ブルーベリーと蜂蜜のコンフィチュール、フランボワーズヴィネガー風味、サラダを添えて
Cote de cochon 32℃ grille au moutarde meaux
宮城県産32℃豚の背肉のグリエ、モー産粒マスタード風味
Sorbet de raisin de IWATE sauvage
岩手県産山ぶどうのソルベ
Cake aux amandes ,raisin et noix
レーズンとクルミ入りアーモンドケーキ
Pave de chocolat au cassis
カシス風味の生チョコ・パヴェ
Cefe de SAKMOTO pour Menu ou the , 2pains
さかもとこーひーのスペシャルブレンド



 まずは、大皿の7種前菜盛り合わせです。小売価格キロ一万円の高級豚32℃豚の自家製スモークハムと生ベーコンとリエット、鶏レバーのクロスティーニはアンチョビ風味、ゴルゴンゾーラチーズ入りのレーズンバター、播磨灘産の旨味が濃い牡蠣のコンフィ、オリーヴとピクルスです。これだけで、かなり飲めますね!私なら一人で1本いっちゃいます。(笑)



フォアグラのソテーには、うちの畑のブルーベリーと蜂蜜とキイチゴのヴィネガーのソース。ベリーの味わいがボージョレに良く合います!



メインは、こちらも32℃豚のロース肉(牛でいえばサーロインのところ)をグリエにして粒マスタードソースです。32℃豚の綺麗な味わいがワインを引き立てます。



デザートは、岩手産の山ブドウのソルベとアーモンド生地にクルミとラムレーズンを入れたケーキにカシス風味の生チョコです。ちょっと工夫したことでケーキが軽くておいしくできました。山ブドウや生チョコはワインにも合いますね!そしてこーひーはもちろん!



 さかもとこーひーのボージョレヌーボーを楽しむコース専用ブレンド!華やかな香りと綺麗な酸味がデザートとばっちりです!

さて、今年のボージョレヌーボーは、、、なんと8月の末には収穫が終わるという異例の早さであったために、醸造期間が十分とれたことによってとても落ち着いた味わいとなっています。通常ヌーボーというとどこかジュースっぽさというか果実味にあふれるイメージですが、いい意味でワインとしてしっかり完成度が高い作りですね。とても珍しい出来栄えといえると思います。



 ジャン・モルテは、、、
 ボージョレ最高の地区ムーラン・ナヴァンに属するロマネッシュ・トラン村のドメーヌ。  ワイン専門誌などでボージョレのトップの作り手との評価を得るも、小規模生産者のため入手困難の極みです。
 今年は、収穫期が8月の終わりごろととても早く完熟したブドウを使って、秋までの長めの醸造期間が取れたため、新酒にありがちな荒さがなくとてもバランスよく穏やかな味わいに仕上がっています。透明感のある美しいすみれ色のローブで、タンニンもまろやか、近年稀にみる上品な味わいといえます。



 ドメーヌ・ラ・プティット・メゾン・オートのヴィラージュ・ヌーヴォー、キュベ・アンシェンヌ、、
ヴォー・オン・ボージョレという小さな村にあるこのドメーヌは18世紀創業。しかも、畑自体は1000年も続いているという驚くべき歴史の長さを持っています。急勾配でやせた土壌に植えられた古木なので収穫量が非常に少なく、その分凝縮したワインができます。こちらもやはり早い時期の完熟の収穫で長めの醸造期間が取れたためにしっかりとワインとして仕上がっています。その意味ではヌーボーらしからぬ味わいといえるかもしれませんが、完成度という点ではとても好ましいワインです。凝縮感があり濃いめの色合いはボルドー的ですらありますが、過剰なタンニンはなく、余韻の長い吞み口です。
キュベ・ア・ランシェンヌという昔風の特別キュベ、完全無濾過で伝統的製法のワインです。大手の物とは異次元の味わいです。

 解禁日の午前零時を待って自宅で試飲をしました。今年は私もマダムもせがれもヌーボーらしからぬワインとしての完成度にびっくりでした。ちょっと飲んだことのないヌーボーとなってますよ!

 ​サンク・オ・ピエ、ボージョレヌーボーを楽しむコースはこちら







Last updated  Nov 21, 2017 03:43:52 PM

Nov 13, 2017
カテゴリ:シェフの雑記帳
Cinq au pied.Menu pour Beaujolais Nouveau 2017
サンク・オ・ピエ、ボージョレ・ヌーボーを楽しむコース
¥6300
約20名様限定コースとなります

Plat panache des 7entrees
大皿7種前菜の盛り合わせ
Cote de cochon 32℃ fume
宮城県産32℃豚の自家製ロースハム
Poitrine de cochon 32℃ fume
32℃豚の自家製生ベーコン
Rillette de cochon 32℃
32℃豚のリエット
CROSTINI de foie de volaille aux anchois
鶏レバーのクロスティーニ、アンチョビ風味
Confit de Huitre de HARIMANADA
播磨灘産牡蠣のコンフィ
Beurre au Gorgonzola et raisin
ゴルゴンゾーラ風味のレーズンバター
Olives et pickles
オリーヴとピクルス

Foie gras chaud avec confiture de myrtille et miel auvinaigre de framboises et salade
フォアグラのソテー、ブルーベリーと蜂蜜のコンフィチュール、フランボワーズヴィネガー風味、
サラダを添えて

Cote de cochon 32℃ grille au moutarde meaux
宮城県産32℃豚の背肉のグリエ、モー産粒マスタード風味

Sorbet de raisin de IWATE sauvage
岩手県産山ぶどうのソルベ
Cake aux amandes ,raisin et noix
レーズンとクルミ入りアーモンドケーキ
Pave de chocolat au cassis
カシス風味の生チョコ・パヴェ

Cefe de SAKMOTO pour Menu ou the , 2pains
さかもとこーひーのスペシャルブレンド



こちらは昨年の画像です。

今回は、宮城県産のブランド肉32℃豚を豪華に使いました!一般小売価格がキロ約一万円のお肉ですよ!

32℃豚オンラインショップ









Last updated  Nov 13, 2017 02:09:36 PM
Nov 3, 2017
カテゴリ:シェフの雑記帳


 4日と5日も満席です。ありがとうございます。






Last updated  Nov 3, 2017 08:46:45 PM
カテゴリ:シェフの雑記帳


 サンク・オ・ピエは、3日4日とも昼夜満席です。5日はまだお席が取れます。よろしくお願いします。






Last updated  Nov 3, 2017 12:36:58 PM
Nov 2, 2017
カテゴリ:シェフの雑記帳


 豚の赤身肉に脂を3割くらい入れて合わせて1.5キロに鶏レバーを500gとフォアグラを150gを混ぜてミンチに、真ん中にフォアグラを入れてベーコンを貼ったテリーヌがない仕込み蒸し焼きにします。
 これが美味いんだ!作ると必ず家に持って帰って食べますよ!自分史上最高なテリーヌですよ。






Last updated  Nov 2, 2017 04:50:37 PM
カテゴリ:シェフの雑記帳


 サンク・オ・ピエは、本日は昼夜満席です。3日のお昼は満席、4日の昼は貸し切りとなっております。
なお、3日4日の夜、5日の昼夜はまだお席が取れます。よろしくお願いします。ご予約は、
cinq-au-pied@kph.biglobe.ne.jp​まで。
お店が忙しいときはお電話いただいても​​出られないこともありますので、メールでのご予約がおすすめです






Last updated  Nov 2, 2017 10:45:52 AM
Nov 1, 2017
カテゴリ:シェフの雑記帳
サンク・オ・ピエのこーひーはさかもとこーひーです。さかもとさんに半分本気半分冗談で、「さかもとこーひーの最大の欠点は、ほかのコーヒーが飲めなくなること。」というんですが、、、。まあ、私にとっては「こーひーはさかもとこーひーとそれ以外」という2種類となりますね。ですから、外食してコーヒーか紅茶ときかれても、「水でいいです」ということになります。私は外食の時はたいていワインや酒を飲みますから、最後にあまりおいしくないこーひーやら紅茶なら飲みたくないです。
 自分の店でもレストランですから美味しい料理は当たり前なんですが、デザートやこーひー紅茶もとても重要だと思っています。料理がいくら美味しくてもデザートが出来合いのアイスクリームと何時間も前に切ったと思われるフルーツだったり、こーひーが挽きたて入れたてじゃないのは論外としてもそもそものこーひまめのレベルが低いとか、紅茶は安物のティーバッグとかでは食事の締めくくりとして良くないですね。前菜、スープ、メインと美味しくて、飲む人にはそれぞれの料理に良く合うワインがグラスで気軽に飲めて、デザートも美味しくて、それに良く合うこーひーもあって、最後まで美味しいので会話も弾んで楽しくてついつい長居をしてしまう。というのが、私の理想のお店で、、サンク・オ・ピエもそうありたいとおもってやっています。


 カフェ・ボッサ、美味しいですよ。​詳しい話は坂本さんのブログをご覧ください。
 実に滑らかにスーッと入ってくる味わいです。



 こちらはカフェインレスコーヒーいわゆるデカフェですね。​こちらも詳しいことはブログを。
 このコーヒーは、デカフェでありながら、味はまったくさかもとこーひーとして違和感なしです!コロンビアの綺麗さや優しさがちゃんと出ています。サンク・オ・ピエにも置きますので、夜のこーひーは苦手という方や妊娠中の方などお申し付けください。

 近頃は、ノンアルコールビールなどを用意しておかないとお客様にお叱りを受ける時代いですから、サンク・オ・ピエでもノンアルコールビールは置いてありますが、本音でいうとあまりおいしくはないですよね、、。

 ごくたまにノンアルコールワインの要望もあるのですが、このジャンルもお店に置きたいと思うものに出会ってないので、置いてないですね。

 ビール、発泡酒、第3第4のビールなどありますね。私はもともとビール党ではないので、フェイク系は全く受け入れられません。銀座のライオンの生ビールは美味しくて大好きですけどね。生ビールのサーバーを毎日きれいに掃除していないようなやばい店で、ジョッキにべっとり口紅が付いた上にぼろ雑巾のようなにおいの完全に感染してるビールを出されたりしたこともありました。だから、よく知らない店では生ビールは頼みません。意外かもしれませんが、ホッピーとか好きですよ。フェイク系のビール飲むくらいなら、ホッピーのほうが断然いいですね。昭和な感じの大衆食堂みたいなところでアジフライやハムカツを肴に黒ホッピーが良いですね。(笑)






Last updated  Nov 1, 2017 04:08:27 PM
Oct 29, 2017
カテゴリ:シェフの雑記帳


 本日、お昼は貸し切りです。今週は昨日も含めてたいして忙しくはなかったのですが、今日のお昼はたぶん30名以上お断りしました。なぜ??

 昨日か一昨日来てちょうだい!と言いたい。

 それから、本日のディナーは所用によりお休みです。よろしくお願いします。






Last updated  Oct 29, 2017 12:33:26 PM
カテゴリ:シェフの雑記帳


 本日、お昼は貸し切りです。今週は昨日も含めてたいして忙しくはなかったのですが、今日のお昼はたぶん30名以上お断りしました。なぜ??

 昨日か一昨日来てちょうだい!と言いたい。

 それから、本日のディナーは所用によりお休みです。よろしくお願いします。






Last updated  Oct 29, 2017 12:32:49 PM
カテゴリ:シェフの雑記帳

 毎年使う広島産の大ぶりな牡蠣です。粉をつけてムニエールにします。中までしっかり火は通しますが、中心部が少しトロっとするくらいの火の通しでフォアグラみたいにコクがあって美味いですよ!



 定番の焦がしバターのソースです。ワインは、ブルゴーニュなどシャルドネ系も良いですけど、、


 
 ドメーヌ・ぺピエール、ミュスカデ・ド・セヴル・エ・メーヌ・シュル・リ。生ガキに合わせるワインの定番ですが、焼いた牡蠣にもばっちり合いますよ!シャルドネで合わせるよりさっぱりしていて好みです。

 それから、昨夜遅くにうれしいニュースが入ってきました。かれこれ2年ほど止まっていたフランスからの家禽類の輸入が解禁になったようです!ランド産のフォアグラ、ブレス産の鶏やホロホロ鳥、ヴァンデ産の鳩やウズラ、シャランの窒息鴨など、、久しぶりに会えるのが楽しみです!

農水省のプレスリリースをご覧ください。​​






Last updated  Oct 29, 2017 08:28:30 AM

全1576件 (1576件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


cinq chefさん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする

Calendar

Comments

 akiko@ おめでとう! お誕生日おめでとうございます。 私も一…
 せいがん1443@ 美味しそう 思わず、読み込んでしまいました。 美味…
 madame-H@ キッシュに入れてます。 相かわらず、手間のかかるスープを楽しん…
 ゆり777@ こんにちは。 美味しそうですね~。 チキンがジュージ…
 madame-H@ ご挨拶が遅くなりました。 今年も、よろしくお願いします。 後輩…

Rakuten Ranking

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.