2662449 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

なにかいいもの -くつしたと生活-

全111件 (111件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >

雑記・ぼやき・大人の日常

2010年12月09日
XML
テーマ:和菓子(720)



日曜日、
高校時代からの友だちと会った。
その友だちとは、いつだったか
実家へ帰ったついでに 会えるかなー?と
連絡してみたところ 「今、韓国ー!」 と
あまりにも悪いタイミングで会えなかった友だちである。
前もって連絡しとかなあかんよね。

あれから1年以上経ったが
結局まだ会えていなかった。
というか、それ以前からもう
どれぐらいか分からないほど
会っていなかったのだ。

メールではしょっちゅうやりとりしているものの
いざ、待ち合わせをして
お互い変貌ぶりが激しく認識できなかったらどうしよう・・・
などと心配しつつ、
混雑する名古屋駅の改札口近くで
無事に再会を果たすことができた。

友だちは“ついで”があって名古屋へ来たのだが
その予定の時間が決まっているので
とりあえずメシ食って、と
駅地下の きしめん屋へ入った。

ちょうど昼ごろで満席に近かったが
2人席だけひとつ空いていて
運良くすんなり席に着くことができた。



注文を済ませ、
さて
「えー、何年ぶりやろー?」
お互いに うーん…と考えてみたが
はっきりした答えは出ない。
10年・・・? いや、そんなに経ってないか。
でも 7~8年は経ってるよなー。

その間、お互い色々あった。
ま、腰を抜かすような大事件はなかったけど
こまごましたことは何やかんやあり、
人生の山あり谷あり?みたいなことも
お互いに経験してきた。と思う。

しかし少し話し出すと、あっという間に
時間の隔たりは ショワショワ~・・・と解消され
ついこのあいだ会ったばかりみたいに
腹かかえるほど笑えるアホ話ができた。

店のテーブルは、隣との隙間が20センチほども
離れていなかったので
右側に座る家族連れにも
左側に座る女性2人連れにも
関西弁丸出しの私たちの下らなすぎる会話は
丸聞こえだったかもしれない。

お互い話したいことは山ほどあるので
料理が運ばれてきても
食べるのとしゃべるのを両立させるのが大変で
きしめん1杯食べ終わるまでに
長い時間がかかった。
気が付くと、まわりの客はみんな入れ替わっていた。



それから、
ひと駅ふた駅ほど電車に乗って移動し
我が家を見に来ることにした。

時間があまりなかったので
うちに着いても、ゆっくりするというよりは
部屋のあちこちを見て回って
「ここは こーなってんねやー」 とか
「景色すごいなー」 とか
「これ最新やーん」 と
プチ内覧会で終始した。

もう予定の時間が迫っていたので
最寄の地下鉄の駅まで送って行き、
そこで別れた。

彼女は、嵐の待つナゴヤドームへ急いだのだった。



写真は おみやげに持ってきてくれた京菓子、
満月の 「阿闍梨餅 (あじゃりもち)」。

饅頭と餅の合いの子みたいな感じで
もちもちした皮と
その中の上品なつぶ餡がうまかった。



   




HOME





 今回の写真は これで
 撮影しています。
 
 OLYMPUS E-420




 
 

 吉田麺業
 半生きしめん 6人前

 830 円


 よしだの麺はもちもち。








First updated 2010年12月09日 03時33分59秒






Last updated  2010年12月18日 07時48分07秒
コメント(6) | コメントを書く
2010年11月14日



昨日、まると散歩に出た。

いつもなら、静かな住宅街を抜けて
まだ行ったことのない方角へ
当てもなくぶらぶらするのだけど

今回は めずらしく名古屋中心の
繁華街へ向かって歩いてみた。

先月末にオープンした
フランフラン(Francfranc)の路面店へ
行ってみたいと思って。

と、その前に
ザ・コンランショップへも
立ち寄った。

世界に10店舗しかないコンランショップ。
そのうちの4つが日本にあり、
さらにそのうちの1つが名古屋にある。



ま、行ったからって
何を買うわけでもないんだけど。
というか、買えるもんなんて
そうそうないんだけど。

デザイナーズチェアとか
たっかいソファーとか
ま、見るだけのもんだわな。
キッチングッズとか小物ぐらいなら
買えるかな。

しかし、たまに こういうとこにきて
洗練されたインテリアやグッズの中に身を置くと、
自分の日常のインテリアに関する感覚や
美的意識をリセットしてくれるようで
静かに気持ちが高ぶる。

自分に合ったレベルだからと
ホームセンターや庶民的な家具店ばかりに
行っていると
感覚もそれ以上のものには進化しないけど

憧れを持ってセンスのいいものに触れていると
感覚も少しずつそれに慣れて行って
いつの間にかそのセンスが
自分の中に自然に入ってくるような気がする。


私は以前、主婦雑誌の特集にあるような
工夫収納の記事みたいなのを
よく読んでいたんだけど
それがここしばらくは
美しいインテリアの写真集や
海外住宅の洋書などを
好んで見ていた。

そうすると、久々に見た主婦雑誌の
アイデア収納術!みたいな特集の
庶民的なリビングや
“見せる収納”と銘打った
物が出まくっているキッチンの写真が
「うわー、しみったれてんな~。」
と思えてしまった。

ま、お前が言うなーって感じなんだけど、
でも、申し訳ないけど
正直にそう思ってしまったのだ。

もちろん 誰もが同じ視点を持つ必要はないし、
私もインテリアバカにはなりたくない。
有名なモノであっても
人と同じものは なるべく持ちたくないし
デザイナーズグッズで部屋を埋め尽くすような
節操のないことはしたくない。

けれど漠然とでも
自分自身に理想とするものがあるなら
素敵だと感じるものをたくさん見て
目を肥やす、ということは大事だな
と思った瞬間だった。

コンランショップは
非常にいい目の保養になった。



コンランショップから通りを越えて少し歩き、
パルコより北の 栄(さかえ)方面へ歩くと
ひときわ目を引く建物の
フランフラン(NAGOYA Francfranc)があった。

以前はパルコのテナントとして入っていたのが
路面店として独立したのだ。

外壁にもフランフランらしい
フォトフレームのような装飾がいくつもあって
それを見るだけでもテンション上がる。



オープンして間もないこともあり
店内は 人でいっぱい。

吹き抜け3階までのフロアには
ぎっしり 可愛くておしゃれなグッズが
並んでいたけど
ひとつずつ手にとってじっくり見る、
また店内のインテリアをじっくり眺める
というのには
あまりにも落ち着かない感じだった。
きっとみんなのワクワクオーラが
渦巻いているのだ。

もうちょっと落ち着いたころに
あらためて行きたいな。

リアルな野生動物のぬいぐるみが
たくさんあり、
まるは それに釘付けだった。




   




HOME






 今回の写真は これで
 撮影しています。
 
 OLYMPUS E-420





まる
大人、オス






 
 

 テレンス・コンランの収納術

 5,250 円


 スッキリと雑然の境界線。







11/14 00873
 First updated 2010年11月15日 03時05分00秒






Last updated  2010年12月18日 08時51分00秒
コメント(6) | コメントを書く
2010年11月01日


昨日は
ちょっとした記念日で、
まるが花を買ってくれた。

一緒に買い物に行ってたから
「これがいい」 って
自分で選んだんだけど。


お店でトゲは切ってあったから
どこを持っても
痛くないバラ。

自分も歳をとるごとに
トゲを落として
やさしくなっていきたいな。

まだまだ
すぐトゲ生えちゃうんだけど。


黄色いバラの花言葉は
マイナスなイメージのものが多いけど、
風水では金運UPとか
プラスの効果で人気らしい。

どっちでもいいけど
ま、自分がいいと思ったのを
飾るのが一番いいよねってことで。




↓ ブログランキング参加中 ↓
   


<< 前へ            次へ >>

HOME






 今回の写真は これで
 撮影しています。
 
 OLYMPUS E-420





まる
大人、オス





 
 
 光触媒 黄色いバラ

 3,500 円


 トイレとかに。




First updated 2010年11月01日 16時03分11秒






Last updated  2010年11月01日 17時15分51秒
コメント(6) | コメントを書く
2010年10月30日


実家から送られてきた
北海道土産、その5。

鮭とば。

⇒ その1、シロクマのぬいぐるみ
⇒ その2、キタキツネの鍋敷き
⇒ その3、六花亭のチョコ
⇒ その4、干貝柱


このほかに、
利尻昆布ラーメンなど
北海道らしいものがあった。
 (写真撮る前に 腹の中。)


以下、
ついでに入れたものらしい。



塩昆布。

「塩昆布」って、塩がまぶしてある
細切り昆布のイメージなんだけど、

これは山椒の香りがきいた
角切り昆布の佃煮。

この“徳用”は、形のぶぞろいな
端切れを集めたものらしく
きれいな正方形のは あまり入っていない。
けど、味に変わりなし。

ときどき買うらしく
何度か食べたことがある。



ナゾの銀袋。

多分、お茶だろうなーと思うけど
「あの銀色の何?」
と電話で母に聞いてみたところ、

「何か分からんけど、多分お茶。」
と言っていた。
おかんが分からんのじゃ
ほんとに何か
封を開けるまでナゾだわ。




↓ ブログランキング参加中 ↓
   


<< 前へ            次へ >>

HOME






 今回の写真は これで
 撮影しています。
 
 OLYMPUS E-420







 
 

 神宗の昆布
 詰め合わせ

 2,310 円


 ほんまは鰹昆布が
 一番の大好物。








10/30 00834
First updated 2010年10月30日 11時59分42秒






Last updated  2010年10月31日 00時28分57秒
コメント(4) | コメントを書く


実家から送られてきた北海道土産の箱に
なぜかこんなものも入っていた。

うーん、
どう見ても
これは おみやげじゃーないな。

+ + +

父は本が好きで、そりゃまぁ しょっちゅう本を買う。
実家へ行くたびに
本は増えて そこらに積み上がってるし、
本棚もどんどん増えていた。

引っ越しのときに随分と処分して
スッキリしたはずだったけど、
しかしやっぱり読みたいものは次から次へと現れるし
そして買ってしまうらしい。


フフン・・・
読んだものをこちらへ回してくるという
新しいワザを編み出したな。


+ + +


ここ数年、私はなるべく自分が興味のない本を
読むようにしている。
昔は全く読まなかったビジネス書の類のもの。
興味がないと言いつつも、
それを読んでみようと選ぶ時点で
何らかの興味を抱いているということにはなるのだけど。

はっきり言って
経済や金融、政治には大して関心がない。

関心がないと言いつつも
そういうものの中で生きているのだから
知るべきことは たくさんある。

専門家のようになる必要はないけれど
無知というのは、ある意味、不幸だ
と何となく思うようになった。

新聞やニュースを見ても 自分の頭に入ってこず
ただ通り過ぎていただけの情報も、
知識があれば そのことについて深く考えることが出来るようになるし
難しいと思っていたことも案外簡単に思えてきたりする。


小説もおもしろいし、マンガも楽しい。
物語の中に浸って、登場人物に感情移入し、
心の躍動を一緒に疑似体験して、
読み終わったあと あーおもしろかったと現実に戻る。

そういうのもいい。

しかし、作者が何を描きたかったのか、
主人公が訴えかけるものは何なのか、
これを読んで自分は何を思うのか、

より多くの何かを感じようとすると
自分の中の知識の引き出しが
たくさん必要になる。

何気なく書かれているような言葉のひとつにも
それに紐付く知識があれば
物語の奥行きはどんどん深まる。


日常生活においても
バックグラウンドに厚みのある人は
非常に魅力的だと思う。

物事の判断や考え方にも
知識のあるなしでは大きく差が出るし
着眼点も違ってくる。

人生は単純ではないし、
色んな角度から複合的に物事を見るには
たくさんの知識が必要で、

そうやって自分や世の中を見られるようになると
自分の成長を少しずつ感じるし、
そして人生はどんどん楽しくなるような気がする。
大げさかな。
人生を攻略していく、
まさにそんな感じがするのだ。


自分を分厚くするために本を読む。
無数にある本の中で
どれを手にするかは
もう偶然のようなものだけど、

その偶然を膨大に積み重ねていくと
自分の思う偶然を
選んだり作ったりできるような気がする。



↓ ブログランキング参加中 ↓
   


<< 前へ            次へ >>

HOME






 今回の写真は これで
 撮影しています。
 
 OLYMPUS E-420







 
 

 名字のヒミツ
 (森岡浩 著)


 単純に、へぇ~、ほぉ~
 って読むのもいい。

 歴史も好きになるかも。






First updated 2010年10月30日 09時01分53秒






Last updated  2010年10月30日 12時03分03秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年10月28日


実家から送られてきた
北海道土産、その3。

六花亭(ろっかてい)のチョコレート。



マルセイバターサンドが有名な六花亭だけど
なぜか私は昔から
チョコの方を目にすることが多く、
六花亭 = チョコの店
だと 長らく思っていたりした。


マルセイバターサンド



六花亭と言えば、草花の絵の包装紙。

これを見れば 「六花亭」 と思い浮かぶほど
代名詞的な存在の
印象に残る素朴で鮮やかな絵。

⇒ 北海道の画家、坂本直行

商品によって包装紙は
色んな花の絵柄があるけど

これは包装紙の絵も中身のチョコの形も同じ
ハマナシと
オオバナノエンレイソウ。



ピンクのが ハマナシで
白いのが オオバナノエンレイソウ。

オオバナノエンレイソウは
見た目の通り ホワイトチョコで、

ハマナシの方は
苺ヨーグルト味。

乾燥イチゴとヨーグルト粉末が
練り込んであるらしく
ほんのり甘酸っぱい。



見た目が和菓子っぽいので
お茶と合わせてみた。

やさしい味で和む。



↓ ブログランキング参加中 ↓
   


<< 前へ            次へ >>

HOME






 今回の写真は これで
 撮影しています。
 
 OLYMPUS E-420







 
 

 六花亭
 マルセイチーズ&ビスケット

 500 円


 これもうまそうだわ。








First updated 2010年10月28日 18時43分53秒






Last updated  2010年10月29日 03時27分49秒
コメント(6) | コメントを書く
2010年10月16日
# 1231


連休の最終日、
新幹線で帰る まる父まる母見送りに
名古屋駅まで行って、
そのついでに ミッドランドスクエア
(名古屋駅前にある、ブランドショップが入った おハイソな、商業・オフィス複合ビル)
へ行った。


お高い靴とか服には興味ないけど
うまいもんなら興味ある。

ってことで、地下階の
DEAN & DELUCA(ディーン・アンド・デルーカ /ニューヨーク発の 食のセレクトショップ) へ。


シナモンロールと
チーズクッキーを
買って帰った。




まるも私も シナモンの香りは
あんまり好きじゃないんだけど、
何かこの日は シナモンロールが食べたい気分。

だってこのシナモンロール、
クリームたっぷりで
おいしそうだし。

実際、おいしかった。
シナモンも どギツクなくて嫌味じゃないし。


チーズクッキーは、
クッキーと言えど、これもパンの部類。
しっとりさっくり生地の中に
塩気と甘さの効いたクリームチーズが詰まってる。



どっちも まる
半分コして食べた。




くつしたは、
ゆでた豚レバーで おやつ。




シナモンロールのクリームには
興味なかったみたいだけど、
チーズクッキーの中のチーズは
お気に召したようで
何口か食べてた。


    


※各写真の上にマウスポインタを置いて 2秒ほど待つと、
くつしたのもうひとつの声をお楽しみ頂けます。

<<  No.1230  前のくつした        次のくつした  No.1232 >>


HOME






はじめましての方



くつした プロフィール

名前:くつした
性別:メス
誕生日:(推定)
    2004年6月20日
    (公園生まれ)
体重:平均2.9kg

特技:おすわり・まて
    ねむねむ光線
    おっきいうんこ
趣味:旅行
    毛づくろい








まる
大人、オス





ついに完結。
くつしたの生い立ち

ちょっとした読み物










 今回の写真は これで
 撮影しています。
 
 OLYMPUS E-420







1年前のくつした
散歩しながらカバンで昼寝。
(2009/10/14)









 
 

 DEAN & DELUCA
 コットントートバッグ

 1,355 円


 でもこれ持ってる人
 いっぱいいるね。








10/16 00724
First updated 2010年10月16日 18時00分41秒






Last updated  2010年10月17日 19時30分08秒
コメント(14) | コメントを書く
2010年09月28日


このあいだの土曜日、誕生日だった。

特に祝うほどのもんでもないが、
酒蔵にしている戸棚の中から
スパークリング赤ワインを出してきて
それ飲んだ。

微発泡なので写真撮ってる間に
泡すっかり消えた。



食べもんは、もう簡単に
スパゲチーちゃちゃっと作って
あとは買ってきたピザ。
(オーブンで焼くだけになってるやつ)



普段あんまり飲まないもんだから
久々のワインが よくきくー。

結局 二人で1本を飲み干したけど
もうテレビ見てんのもムリ
って、すぐ寝た。

しかし私は、横になってる方がしんどくて
しばらく壁にもたれて
座りながら寝てた。



おたんじょうびケーキには
ほど遠いけど
そこらで買ったロールケーキ食べた。

くつしたはクリームだけなめた。



   
今日も さりげなく応援して下さると感謝です。
少しのお時間と少しのおメモリ、拝借いたします。



<< 前へ            次へ >>

HOME

First updated 2010年09月28日 14時56分28秒






Last updated  2010年09月28日 17時26分19秒
コメント(12) | コメントを書く
2010年09月02日


暑いけど
歩いて出かけた。

自転車に乗っても
どうせ汗はかくから、
それならもう
汗だくになってやろう。



木陰を歩いても
あんまり涼しくない。
日なたよりは暑くないけど。
立ち止まったら
一気に汗が流れ出す。


脇の下とかビタビタになるし、
腕も ぴとぴとするのがイヤで

気が付いたら



こんなカッコで歩いてる。




図書館に行った。

借りていた本の返却期限と
予約していた本の取り置き期限が
過ぎないうちに。



図書館の中、
一応 空調は利いているけど
すごく微弱な設定なので

本棚の前に じっと立って本を選んでいると
外にいるときより
汗が出てくる。



でも、静かで薄暗くて
時間が止まってるみたいな
図書館の雰囲気は、
映画の中の世界にいるみたいで
すこし優雅な気分になれる。



ここのところ、
じっくり本を読むという行為が面倒で
いつも雑学書や実用書など
さらっと読めるものばかり選んでいたのだけど

久しぶりに、大好物・吉田篤弘の小説 『78(ナナハチ)』




阿川佐和子の 『いい歳 旅立ち』(エッセイ)


を選んだ。

じっくり読めて、
「しおり」を使う楽しみを味わえるように。



お気に入りの 「しおり」 は、
そら豆さん作の オリジナルしおり。

そら豆さんちのドールがモデルになった
可愛らしいもの。

印刷からカッティングまで
すべて そら豆さんの手(と愛用マシン)によるもの。



そら豆さんの本業(本趣味)と言えば、
シール作り。

私の描いたイラストを組み込んだ
切手風のシールを作って下さった。

消印っぽい印字の中には
このブログのタイトルとアドレスも
しっかり入ってる。



自分の描いたものでも
こうやって 小さな作品になって、ずらっと並ぶと
別のものを見ているようで
ちょっとした感動がある。



おさかなの形のリボンシールにも
ブログタイトルとイラスト。
芸が細かい。



しおりの裏面は、
年号と年齢の早見表。

私は 本を読むとき
まず巻末の 作者のプロフィールを
チェックするのだけど、

「阿川佐和子。
 1953年11月東京生まれ。」
そうか、阿川佐和子って57歳になるんだ。

と、すぐチェックできて便利。


阿川佐和子さん、
聡明でユーモアがあって可愛らしくて、
そして毒もある。
テレビタレントとしても好きな存在です。



さて、図書館を出て
どこか寄り道して帰ろうかとも思ったけど
やっぱりもう暑くて
さっさと家に帰りたい。

コンビニで105円のドーナツ
買って帰りました。




   


<< 前へ            次へ >>

HOME

First updated 2010年09月02日 18時33分34秒






Last updated  2010年09月07日 08時27分05秒
コメント(16) | コメントを書く
2010年06月11日
# 1127


No1127-001_100603

困った。 (困ってないけど)

この ひとくちゼリーみたいな
メロンプディングが やたらうまい。


No1127-002

こないだ 実家に帰ったとき   ⇒ 実家も引っ越した
これが冷蔵庫に入ってて
ちょっと食べてみたら
なんか めちゃくちゃうまかった
ので

「どこで買った?」 と聞いたら
リカーマウンテン(滋賀・京都を中心に展開する お酒の専門店/略してリカマン)


幸い、リカマンは名古屋にも進出してて
そういや近所に1店あったなと思い
さっそく行ってみた。


No1127-003

そしたら、ちゃーんと あるでないの。

山積みされたメロンプリン。プディング とか かっちょえぇぶってる言葉は もうパス。)
2パックで500円。(1パック22個入り)
高いのか安いのか分からんけど、
買うつもりで来てるから関係なし。

マンゴープリンもあったけど
とりあえずマンゴー味は どーでもいいの。

リカーショップなのに お酒は一切買わず
メロンプリンだけ手に入れて帰ってきた。


No1127-004

これ、本物のメロンみたいな味がする。

いままでメロンゼリーとか食べたことは
もちろんあるけど、
こんなに 「メロンだ!」 と思ったことはない。

ナタデココが入ってるんだけど
その歯ごたえのアクセントも効いていて
ちょっとメロン食べた気になれるのだ。

本物のメロンだと
食べきれない分は ラップして冷蔵庫入れて
悪くならんうちに急いで食べないといけなかったりするけど

これは気が向いたときに
ひとくちずつ楽しめる お手軽メロン。


No1127-005

「メロン食べるー?」
「食べる、食べるー。」

と、
擬似メロンで盛り上がる我が家。(アホ家族)

この際、国産品じゃないとか
どーでもいいや。 (マレーシア産)


No1127-006

くつしたは さっきから
おいしそうな口してるけど、

これはメロンプリンを食べたわけではなく
自分のごはん食べて
ごちそうさまするのに
たまたまここに来てるだけ。


No1127-007

おぅ、デザートにメロン食うか?




No1127-008

しかしまあ、
フルーツ全般が あんまり好きじゃないみたいなので
メロンの香りも興味なし。

とりあえず 物体としての
この形が気になるだけ。


No1127-009

パッケージには 「輸入者:リカーマウンテン」
となっているので
どうやらこれは リカマンでしか買えないのかな。

ネットショップ⇒ リカマン楽天市場店では
この商品の扱いがないみたいだし
こりゃまた実店舗へ 買いに行かなきゃー。


    
   

※各写真の上にマウスポインタを置いて 2秒ほど待つと、
くつしたのもうひとつの声をお楽しみ頂けます。

<<  No.1126  前のくつした        次のくつした  No.1128 >>


HOME






はじめましての方



くつした プロフィール

名前:くつした
性別:メス
誕生日:(推定)
    2004年6月20日
    (公園生まれ)
体重:平均3kg弱
特技:おすわり
    まて
趣味:旅行












 今回の写真は これで
 撮影しています。
 
 OLYMPUS E-420









 
 

 クラウンマスクメロンプリン
 3個入り


 2,380 円


 これも気になる。
 けど高級品~。








First updated 2010年06月11日 12時22分54秒






Last updated  2010年06月14日 11時49分40秒
コメント(16) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全111件 (111件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >

PR

Profile


さくらもち市長

Free Space

 
 
くつしたです。


くつした プロフィール
 
名前:くつした
性別:メス
誕生日:(推定)
    2004年6月20日
    (公園生まれ)
体重:平均2.9kg

特技:おすわり・まて
    ねむねむ光線
    ロングうんこ
趣味:旅行
    毛づくろい

 
 
ちょっとした読み物

(くつしたの生い立ち)
 
 




たまに登場
 
 

 
まる
 
大人、オス

 




●  ●  ●














PVアクセスランキング にほんブログ村

Calendar

Archives

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月

Category

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.