178407 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Clarte Coaching Office

◇ビジネスへ


ロゴ


【 何故、今ビジネスにもコーチングなのか 】



1. 時代の変化


◇市場ニーズの多様化
顧客 → 個客 (自分の欲しい物、答えはお客様が持っている)

◇あらゆる権威の崩壊
(銀行ですら・・・?)(この会社にいれば安泰ということはない)

◇組織のフラット化

ピラミッド方式 → フラットグループ化へ
(組織のスピード化をはかり、コーチングでソフトのスピード化を)

◇能力主義の導入 
 (結果をあげた人のみ評価される流れへ)

◇時代の環境が変化し、これまでの経験が活かしにくい

  昔は10年ひと昔 → 過去の経験を活かしやすい
  今は時代のスピードが早過ぎて、経験が陳腐化しやすい

◇転職者の増大
  (マネジャー的な仕事が増える)

◇部下や新人の価値観の変化

 → 指導方法の変化 (コーチングの手法が有利に)



2. 「タテ型社会」から「ヨコ型社会へ」


◇タテ型社会のキーワード

支配
管理
命令
指示
従属服従
画一
無個性

◇ヨコ型社会のキーワード

協調
協力
相談
自主
自己責任
多様
個性




ジャック・ウェルチ氏(GE ゼネラル・エレクトリック社)
「日経ビジネス」インタビュー(1999年10月25日号)

『管理職の役割は変わらざるを得ない。
部下が知らない情報を握っていることによってのみ権威付けされたような管理職は
存在意義を失う。
今後、管理職に必要となるのはコーチとしての資質です。
部下のエネルギーを引き出す力を備えなければいけない』




3. マネジメントスタイルの変化


【 旧来 】

指示命令型 → 『指示命令を待つ依存的人材を大量生産』

【 コーチング 】

質問型 → 『自ら考え行動する自発的人材の育成』 → 『セルフコーチングが習慣になる』



4.  Teaching vs Coching 



◇Teaching(ティーチング)


すべての人に対して

「同じ内容を」

「同じ方法で」

「同じ速度で」伝える



画一的指導方法 (マス マネジメント)






◇Coaching(コーチング)

相手に合わせて

「指導内容も」

「指導方法も」

「指導速度も」変える



個別指導方法 (ワントゥワン マネジメント)





以上の理由から、今、指導者、管理職の方にもコーチングが注目されています。

注意していただきたいのは、今までの手法(ティーチング的な指導方法)がダメということではありません。
コーチングの手法を取り入れることによって、『あなたの武器が2倍になる』という考え方の方が得だと思います。

コーチングは、人の行動特性、心理学的な理論にもかなったスキルなのです。




© Rakuten Group, Inc.