000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

リトルグローブの映画TIME

リトルグローブの映画TIME

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

classplussector4764

classplussector4764

Calendar

Rakuten Card

Comments

くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…

Freepage List

Headline News

Jul 28, 2011
XML
カテゴリ:映画
こんにちは、株式会社リトルグローブです!

今日は、少し季節はずれですが、クリスマスのファンタジーをご紹介させて頂きます。

今日ご紹介するファンタジー映画は『グリンチ』です。


ぐりんち.jpgあらすじ

世界で最もクリスマスを愛している街フーヴィル。そんなフーヴィルに再びクリスマスの季節がやって来た。街中がクリスマス気分で大騒ぎとなっている中、ただ一人クリスマスを嫌う人物がいた。クランベット山に住むいたずら好きでひねくれ者の男グリンチだ。ルー・フーの娘シンディはそんなグリンチのことが気になっていた。そしてある日、シンディは地下室でグリンチに出会う……。


この映画、クリスマスイヴが近づくと必ず思い出す映画です。
まぁ、今は夏なんですが(笑)


ジム・キャリー本人は、特殊メイクと着ぐるみなんだけど、動きはいいし、得意の顔芸もちゃんとやってる。
むしろ着ぐるみで動いたり、特殊メイクで顔芸をやる方が、面白いと言えます。
また、よくありがちな怪物対人間みたいな構図にはなっておらず、グリンチ以外のフーの人々も微妙に怪物、ちょっと個性的な人間のように表現されており。
グリンチは明らかに怪物なんだけど、この映画の中の位置づけとしては、フーの人よりもさらに個性的な人間というポジションになっています。


この映画、スタジオの中に街をつくって撮影されてるんだけど、その小さい感じがいい。
なんか本当絵本の中の世界の小さな街に飛び込んだみたいな気分になります!

今年のクリスマスは是非観て下さい!








Last updated  Jul 28, 2011 03:05:41 PM
コメント(0) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.