1395417 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Motor Racing for My Favorite Recollections

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


クレバースロス

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

Headline News

2020.09.27
XML
カテゴリ:モータースポーツ
​​​​いつものヨーロッパ時間より2時間早いロシアGP 決勝。
レコノサンスから事件は起きる。
ハミルトンがスタート練習を指定された場所以外でおこなった。
ハミルトンのエンジニア ピーターボニントンも認めたが、FIAからのディレクターノートには、スタート練習の位置が明確に記載されていた。ベッテルは毎回細かく読んでるという・・・・・

【レース展開】
トップ10ではマックス・フェルスタッペンとバルテリ・ボッタスがミディアム、それ以外はソフト、11番手以降ではダニール・クビアトとキミ・ライコネンがハード、それ以外はミディアムを選択。
スタート:ボッタスが2番手に浮上、フェルスタッペンがターン2で止まりきれずオーバーシュートしてリカルドに抜かれるが、ターン7で抜き返して3番手を取り戻す。
ターン2で飛び出したカルロス・サインツは、ターン3でコースに復帰する際にバリアにヒットしてクラッシュ。ストロールはターン4の出口でルクレールに追突されてスピンを喫し、コース上にストップ。1周目からセーフティカーが導入される。ジョージ・ラッセル、アレクサンダー・アルボン、ランド・ノリスがハードタイヤに交換する。
(1)ハミルトン(2)ボッタス(3)フェルスタッペン(4)オコン(5)リカルド(6)ペレス(7)ガスリー(8)ルクレール(9)マグヌッセング(10)ロージャン
6周目:レース再開。順位に変動はなし。
8周目:ダニール・クビアトがロマン・グロージャンを抜いて10番手に浮上。
ペナルティ:ルイス・ハミルトンに決勝前のレコノサンスラップでのスタート練習の位置に違反があったとして5秒ペナルティが2つ、合計10秒のペナルティが科せられる。
12周目:クビアトがマグヌッセンンを抜いて9番手に浮上。
15周目:セルジオ・ペレスがダニエル・リカルドを抜いて5番手に浮上。リカルドがピットインしてハードタイヤに交換
16周目:ハミルトンがピットイン。ハードタイヤに交換して10秒のペナルティを消化。11番手でコースに復帰する。
18周目:グロージャンがハードタイヤに交換。
19周目:オコンとガスリーがハードタイヤに交換。
21周目:ペレスがハードタイヤに交換。
■約5秒だったトップのボッタスと2番手のフェルスタッペンとの差は約10秒まで広がる。
26周目:フェルスタッペンがハードタイヤに交換。アルボンがミディアムに交換
27周目:ボッタスがハードタイヤに交換。
29周目:ルクレールがハードタイヤに交換。
31周目:クビアトがミディアムに交換。ベッテルがハードに交換。
ペナルティ:リカルドに5秒ペナルティ。コース外からチームメイトのオコンを抜いていた。
(1)ボッタス(2)フェルスタッペン(3)ハミルトン(4)ペレス(5)リカルド(6)ルクレース(7)オコン(8)クビアト(9)ライコネン(10)ガスリー
■ボッタスとフェルスタッペンとの差は約13秒、フェルスタッペンとハミルトンとの差は約10秒
ペナルティ:ハミルトンに2点のペナルティポイント。合計10点となり、あと2点で1戦の出場停止。
43周目:ガスリーがミディアムに交換。
45周目:ガスリーがアルボンを抜いて10番手に浮上
47周目:ガスリーがノリスを抜いて9番手に浮上。アルボンがノリスを抜いて10番手に浮上。ノリスがミディアムに交換。
ペナルティ:アルボンに5秒ペナルティ
チェッカー:バルテリ・ボッタスが今季2勝目、マックス・フェルスタッペンが2位、ルイス・ハミルトンが3位。






キミ・ライコネンは、今大会で322戦目のスタートとなり、ルーベンス・バリチェロのF1最多出走記録に並んだ。

​今回の Driver of the day はフェルスタッペンになった。








Last updated  2020.09.27 23:02:31
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.