1779634 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Motor Racing for My Favorite Recollections

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


クレバースロス

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

Headline News

2021.10.18
XML
カテゴリ:フォーミュラ1
​​
「我々世代のドライバーには現代のF1マシンは向かない」
「カートをドライブするためと同じ訓練をする必要がある。右足でブレーキをかけないし、左足でブレーキをかけていた。決してこのようにギアを変えることはなかった。実際、多くのことを学び、多くのことを実験すると『これらのタイプのマシンは自分には向いていないし、あまり楽しめない』という感じだ。アイルトンやナイジェルも同じだと思うよ」という発言をしていました。

全文和訳は下記

「ドライバーはあらゆる種類のマシンに適応できるので、自問自答した」とアラン・プロストは語った。
「でも、ここ数年、現代のF1カーを運転し、オーストリアにあった1985年の自分のマシンも運転したことを覚えている。同じ週にロータスを運転し、レッドブルの現代マシンを運転した」
「これらのマシンは技術的にはそれほど違いはないが、すべてが完璧だ。マシンの人間工学も我々の時代のものよりはるかに優れており、感覚は同じではなかった」
「1985年のマシンを運転した。マシンを離れたときと、シューズ、オーバーオール、ヘルメットはまったく同じで、ペダルの位置も同じだった。機械式ギアボックス、当然、クラッチを使用するマシンを運転した。そして、30年前に感じたことが約半周で戻ってきた」
「すべてを感じることができ、ペダルを感じることができ、風を感じることができ、グリップを感じることができた。すべてが一緒だった。ブレーキをかける方法で、車は少し前に進める方法もね」
「これらの現代のマシンは我々には向いていないね」
「若くなければならないし、カートの後にそれをするために訓練される必要がある。右足でブレーキをかけないし、左足でブレーキをかけていた。決してこのようにギアを変えることはなかった。実際、多くのことを学び、多くのことを実験すると『これらのタイプのマシンは自分には向いていないし、あまり楽しめない』という感じになる」
「たぶんアイルトンやナイジェルも、僕と同じように、今のマシンを十分に楽しむことはできないと思うよ」
「ニコラがポール・リカールで1983年の私のマシンを運転したとき、彼はたった2~3周しか走らなかったのを覚えている。彼は『s**t!』と言っていたよ』とアラン・プロストは語った。
「ギアボックスが壊れてしまうので、ストップしなければならなかった。彼らはクラッチペダルを使って、クラッチでギアを変更することはないからね」
「それこそが、自分の時代、世代とともに生きる必要があるという証拠であり、両方を過ごすことはできない。それはほぼ不可能だ」






Last updated  2021.10.19 22:07:55
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.