2053811 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

クレバースロス

クレバースロス

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

Headline News

2021.11.30
XML
カテゴリ:スーパーGT
「日曜日に富士でスーパーGTシリーズの最終ラウンドを行い、4位でフィニッシュした」とヘイキ・コバライネンは語った。
「かなり良い結果だった。シーズンを通して最高の結果だった。しっかりと強いレースでシーズンを終えることができて良かった」
「でも、同時にそれはSUPER GTでの最後のレースだった。7年間にいたSUPER GTシリーズを離れることを決断した」
「実際、今年の初めにフィンランドで妻と数日間過ごしたときに最後のシーズンになると決断した」
「それにはいくつかの理由がある。もちろん、今シーズンは僕たちにとって厳しいものだった。僕たちが望んだほど競争力がなく、結果を出すことができなかった」
「パックの真ん中や後ろでレースをするのは難しいこともある。でも、それがメインの理由ではない。」
「実際のメインの理由はコロナウイルスだ。過去2年間、渡航制限によってほとんどの時間を日本で過ごした。日本の国境管理はかなり厳格だ」
「就労ビザで出入国することはでるけど、妻はそれができなかった。そのため、家族や妻からしばらく離れることを余儀なくされた。来年、再びそうする覚悟ができなかった。それがこの決定のメインの理由だ。
「7年間過ごしたSARDレーシングに感謝したいと思う。SARDレーシングとSARDカンパニー全体が僕にとって家族になった。加藤社長のサポートにも感謝している」
「トヨタ自動車の社長である豊田章男氏のサポートにも感謝している。7シーズンにわたって、彼は実際にはガソリンヘッドであり、素晴らしいドライバーであり、いつもとても協力的で、とてもフレンドリーだった。すべての善意に感謝している」
「トヨタと一緒に日本を旅することは決して忘れない。僕のキャリアの大きな部分だ。実際、F1での期間は7年間だったので同じ長さだし、僕のキャリアの重要な部分だ」
「1つの章が閉じているときは、別の章が開く。まだモータースポーツに情熱を持っているし、完全に取り除くことはできない。今年は数回のラリーをやったことをご存知かもしれらないけど、ラリーへの情熱は本当に高まっている。ずっと本当に興味を持っていたことだ。もうWRCチャンピオンになれないことをわかっているけど、もう少しやりたいし、改善したい」
「次のシーズンの計画は、ラリープログラムを中心に日本でラリーする予定だ。ラリーのスケジュールSUPER GTのスケジュールに比べてはるかに簡単で、テストもイベントも少ないので、日本にずっといる必要がないので、家族、特に妻と一緒に時間を過ごす時間もある」






Last updated  2021.11.30 19:06:24
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.