2009421 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Motor Racing for My Favorite Recollections

PR

全1328件 (1328件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

フォーミュラ1

2022.06.30
XML
カテゴリ:フォーミュラ1

国際自動車連盟(FIA)はF1第10戦イギリスGPの開幕を直前に控えた6月29日(水)、フランス・パリで世界モータースポーツ評議会(WMSC)を開催し、2022年シーズンのF1競技・技術レギュレーションの改訂を決定した。
ルール変更は広範に渡る。概要は以下の通り。
・パルクフェルメ下における新PU交換を許可
・PUの一時的修理を許可する規定を新設
・気温30℃以上の場合は燃料温度20℃
・後翼”たわみ”検査内容を修正
・タイヤテスト時の車両制限ルールの修正
・ミラー関連のルールを微調整
・開幕前のドライバーメディア活動時間の変更
予選後に適用されるパルクフェルメ下では原則として、同一仕様以外のパーツに交換するとピットレーンスタートとなるが、規定の一部が改訂され、パワーユニットに関しては新しいスペックへの交換が認められる事となった。
また「局所的かつ最小限」であれば、パワーユニットに対する一時的な修理も許可される事となった。
燃料温度はこれまで、単に「周囲気温」の10℃未満であってはならないと定められていたが、「周囲温度」が30℃を超える場合は20℃にまで冷やす事が許可される事となった。
リアウイングとビームウイングに関する”たわみ”検査は緩和される方向に修正された。






Last updated  2022.06.30 21:52:21
コメント(0) | コメントを書く


2022.06.22
カテゴリ:フォーミュラ1

2021年シーズンのFIA-F1ドライバーズ・チャンピオンシップを制した「レッドブル・ホンダ」が電撃復帰を果たすかもしれない。22戦が計画される2022年シーズンの4合目に達したところでパドックに2つの噂が飛び交った。
ホンダは昨年末を以て、F1パワーユニット・サプライヤーとしての正式な活動を終了とし、最終戦の最終ラップでのマックス・フェルスタッペンとの悲願の大逆転タイトル獲得を経て、惜しまれつつもF1から去った。



2022年よりF1を見始めたファンを除く全ての関係者は、両者の関係が今年も変わらず続いており、第9戦カナダGPを終えて両選手権をリードするレッドブルのマシン「RB18」に積まれているパワーユニット(PU)が依然としてホンダ製である事を知っているものの、名目上はあくまでも撤退した形だ。だが表立って復帰する可能性があるというのだ。
元ホンダF1の山本雅史マネージング・ディレクターが将来的なF1復帰の可能性を信じていると発言した事もあり、日本のエンジンメーカーが再び4輪最高峰の舞台にカムバックするのではとの噂は今年序盤から度々浮上していた。
それはいずれも抽象的なもので特筆すべきものはなかったが、半年を経て同時多発的に2つの具体的な話が飛び出した。
レッドブルはパワーユニット(PU)新規定が導入される2026年に向け、ポルシェと提携するとの見方が大勢を占めてきた。だが新世代F1 PU規定の確定は遅れており、現時点ではまだ、両当事者、そしてフォルクスワーゲンから正式な契約締結の発表はない。
新たな規定はサマーブレイク前の7月に投票・可決される見通しだが、そんな重要な期日を前に独AMuSは、ホンダがF1復帰を希望している事が一層、明らかになってきたと伝え、仮にホンダの取締役会が復帰を決定すればレッドブル側がこれを拒む事はほとんど不可能に近く、レッドブルがポルシェとホンダの間で板挟みになる可能性があると指摘した。
日本企業にありがちように決定が遅れれば先に”レッドブル・ポルシェ”が誕生してしまう可能性もあるが、同メディアは姉妹チームのアルファタウリとのコラボレーションもあり得ると指摘した。
更に、F1のステファノ・ドメニカリCEOがポルシェやアウディを含む既知のメーカー以外にもう1社、F1への参戦を希望している自動車メーカーがあると明かしたと伝えた。現時点では具体的な名前は明らかにされていないが、8月以降に更なる発表が行われる見通しだという。
なお具体的な参戦計画が不明瞭なアウディについては、ザウバー(現アルファロメオ)が第一候補だと伝えた。
また、F1ジャーナリストのディーター・レンケンは「レッドブルとホンダによる代替エンジン契約の発表が迫っている」可能性があると伝えた。ただしこちらは2026年以降のパートナーシップを念頭に、という事ではない。
レッドブルは2026年以降の独自PU開発に向けてレッドブル・パワートレインズ(RBPT)を設立し、ホンダが所有する知的財産権(IP)を借り受け今季より独自にPUを運用していく予定であった。
だがそれが夢物語である事が分かったため、最終的にはホンダがこれまで同様に栃木県のHRD SakuraでF1パワーユニットを製造し、整備を含めたサポートも継続する形に収まった。レッドブルは今年、ホンダから供給されるエンジンに「RBPT」のバッジを掲げている。
RBPTの目下の狙いは「新規サプライヤー」として2026年にデビューする事にある。新たにグリッドに加わるサプライヤーに対しては、テストや予算という点で既存メーカーに対する優遇措置が設けられる方向で調整が進められている。
だがレンケンによると、ホンダのIPを保有していると「新規サプライヤー」としてみなされない恐れがあるため、RBPTはIPを手放し、ホンダに正式なサプライヤーとして戻ってきて貰う方向で話し合いを進めている可能性があると言う。
レンケンは「使うつもりのない知的財産権をレッドブルが保有している事、そしてホンダが世界チャンピオンの座に君臨するチームにパワーユニットを供給しているにも関わらず殆ど目立たない存在であり続けている事は、最初から奇妙に思えた。長年に渡るホンダF1の取り組みは、F1の大きな謎の一つだ」と指摘した。
前者は2026年以降を念頭に置いたもので、後者は2025年までの現行契約の”修正”といった内容だ。同じ「復帰」にしろ意味は大きく異る。
現実となるか、それとも噂で終わるか。いずれも憶測に過ぎないなか 2022日本グランプリの冠スポンサーに”ホンダ”が付いた。






Last updated  2022.06.22 20:27:31
コメント(0) | コメントを書く
2022.03.21
カテゴリ:フォーミュラ1
​​​1960/3/21 アイルトン・セナ・ダ・シルバ(Ayrton Senna da Silva)の誕生日。

今 ようやくセナの後継者かもしれないレーサーが出てきた。

もし今 彼が存命だったら
こんなカナ



​​






Last updated  2022.03.21 16:00:16
コメント(0) | コメントを書く
2022.03.03
カテゴリ:フォーミュラ1

マックス・フェルスタッペンが、レッドブル・レーシングと2028年まで契約を延長したことが発表された。
マックス・フェルスタッペンは、最終戦アブダビGPの物議を醸したファイナルラップでメルセデスのルイス・ハミルトンを倒して自身初のF1ワールドチャンピオンを獲得。
レース後、マックス・フェルスタッペンはレッドブルへの“愛”を公言し、「今のところ、移籍する理由はない。一生彼らと一緒にいたいと思っている。彼らがそれを許していることを願っている」と語っていた。
マックス・フェルスタッペンの現行契約は2023年までとなっていたが、レッドブル・レーシングは3月3日(日)、契約を5年間延長し、少なくとも2028年まで契約を延長したことを発表。
レッドブル・レーシングが少なくとも2028年まで僕のホームでいることを発表できて本当に誇りに思う」とマックス・フェルスタッペンはコメント。
「僕はこのチームを愛しているし、僕たちが長い間進めてきたこの驚きべき旅を継続できることをとてもうれしく思う。僕たちはすでにたくさんのことを一緒に成し遂げてきたけど、それがまだ終わっていないのは間違いない」











Last updated  2022.03.03 22:08:24
コメント(0) | コメントを書く
2021.11.29
カテゴリ:フォーミュラ1
11月28日、ウイリアムズ・レーシングは声明を発表し、これまでF1世界選手権で7回のドライバーズチャンピオン、9回のコンストラクターズチャンピオンを獲得したウイリアムズの創設者であるサー・フランク・ウイリアムズが79歳で亡くなったと発表した。






Last updated  2021.11.29 05:52:50
コメント(0) | コメントを書く
2021.10.18
カテゴリ:フォーミュラ1
​​
「我々世代のドライバーには現代のF1マシンは向かない」
「カートをドライブするためと同じ訓練をする必要がある。右足でブレーキをかけないし、左足でブレーキをかけていた。決してこのようにギアを変えることはなかった。実際、多くのことを学び、多くのことを実験すると『これらのタイプのマシンは自分には向いていないし、あまり楽しめない』という感じだ。アイルトンやナイジェルも同じだと思うよ」という発言をしていました。

全文和訳は下記

「ドライバーはあらゆる種類のマシンに適応できるので、自問自答した」とアラン・プロストは語った。
「でも、ここ数年、現代のF1カーを運転し、オーストリアにあった1985年の自分のマシンも運転したことを覚えている。同じ週にロータスを運転し、レッドブルの現代マシンを運転した」
「これらのマシンは技術的にはそれほど違いはないが、すべてが完璧だ。マシンの人間工学も我々の時代のものよりはるかに優れており、感覚は同じではなかった」
「1985年のマシンを運転した。マシンを離れたときと、シューズ、オーバーオール、ヘルメットはまったく同じで、ペダルの位置も同じだった。機械式ギアボックス、当然、クラッチを使用するマシンを運転した。そして、30年前に感じたことが約半周で戻ってきた」
「すべてを感じることができ、ペダルを感じることができ、風を感じることができ、グリップを感じることができた。すべてが一緒だった。ブレーキをかける方法で、車は少し前に進める方法もね」
「これらの現代のマシンは我々には向いていないね」
「若くなければならないし、カートの後にそれをするために訓練される必要がある。右足でブレーキをかけないし、左足でブレーキをかけていた。決してこのようにギアを変えることはなかった。実際、多くのことを学び、多くのことを実験すると『これらのタイプのマシンは自分には向いていないし、あまり楽しめない』という感じになる」
「たぶんアイルトンやナイジェルも、僕と同じように、今のマシンを十分に楽しむことはできないと思うよ」
「ニコラがポール・リカールで1983年の私のマシンを運転したとき、彼はたった2~3周しか走らなかったのを覚えている。彼は『s**t!』と言っていたよ』とアラン・プロストは語った。
「ギアボックスが壊れてしまうので、ストップしなければならなかった。彼らはクラッチペダルを使って、クラッチでギアを変更することはないからね」
「それこそが、自分の時代、世代とともに生きる必要があるという証拠であり、両方を過ごすことはできない。それはほぼ不可能だ」






Last updated  2021.10.19 22:07:55
コメント(0) | コメントを書く
2021.09.11
カテゴリ:フォーミュラ1
​​​1978/9/11イタリアGPモンツァで命を落とす。 
ベンクト・ロニー・ピーターソン 享年34歳。​

​​1977 その当時、そういう風になるとは思いもしなかった。​
チャピオンになれる器に、「無冠の帝王」の称号で呼ばれることが多い。​
ただ 43年後偶然にも、F1イタリアGPのスプリント決勝がおこなわれる。何もないことを祈る。



​​​






Last updated  2021.09.11 20:36:32
コメント(0) | コメントを書く
2021.07.15
カテゴリ:フォーミュラ1
​​
アルファロメオ、ザウバーとの複数年契約でF1参戦継続も長期残留は不透明
アルファロメオはF1第10戦イギリスGPの開幕を直前に控えた7月14日(水)、ザウバー・モータースポーツとの複数年契約延長を発表した。だが長期に渡ってF1グリッドに留まるかどうかは不透明。



また同チームは、9月1日からオペレーションディレクターとしてマーク・ホワイトが加入することを発表した。



マーク・ホワイトは、1994年にホンダに入社し、計画、生産管理、品質保証においてさまざまな上級管理職を務めてきた。最近では、ホンダの英国の製造拠点を拠点とするレースチームであるシンクロ・モータースポーツも率いていた。






Last updated  2021.07.15 08:04:59
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.25
カテゴリ:フォーミュラ1
​​【訃報】元FIA会長、マックス・モズレー氏亡くなる。享年81歳

モズレー氏は自動車の安全基準向上に向けて活動し、1994年のF1でローランド・ラッツェンバーガーとアイルトン・セナが事故死した際は、エンジン出力を低下させたり、HANSを導入するなど安全性を高めるための改革を打ち出した。
モズレー氏は最終的にFIA会長を16年に渡って務めたが、その間に論争となる出来事がなかった訳ではない。
彼はバーニー・エクレストンとの関係が深く、彼とF1の主導権を巡って度々争った。また、2005年アメリカGPではミシュラン勢の出走取りやめの決定にも関わり、2007年のマクラーレンによるスパイ事件ではチームに対して強硬な態度をとった。
​​






Last updated  2021.05.25 21:39:01
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.16
カテゴリ:フォーミュラ1
レッドブル・アルファタウリの四人 仲良くモナコ入り






Last updated  2021.05.16 16:10:07
コメント(0) | コメントを書く

全1328件 (1328件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.