1957851 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Motor Racing for My Favorite Recollections

PR

全156件 (156件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

WSBK

2021.10.11
XML
カテゴリ:WSBK
10月11日、ヤマハ・モーター・ヨーロッパは2022年のスーパーバイク世界選手権(SBK)に野左根航汰を継続参戦させると発表した。






Last updated  2021.10.11 21:06:53
コメント(0) | コメントを書く


2021.07.27
カテゴリ:WSBK
カワサキレーシングチーム スーパーバイクはアレックス・ロウズと契約を更新した。

エースのジョナサンレイとの契約がハッキリしない中、アレックスロウズといち早く契約を更新した。






Last updated  2021.07.27 22:38:54
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.19
カテゴリ:WSBK
出場ライダー一覧























Last updated  2021.05.19 23:28:41
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.17
カテゴリ:WSBK
2021スーパーバイク世界選手権 出場予定ライダー






Last updated  2021.01.17 22:13:52
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.22
カテゴリ:WSBK
10月18日、2020年SBK第8戦エストリル(ポルトガル)ラウンドは、エストリル・サーキットでスーパーポールレース、レース2が開催された。
レース2のグリッドを決めるスーパーポールレースでは、トプラク・ラズガットリオグル(パタ・ヤマハ・ワールドSBKオフィシャルチームが優勝。2位にギャレット・ガーロフ(GRTヤマハ・ワールドSBKジュニアチーム)、3位にマイケル・ファン・デル・マーク(パタ・ヤマハ・ワールドSBKオフィシャルチーム)が続いた。


チャンピオンのジョナサン・レイ(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)は5番グリッドを獲得。最後尾グリッドから追い上げたスコット・レディング(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)は6番グリッドを獲得した。高橋 巧(MIEレーシング・ホンダ・チーム)は17位でゴール。レース2を17番グリッドからスタートすることになった。



​今シーズンの最終レースとなるレース2は、気温22度、路面温度31度のドライコンディションで争われた。



ポールからスタートしたラズガットリオグルが好スタートを切るが、1周目にチャズ・デイビス(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)がトップに立ち、序盤はラズガットリオグル、追い上げて3番手に浮上したレイとトップ争いを繰り広げるが、9周目の3コーナーでレイが転倒を喫し後退。​


ラズガットリオグルも遅れ始め、その後はデイビスがトップを独走。ドゥカティファクトリーで最後となるレースで優勝を達成した。




2番手争いは中盤過ぎまでラズガットリオグルがキープしていたが、追い上げてきたレディングが18周目に2番手に浮上するとそのまま2位でゴールし、ドゥカティがワンツーフィニッシュを飾った。ラズガットリオグルはレディングから0.605秒遅れの3位でゴール。
4位にファン・デル・マーク、5位にアルバロ・バウティスタ(Team HRC)、6位にマイケル・ルーベン・リナルディ(チーム・ゴーイレブン)、7位にレオン・ハスラム(Team HRC)、8位にシャビ・フォーレス(カワサキ・プセッティレーシング)、9位にフェデリコ・カリカスロ(GRTヤマハ・ワールドSBKジュニアチーム)、10位にトム・サイクス(BMWモトラッド・ワールドSBKチーム)が入賞。


ジョナス・フォルガー(ボノバ・アクション by MGM・レーシング)が11位、ユージン・ラバティ(BMWモトラッド・ワールドSBKチーム)が12位、レアンドロ・メルカド(モトコルセ・レーシング)が13位に入賞し、レイは再スタートしたが、14位入賞となった。マッテオ・フェラーリ(モトコルセ・レーシング)が15位に入賞。高橋は17位でチェッカーとなった。
アレックス・ロウズ(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)は6番手走行中の9周目の7コーナーで転倒リタイア。ロリス・バズ(テンケイト・レーシング・ヤマハ)は8番手走行中の14周目にマシントラブルが発生、ピットに戻ってリタイア。ガーロフは3番手走行中の3周目の4コーナーで転倒リタイアに終わった。
チャンピオンシップ争いではレース1でレイがタイトルを決め、SBK6連覇を達成。ランキング2位にレディング、ランキング3位にデイビスが続いた。高橋はSBKフル参戦1年目をランキング22位で終えた。
マニュファクチャラーズランキングではファクトリーの二人は低迷したが、シャビ・フォーレス(カワサキ・プセッティレーシング)が8位に入り、カワサキがチャンピオンを獲得。1ポイント差のランキング2位にドゥカティが続いた。


チームタイトルはドゥカティファクトリーのAruba.it レーシング-ドゥカティがチームチャンピオンを獲得した。









Last updated  2020.10.22 06:30:25
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.18
カテゴリ:WSBK
​​​​​​​​​​​​いよいよ2020スーパーバイク世界選手権の最終第8戦
ジョンサン・レイ<340>vsスコット・レディング<281>
​​​レイが11位までに入れば、レディングの順位に関係なく、レイの6連覇が決まる。

そういった中でおこなわれたスーパーポール予選。あろうことか、この二人が転倒。レイはタイムを残してたため、予選順位15位がついたが、レディングは出て行った周のため、ノータイムになり最下位23位という結果になった。

レース1スタート
ジョナサン・レイは15位スタートながら、優勝を狙ってるようなロケットスタート。
ラズガットリオーグルは逃げの1手で、後続を離していくが、レイも同じペースで順位を上げる。
1周目-7位

2周目-5位
​​​
9周目-2位まで上がるのが精一杯。タイヤを使い過ぎたか、順位を下げていくが、トップグループのペースが速かったため、4位よりは下がらずゴール。
前人未到のシリーズ6連覇達成!!

一方のチャレンジャー スコット・レディング
1周目-15位

ところが2周目に入ったところから エンジンが回らなくなり 4周目エンジンがストップしてしまいリタイアとなってしまい、万事休す。

レースはトプラク・ラズガットリオーグルが久々のぶっちぎり。

2位は
レディングの相方 チャズ・デイビス。ここのところ4気筒を乗りこなせてきている結果が出てる。

そして3位はバトルを繰り返し ギャロット・ガーロフが獲る。
ニッキー・ヘイデン以来のアメリカンライダーが凄い走りを見せる。

4位以下のバトル













​​
チャンピオン争いは終わった・・・・・






Last updated  2020.10.21 06:41:19
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:WSBK
​​
チャンピオン争いは 実際 下の二人に絞られた。
予選が始まり、ジョナサンレイ、スコットレディング 相次いで転倒した。
ジョナサンレイは、タイムを刻み始めたとき、フロントが逃げて転んでしまった。予選タイム測定は行われており、リザルトは出た。


災難だったのはスコットレディングで、自身の最初のラップで、ハイサイドで転倒してしまい、ノータイム​。

​FPのタイムリザルトとは全く異なる、結果となった。​






Last updated  2020.10.18 13:15:41
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.13
カテゴリ:WSBK
​​​2020/10/12 Yamaha Motor Europe N.V.(YMENV)より 野佐根航汰選手が 2021年スーパーバイク世界選手権に GRT Yamaha WorldSBK Junior Teamからフェデリコ・カリカスロに変わり、全戦出場することが発表された。
​「今後、自分がさらに成長していくためには、スーパーバイク世界選手権こそ最適だと考えていたので、こうしたチャンスをいただきうれしく思いますし、ヤマハには感謝の気持ちしかありません。SBKは世界のトップライダーが揃い、現在と使うタイヤが異なり、ほとんどが初のコースでもあるため厳しい戦いになると覚悟しています。しかし、日本のトップライダーとしての意地もありますし、日本のファンの期待に応え、世界のファンに認められるためにも、最初から勝負の年と位置づけ、戦える準備をしっかりしていきたいと思います。また加入するGRT Yamaha WorldSBK Junior Teamは今年、ギャレット・ガーロフ選手が表彰台に立つなどすばらしいチームです。ともに仕事をしていくことで自分もさらに成長できると期待しています。現在、全日本選手権はシーズンの真っ最中です。JSB1000クラスではランキングトップですが、チャンピオンとしてWSBKに挑戦するのが理想なので、まずは残る2大会に集中し、全力でタイトルを獲りにいきます」とコメント。2020全日本で使用した№3は空いてる番号なので、使用するか?
2020 大活躍のガーロフがチームメイト。






Last updated  2020.10.13 23:42:18
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.04
カテゴリ:WSBK
​​​​​ジョナサン・レイ 6連覇がかかる マニクール レース2。3位に入ればレディングが優勝してもチャンピオン決定となる。

スタートはレイが決める。
ところが路面の乾く早さが予想以上で、レイもペースを抑えた。がレディングはペースを上げ、レイを抜き、逃げ切りに成功する。

この勝利でレディングは一縷の望みをもって最終戦に臨む。

伏兵 ロリス・バズがレース1に続き、このレースも掻き回す。
キチッと結果を残し、2位に入る。

3位争いに焦点が集まった。もしレイが3位ならチャンピオン。4位なら最終戦へ持ち越しとなる。
デイビスが奮起し、レイを抜き去る。


​​​​​






Last updated  2020.10.04 22:44:24
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:WSBK
​​​​​いよいよ大詰めを迎えたスーパーバイク世界選手権。フランス マニクール Race1。
レインコンディション・・・・
BMWの予選1-2 レイ 3位-----ヨーイ ドン
ホールショットをレイが奪う。
直後
ガーロフとサイクスが絡み、サイクス転倒。それにすくわれてラバティも転倒し、BMWが消えた
バズが2位

​転倒も相次いだ・・・・​







Last updated  2020.10.04 18:57:26
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全156件 (156件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >


© Rakuten Group, Inc.