1772004 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Motor Racing for My Favorite Recollections

PR

X

全43件 (43件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

2021フォーミュラ1

2021.11.19
XML
カテゴリ:2021フォーミュラ1

FIAは、メルセデスF1の再審請求を棄却。F1ブラジルGPのマックス・フェルスタッペンの2位が確定した。
メルセデスF1は、F1ブラジルGPの48周目のターン4でのルイス・ハミルトンに対するマックス・フェルスタッペンの防御について、後日公開されたフェルスタッペンの車載カメラの映像を新たな証拠として再審請求。
11月18日(木)に公聴会が行われていたが、翌19日(金)に再審請求を棄却したことを発表。マックス・フェルスタッペンにペナルティが科されることはなく、F1ブラジルGPの2位が確定した。

FIA(国際自動車連盟)は、2021年 第19戦 F1ブラジルGPの48周目のターン4でルイス・ハミルトンをコース外い追いやったマックス・フェルスタッペンへの防御に対するメルセデスF1の再審請求を棄却した。


F1ブラジルGPの48周目、ターン4でルイス・ハミルトンは、ターン4のアウトサイドからマックス・フェルスタッペンを抜きにかかった。しかし、フェルスタッペンはインサイドを大きく回り、二人はコースオフ。フェルスタッペンがリードしたままコースに戻った。
スチュワードは、このインシデントを記録したものの、その時点では調査不要と判断。その後、ルイス・ハミルトンはマックス・フェルスタッペンを抜いて優勝している。
だが、レース後の火曜日、スチュワードが決断した時点では入手されていなかったマックス・フェルスタッペンの前向きの車載カメラの映像が公開され、メルセデスF1はそれを新たな証拠として再審を請求。11月18日(木)にカタールでメルセデスとレッドブルの代表者から聴聞が行われていた。
FIAは金曜日まで裁定を延期していたが、F1カタールGPのフリー走行1回目の終了後、メルセデスF1の再審請求を棄却したことを発表。マックス・フェルスタッペンにペナルティは下されず、F1ブラジルGPのリザルトが確定した。
今回の評決についてスチュワードは「テクノロジーと帯域幅の両方に制限があるため、当時は利用できないアングルのビデオ映像は常にある」とコメント。
「スチュワードの決定が正しいか間違っていると見なされるかどうか、そして、サッカーでの審判の決定と同様に、事実から2週間後までそのようなレースの裁量的決定の一部またはすべてを検討できることは望ましくない」
「したがって、スチュワードは、ISC(国際スポーツコード)の再審の権利の目的が、競合他社が、スチュワードによる正式な調査に従わず、公開されたドキュメントのリザルトをもたらさないような裁量的決定のレビューを求めることを可能にするということを真剣に疑っている」
スチュワードは、車載カメラの映像が技術的に新しく関連性のある証拠であることに同意したが、今回のケースで「重要」であることには同意しなかった。
「スチュワードは多くの場合、限られた情報に基づいて迅速に決定を下さなければならない。決定の時点で、スチュワードは決定を下すのに十分な情報を持っていると感じ、その後、その後、関係する両方のドライバーのレース直後のコメントとほぼ一致していた」
「33号車(フェルスタッペン)の前向きカメラ映像が決定を下すために重要であると感じていれば、単に事件を調査中(レース後に調査するため)とし、この映像が利用可能になった後に決定を下しただろう。彼らはそうする必要がないと見た」
メルセデスは、2020年のF1オーストリアGPでルイス・ハミルトンが新しいビデオ映像でイエローフラッグで減速しなかったことを示したことでグリッド降格ペナルティを科されていることで、新しいビデオ証拠に基づく決定の変更の前例があると主張していたが、スチュワードはその比較を拒否した。
「スチュワードは、その映像が当時利用可能だった他の角度と特に異なる、または最初に利用可能な映像に基づいた彼らの決定を特に変更する例外的なものは何も示さないと判断する」
「2020年のオーストリアの場合とは異なり、スチュワードの判断では、事実を根本的に変える映像ではない。また、これは当時のスチュワードによって考慮されていなかったものを示していない。したがって、スチュワードはここでの映像は“重要”ではないとの決断を下した」
この決定は、メルセデスのトト・ヴォルフとレッドブルのクリスチャン・ホーナーが金曜記者会見に出席中に発表された。
トト・ヴォルフは、この決定に驚かなかったと述べた。
「完全に予想していた」とトト・ヴォルフは語った。
「おそらく次の数レースでテーマになると思ったので、それについての議論を引き起こしたかった。我々の目的は達成されたと思う。それ以上進めようとはは思っていない」
クリスチャン・ホーナーは「あのレースで起こった他の多くのインシデントに関してパンドラの箱は開かれたので、それは明らかに正しい決断だと思う。今、最も重要なことはこのグランプリに集中することだと思う」とコメント。
「ここカタールにいるのは素晴らしいことだ。良いサーキットになると思う。ここだけでなく、ジェッダとアブダビでも、クリーンでフェアな戦いを望んでいる」






Last updated  2021.11.19 22:37:22
コメント(0) | コメントを書く


2021.11.17
カテゴリ:2021フォーミュラ1

メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1ブラジルGPの勝利後のインラップでシートベルトを緩めたとして5000ユーロ(約65万円)の罰金を科された。
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフはレース後、「ルイスが最終ラップでベルトを外したため、チームはスチュワードに行く」とメディアに語った。
これはその後まもなく、ブラジルの現地時間午後5時にメルセデスF1チームの代表者は「FIA国際モータースポーツ競技規則の付録L第III章第4条(安全ベルトの使用)の違反の疑い」について報告するよう呼び出された。
FIA国際モータースポーツ競技規則では「サーキット、ピットレーン、スペシャルステージ、または競技コースを走行する競技中は、常に当該車両の技術規則に準拠した安全ベルトでドライバーをシートベルトで適切に拘束する必要がある」と記されている
「44号車のドライバー、ルイス・ハミルトンは、レース終了時にインラップでシートベルトを外した」とスチュワードのレポートは述べた。
「スチュワードは祝いたいという願望に同情しているが、車が動いている間にシートベルトを外すことは基本的に危険である」 
「これらの車の低速は、拘束されていない乗員にとっては非常に速い。さらに、F1ドライバーはジュニアカテゴリーの模範を示している。ジュニアカテゴリーのドライバーは、常に車のすべての安全装置を使用することの重要性を学ぶことが重要である






Last updated  2021.11.17 13:30:41
コメント(0) | コメントを書く
2021.11.16
カテゴリ:2021フォーミュラ1
​​​ハミルトンの ハミルトンによる ハミルトンのための2021サンパウロGPとなった。

金曜日 ハミルトンはICE新品をおろすことを発表。これで決勝グリッドは、一番良くても5位となってしまった。

そして予選後、リアウィングの作動時のテクニカルレギュレーション違反で、予選失格となり、最後列から スプリント予選を戦うことになった。
スプリント予選は20位のポジションからわずか24周、ゴボウ抜きを見せ、5位で終える。これで決勝は10位からのスタートとなった。

決勝スタート
ハミルトンを誰もフォローしなかったため、まっすぐ、1コーナーまで走り、3台をパス。
3周目に4位、18周目に2位に上がり、フェルスタッペンとのマッチレースに持ち込む。
​​​​​新品のICEと直線での車高調整リアサスの力で、フェルスタッペンに追いつき、59周目トップに立つ。


最終ラップでの両車の間隔は10秒まで開き、ハミルトンが久々の今季6勝目を上げた。

ドライバーズポイント
1  マックス・フェルスタッペン ​332.5​
2  ルイス・ハミルトン           ​318.5​
3  バルデリ・ボッタス           203
4  セルジオ・ペレス              178











Last updated  2021.11.16 08:18:57
コメント(0) | コメントを書く
2021.11.14
カテゴリ:2021フォーミュラ1
​​

予選後にパルクフェルメでハミルトンのマシンに触れたフェルスタッペンにスチュワードは競技規則違反と判定。フェルスタッペンに約650万円の罰金。

スチュワードはフェルスタッペンとレッドブルの代表者にヒアリングを行い、またファンが撮影した映像やピットレーンから撮影されたCCTVの映像を確認した。またフェルスタッペン、ハミルトン、バルテリ・ボッタス(メルセデス)、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)のマシンから撮影された映像も調査。その結果、フェルスタッペンはマシンを降りた後、自身のマシンのリヤウイングに右手で触れ、ハミルトンのマシンの方へ移動した後にリヤウイングに触れていたことが判明した。
スチュワードは、予選やレースの後にドライバーがマシンに触れることが慣習になっていると明かし、フェルスタッペンもそのように主張した。しかしこれは規則に違反してることであり、直接的な被害は発生していないものの、重大な被害が発生する可能性があったことから5万ユーロの罰金を科すことを決めた。

​​






Last updated  2021.11.14 06:16:14
コメント(0) | コメントを書く
2021.09.12
カテゴリ:2021フォーミュラ1

メルセデスのルイス・ハミルトンは、スプリント予選後、
”決勝レースでライバルのマックス・フェルスタッペンが楽勝するだろう”と話す。

2021年イタリアGP:スプリント予選の結果を振り返り、ルイス・ハミルトンは「多くのポイントを失った」と語った。
メルセデスがミディアムタイヤを選択したのに対し、マクラーレンがソフトタイヤを使用するという攻撃的選択をしたことを指摘した。
「彼らの選択を甘く見ていた。明日は、どうやってマクラーレンを追い抜くかを考え、ポイントダメージを最小限に抑えるようにしないとダメだろう」。
落ち込んだハミルトンは「明日のレースはフェルスタッペンに負けるだろう」と認めました。
「レッドブルのペースを見ただろう?」と彼は付け加えた。「マックスがバルテリよりも速かったかどうかは分からない。でも今はポールポジションにいる。彼にとっては楽勝なはずだよ」
「僕はただ、マクラーレンを追い越すことだけを考えている」と決勝に向けてを話した。




ハミルトンは、ミルトン・キーンズを拠点とするレッドブルの絶え間ないアップデートの実施が功を奏していると考えている。
「レッドブルは今年、我々が予想していた以上のペースを持っていると思います。彼らは毎週のようにアップグレードを行ってきてます」
「噂によれば、レッドブルがアップグレードをしなかったレースは1つしかないそうです。彼らは常にマシンにパフォーマンスを加えている。メルセデスは素晴らしい仕事をしてくれたが、今日はバルテリがよくやってくれた」

「ここは 是非とも勝ちたいコース・・・」と語った。






Last updated  2021.09.12 15:54:22
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:2021フォーミュラ1
​​​​​
2021 2回目のスプリント予選がおこなわれた。イギリスよりは周回数の多い18周での争い。予選前にバルテリ・ボッタスのPUに不具合が見つかり、すべてを乗せ換えたため、スプリントの結果に関係なく、最下位20位になる。
​​
スタート
予選1位ボッタスは順調通りに蹴りだし、新調ユニットの良さを生かし、1位をキープ。3位のフェルスタッペンも、ホンダPUのラウンチコントロールの良さでボッタスのすぐ後ろにつける。
2位のハミルトンはクラッチミートのミスに加え、ホイールスピンをやり過ぎ、ノリス、ガスリーにもかわされる始末。

1'stコーナーでリカルドがガスリーのウィングを踏み、3コーナーでガスリーがクラッシュ。

またアロンソが前回同様、スルスルと上がってきたが、1'stコーナーで阻まれる。さらに後方では、角田とクビサが絡み、こちらも角田がフロントウィングを引きずる。

ガスリーのクラッシュでSCに。このSCを利用し、角田がタイヤ交換とフロントウィング交換。アルファタウリは、スプリントでフロントウィングを2セット失った。


4周目に再開されると、予選でチームメイトを引っ張ったことで予選9位のセルジオ・ペレスがランス・ストロールにオーバーテイクを許して10位に後退。
だが10周目にやり返してポジションを奪い返すと、元の9位でフィニッシュ。
ガスリーがリタイヤしたにも関わらずポジションが変わらなかったのは、アントニオ・ジョビナッツィにパスされたため。



来季契約が危ぶまれるジョビナッツィは母国観衆を前にポジションを2つ上げて8位に。
レースが落ち着くとDRSトレインが発生。例年通りの抜けないモンツァが顔をのぞかせた。ハミルトンが挽回できなかった事が象徴的であるように、コース上のアクションは限られた。
ボッタスの最後尾スタートが確定している中でリスクを負うメリットはなく、フェルスタッペンは終始2秒差を維持してチェッカーフラッグを受けた。


​​​母国レースのフェラーリはカルロス・サインツがFP2でクラッシュを喫し、シャルル・ルクレールが体調不良を理由に直前のプラクティスを早めに切り上げるなど問題が山積していたが、ルクレールはグリッドにつき、メカニック達は無事、時間内にクルマの修復を終えた。ルクレールは6位、サインツは7位で終えた。
決勝のスタートの最前列は、元チームメイトの二人。レッドブル時代は真っ向勝負してた二人。ただマクラーレンが前に出ると2012以来のこと。

2021年 F1イタリアGP スプリント予選 結果・速報
1.バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2.マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
3.ダニエル・リカルド(マクラーレン)
4.ランド・ノリス(マクラーレン)
5.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
6.シャルル・ルクレール(フェラーリ)
7.カルロス・サインツ(フェラーリ)
8.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
9.セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
10.ランス・ストロール(アストンマーティン)
11.フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
12.セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
13.エステバン・オコン(アルピーヌ)
14.ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
15.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
16.角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
17.ニキータ・マゼピン(ハース)
18.ロバート・クビサ(アルファロメオ)
19.ミック・シューマッハ(ハース)
DNF.ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

​​​
​​​​






Last updated  2021.09.12 18:26:18
コメント(0) | コメントを書く
2021.09.11
カテゴリ:2021フォーミュラ1
​​金曜日なのに予選。2度目のスプリント予選が開催されます。

​2021年 F1イタリアGP 予選Q3 結果・タイム
1.バルテリ・ボッタス(メルセデス) - 1分19秒555
2.ルイス・ハミルトン(メルセデス) - 1分19秒651
3.マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) - 1分19秒966
4.ランド・ノリス(マクラーレン) - 1分19秒989
5.ダニエル・リカルド(マクラーレン) - 1分19秒995
6.ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ) - 1分20秒260
7.カルロス・サインツ(フェラーリ) - 1分20秒462
8.シャルル・ルクレール(フェラーリ) - 1分20秒510
9.セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ) - 1分20秒611
10.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ) - 1分20秒808
11.セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
12.ランス・ストロール(アストンマーティン)
13.フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
14.エステバン・オコン(アルピーヌ)
15.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
16.ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
17.角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
18.ミック・シューマッハ(ハース)
19.ロバート・クビサ(アルファロメオ)
20.ニキータ・マゼピン(ハース)






Last updated  2021.09.12 10:04:09
コメント(0) | コメントを書く
2021.09.09
カテゴリ:2021フォーミュラ1
​#kimi_raikkonen_kr7

BREAKING: Kimi will not attend Monza. Kubica keeps the seat for the Italian GP






Last updated  2021.09.09 08:51:59
コメント(0) | コメントを書く
2021.09.06
カテゴリ:2021フォーミュラ1
​​
9月6日(月)、アルファロメオ・レーシング・オーレンは、フィンランド人ドライバーのバルテリ・ボッタスと2022年からの複数年契約を締結したことを発表した。
アルファロメオではキミ・ライコネンが今シーズン限りでの引退を表明しており、2022年に向けてまずはボッタスの起用が発表となった。

アルファロメオF1との契約期間は3年

ボッタスの空いたメルセデスの席に誰が来るかは発表されていない。
​​p.s.
​ボッタスの居たシートには ラッセルが就くことが発表された​






Last updated  2021.09.09 08:48:46
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:2021フォーミュラ1






Last updated  2021.09.06 06:02:42
コメント(0) | コメントを書く

全43件 (43件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.