318206 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

言語学の嘘(記憶科学及び、記憶科学的言語学の確立)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。今年の9月で50歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な部分になっています。

記憶科学という、とてつもなく大きなテーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、知性とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これを全て解決するのが「記憶」という概念だと気がつきました。ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「存在」の代わりになるものです。

記憶科学は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語彙を使いながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

Copyright (C) 2009-2017 Naomiki Sato All Rights Reserved

Rakuten Profile

設定されていません

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

CLG2009@ Re:「知る」ということ。。。(06/26) New! 支那人や朝鮮人が、言語と文化とともに、…
CLG2009@ Re:記憶と歴史(06/26) ともちゃんさん >佐藤さん > >『プロパ…
CLG2009@ Re:アイデンティティーとは何か?(06/26) ともちゃんさん > 物質・・・動物(認…
ともちゃん@ 記憶と歴史 佐藤さん 『プロパガンダによって 共通の…
ともちゃん@ アイデンティティーとは何か? 佐藤さん 『そして、このアイデンティテ…

Freepage List

Headline News

にほんブログ村 外国語ブログ 言語学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

↑↑↑ いろんな人に読んでもらいたいので、ワンクリックお願いします。

私の理論を日本語で出版したいと考えています。興味ある方は御連絡ください。

ここ1年程前から、「ともちゃん」さんと「fractalemode」さんという二人の方と熱い議論を戦わせています。その多くがコメント欄で行われているので、コメント欄にも目を通していただけると、我々の議論の内容にふれることができると思います。

今は、3人だけの議論です。他の方の参加も歓迎しますが、全てとは申しませんが、少なくとも最近のコメント欄を参照していただけると、何が議題になっているかをご理解いただけると思います。
2017.06.28
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
久しぶりに面白いビデオを見つけた。

タイトルは「現実とは何か」で、著者は、デーヴィッド・イーグルマンである。



イーグルマン氏のサイト

http://www.eagleman.com/

彼のドキュメンタリー動画

https://www.youtube.com/watch?v=BvPu2kYstcg


人間の知覚を通して、現実が何かを追求する姿勢は非常に面白いと思ったのだが、ここでも動物の認知と人間の認知プラス言語活動に関する考察が全くない。

「記憶」という単語は、この動画の最後に少し出てくるだけであるが、これには続きがあるので、それを全て見た上でまたコメントしたいと思う。

ただ、彼はやはり「脳」にこだわる。私はとりあえず、器官としての「脳」抜きで理論を構築しようとしている点がかなり違う。それは、「記憶」の捉えからが全く違うからだ。

私の場合、記憶というのは(ともちゃんさん流に言うと「宇宙記憶」)、我々人間の意志とは全く別の次元で働いているという前提に立っている。我々は、宇宙記憶がコンパクトな形になった「記号」を意識の中に飼うことで、言語を使い、アイデンティティーを進化させ、共有していると考える。

私は宇宙記憶は生命だとは思わない。どちらかというと、エネルギー源である。とすると記憶というのは、エネルギーが形になったものだろうか。しかし、まだエネルギーだとも断言したくはない。「進化する存在」とでもしておこうか。

この人は、TEDでも2015年に講演をしているのだが、そこで面白いものを紹介していた。耳が聴こえない人に、音の刺激を肌に伝えるチョッキを着せて、聞いた言葉を認識する実験で、成功している(彼のサイトに動画あり)。これが、将来実用化されれば、人工内耳を装着する必要がなくなることになる。聾者にとっては朗報だろうが、人工内耳を開発している会社にとっては、大打撃である。それなら、その会社が、この聴覚代替機を作ればいいと思うがどうだろうか。

一応DVDもアマゾンで注文した。その前に、ユーチューブで残りを見てしまうと思うが。







Last updated  2017.06.29 04:06:19
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.