585312 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ともちゃん@ ゾウの時間 ネズミの時間 New! 桜葉さんの「振動」に関する考察を読んで…
佐藤直幹@ Re[1]:何故、生命体は動くのか、認知の起源は何か。。。(07/27) New! 桜葉佳代さんへ コメントありがとうござ…
桜葉佳代@ Re:何故、生命体は動くのか、認知の起源は何か。。。(07/27) 先日はありがとうございました。 ツイート…
佐藤直幹@ Re[3]:何故、生命体は動くのか、認知の起源は何か。。。(07/27) ともちゃんさんへ ご理解いただきありが…
ともちゃん@ Re[2]:何故、生命体は動くのか、認知の起源は何か。。。(07/27) 佐藤さん おそらくは、そう言う事だろう…

Freepage List

Headline News

全1364件 (1364件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019.08.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
以前、ともちゃんさんから勧められていた諸星大二郎氏の漫画「無面目」が帰省した実家に届いていたので早速読んでみた。

非常に短いチャイナの古典を下敷きに、古代チャイナの歴史を絡めて全く新しいストーリーを語っているのだが、読みながら岩明均氏の漫画「寄生獣」に出てくる田宮良子を彷彿させるキャラクターが出てきて、ワクワクしながら一気に読んだ。

付随的に、チャイナにこういう古典があることに感嘆するが、チャイナの俗世間は昔も今も全く変わっていないのだろうと感じた。日本人が目指す「ひと」と、彼らが実践する様々な欲の絡んだ社会との隔たりが大きすぎる。この差は今後一切埋まることはないだろう。

実は、実家の戻る前日の土曜日、有楽町の交通博物館内のギャラリーで開催された「妖獣神話展」に行ったとき、諸星氏の他の作品の原画を目にする機会があった。こういうことは、きっと偶然ではないのだろうと思う。

「無面目」では、混沌から直ぐに人間が生まれてしまうので、物質、生命、認知、言語という順番を追ってはいないのだが、この作品から受ける印象が、今の私のテーマである「認知の起源の解明」の助けになるかもしれないと思う。

並行して進む様々なストーリーは、見た目は違うのだが、その根底に流れるメカニズムは同じ。そこには「離散分裂(再)融合更新循環」がある。それぞれを比較しながら、その裏にある宇宙の摂理を解明する。これが私のライフワークである。






Last updated  2019.08.19 12:42:55
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
今、私の課題となっているのは、認知の起源である。

認知は、一朝一夕に生まれたわけではない。先ず、時空間を生んだ物質的自己同一性が進化して生物的自己同一性が生まれるのだが、この2つ目の生物的自己同一性の誕生と同時に、認知的自己同一が生まれ、進化を始めることになる。

生物的自己同一性というのは、物質的自己同一性の延長線上にある。生命体はあくまで物質であるからである。しかし、生物的自己同一性が成立したと同時に、新しい次元の自己同一性の進化である認知的自己同一性が成立し、生物的自己同一性と並行して進化を始め、その後、言語的自己同一性の誕生へとつながっていく。

物質的自己同一性には、自己が選択的に外界に対して行動を起こすことがない。物質同士に働く「力(離散融合更新循環)」によって全ての相互作用が決まる。ただ、それは全くランダムなわけではなく、例えば太陽系というシステムを生み出し、それを構成する天体の一つである地球という惑星において生物的自己同一性が誕生することになる。

物質的自己同一性は、物理的な相手が存在することで、自分の存在を確かめることができる。ところが、その相手によって自らの物理化学的な構成が変わってしまい、その自己同一性は流動的であり、一定していない。

これに対して生物的自己同一性は、遺伝子によって定義された自己同一性を継続的に更新することで成立している。原子や分子ではなく、有機体としての自己同一性をもっているということになるのだが、それまでの物質的自己同一性では、原子や分子のレベルで自己と他己の境界線が引かれていたのが、生物的自己同一性となると、有機体としての境界線が生じるということである。

では、自己と非自己の境界線ができるということの意味はなんなのだろうか。

物質的自己同一性で、原子や分子が境界線を形成するのは、特に原子が自己同一性を更新しながら、同じ姿を維持しているからである。生物的自己同一性では、この自己同一性の更新が有機体の中で行われることになる。

問題は、この有機体が自己と非自己にどう離散分裂するかということであるが、その一つが細胞分裂であろう。単細胞生物の場合、分裂すると2つの個体になる。

一つの個体は、もう一つの個体を認知しているのだろうか。単細胞生物の場合は、生殖のために異性を探す必要もないし、多細胞生物のように、自分と同じ遺伝子を持つものを自己の延長として認識し、免疫を適用しないという必要もない。しかし、同じ遺伝子を共有し、細胞分裂によって生まれた個体同士には何らかの親和性があるのだと思う。そして、この親和性があることが、多細胞生物になったときに、別の細胞、つまり別の個である細胞に対して、攻撃を加えることなく自己とみなすことができるのだろう。

そして同時に、自分とは違う物体を、「非自己」あるいは「他己」と認識できるようになるはずである。この場合、自分とは違うというだけでなく、どのように違うかを判断するかである。


(続く)






Last updated  2019.07.27 01:36:32
コメント(9) | コメントを書く
2019.07.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
この間ツイッターで「言語の存在論」という本の書評を投稿した人と、ちょっとした議論になった。私は、この本は読んではいないのでろうが、ツイッターで紹介していた人の話では、言語自体を定義しようとしているようである。

このディスカッションを通して一つ確信したのが、自分の興味が言語から人類に完全に移っていたということだ。私も言語に興味があるのは同じだが、私は言語を通して、全ての人間が属する人類、更に宇宙までを定義しようと思っている。

人類が今まで言語の謎を解明できなかったのは、問題提起の仕方がよくなかったのだと思う。「言語」という現象だけを説明しようとしても、言語の本質に行き着くことはない。

多分、この本の著者や一般的な言語学者達との間の違いが埋まることはないだろう。






Last updated  2019.07.21 19:37:11
コメント(13) | コメントを書く
2019.07.11
カテゴリ:イタリア語の研究
私は、イタリア語の聞き取りの練習をするとき、いつも自分が読んで理解できるレベルより遥かに上の動画を選ぶ。知らない単語や表現がある文を聞くことによって、自分の「聞き取り」アンテナが全開するからである。

ただ、面白くないのを聞いても仕方ないので、動画では科学関係の番組をよく「聞くし」、イタリアのテレビのニュースをよく見ている。ニュースだと、映像も入るし、直ぐに話題が変わるので飽きないというのもある。

ところどころ、知っている単語が出てくると安心するのだが、知らない単語でもアクセントの位置と最後の母音で、意味は分からないのだが、それが名詞か形容詞か、それとも動詞の活用形かうっすらとわかることがある。

フランス語の知識があるのは、相当な助けになっているのは否めない。初めて聞く単語でも、フランス語で似たものがあれば推測が可能だからである。これと同じことを韓国語を学んだ時に感じた。漢字語は、日本語から流用したものが非常に多いので、知らない単語でも、漢字語なら、発音を日本語に変換すると意味が分かるという感じである。

さて私が、このような聞き取り訓練をするのは、「SVO」とかの文の構造を忘れるためである。先ず、一つの文脈を構成する単語や表現の一つ一つを特定し、それから一つの文脈を組み立てる方法を自分で探っている。

書かれたものを読む場合は、文面に全てが書き言葉で示されているが、話されている文を聞き取る場合、自分で一つ一つを特定し、更にそれから文脈を構築しなくてはならない。ただ、読み取りでは、アクセントの位置が全て示されているわけではないが、聞き取りでは、アクセントが全て示されているので、それを使って、逆に文脈の理解に使っている。

といっても、これだけをしているわけではない、イタリア語の文法書は何冊か買って、かなり読み込んでいるし、イタリア語の文も結構読んでいる。並行して様々な知識をつけておくと、聞き取り訓練にも非常に役に立つ。

今は、文法と読み取りと聞き取りに専念しているが、そのうちに、自分から話すことになるだろう。その時、どういう声でイタリア語を話そうか、今から考えている。






Last updated  2019.07.11 17:02:12
コメント(13) | コメントを書く
2019.07.10
カテゴリ:イタリア語の研究
英語を学んだ後にフランス語を学ぶんで気づくことの一つに、英語の「This/That」に当たる、「これ」と「あれ」の違いが文法上ないということがあげられる。

私はフランス語を勉強し始めて30年程になるが、今では、この違いの無さに慣れてしまった。ところが、この違いがイタリア語では健在であることを知った。それに、地方によっては、日本語の「それ」にが対応する表現まであるらしい。

フランス語とイタリア語は、文の構造や動詞の活用だけを見ると非常に似ているのだが、イタリア語の文法には英語に似ている部分がいくつかある、フランス語には存在しない「現在進行形」もその一つであるが、どうして、こういうことになるのか、それを今考えている。

「これ/あれ/それ」の違いは、話し手からの心理的な距離の違いである。「私/あなた」も、一種「これ/それ」に対応すると私は考えている。

例えば、英語、フランス語、イタリア語の一人称複数は、話し手プラスアルファであり、二人称複数は、話し相手プラスアルファである。英仏伊語でも、これらの用法が変わってくるのは、それぞれの言語での心理的距離の違いもあるが、それをどのように文法に反映させるかという点で違いが出るのだと思う。

イタリア語の学習が益々面白くなっている。






Last updated  2019.07.10 19:52:07
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.09
カテゴリ:イタリア語の研究
イタリア語の参考書は、アクセントの学習と文法の関連をあまり語らない。ところが、動詞の活用では、アクセントの位置は非常に重要になってくる。

そして多分、アクセントの位置が、活用形の母音や子音にも影響を与えていると私は考えている。そして、それを関連付けて説明することができれば、イタリア語の動詞の活用は、もっとわかりやすくなると思う。

私のイタリア人の友人で、折り紙仲間でもあるロベルト・グレッテール氏が​TEDxで折り紙について発表​した時、たまたま私の名前を彼が発音していたので、聞いてみた。

Naomiki Satoと一気に発音しているが、Satoの部分は「Sa」にアクセントがあって、日本語に直すと「サート」と発音しているのが分かる。(どうやら、Noamikiと母音を逆にして発音しているが、これはご愛敬)

外国人の名前にも、普通にアクセントが付くということを始めから感覚として身に着くようにしたら、もっと効果的かもしれないと最近本当に思う。






Last updated  2019.07.09 20:25:26
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
自己同一性は、自己から、他己となる非自己を分裂させつことで「時間差」を生み、更にその非自己との再融合を図ることで一つの自己同一性の更新を図り、これが循環していくことで自己同一性が進化していくことになる。

ここで重要なのが、融合をするために再び近づくのは、自己の側だけでなく、非自己の側も同じだということである自己と非自己は、「同じだけと違う、違うけど同じ」という矛盾した原理の上に成り立っており、互いに、引き合いながら反発するという関係にある。

自己と非自己の融合は、記憶喚起によって行われるのだが、動物の認知のレベルでは、これはあくまで現在の知覚から先ず記憶喚起されるが、その後、連想による連続する記憶喚起を通して、認知行動が精錬されることになる。このサイクルは、動物の行動に帰結し、自己同一性を進化させることにはならない。

人間は、もちろん、この認知の記憶喚起プラス連想メカニズムを持っているのであるが、本来、「非自己」であるはずであるはずの記憶が、まるで「自己」であるようにふるまうことにより、「(再)融合更新」というルーチンが完成し、それが循環するサイクルが、人間の自己同一性の成長、つまり人生を通した「自分探し」につながっていく。

人間の自己同一性の進化の、もう一つの大きな特徴は、同じ言語を話す個々人の間で、自己同一性がコピーされるということである。動物の場合、認知サイクルにより、個体の個性は成長していくが、それが他の個体にコピーされることは非常に困難である。人間のように、自己同一性を学ぶことができない。

自己が自分か、はたまた非自己が自分になるのか。本来の自分が分からなくなるという曖昧性が我々の自己同一性を一種危ういものにしていると思う。






Last updated  2019.07.08 18:45:32
コメント(11) | コメントを書く
2019.07.06
カテゴリ:イタリア語の研究
イタリア語の勉強を参考書などを使って独学始めてから、数年が経つ。

最近は、聞き取りが大分できるようになってきたのだが、聞き取りができるようになると同時に、単語のアクセントの位置がよくわかるようになってきた。というか、アクセントの位置を理解する事が文章の理解の助けになっているのではないかと思っている。

イタリア語のアクセントは、私が知っている言語のどれとも似ているようで似ていない。感覚的には、日本語と英語とフランス語を足して3で割った感じである。

アクセントが強弱であるという点は英語に似ているが、日本語の高低のアクセントのように聞こえるときもある。

アクセントの位置は変わることがない。これは英語と似ている。日本語は人によってアクセントの高低がよく変わる。

文全体で見ると、かなり平坦である印象を受ける。これはフランス語とよく似ている。


イタリア語のアクセントの文法上での扱いは、それは決まりなので覚えなさいという感じである。しかし、アクセントと文法の勉強を一緒にしたら、もっと効率が上がるのではないかと見ている。そして、それと並行して語彙を増やす学習をすれば、より自然なイタリア語の学習が可能だと思う。

外国語と学ぶのに文法は不可欠である。学習文法だけを覚えても確かに外国語の上達はしないが、文法ができていないと相手にちゃんと理解してもらえないというリスクもある。

この折り合いをどうつけるか、今思案中である。






Last updated  2019.07.06 19:28:31
コメント(2) | コメントを書く
2019.07.04
カテゴリ:カテゴリ未分類
「愛」という言葉。

宗教の世界では多分、使い古されているだろうコトバ。

私にとっては、少し違う意味になる。

「愛」とは、自分を知ること。知りたいと思うこと。自分の存在を実感すること。

このためには、自分を映す鏡が必要になる。つまり、他人が必要になる。しかし他人はそこにはいない。

他人がいないところに、どうやってそれに代わるものを作るか。それが「離散分裂」である。

自らを、自分と自分の分身とに分けることによって、自分を確認するための相手を創造する。

回りくどい手かもしれないが、他人は存在しないのだから、それ以外に方法がない。

ところが、相手が出来たところで、そこで終わりではない。その相手と融合しなくてはならない。出なければ、他人がいる意味がない。

そして、自らが作りだした分身と「(再)融合」し、「自己を更新」することになる。

更新することで自分の「今」が確認できたのでは物足りない。何故なら、今は続かないから。そのまま終わってしまうから。

だから、この「離散分裂(再)融合更新」を再び実践する必要がある。こうすることで、「今」と「もう一つの今」の連続が生まれる。これが、この宇宙の最初の時間である。

自己と自己の分身の非自己が存在する事は、空間を生む。これが循繰り返されると宇宙が膨張する。

更新循環を続ける自己は、同じ状態にとどまっているのではない。前の「今の自分」と比べて、次は違った自分になりたいと思う。これが進化である。

「愛」というのは、この単純な自分を知りたいと思う気持ちなのである。たったそれだけの事。でも、それ以外に「愛」の定義はない。

自分の存在を連続して思い出し、それと再融合して自己を更新する。つまり「自己記憶喚起循環」である。






Last updated  2019.07.04 08:24:50
コメント(2) | コメントを書く
2019.07.03
カテゴリ:カテゴリ未分類
今、ともちゃんさんとの議論の中で、「人間の視点を捨てる」ということの難しさがクローズアップされた。しかしこれは、特定の単語を使わないことで回避できるかもしれないと考えている。その代表的な単語が「意識」である。

先日の投稿に出てきたアニマル・コミュニケーターのライラさんの別の動画を見ているのだが、物質にも植物にも動物にも「意識」があるという見方があると話している。これは私は間違っていると思う。

なぜなら、「意識」というのは、宇宙における自己同一性(アイデンティティー)の進化の過程で、物質、生命、認知が順番に生まれてきて、今の段階(最終段階ではない)の人間の自己同一性を「意識」としているからであり、それ以前の自己同一性を意識という言葉で表現することは、誤解を招くと考えているからである。

スピリチュアル系の人たちは、洋の東西を問わず「意識/Consciousness」という単語を使いたがるが、それ自体が人間中心主義であり、彼らが目指している世界とは相いれないということが分かっていない。






Last updated  2019.07.03 23:36:10
コメント(4) | コメントを書く

全1364件 (1364件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.