614593 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

CLG2009@ Re[3]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 青 天さんへ 今、ふと思ったのですが、…
青 天@ Re[2]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) CLG2009さんへ コメント、ありがとうござ…
CLG2009@ Re[1]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 青 天さんへ >>>古事記の上の巻(神…
青 天@ Re:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 発話・発音・音→アルファベット表記→反則…
CLG2009@ Re[1]:失われた記号を求めて。。。(その2)推敲中(10/11) 青 天さんへ >>>アルファベット1音…

Freepage List

Headline News

全1398件 (1398件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019.10.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
英語を学習した後にフランス語を始めると、学術用語を中心にフランス語から英語が借用した単語に関して、二つとの言語でスペルは同じで発音が違う場合がほとんどであることに気が付く。しかも、殆どの語彙にこれが適用される。このため、特に新しい語彙を習うという感じがないのは学習の効率アップにつながる。

ところが、英語とフランス語をやった後にイタリア語をすると、綴りと発音が全く違うことに結構戸惑う。単語によっては、全然違ったものに聞こえる。これは、英語やフランス語の母音のバリエーションは非常に多いのに比べて、イタリア語は基本5つの母音で構成されている言語であるのと大いに関係がある。

ここで私は、自分の韓国語の学習経験を思い出す。

韓国語は日本語から、殆どの現代漢字語を導入した関係上、漢字で書けば同じだが、発音は全く違ってしまう。中には「図書館」など、似ているものもあるが、それほど多くはない。

しかし、そうは言っても、二つの言語での漢字語の発音には決まったパターンがある。このパターンがわかると、韓国語の単語を、聞いたり読んだりしたとき、その直後に思い出しながら、どのパターンに入るかを考えるだけで、かなりの確率で、その単語が対応する日本語の単語が推測できる。

日本語話者の韓国語学習のスピードが他の言語話者と比べて異常に速いのはこれがあるからである。ただ、それと同じことが、英語とフランス語とイタリア語の間で起きている。私がフランス語の上級クラスには、スペイン語とイタリア語話者は殆どいなかった。わざわざ学校でお金を払って勉強しなくても、十分にやっていけるからである。そのためだと思うが、中途半端なフランス語を話すイタリア人やスペイン人も多い。それでも用は足りているのだから問題はないだろう。

イタリア語の独学を初めて数年経つが、自分の耳と目がイタリア語の発音に慣れてきたのがわかる。一つ実感してわかるのは、新しい単語が出てきても覚えるのが楽になってきたということである。

英語及びフランス語とイタリア語の対応の間の発音のパターンが分かってきたし、イタリア語自体の持つリズムに耳が慣れてきた。これには、私の母語である日本語がイタリア語と同じ5つの母音で構成されているという共通点も大きい。

後、10日程でピサの近くで開催されるイタリアの折り紙コンベンションに参加するのだが、今年は去年と比べてもっと耳から聞いて分かるようになっているだろう。今から楽しみである。






Last updated  2019.10.21 04:52:16
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
将来、人類によって構築されるであろう「離散系科学」は、物理・生物・認知・言語という4つの柱を持っている。そして、それらが有機的に絡み合い、宇宙の進化の営みにつながっていく。

私には、菅野礼司氏が説く「複雑系科学」を理解することは、多分一生かかってもできないが、それに取って代わるであろう「離散系科学」の一つの柱となる「価値の言語学」は理解することができる。

そして「価値の言語学」が、全ての科学者のインスピレーションを与えることを望んでいる。何故なら、我々が普段何気なく使っている言語こそは、宇宙の進化の大きな流れの中で誕生したものであり、言語の本質を理解することは、人類が新しい科学を手に入れるために不可欠であると信じているからである。

一つ補足すると、人類は今、正に進化の真っただ中にいる。そして、我々は宇宙の進化の新しいステージを拓く前の最終段階に入っているのだということ。私が生きている間にそれが起きるかどうかはわからない。しかし、それは必ずやってくる。

そして多分、日本人がそれに対して大きく貢献すると思う。私は、その先導役を務められたと思っている。






Last updated  2019.10.21 02:31:24
コメント(0) | コメントを書く
ちょっと投稿を見返してみたら、どうもツイッターだけでつぶやいていたみたいなので、転載しておきます。

投稿日:2019年4月19日

私の考えた記号の離散性の定義「同じだけど違う」が既にソシュールの一般言語学講義のp159に、価値を生み出す条件として書かれていた。しかもちゃんと自分で赤ペンで囲ってある。色々と回り道をしたかもしれないが、自分の進むべき道の上にいるんだなと実感。これから再読するのが楽しみになってきた。

そして同ページに、価値と言うものは「ce principe paradoxal(この逆説的な原則)」が司っていると前置きした後で、価値は、1.互いに入れ替え可能な異なる価値を決定する一つの要素と、2.価値で結ばれている他の全ての要素との並列を可能にする共通な複数の要素とによって成立しているとある。

やっと今になってソシュールの言いたかった事が分かって来た気がする。そして今なら、それを自分の言葉で表現できると思う。単純に嬉しい。

きっと誰もが当たり前すぎて注目してこなかった部分に実はソシュールの神髄があったのだ思う。私はソシュールの「価値」と「差」に注目するが、これを成立させるための「逆説的(パラドクシカル)な原則」が、どのようにして成立するかをずっと探してきた。それこそ人間にあって動物にないものである。

一番の問題は、人間にだけしか使えない「価値」がどのように生まれるかということ。私はここで認知活動の記憶喚起のメカニズムに一歩踏み込んで考える。これは完全にソシュールの一般言語学講義が提案した枠から外れるが、この新しい枠組みを通してソシュール記号学を再考することが私の今の課題だ。

人間が価値や記号(そして言語)を使えるようになったのは単に人間の知性が向上したからではなく、動物として人間が持つ認知メカニズム自体に何らかの進化が起きて、それが知性の向上の後押しをしているというのが私の考えである。人間の知性というのは動物の知性が進化、あるいは変形したものである。







Last updated  2019.10.21 00:09:49
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.20
カテゴリ:カテゴリ未分類
しばらく扱わなかったが、ソシュールの記号学を、意味ではなく価値というキーワードを使って再構築しようとすると、「離散」という概念を導入する必要が出てくる。

何故なら、価値を生むシステムこそが「離散系」であるからである。

ただ、今の段階で、離散系の科学を具体的に定義することはできない。というのも、離散系で起きていることを、今の科学ではとらえることができないからである。「離散分裂(再)融合更新循環」があることを先ず認めることから始め、少しずつそれが何であるかを探るという方法しかないかもしれない。

一種のインスピレーションを必要とするのは科学とは言えないかもしれないが、そのレベルに行き着かなければ、人類の進化もない。

それに、多くの人が気が付いていると思うが、それを言語と結びつけて考えているのは、私だけのようである。

これからも頑張ろう。






Last updated  2019.10.20 23:47:51
コメント(0) | コメントを書く
ソシュールの有名な言葉に「言語には差しかない」というのがあるが、これは現在の「意味の記号学」では成立せず、「価値の記号学」を確立することで、その本当の意義が理解されると思う。

ソシュールは価値について言及しているが、その中私が注目しているのが「パラドクシカルな原理」である。

以前ツイッターでつぶやいた内容:
「価値と言うものは「ce principe paradoxal(この逆説的な原則)」が司っていると前置きした後で、
価値は、
1.互いに入れ替え可能な異なる価値を決定する一つの要素と、
2.価値で結ばれている他の全ての要素との並列を可能にする共通な複数の要素とによって成立しているとある。」

これが「パラドクシカル(逆説的)」かに関しては、数学的な素養が私にないので判断がつかないが、私はこれを「相矛盾する原理」とずっと思っていた。つまり「同じなのに違う、違うのに同じ」という関係が成立することで、聴覚音声言語のミニマルペアが初めて成立するからである。

そして、この原理は、ソシュールの「言語には差しかない」という命題が存在するための構造を説明している。「価値の記号学」が確立されたとき、この原理は核となるだろう。

その時、もう一つ重要な概念がある。それが「離散性」である。

これは、また別の投稿で扱いたいと思う。








Last updated  2019.10.20 23:11:05
コメント(0) | コメントを書く
最近、ようやくソシュールの犯した歴史的な間違いに関して確信を持ち始めているだが、実は、別のことでずっと疑問に思っていたことがある。

それは、音韻論である。

音韻論は音声学とは違うという認識は言語学者達にあるのだが、先ず、音声学からの流れで、音素には子音と母音という二つのカテゴリーがあることが前提になってしまっている。これに異論を唱えるのは私くらいであろう。

また、音声記号という視覚的な表現方法を使うことによって、本来は聴覚によって認識されるべきの音素の本質を捻じ曲げてしまっている。

更に、現在の音韻論は、音声偏重になっており、音韻論が音声を使わない視覚言語である手話にまで応用されるというナンセンスさがある。

全ては「言語には差しかない」というソシュールの言葉をどう解釈するかにかかっていると思う。これを「言語という価値体系には差しかない」という表現に変えることができれば、何かが変わるかもしれない。






Last updated  2019.10.20 20:41:09
コメント(0) | コメントを書く
昨日、テレビを見ていいたらフェースブックで人工知能(AI)について研究をしているフランス人研究者が出演していた。

テレビ側の人間のもっぱらの関心は、映画「ターミネーター」のように、機械がいつか人間のようになるのかということ。研究者の男性は、今はそこまで行ってはいないが、将来はそうなるだろうと言っていた。

しかし私は懐疑的である。かつては動物の一種であった人間の祖先に起きたことを再現することは非常に難しいし、その前の動物の段階の認知に関しても同様だろう。もし「記憶の進化」を遡って再現するとなれば、宇宙の誕生まで戻らなくてはならない。

この点、大友克洋氏の映画「アキラ」の終盤のシーンの科学者の台詞「これはまるで、宇宙が誕生したというのか?!」は、かなり説得力がある。ただ、その直後、残念なことに、その科学者はどうやら死んでしまうのだが。

人工知能の研究は、人間にはできないタスクを機械に代わりさせようという発想であるから、我々がどのように情報を入手して、それに対して反応しているかという発想に立っている。これは言ってみれば「意味の言語学」であるが、私が今考えている、ソシュール記号学を修正・発展させた「価値の言語学」とは一線を画す。

科学者たちが、人間のみが獲得した「価値」というのがどういうもので、その「価値」がどのように形成され、そのように進化していくのかを理解した時に初めて、人工知能の研究の本当の限界を知ることになるだろう。しかし、その限界の中で、新しい地平が見えてくる可能性が大いになる。

きっと、それまでの間も、人工知能の機能自体はどんどん向上していくだろう。そして人間の行動に「似せる」カモフラージュもより巧妙になっていくだろう。しかし、このままでは人間を生み出すことはできない。全てはSF小説や映画のお話しから抜け出すことが無い。

ただ一つ私が心配しているのは、人工知能の暴走である。

テレビに出演していた研究者は、人工知能も将来「人間のような感情」を持つようになるだろうと言っているが、感情の下になる一種の気質は機械の中に既に存在している。例えば、十分な処理が終わっていないのに、行動に移すようにプログラムしたら、機械の「判断」でとんでもない行動に走ることが予想される。

これは、従順な犬と、凶暴な犬が犬種として存在するのと似ている。直ぐに「噛みつく」という行動に走るのか、そういう選択肢は、最後の最後まで取っておくのか。これを決めているのは、犬が持っている遺伝子によって決められるところが大きい。もちろん、その犬が子犬の時からの経験や受けた躾に負うところも大きいが。

人工知能の科学者たちが、人工知能もいつかは人間と同じ様に感情を持つだろうと思っているようなら、彼らが人間に匹敵する人工知能を開発できる可能性は、ほぼないといっていいだろう。機械には疑似的ではあるが、既に感情は織り込み済みであるからであり、それを踏まえた上で、人間の本質の理解をすることができる。

ソシュールが「一般言語学講義」をスイスのジュネーブ大学でしたのが、20世紀初頭。そして、私がブログを始めたのが21世紀初頭。まだまだ先は長い気がする。

21世紀には未来世界が来ると多くの人が信じていたが、それはもしかしたら来世紀に持ち越しになるかもしれない。






Last updated  2019.10.20 19:23:18
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
少し前から気が付いていたのだが、言語学における最大の嘘とは、ソシュール記号学にあったことがようやく分かってきた。これが、その通りだとするとブログのタイトルも「言語学の闇」とでもした方がいいのかもしれない。

ソシュールは弟子たちの講義ノートや、彼自身が残したメモ等で、意味と価値という二つの概念を使って言語学を語っているのがわかるのだが、からは、意味というのは動物の認知の範疇で扱うべき概念であり、価値というのは、人間が、自己同一性(アイデンティティー)や言語と同時獲得したものであるという理解には立っていなかった。これは、彼が言語学を心理学の一部と考えていたことに起因していると思われる。

そうするとこれは、音韻論が、音声学からの遺産を引きずってしまっているために、視覚的に表示される音声記号を音素として研究しているのと、あまり変わらないかもしれない。音声学と音韻論では、雲泥の差があるはずなのに、音声記号を踏襲することで、完全なる断絶を実践することができなかったのである。この断絶が不十分なため、「手話の音韻論」などという言語学史上のキメラが生まれてしまった。

ソシュール没後100年以上絶つ今となっては、彼が実際どのように考えていたかを知る由もない。しかし、弟子たちが集めた資料が、彼らの解釈を加えられたとしても、我々に伝えらているというのは非常にありがたい話である。しかし、私はそこにある文章を精読して、再解釈をしているのではない。自分の考える新しい言語学が、ソシュールの弟子の著した「一般言語学講義」の内容の一部とシンクロしているのであり、それは今までのソシュール記号学とは別の姿を映し出すことになる。

私の言語学の研究は、ようやく出発点に立てたのかもしれない。






Last updated  2019.10.19 18:46:51
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.18
「言語学の嘘」についていくつか挙げたが、ソシュールの記号学に関しても非常に大きな間違いがある。これは、前にブログでも指摘したが、もう一度、書いてみたいと思う。

一言で指摘すると、記号の二つの面を説明するのに「Signifier(意味する)」という動詞を使ったことである。記号には意味はない。あるのは価値であり、それが集まってできる言語は価値体系であるといえる。

ソシュールが書いた本ではないが、一般言語学講義の中には、ちゃんと価値に関する章が設けてある。しかし、記号に関して「意味する」という動詞を使ってしまったから、価値という概念を扱えなくなってしまったと思う。実際、ソシュール記号学を扱う言語学者が価値について言及しているのを私は見たことがない。

記号は価値を表しているのであり、それを支えている知覚的媒体(聴覚と視覚)、いわゆるシニフィアンも価値体系である。これを端的に示しているのが音韻体系である。

私が、最初に持った疑問は「何故、音韻体系では音素の数と種類が制限されるのか」であったが、この疑問から、一般言語学講義の価値の章の重要性に気が付き、言語には「意味」という概念は存在しないという結論に達することができた。

最近、自分が目指す言語学理論に目鼻がついてきた気がする。正しい言語学を論じることは、正しい人類の理解、そして正しい世界(宇宙)の理解に通じる。これは、時間が経てば、少しずつ分かるようになるだろう。






Last updated  2019.10.18 02:24:16
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.17
カテゴリ:カテゴリ未分類
私は今、イタリア語の独学中だが、ネットで探す動画や録音は常に普通のスピードのものを聞いている。

自分のイタリア語のレベルでは、語彙、文法などの面で、そのまま理解することはできない場合が多いのだが、そんな中で、自分が聞いてイタリア語の発音と認識して、それを意味のある単語やフレーズとして理解する間に時間差があることを感じている。

これは、我々は言語の理解を記憶の中で行っているいうことである。しかし、今の言語学では、記憶という要素は、全く考慮されていない。

言語学の嘘として、記憶を考慮していない、つまり言語が記憶の生成と操作に依存していることに気が付いていないことが一番重要かもしれない、






Last updated  2019.10.17 02:38:16
コメント(0) | コメントを書く

全1398件 (1398件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.