657387 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2020 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

佐藤直幹@ Re[1]:自己相似性は、相互認識によって成立している。。。(12/20) みゅうさんへ 今、エントロピーの増大に…
みゅう@ Re:自己相似性は、相互認識によって成立している。。。(12/20) どんな物質も、エントロピー増大の法則に…
みゅう@ Re:イタリア語のアクセントは、聞き取りのための必須条件。。。(11/28) 量子物理学も大事だし、言語についてとく…

Freepage List

Headline News

2014.12.07
XML

ようやく「記号」と「アイデンティティー」とをつなぐミッシングリンクが見つかった。まだ完全に二つがリンクしたわけではないが、いままでもやもやしていたものが、大分はっきりしてきた。

記号が生まれるためには、動物的な認知があることが大前提である。認知とは、外界からの物理的刺激を知覚し、生存のための行動を起こす場合に、単なる条件反射ではなく、個体が過去に経験したことに照らし合わせて判断を行うということである。ここで、間違えてはいけないのは、記憶の呼び出しに関して、個体には選択ができないことである。自分が直面している知覚情報と似た経験が、個体の意思とは関係なく呼び出される。

この意味においては、条件反射と実はあまり変わらないかも知れない。動物は、単に流れに任せているだけなのである。そこには人間が考えるような「主体性」はない。ただ人間から見ると、動物たち「思考」した上で判断を下しているように見えるが、これが大きな誤解である。そして、何を「似た経験」とするか、そしてそれからどのように判断するかは、種の間でも差があるし、同じ種でも個体差がある。動物の見せる「高度な知能的な行動」に惑わされてはいけないのである。

この「認知(行動)」のメカニズムに「離散化原理」が作用することにより、「記号/シーニュ」が誕生する。ここでいう「記号」とは、ソシュールの提言したものをかなりの部分で踏襲するが、全く同じではない。特に「恣意的」という表現に関しては、私は単語の選択を間違ったと考えているが、ここでは深くは触れないことにする。

「離散化原理」によって生み出されるのは、「シニフィアン」と「シニフィエ」という二層構造を持った「価値のシステム」である。特に「シニフィアン」に関しては、知覚情報が離散化原理により座標化することで、1つの「アイデンティティー」が誕生する。つまり、時間が経っても「同じ座標をもった知覚情報」を呼び起こすことができるということである。座標があることは、すなわち個体が自分の意思で記憶喚起をできることを意味する。これが所謂「名前」になる。「知覚情報のアイデンティティー」は「意味のアイデンティティー」というべき、1つの価値を形成するカテゴリーの集合体と呼応することで、「記号」として成立する。

「記号」というのは、人類に共通の能力であるが、具体的な個人のレベルで考えると「記号」は、個人の育つ言語環境の提供する記号に依存している。最初に習得する言語により、その個人の「記号」が大まか決まってしまうといっても過言ではない。これが所謂「国民性」と呼ばれるものであり、(大人になって)これに反発することも可能であるが、記号の習得によって行われる「価値のシステム」も同時に習得される。これには「道徳」や「一般常識」と呼ばれるものも含まれる。

こうやって、最初は生活のための単なる「記号」でしかなかったものが、個人の「アイデンティティー」へと発展していく。もとを正せば「記号」も「アイデンティティー」も同じ構造を持っているのであるから、これは自然な流れである。

続く。。。






Last updated  2014.12.07 20:46:40
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.