624790 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

CLG2009@ Re[1]:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) みゅうさんへ 正しく分節化できるように…
みゅう@ Re:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) 分節化して言語を理解するというのは、た…
チェルニー@ Re:言語というのは思い出して使うもの(記憶喚起)。。。(11/06) こんにちは、時々メールを送っていた者で…

Freepage List

Headline News

2019.08.26
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
菅野礼司の二冊目の本を読み始めた。

「哲学概論」ということで、わかりやすい部分もあるのだが、私は物理に関する部分に関しては、どうしても飛ばし読みせざるを得ない。

その中で、前の菅野氏の小論文を読んだときに気になった「価値」や「自己同一性」にも触れているのだが、私が考えているものとは、かなりの「ズレ」があるのを感じた(これに関しては、もう少ししたらまとめてみたいと思う)。

私の出発点は言語学であるが、菅野氏の説く複雑系の科学には言語学は、認知科学の一部という位置づけになっている。この認識にズレが、価値や自己同一性の理解のズレに反映しているのだと思う。

私はまだ、離散系科学というものが想像さえできないが、複雑系科学の先に、離散という概念を根幹とした新しい科学が生まれるのだと思う。






Last updated  2019.08.26 23:47:04
コメント(8) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


思考のリセット   ともちゃん さん
佐藤さん

『私の出発点は言語学であるが、菅野氏の説く複雑系の科学には言語学は、
認知科学の一部という位置づけになっている。この認識にズレが、
価値や自己同一性の理解のズレに反映しているのだと思う』

「価値」と言うのはソシュールの価値ですね。
その後の言語学者が問題にしなかった、あの「価値」のことだと思います。
それから「自己同一性」とは、アイデンティティ-の事ですね。
どちらも、佐藤哲学の根本的なキーワードだと思います。

佐藤さんの場合、学問を語り合う上でのキーワードとなる単語が、
普通の人とは、かなりズレているのではないかと思います。
Fさんとの議論でも、根本的なところでズレていたと思います。

その原因を私なりに考えて見ますと、佐藤さんは「言語学」を
原点においてしまうと言う事です。
普通の学者は、言語学を学問と言う体系の、片隅においております。
そして、すべての学問を統合するのは、哲学であると考えられています。

哲学は、すべての学問を考える上での基礎なのです。
哲学は「思考の基礎」と言っても良いと思います。
佐藤さんは、学問の片隅にある言語学を、哲学の位置へ持ってきたのです。
他の学者と、単語の使い方がズレるのは当然だと思います。

普通の人はこの単語を、どのような意味で使っているのか?
そう言う所から、佐藤さんは再出発された方が良いのではないのでしょうか。
さもなければ、ボタンの掛け違いと言う事になり、
何処まで行ってもズレは収まらないと思います。

私が、佐藤さんに感じておりますことは、
佐藤さんは、思い込みが人一倍強いと言う事です。
自分が一度思い込んだら、その思考から抜け出す事が出来ないのです。

自分の考えはさておき、他人はどう考えているのか?
そう言う思考が、佐藤さんは取れないのではないかと、私は感じております。
要するに複眼を持っていないと言うことです。
片眼で対象を見ているので、立体感がつかめないのです。

こう言うタイプの人は、どうしても一人よがりになってしまいます。
「一人よがり」と言う事は、今まで誰も考えなかった事を推し進めると言う意味では大事な個性だと思います。
しかし、ドツボにはまったら、そこから抜け出す事が出来ないのです。
それとも言う一つ、このタイプ人は、
自分の考えを人に伝える事は絶対に出来ません。

『私はまだ、離散系科学というものが想像さえできないが、
複雑系科学の先に、離散という概念を根幹とした
新しい科学が生まれるのだと思う』

パソコンで引きましたら、「離散系科学」は出て来ません。
その代わり「離散数学」が出て来ました。
そこには、以下のようなキーワードが書いてありました。
(1)集合について
(2)命題論理について
(3)述語論理について
(4)二項関係について
(5)半順序関係について
(6)写像(関数)
(7)数学的帰納法
(8)漸化式・差分方程式

これを見ますと、ほとんどがFさんとの討論の中で出て来た単語です。
おそらくFさんは、離散数学をマスターした上で、
我々の討論に参加されていたのだと思います。
Fさんは、「離散」と言う言葉を見つけて、
佐藤さんのブログに参加したと書いておられました。

あの当時の私は、離散数学に関しては、全く知りませんでした。
そう言う意味で、Fさんからはずいぶん勉強させて頂きました。
あの頃は、離散数学・複雑系・認知科学がテーマになっていました。

菅野さんは、離散数学・複雑系・認知科学が、
現代科学にパラダイムシフトを起こすと仰有っているんだとおもいます。
私も、この辺りを、勉強し直さなければ成らないと思いました。 (2019.08.27 05:12:47)

Re:思考のリセット(08/26)   佐藤直幹 さん
ともちゃんさんへ

>>>佐藤さんの場合、学問を語り合う上でのキーワードとなる単語が、
普通の人とは、かなりズレているのではないかと思います。
Fさんとの議論でも、根本的なところでズレていたと思います。

その原因を私なりに考えて見ますと、佐藤さんは「言語学」を
原点においてしまうと言う事です。
普通の学者は、言語学を学問と言う体系の、片隅においております。
そして、すべての学問を統合するのは、哲学であると考えられています。

哲学は、すべての学問を考える上での基礎なのです。
哲学は「思考の基礎」と言っても良いと思います。
佐藤さんは、学問の片隅にある言語学を、哲学の位置へ持ってきたのです。
他の学者と、単語の使い方がズレるのは当然だと思います。

哲学を可能にしているのが言語です。言語がなければ、哲学も科学も何もできません。私も、言語に関する哲学者の思索を読みましたが、全くの的外れの堂々巡りの議論がなされています。



>>>普通の人はこの単語を、どのような意味で使っているのか?
そう言う所から、佐藤さんは再出発された方が良いのではないのでしょうか。
さもなければ、ボタンの掛け違いと言う事になり、
何処まで行ってもズレは収まらないと思います。

私の方がズレを修正した方がいいというアドバイスですが、それはもう私には無理です。私はもう後戻りはできません。


>>>私が、佐藤さんに感じておりますことは、
佐藤さんは、思い込みが人一倍強いと言う事です。
自分が一度思い込んだら、その思考から抜け出す事が出来ないのです。

自分の考えはさておき、他人はどう考えているのか?
そう言う思考が、佐藤さんは取れないのではないかと、私は感じております。
要するに複眼を持っていないと言うことです。
片眼で対象を見ているので、立体感がつかめないのです。

全く別の視点で物事を見つめているからそうなるのだと思います。一般の人が既に見た立体像とは別の像を見ているとお考え下さい。


>>>こう言うタイプの人は、どうしても一人よがりになってしまいます。
「一人よがり」と言う事は、今まで誰も考えなかった事を推し進めると言う意味では大事な個性だと思います。
しかし、ドツボにはまったら、そこから抜け出す事が出来ないのです。
それとも言う一つ、このタイプ人は、
自分の考えを人に伝える事は絶対に出来ません。

何度も申し上げましたが、私はそれでいいと思っています。


>>>これを見ますと、ほとんどがFさんとの討論の中で出て来た単語です。
おそらくFさんは、離散数学をマスターした上で、
我々の討論に参加されていたのだと思います。
Fさんは、「離散」と言う言葉を見つけて、
佐藤さんのブログに参加したと書いておられました。

数学者たちが見つけた「離散」とは違う「離散」なのです。


>>>菅野さんは、離散数学・複雑系・認知科学が、
現代科学にパラダイムシフトを起こすと仰有っているんだとおもいます。
私も、この辺りを、勉強し直さなければ成らないと思いました。

個人的な意見ですが、複雑系科学では決定的なパラダイムシフトを起こすことはできないと思います。

複雑系科学の穴である言語学は、認知科学では埋められないことを私は知っています。



(2019.08.27 09:30:44)

人間としての心情を外す   ともちゃん さん
佐藤さん

『私の方がズレを修正した方がいいというアドバイスですが、
それはもう私には無理です。私はもう後戻りはできません』

ズレを修正すると言う意味ではありません。
複眼を持つと言う意味です。
私などは、かなり右寄りの人間です。
こうなれば韓国と、戦争もやむを得ないと考えています。

安倍政権は、憲法を改正して、日本を戦争の出来る国にしようとしています。
佐藤さんは、どうも軍国主義に反対しておられる様に感じます。
私は、世界統一国家が存在しない以上、
国家は強くなければ成らないと考えております。
そう言う意味で、安倍政権を支持しております。

こう考えて見ると、佐藤さんより私の法が、
かなり右寄りの心情を持った人間なのではないかと思います。
しかし私は、自分の心情を越えたところで思考出来る人間なのです。

私は、韓国の出方にハラを建てています。
しかし、これは韓国側も同じ事ではないのか?
韓国には、反日も親日がいます。
日本にも、反韓も親韓がいます。
これは、お互い様ではないのか?
私は、そのように考える事ができるのです。

ところが、佐藤さんは反韓と言う自分の心情に絡み取られています。
だから、反韓から自由な私の考え方が、
自虐史観に見えるのではないかと思います。
佐藤さんがよく言われる、「人間の視点を外す」とは、
こう言う事ではないかと、私は考えております。

確かに「日本人としての視点」で見ると、
文在寅のやり方には、ハラが立ちます。
しかし、「日本人としての視点」をはずして考えますと、
文在寅も、追い詰められているんだと思います。
韓国内の反日勢力に、追い詰められて、身動きが取れなくなっている。
この様に考えるのです。

佐藤さんに「複眼を持て」と言うアドバイスを送るのは、こう言う意味です。
決して、自分が出来ない事を言っているわけではありません。 (2019.08.28 06:52:02)

Re:人間としての心情を外す(08/26)   佐藤直幹 さん
ともちゃんさんへ

>>>ズレを修正すると言う意味ではありません。
複眼を持つと言う意味です。
私などは、かなり右寄りの人間です。
こうなれば韓国と、戦争もやむを得ないと考えています。

私は、複雑系科学を俯瞰してみています。ともちゃんは上から目線はいけないとおっしゃいますが、私は今鳥のように上から物事を見る視点を得ました。人間の科学は、常にこういう視点を持つ人たちによって新しい高みに達することができました。

複眼という視点を持とうとしているのが複雑系科学だと思います。でも、それでは不十分なのです。


>>>安倍政権は、憲法を改正して、日本を戦争の出来る国にしようとしています。
佐藤さんは、どうも軍国主義に反対しておられる様に感じます。
私は、世界統一国家が存在しない以上、
国家は強くなければ成らないと考えております。
そう言う意味で、安倍政権を支持しております。

私も改憲は必要だと思います。その点で安倍政権を支持してはいますが、安倍首相とはどこかで合わないと考えてもいます。


>>>こう考えて見ると、佐藤さんより私の法が、
かなり右寄りの心情を持った人間なのではないかと思います。
しかし私は、自分の心情を越えたところで思考出来る人間なのです。

それは、ともちゃんがそう思いたいという願望が現れているだけでしょう。


>>>私は、韓国の出方にハラを建てています。
しかし、これは韓国側も同じ事ではないのか?
韓国には、反日も親日がいます。
日本にも、反韓も親韓がいます。
これは、お互い様ではないのか?
私は、そのように考える事ができるのです。

これは、根本的に間違っています。今のコリアウォッチャーは、この「お互い様」の感覚が、日韓関係をこじらせて来たことを認識しています。ともちゃんさんは、前からそうでが、韓国と韓国人の現実を知ろうとしていません。そういう情報をとろうとしていません。

テレビのニュース番組で、日本人に街頭インタビューしないのは、そういうことに目覚めてしまった日本人を登場させることになってしまうからだと思います。だから、当たり障りのないことしかいない、タレントやコメンテーターにマイクを向けることしかしていません。



>>>ところが、佐藤さんは反韓と言う自分の心情に絡み取られています。
だから、反韓から自由な私の考え方が、
自虐史観に見えるのではないかと思います。
佐藤さんがよく言われる、「人間の視点を外す」とは、
こう言う事ではないかと、私は考えております。

ともちゃんさんは、先ず「知韓」を行ってください。事実を知るということがまず大切です。



>>>確かに「日本人としての視点」で見ると、
文在寅のやり方には、ハラが立ちます。
しかし、「日本人としての視点」をはずして考えますと、
文在寅も、追い詰められているんだと思います。
韓国内の反日勢力に、追い詰められて、身動きが取れなくなっている。
この様に考えるのです。

シンシアリーさんのブログのコメント欄を読んでみてください。コリアンダーウォッチャーでは、もう文大統領の対応は織り込み済みです。もう「ハラが立つ」というレベルではなく、呆れているという感覚です。

日本人の感覚を持ち込んでは全く理解できません。これを理解するのには、今一か月ほど更新がストップしている「みずきの女子知韓宣言」のみずきさん自身の緑のコメントを読むことをお勧めします。


>>>佐藤さんに「複眼を持て」と言うアドバイスを送るのは、こう言う意味です。
決して、自分が出来ない事を言っているわけではありません。

私は既に俯瞰しています。複眼は必要ありません。 (2019.08.28 11:04:39)

人間の視点を外す   ともちゃん さん
佐藤さん

『私は既に俯瞰しています。複眼は必要ありません』

ここで言う「俯瞰」と、「人間の視点を外す」は、同じ意味なのでしょうか?
この1点だけを教えていただければ幸いです。
よろしく、お願いいたします。
(2019.08.28 13:23:08)

Re:人間の視点を外す(08/26)   佐藤直幹 さん
ともちゃんさんへ


>>>『私は既に俯瞰しています。複眼は必要ありません』

ここで言う「俯瞰」と、「人間の視点を外す」は、同じ意味なのでしょうか?
この1点だけを教えていただければ幸いです。
よろしく、お願いいたします。

そうなります。一種「神の視点」を得ることになります。(私は「神」と呼ぶ存在は認めてはいませんが)

入れ子構造の三つ目の要素があることが俯瞰です。

言語の人称で、一/二人称の関係をそのままに、そこに三人称の視点を持ち込むことも同様です。つまり言語を使用する上では、俯瞰する事は実は当たり前です。しかし、それが俯瞰であることを理解することは別物です。

だから言語学はややこしいわけです。つまり、そんなことお構いなしに言語を誰でも使うことができるのです。誰も、問題なく使えるのに、そのメカニズムを知ろうとは思わないということです。

でも、言語が、宇宙におけるあらゆる存在の媒体となる記憶の進化が達した一つの通過点であるという認識を持つとき、そこに至るまでの物質の進化、生命の進化、認知の進化が同じメカニズムによって達成されたことが理解できると思っています。

でも、こういうことを想像することさえ、普通の人にはかなわないようです。


(2019.08.28 15:10:16)

神の視点   ともちゃん さん
佐藤さん

人類が死に絶えた後も、この宇宙は存在します。
その時、この宇宙は、いったい誰の視点から、見られているのでしょうか。
それは「神の視点」から、眺められた宇宙の姿ではないのでしょうか?

人類は存在しなくても、神がこの宇宙を見ている。
科学とは、「神の目」から見た宇宙の姿を解読する事なのです。

そこにはクオリア(人間の感覚に写る世界)は、存在しません。
人間が存在しなくても「神から見た世界」は存在する。
この認識がなければ、科学は存在できません。

アリストテレスは「世界の第一原因として「神」の存在を持ってきます。
アリストテレスによれば、宇宙の法則を作り、
最初の一押しをしたのが「神」なのです。

神が作り上げた宇宙と言う舞台を、
ニュートンは、絶対的な「時間」と、絶対的な「空間」で表現しました。

そんな「時間」と「空間」などは錯覚である。
こう言って相対性理論を創造したのが、アインシュタインです。

しかしアインシュタインも、人類死滅後の宇宙の存在を肯定しております。
つまり「神の視点」から見た宇宙の肯定です。
ようするに科学の根底には、「神の視点」が存在するのです。

佐藤さんに限らず、「神」と言う事場を嫌う人が沢山おられます。
なぜかと言うと「神」と言う言葉は、
どうしても「人格神」と混同されてしまうからです。

「人格神」とは日常的に、人間に働きかける神様の事です。
一般的には、守護霊とか守護神と呼ばれております。
こう言う神様が、宇宙の法則に、いちいち働きかけていたのでは、
そもそも「宇宙の法則とは何か」と言う問題が、アヤフヤになって来ます。

つまり「人格神」を持ち出すと、話がオカルトに流れ安いのです。
おそらくこの様な心理で、
佐藤さんは、神と言う言葉を、嫌われているのだと思います。
しかし佐藤さんは、以下のようにも言っておられます。

『そうなります。一種「神の視点」を得ることになります。
(私は「神」と呼ぶ存在は認めてはいませんが)』

佐藤さんは、「神の視点」を認めながら、
神と呼ぶ存在を認めていないと書いておられます。
これは佐藤さんが、「宇宙創造神」と「人格神」を、
混同されているからだと思います。

たぶん佐藤さんは、佐藤哲学がオカルト的に捉えられる事を、
警戒されているのだとおもいます。
どうしても「神」と言う言葉が嫌いなら
「創造者」と言う言葉を使ってもかまわないとおもいます。

言葉は何でも良いのですが、佐藤さんは、佐藤哲学の中へ
「神」の概念を持ち込まれてはいかがでしょうか。
今より格段に、分かりやすい文章になると思います。 (2019.08.29 09:09:33)

Re:神の視点(08/26)   佐藤直幹 さん
ともちゃんさんへ

>>>人類が死に絶えた後も、この宇宙は存在します。
その時、この宇宙は、いったい誰の視点から、見られているのでしょうか。
それは「神の視点」から、眺められた宇宙の姿ではないのでしょうか?

人類は存在しなくても、神がこの宇宙を見ている。
科学とは、「神の目」から見た宇宙の姿を解読する事なのです。

私は「神の視点」というのは使うのをやめた方がいいようです。

私が言いたいのは、言語を使うメカニズムと、人間が神という存在の人格化を行うのは同じメカニズムだといいたいだけですが、それが誤解を生むようです。特に、ともちゃんさんの場合、常に自分の知っている神の定義に私を引きずり込んで議論を吹っかけてきます。



>>>佐藤さんに限らず、「神」と言う事場を嫌う人が沢山おられます。
なぜかと言うと「神」と言う言葉は、
どうしても「人格神」と混同されてしまうからです。

「人格神」とは日常的に、人間に働きかける神様の事です。
一般的には、守護霊とか守護神と呼ばれております。
こう言う神様が、宇宙の法則に、いちいち働きかけていたのでは、
そもそも「宇宙の法則とは何か」と言う問題が、アヤフヤになって来ます。

人間は、何者かとの対話という構図があることが、様々なことを理解する上で助けになります。宗教者たちは、これを利用して神との対話という形に持っていこうとしているのでしょう。


>>>つまり「人格神」を持ち出すと、話がオカルトに流れ安いのです。
おそらくこの様な心理で、
佐藤さんは、神と言う言葉を、嫌われているのだと思います。
しかし佐藤さんは、以下のようにも言っておられます。

『そうなります。一種「神の視点」を得ることになります。
(私は「神」と呼ぶ存在は認めてはいませんが)』

佐藤哲学は最終的にはオカルトと融合しますが、今の段階ではそこまでいっていないということです。


>>>佐藤さんは、「神の視点」を認めながら、
神と呼ぶ存在を認めていないと書いておられます。
これは佐藤さんが、「宇宙創造神」と「人格神」を、
混同されているからだと思います。

ともちゃんさんの頭の中の神の枠でとらえるとそういうことになるのでしょう。


>>>たぶん佐藤さんは、佐藤哲学がオカルト的に捉えられる事を、
警戒されているのだとおもいます。
どうしても「神」と言う言葉が嫌いなら
「創造者」と言う言葉を使ってもかまわないとおもいます。

さあ、どうでしょう。どちらも同じでしょう。


>>>言葉は何でも良いのですが、佐藤さんは、佐藤哲学の中へ
「神」の概念を持ち込まれてはいかがでしょうか。
今より格段に、分かりやすい文章になると思います。

それはしません。私は宗教家にはならないとお伝えしたはずです。 (2019.08.29 12:24:00)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.