626888 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

CLG2009@ Re[3]:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) みゅうさんへ 開けてよかったです。 こ…
みゅう@ Re[2]:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) CLG2009さんへ ありがとうございます! …
CLG2009@ Re[1]:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) みゅうさんへ 正しく分節化できるように…
みゅう@ Re:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) 分節化して言語を理解するというのは、た…

Freepage List

Headline News

2019.10.11
XML
前回は、以下の一文で締めくくった。

「ところが、ここで大きな問題が生じる。何故、音声の聴覚的認識において前後への二極化が起きるかという問いが新たに生まれたのだ。」

ここで、一つ大きな問題が生じる。

私は、日本語やフランス語などの音声を媒体としている言語に関して、あくまで聴覚的な認識ということに拘るのであるが、今の言語学では、この点が全く問題になっていないという現実がある。これを端的に語るのが、音素の国際音声記号による視覚的、且つ平面上への物理的なな記述である。

何故、視覚的な文字による記述に問題があるかというと、聴覚で聞き取る音声は発した後、即座に消えてしまうのに対して、文字による記述は、目を逸らさない限り、見ている人の視界から消えることが無いからである。

これは、聴覚で認識しているはずの音素が、音素記号を使って視覚的に表現され記録されることにより、あたかも視覚で認識しているような錯覚に陥っているのである。私が考える「言語学の嘘」の一つである。







この「前後への二極化」というのは、一般的に言われている言語の「直線性(linearity)」と相反する概念である。

言語の直線性をイメージしようとして見ると、ウナギの寝床のような長いアパートを訪問するようなるかもすれない。玄関のドアに最初の音素が記してあり、そこを開けると隣の部屋のドアに次の音素が記してある。そして、ベランダに出るまで、これが果てしなく続く感じである。

同じアパートを訪問するにしても、音声の聴覚認識に

ドアを開けることなく、順番に部屋にテレポートしていく感覚である。


「直線性」という場会、一列に並んだ音素が順番に聴覚上に展開することになるが、実施の所、我々は、文の初めに来る音素を一番最初に特定した後、連続する音素を順番に特定しながら発話全体を認識しているのではない。








「後追い入れ子構造」を作るためには、前後への二極化だけでは不十分であり、アクセントや声調、イントネーションによる上下の二極化が必要になる。

私が知っている言語では、アクセントや声調などが一定している。それが変わってしまうと他の言語になってしまう。ここでも、日本語は特殊なのだと思う。地域ごとにイントネーションが全く変わってしまうのに、それ自体が言語の相互理解には大きな影響を与えないからである。






Last updated  2019.10.12 03:26:31
コメント(2) | コメントを書く
[新ソシュール記号学] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:失われた記号を求めて。。。(その2)推敲中(10/11)   青 天 さん
文字列を目で追いかけながら、心の声で読んでいる自分がゐる。頭の中で響く。そして、共鳴・共振した時、「ふにおちる」という言葉が自然に湧いてくる。

ピアノをひく時、左手と右手を同時に動かし、ト音記号の譜面とヘ音記号の譜面を同時にシンクロさせる。私のような老人が、初めてピアノに接すると、左手と右手はうまく分離できないことに気づかされる。左手の小指がドの時、右手の親指がドを叩く前に、小指がムズムズ動く。左右分離されていない大人の脳は、左右を鏡のような連結で硬く結ばれているようだ。

左右の脳を分離させて、うまくひけるようになるためには、毎日の練習以外に近道はない。

失われた記号を求めて・・・日本から海外へ羽ばたいた佐藤さんの人生の軌跡を思うと、必ず、その記号を見つけ出すだろう。それは、生まれ育った母国語に秘められた真実に気がつく時だと、私はいつも楽しく考えている。お節介のようだが、日本語が特殊なのではなく、他言語が特殊だと私には思えてならない。

アルファベット1音1音には、それぞれ特別な意味があるのだろうか。日本語には、1音1音に宿る意味(抽象思念)がある。その音が2音・3音とつながってさらに意味を広め深めてゆく。声音は波動であり、その音に声音符という幾何図象の抽象思念がコインの裏表にように必ず付随している。

ピアノをひきながら、音とタッチ、左と右、指使い、など考えさせられることが多い。しかし、一番うまくひける時は、何も考えずに左(脳)と右(脳)の真ん中にゐるイメージがベストだと実感する。偏らず、平かな心の安定している状態の方が指先がうまく連動するようだ。左右対象から、左右非対称への道のりには、新たな発見がある。

  リハビリや左脳右脳の別れ歌 (2019.10.12 11:40:40)

Re[1]:失われた記号を求めて。。。(その2)推敲中(10/11)   CLG2009 さん
青 天さんへ

>>>アルファベット1音1音には、それぞれ特別な意味があるのだろうか。日本語には、1音1音に宿る意味(抽象思念)がある。その音が2音・3音とつながってさらに意味を広め深めてゆく。声音は波動であり、その音に声音符という幾何図象の抽象思念がコインの裏表にように必ず付随している。

子供の頃、英語という言語、特にアルファベットに触れたとき、私は、日本語のカナ、つまり「あいうえお」とアルファベットの「ABC」が対応するものだと漠然と思っていました。

このイメージは今でも鮮明に覚えていて、英語を勉強することは、日本語のカナとの対応を探すことだと思っていました。結局、アルファベットというのは、文字の「名前」であるということが理解できたのですが、当時の自分は、日本語のカナは、日本語の音韻体系であるということを直感でわかったいたのではないかなと思っています。

日本語のカナ、一つ一つに抽象的な意味があることはなんとなくわかります。そして「ら行」が、その「つなぎ」にしか使われないことも。今は、とりあえずイタリア語の文法の書き換えを通して、何らかの結論を得ようと思います。でも、その最中でも、こういう議論は大歓迎です。


今、世界中で私だけが言語の本質を知っているという確信があります。著名な言語学者達は内外に大勢いますが、突き詰めると彼らは、自分たちには何もわかっていないことを白状します。昨日もたまたまMITの言語学者のインタビューを見たのですが、結局言語に関して何も分かっていないことをあっさり認めていました。

ただ、私の言語理論を説明しようとすると宇宙の成り立ちまで行ってしまうので、今の段階では誰もついてこれないようです。

もう少し、小さい窓から見るという大学の先生の教えを切っ専しようと思います。

因みに、この投稿はもう少し推敲を続けて、何らかの形にしようとは思ってます。 (2019.10.12 17:56:13)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.