636697 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

Freepage List

Headline News

2019.11.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
イタリア語には多くの欧州語と同様に3つの人称がある。

これは一般的に、日本語では普通、以下のようにあらわされる。
一人称:私
二人称:あなた
三人称:彼、彼女、それ

人称というのは英語にもあるので、英文法をしたことがあれば多分必ず聞いたことのある用語だろう。例えば「三人数単数現在のs」。主語がHe/She/It になると、現在形の動詞には「s/ es」が付くというものである。

一人称:I go
二人称:You go
三人称:He/She/It goes

人称というのは、話し手である「自分」を中心とした会話の世界を3つの数字で表したものである。話し手(一人称)に対して、話し相手(二人称)がいて、それ以外の話題となる人や物など(三人称)が存在する。

多くの西洋語では、主語が、話し手か、話し相手か、話題の対象かで、動詞の活用が変わってくるため、人称別に活用形をまとめた活用表が作られる。英語などは活用が比較的単純だが、所謂ラテン系の言語であるフランス語やイタリア語は、時制の数も多く、それ毎に活用形が変わって来るので、かなり複雑な活用表になる。

ところが日本語の場合、事情がちょっと違う。

日本語を話す場合でも、当然、話し手となる自分がいて、話し相手となる人がいて、更に話題となる人や物などがあることには変わりがない。この「会話の図式」自体は、共通である。

しかし日本語の場合、三つの人称によって決まる文法的規則があまりないのである。

その代表的な「規則」の一つが、所謂「主語代名詞」である。

日本語では、話し手の性別、年齢、社会的ステータスによって、使う主語代名詞が変わってしまう。例えば、「わたし、わたくし、あたし、俺、僕、自分、小生」など多岐にわたる。

朝鮮語では、話し手が自分のことをいうとき、話し手と話し相手の社会的関係を鑑みて「ナ」と「チョ」の使い分けはあるが、2つで事が足りる。中文では「我」と、一つしかない。

私がこれで得た一つの結論は、日本語の場合全てが、三人称の扱いであるということである。話し手も話し相手も、会話に出てくる登場人物の一つに過ぎず、彼とか彼女とかと同じ扱いではないのかと考えたのだ。

面白い例が、「自分」の使い方だろう。関東圏では「自分」というと「話し手」を指すが、関西圏では「話し相手」を指す。この違いを知らないと、関東と関西の人が会話するときに、話がかみ合わなくなる場面が出てくる。

実は、フランス語やイタリア語でも、元々の人称別の主語代名詞が別の人称で使われることがある。これは話し相手に無礼のないようにはどうすればよいかを考えた時に、まず日本語の「お前」に当たる「you」や「tu」の代わりに何を使えばいいかという発想によって生まれたものである。

英語の場合、一般的な会話では特に変化はなく「you」を使う。相手がよく知っている人でも、初めて会った知らない人でも同じように「you」を使うことができるのは便利であるといえば便利である。ただ、英語にも丁寧な表現はあるので、やみくもに「you」を使っていいわけではない。

これに対してフランス語では、初めて会った人には二人称単数の「tu」を使わずに、二人称複数の「vous」を使う。この代名詞は、複数の人に話しかけるときに使う人称なのだが、相手が「一人」しかいなくても使うのである。

実は、私は「vous」の本来の使い方に慣れていなかったので、子供たちに向かって「vous」というのに最初非常に抵抗があった。これは、本末転倒なのだが、大人になってからフランス語を学ぶと、どうしても「丁寧な尊敬表現」として「vous」を、まだ会話力がない時から学ぶので、感覚がズレてしまうのである。

イタリア語の場合、地域によってはフランス語のように二人称複数の主語代名詞を使うことがあるようだが、一般的には、三人称単数女性の「lei」を使う。相手が複数になると、三人称複数の「loro」を使うが、イタリアでも、この複数形の使い方は、廃れてきていると聞いた。

イタリア語の「三人称単数」しかも「女性」というのは、結構厄介である。つまり、目の前の人が「男性」であっても「lei」を使うのである。といっても「ねえ、彼女!」とナンパしているわけではなく、イタリア語では大真面目な敬語表現である。

実はここでフランス語学習で起きたのと同様の問題が起きた。私がまだ一般的な三人称単数になれていない頃から、文例としてこの「lei」を使った表現に何度もお目にかかることになったのだが、感覚が全くつかめなかったのだ。会話の本では、それを使う人が恥をかかないように気を遣って「lei」表現を教えてくれる。それはオウムのように繰り返すのはいいが、言語として学ぶ上では、本末転倒になってしまう。

つまり、子供の頃からフランス語やイタリア語に触れて学ぶ場合、敬語表現は必ず後回しになる。フランス語だったら、先ず二人称複数、イタリア語だったら、三人称単数女性の使い方を始めにマスターして、その後に丁寧な表現を勉強するのである。

日本語でも、敬語表現は普通の会話ができるようになってから初めて触れるはずである。ただ、家族や周りの人間が、そういう表現を全く使わない場合、日本に住んでいても敬語表現を学ぶことはないだろう。

今、考えているイタリア語文法は、日本語に人称という意識が薄いことを前提に説明をすることを考えている。例えば、一人称複数というのは、話し手が複数いるというのではなく、話し手は自分一人で、自分が他の人を代弁しているということである。代弁する人というのは、その場にいる必要はない。一人でも、日本人を代表する形で「私たち」という表現を使うことも可能だからである。

ただ、あまり回りくどい表現にならないようには気を付けたいと思っている。






Last updated  2019.11.19 01:30:49
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.