668560 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2020 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

佐藤直幹@ Re[1]:自己相似性は、相互認識によって成立している。。。(12/20) みゅうさんへ 今、エントロピーの増大に…
みゅう@ Re:自己相似性は、相互認識によって成立している。。。(12/20) どんな物質も、エントロピー増大の法則に…
みゅう@ Re:イタリア語のアクセントは、聞き取りのための必須条件。。。(11/28) 量子物理学も大事だし、言語についてとく…

Freepage List

Headline News

2019.11.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
イタリア語にも、所謂「多義語」というものがある。使い方や意味がいくつもあるということだが、この中でも前々から気になっていたのが、「ci」と「vi」である。

所謂「人称」が大きく関係しているのだが、これは「一、二人称複数の間接目的語」になる。つまり、「私たちを/に」と「あなたたちを/に」という意味になる。

ところが、この「ci」というのが厄介で、実にいろいろな使い方がある。

その中で代表的なのが、「○○がある/いる」という表現で、助動詞の「essere」と一緒に使われる。そこには「私たちを/に」という感覚はない。

C'e' un cane. (犬が一匹いる)
Ci sono due persone. (人が二人いる)

ところが、面白いことに、この表現は「vi」でも可能であることが参考書(Bescherelle italien la grammaire 278)に載っていた。

La Finlandia e' un paese in cui vi sono molti laghi. (フィンランドは、湖が多い国である)

説明によると、話し手が感じる一種の心理的距離を表すのだという。フランス語で書かれている参考書なので、イタリア人やフランス人にとってもフィンランドは遠い国ということらしい。

こうしてみてくると、外国人がイタリア語を最初に勉強するときに「ci / vi」は、一人称/二人称複数の目的語になるという説明がイタリア語の本当の理解を妨げているような気がしてくる。

外国語学習というのは「使える」ようにするというのが、一番の目的なので、会話のシチュエーションである「私たち/あなたたち」という文脈で理解するのが手っ取り早いと言えばそうであるが、これをしていると、必ず中級以上になって困難に直面する。実際の会話や本を読んだりしていると習ったこととは違う文例が出てくるからだ。

この時に、我々が読むのが文法書なのであるが、これも文法というコンテクストが先ずあって、それを説明する用語が始めからあり、それに合わせるようにして説明してある。これが、かなり回りくどい。

ところが、一般の人たちは、こういうことを知らなくても感覚的にわかっている。日本語話者も同じだろう。日本語の文法書を読まなくても、日本語はきちんと話すことができる。

私が今考えているイタリア語文法というのは、イタリア語を中級あるいは、それ以上のレベルまで学習しようとする人たちを対象にしている。つまり、我々が持つ自然な言語感覚で学ぶイタリア語の文法である。

特に、「こっち/あっち」という感覚は、日本語と重なる部分が大きいので面白い。






Last updated  2019.11.27 19:47:04
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.