1016869 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学を超えて(ソシュール記号学の新解釈)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和二年で満54歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2020 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

桜葉佳代@ Re[4]:時間の不可逆性と記憶の可逆性。。。(05/07) New! 佐藤直幹さんへ Deep Time、検索したら英…
佐藤直幹@ Re[3]:時間の不可逆性と記憶の可逆性。。。(05/07) 桜葉佳代さんへ はい。当たりです。 記…
桜葉佳代@ Re[2]:時間の不可逆性と記憶の可逆性。。。(05/07) CLG2009さんへ 当たり!でよいですか? …
CLG2009@ Re[1]:時間の不可逆性と記憶の可逆性。。。(05/07) 桜葉佳代さんへ おっしゃるように、記憶…
桜葉佳代@ Re:時間の不可逆性と記憶の可逆性。。。(05/07) 同意。 現象を観測して成される経験の積…

Freepage List

Headline News

2022.01.17
XML
私が「言語と記憶の生成と喚起、そして、その進化」について気が付いたのは、「何故、音声言語の音韻体系を、複数の人がの間で共有できるのか」と言う疑問が出発点になったのだが、これと同時に、視覚触覚身振りチャンネルに特化した手話の「形」に共通する何かを常に探す事を自分に課したと言う経緯がある。

実は、この「手話の形」と言うのは、言語学的に考えると非常に厄介な代物である。現代の手話言語学では「手話の音韻論」と言うものがあるのだが、「物理的な音から知覚的に遮断された人達が歴史的に創造し伝承して来た言語の音韻論」と言うのは単純にナンセンスであるのだが、これに疑問を挟む事なく使う言語学者がいる。

今では「記憶の離散化が特定知覚チャンネルに特化して音声言語と手話と言う二つのタイプの言語が生まれた」と、自信を持って断言できる様になったのだが、最初は本当に雲をつかむ思いで研究をしていた。

唯、どちらも同じ人間の言語であるのだから知覚運動チャンネルに左右されない共通の何かがある筈だと言う確信があったのが私の心の支えであった。

音声言語と手話の其々の「形」に共通する何かを考える上で大きなヒントになったのが、フランス発祥のトマティスメソッドの「パスバンド」と言う概念である。

これは「音声言語には其々、特有な周波数があって、このバンドの幅が広いと外国語の習得に有利で、狭いとその逆である」と言うものである。

例えば、日本語やフランス語は、パスバンドの幅が非常に狭く、この為、日本人やフランス人は外国語の習得が極端に苦手であるが、これに対してロシア語のパスバンドの幅は非常に広いので、ロシア人は外国語をあっという間に習得してしまうと言う事になる。

私はフランスに来てから初めて手話(具体的には、フランス手話/LSF(Langue des signes francaise)」を学んだのだが、「其々の音声言語で観察される特有なパスバンドに対応するものが、地域毎に違う手話にも存在するのかどうか」と言う疑問を常に念頭に置いて「音声言語と手話の形に共通する何か」を探していた。

結論から言うと、「其々の言語の音韻体系に特有な音素を特定する為に不可欠な音声言語のパスバンドに相当するものは、手話には存在しない」と言う事である。

これは「手話の形」を支える「視覚的且つ触覚的な媒体」が「人類に共通した分節した身体を、頭を上にして正面から見ている事」に由来している。

音声言語の場合、発話されても瞬く間にに消えていく「儚い存在である音声」を、聴覚を使って記憶として留め、その記憶を喚起をしながら、更に「特定の操作」をする事で、音素と言う「聴覚記憶上の価値体系(音韻体系)の座標」を特定する事で初めて、音声言語の形を認識する事が可能になる。

この「特定の記憶喚起操作」に関しては、また日を改めて解説したいと思う。これこそが私の言語理論の真髄である。

乞うご期待!

(興味のある人は、私のブログの過去投稿を探してみてほしい。既にかなり深く踏み込んで書いているので。)






Last updated  2022.01.17 08:41:14
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


パスバンド   ともちゃん さん
佐藤さん

結論を言いますと、手話には、
パスバンドが存在しないと言う事ですね。
672092
そこに焦点を当てて読んで行きます。
有難うございました。 (2022.01.17 21:38:23)

Re:パスバンド(01/17)   CLG2009 さん
ともちゃんさんへ

はい。そういう事になります。

だからこそ、自然な手話を使う人達の間では、コミュニケーションが非常に楽なのです。

自分と同じ分節をした身体を「言語の形」として使っていることの利点です。

(2022.01.18 07:38:06)


© Rakuten Group, Inc.