1016753 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学を超えて(ソシュール記号学の新解釈)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和二年で満54歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2020 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

桜葉佳代@ Re[4]:時間の不可逆性と記憶の可逆性。。。(05/07) New! 佐藤直幹さんへ Deep Time、検索したら英…
佐藤直幹@ Re[3]:時間の不可逆性と記憶の可逆性。。。(05/07) 桜葉佳代さんへ はい。当たりです。 記…
桜葉佳代@ Re[2]:時間の不可逆性と記憶の可逆性。。。(05/07) CLG2009さんへ 当たり!でよいですか? …
CLG2009@ Re[1]:時間の不可逆性と記憶の可逆性。。。(05/07) 桜葉佳代さんへ おっしゃるように、記憶…
桜葉佳代@ Re:時間の不可逆性と記憶の可逆性。。。(05/07) 同意。 現象を観測して成される経験の積…

Freepage List

Headline News

2022.01.20
XML
学問を超える ともちゃん さん (2022.01.19 17:23:49)

佐藤さん

佐藤さんの言われるアイデンティティとは、
「自己同一性」であり、「自己相似性」であり、
「自己意識」と同じものでしょうね。

>>>そう単純ではないと、一言だけ言っておきます。


「自己意識」とは、「自我意識」とも言われ、
哲学的には「自我」と呼ばれています。
要するに佐藤さんは、これまで「自我の研究」を
されて来たのだと思います。

>>>この分析は正しいと思いますが、私は哲学を出発点にしなかった。この違いは大きいです。


「自我」とは、哲学でも宗教でも、
最も重要な研究テーマです。
「自分とは何か」
哲学や人生論の入門書として、
このような題名の本が出ています。
これを見ても「自我」がいかに
重要な研究テーマかがわかると思います。

佐藤さんはこの「自我」を、
言語学と結びつけて考えてこられました。
しかし、「言語学」をもちだすと、
かえってややこしく成ります。

>>>前から、断言していますが、私は哲学が大嫌いですし、哲学者は言語のメカニズムも知らない無知な集団でしかありません。


佐藤さんは最初「言語学のうそ」と言うテーマで
語ってこられました。
しかし、佐藤さんの「自我」のテーマは
本来は言語学とは関係ないと考えるべきだと思います。
つまり佐藤さんは、
言語の発生するその根底が、研究テーマなのです。

>>>「言語の発生する、その根底が(私の)研究テーマ」というのは正しい分析だと思いますが、私は言語という「小さな窓」を通して、哲学者が扱う「自我」をとらえようとしているのだと思います。


数学が成立するその根底、
物理学が成立するその根底、
歴史学が成立するその根底。

ようするに個々の学問が成立する
その根底を研究する学問を
普通は「哲学」と呼びます。

しかし佐藤さんの場合は、
その哲学が「言葉」から出来ていると主張されます。
ここに「言葉が先か哲学が先か」の
「卵と鶏」問題が発生しているのだと思います。

>>>数学が成立するためには、「個人」つまり「1」という離散的な概念が生まれる必要があります。それが高じて、物理学や化学、そして生物学に発展します。

歴史学に関しては、私は分かりません。チャイナと朝鮮を見ていると歴史というのは、プロパガンダかファンタジーのどちらかになります。アメリカに関しても、あまり変わりませんね。米国人にとって歴史はハリウッドですから。


「数学の根源」を研究する学問は、数学ではありません。
同じく「言語学の根源」を研究する学問も
言語学ではありません。

このような発想で佐藤さんの研究テーマも
言語学から切り離してしまった方が、
分かりやすいと思います。

現在の佐藤さんの研究テーマは「言語学を超えて」です。
この「超えて」と言う意味ですが、
これは全ての学問が発生した、
その方向へ超えて行くと言う意味だと思います。

その学問を超えた部分では、
佐藤哲学に取っては、もう言語学は関係ない。
私は、そう言う事を申しあげたいのです。

>>>私は、新興宗教の教祖になるつもりはありません。あくまでも、一つの学問として「記憶科学」或いは、それに相当するものの実現を考えています。

だから、人類を構成する殆ど全ての人が普通に操る事の出来る言語のメカニズムを解明する事が、手っ取り早いと思っています。

ただ、現段階で、私の発想は「論理の飛躍」があり過ぎて、常人には理解ができない様です。でも、これは天動説と地動説の違いと同じで、発想の転換を受け入れるかどうかにかかっています。

私自身は、既に先に行っているので、誰かに発想の転換を指揮してもらう必要があります。私は、常に先に先にと進むだけです。それしか能がありません。私は当事者なので、それは不可能だからです。

今の世界はめまぐるしく変わっています。だから、私の「佐藤哲学」の理解者が出てくるのも時間の問題かもしれません。でも、私は妥協しません。今までも、そうでしたし、今後もその可能性はありません。

最後に復唱しますが、私は教祖になるつもりはありません。そんな強靭な精神も持っていません。

だから、私は自分一人でもがきながら、誰か分かってくれる人を探している。それだけです。






Last updated  2022.01.20 07:08:48
コメント(1) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


「自我」から「自分」へ   ともちゃん さん
佐藤さん

それでは、これでどうでしょうか?
「自我」を「自分」に置きかえるのです。
これは佐藤さんお得意の「造語」です。

「自我」と言う言葉は、普段は使いません。
普段の言葉は「自分」です。
「自我」は、非常に抽象化された言葉です。
つまり、言葉から「人間性」がはぎ取られているのです。

1ぴきの猿、1ぴきの犬、1ぴきの猫。
そういう具体性から、「1」と言う抽象性を捨象したもの。
これが数学なのです。

逆に「自分」と言う言葉には
「人間的」な温かみが、こびり付いています。
単なる「1」ではなく「猿・犬・猫」がそこには存在します。

ある事象を数学的に語れば、フラクタルさんは、
舌なめずりをして喜びます。
それが彼の思考法であり、これを普通は「哲学的」と言います。
ただし哲学用語を使うと、話が現実からズレて行きます。

アイデンティティ・自己同一性・自己相似性。
これらよりさらに「具体的」な言葉が「自分」なのです。
だからアイデンティティ・自己同一性・自己相似性を、
「自分」に置き換えて思考しては、いかがでしょうか?

「自分」と言う言葉で思考すれば、
「自我」のように「猿・犬・猫」が捨てられていない、
具体的な言語で思考し、語る事ができます。 (2022.01.21 05:27:59)


© Rakuten Group, Inc.