639203 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

Freepage List

Headline News

全41件 (41件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 >

アイデンティティー

2015.02.09
XML
西田幾多郎のことは名前だけ知っていたが、今日初めて「絶対矛盾的自己同一」のことを知った。

少し読んでみたのだが、もしかしたら私と同じことを考えていたのかもしれないと思うとワクワクしてきた。

内容は1世紀以上も前に書かれたものなので、かなり難解な部分があるが、少しずつ読み解いていこうと思う。

日本から出て、結局日本に戻ってきてしまった気がする。でもそれでいいのだ。






Last updated  2015.02.09 10:01:43
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.09
もう十何年も前の話になるが、学校の言語学セミナーでフランス人の担当教官から「感情というものは、人間特有なものではなく動物も持っているものとする研究がある」と聞いたことがある。「感情」というと「喜怒哀楽」が代表的なものだが、こういうものを動物も感じているというのだ。

こういう指摘があったのには理由がある。言語学では、感覚や感情の表現を研究の対象にすることがよくあるのだが、どれが人間に特有なものであるのか、あまりはっきりと定義されないままに議論が進むのを見て、先生がそういう話を持ち出したのだ。

当時は、それに対してそんなものかなとあまり真剣に考えることはなかったが、最近になって先生のその発言が重要な意味をもってくるようになってきた。そして、動物の持つ感情がもしかしたら記号の二極構造を作り出しているのかも知れないということだ。

ただ、ここで私が「感情」とするのは所謂「喜怒哀楽」ではない。既にこういう「名前」がついてしまっているものは、そのまま使えないからだ。私は感情を「個体の欲が満たされるかどうか」という点に関して定義する。食欲に対して食べ物が与えられれば満足になるし、腹を空かしていて食べ物が無ければ不満足になる。

この「感情」は、認知行動において非常に重要な役割を果たす。つまり「満足」したいように個体は行動するということだ。動物を調教するとき、必ず餌を与えるのもこれに通じる。調教が進めば餌を与える必要はなくなるが、全く「御褒美」のない調教は不可能だろう。チンパンジーに手話を教えた実験でも、これを推進した学者の最終的結論は「手話を使うように見えた行動は、単に食べ物を入手するための行動」に他ならないというものだった。

認知行動においては、過去の記憶に照らし合わせて判断することによって、より効率のよい判断をすることが可能になる。ただ、ここで重要なのは、動物は自分の意思で特定の記憶を喚起することができないということである。個体が過去に経験した記憶の中で、今自分が直面している状況と近い状況の記憶が、自分が満足したいという欲求に引っ張られて呼び出され、それと照らし合わせて自分の満足度が高い選択肢を選ぶのである。

とはいっても、この「擬似知性」は、様々な要因に左右されるため個体差が激しい。チンパンジーの研究で有名な松澤先生も、特定のチンパンジーを中心に実験を行っている。一番有名なのが「アイちゃん」だろう。このメスの個体の特徴は、非常に好奇心が強いということらしい。でないと実験に集中できずに直ぐに飽きてしまうのだ。

認知行動のレベルの知覚から行動にいたるまでの一連の流れは常に一方通行である。同じ個体の体内を利用しているという点においては「1つのサイクル」といえるかもしれないが、認知している個体にとって知覚情報は常に更新されており、一方的に流れていく。

ここに「離散化原理」が働くと「シニフィアン」と「シニフィエ」という二層構造を持った「価値のシステム」が生まれるのだが、このシステムを支える二極構造を「満足/不満足」という認知行動の動機付けとなる二項対立が核になっていると考える。一方的な流れであたものが「循環するサイクル」として平衡を保つのである。

この「満足/不満足」という「感情」の持つ「親和力と反発力」が、記号間の「離散性」を支えることになる。「記号」は、まず「自分/非自分」という区分という形で成立する。自分と自分でないもの、この2つの関係は「似ているが、異なる」という「離散性」を持っている。
記号が価値の体系であるというのは、常に「A:Ā」という形で、自己と非自己の対立関係によってのみ定義されるということから来ている。「シニフィアン」では「知覚的座標を持った価値のシステム」であるが、聴覚言語の場合のシニフィアンは「音韻体系」でなり、視覚言語の場合、手話話者の体が座標の軸となり、手や顔の動きが座標間の移動となることでシニフィアンとして成立する。

物理現象としての知覚に支えられることで、本来は「自己/非自己」の差でしかないものが、座標を持ち他の個人との共有も可能な「形」をもって存在する。ここで一番重要なのは、この形は、時間の流れを切り取る形で成立するものであるということである。音韻体系は発音記号で表示されるようになるが、これはこの時間の流れを無視するところから生じる。聴覚の形では、構成要素が一列に並ぶように見えるため、この誤謬が「表音文字」の発明につながることになる。

一方「シニフィエ」という所謂「意味」も、やはり「自己/非自己」の差でしかない。例えば、右は左の反対、左は右の反対という堂々巡りが意味という現象の根幹にある。単純なものから、複合的な意味に発展するにしたがって単なる「自己/非自己」の差とはかけ離れたものとなっていくが、基本は「自己/非自己」の差であることを忘れてはいけない。

人間の意識が「記号が成立した認知、つまり知覚・記憶喚起・反射(判断行動)サイクル」の上に成り立っているとすると、「記憶喚起と反射」を起こす動機付けとなる「満足/不満足」というパラメータが、何が「自分で」、何が「自分でない」かの境界線として使われることになる。となると記号の発展形である「アイデンティティー」の形成にも、自分の好き嫌いという個人的な感情が作用することになる。

我々が、自分が同じと見なすものが構成する集団の中にいて居心地がいいのは、アイデンティティーの基本に「満足/不満足」というパラメータがあると考えると納得がいく。別の言い方をすれば、私たちが使う意味というものは、我々の動物的な感情がその根底にあるということである。






Last updated  2014.12.09 06:59:34
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.08
ずうっと考えていた・・・
私は何のためにこの世に生まれてきたのかと・・・
一つの疑問が解けるとまた次の・・・疑問がわいてくる・・・
始まりを求め・・・
終わりを求め・・・
考えながら ただ ずっと 歩いていた・・・
何処まで行っても同じかもしれないし・・・
歩くのを辞めてみるならそれもいい・・・
全ての終わりが告げられても・・・「ああ そうか」と思うだけだ


この数行に人間の生きる意味がさらっと表現されている。

田宮良子は寄生獣の中でも「人間らしい探究心」を持ってはいるが、それに何の価値も見出せないという点で人間らしくはない。同作品内の表現を使えば、むしろ昆虫的だともいえるだろう。

この作品に出てくる言語を操る能力を持つ寄生生物は、自分のアイデンティティーを寄生した宿主に負っている。寄生した人間本人の場合もあれば、また別の人間のアイデンティティーを借りる場合もある。全く架空の人間の場合もあるが、やはり人間のアイデンティティーをどこかで必要としている。

言語能力があってもアイデンティティーが借り物であると、こういう形で落ち着くのだろうかと妙に納得してしまう。言語について研究すればするほど田宮良子の台詞は重さを持ってくる。

この点に関して言えば、「火の鳥」を描いた手塚治虫の後継者は「プルートゥ」の焼き直しをした浦澤直樹ではなく、岩明均ということが言えるかも知れない。

もし私が本を出版する日がきたら、迷い無くこの台詞を引用しようと思う。






Last updated  2014.12.08 23:14:41
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.07

ようやく「記号」と「アイデンティティー」とをつなぐミッシングリンクが見つかった。まだ完全に二つがリンクしたわけではないが、いままでもやもやしていたものが、大分はっきりしてきた。

記号が生まれるためには、動物的な認知があることが大前提である。認知とは、外界からの物理的刺激を知覚し、生存のための行動を起こす場合に、単なる条件反射ではなく、個体が過去に経験したことに照らし合わせて判断を行うということである。ここで、間違えてはいけないのは、記憶の呼び出しに関して、個体には選択ができないことである。自分が直面している知覚情報と似た経験が、個体の意思とは関係なく呼び出される。

この意味においては、条件反射と実はあまり変わらないかも知れない。動物は、単に流れに任せているだけなのである。そこには人間が考えるような「主体性」はない。ただ人間から見ると、動物たち「思考」した上で判断を下しているように見えるが、これが大きな誤解である。そして、何を「似た経験」とするか、そしてそれからどのように判断するかは、種の間でも差があるし、同じ種でも個体差がある。動物の見せる「高度な知能的な行動」に惑わされてはいけないのである。

この「認知(行動)」のメカニズムに「離散化原理」が作用することにより、「記号/シーニュ」が誕生する。ここでいう「記号」とは、ソシュールの提言したものをかなりの部分で踏襲するが、全く同じではない。特に「恣意的」という表現に関しては、私は単語の選択を間違ったと考えているが、ここでは深くは触れないことにする。

「離散化原理」によって生み出されるのは、「シニフィアン」と「シニフィエ」という二層構造を持った「価値のシステム」である。特に「シニフィアン」に関しては、知覚情報が離散化原理により座標化することで、1つの「アイデンティティー」が誕生する。つまり、時間が経っても「同じ座標をもった知覚情報」を呼び起こすことができるということである。座標があることは、すなわち個体が自分の意思で記憶喚起をできることを意味する。これが所謂「名前」になる。「知覚情報のアイデンティティー」は「意味のアイデンティティー」というべき、1つの価値を形成するカテゴリーの集合体と呼応することで、「記号」として成立する。

「記号」というのは、人類に共通の能力であるが、具体的な個人のレベルで考えると「記号」は、個人の育つ言語環境の提供する記号に依存している。最初に習得する言語により、その個人の「記号」が大まか決まってしまうといっても過言ではない。これが所謂「国民性」と呼ばれるものであり、(大人になって)これに反発することも可能であるが、記号の習得によって行われる「価値のシステム」も同時に習得される。これには「道徳」や「一般常識」と呼ばれるものも含まれる。

こうやって、最初は生活のための単なる「記号」でしかなかったものが、個人の「アイデンティティー」へと発展していく。もとを正せば「記号」も「アイデンティティー」も同じ構造を持っているのであるから、これは自然な流れである。

続く。。。






Last updated  2014.12.07 20:46:40
コメント(0) | コメントを書く
2014.11.09


前回の投稿のビデオで話しているのは、フランス人の学者、フィリップ・ボボラ(Philippe Bobola)氏で、彼のビデオを幾つか見てみた。

彼は、物質にも意識があると解釈しているし、彼の言うところの「意識」を「アイデンティティー」に置き換えると、そのまま使えそうな気がするが、彼の考えには「記憶」というキーワードはない。

目の付け所は非常にいいと思うのだが、まだ「直感」ででしかない。その自分の直感に従って、様々な啓蒙活動をしている。しかし、根底にある具体的なメカニズムが分かっていないから、観念論で終わってしまっている気がする。

だが、こういうことを考え、そして表明する人たちがいることは私にとっては嬉しいことである。しかし、言語学が、この新しい学問分野の鍵を握っていると考える人はほとんどいない。だからかどうか分からないが、私の理論にもあまり関心がなさそうである。

自分の考えの整理にもなるので、もう少し彼のビデオを見てみようと思う。






Last updated  2014.11.09 09:43:33
コメント(0) | コメントを書く
2014.11.03
前からずっと好きだった漫画「寄生獣」が日本で映画化とテレビアニメ化される。

十何年もアメリカの会社が映画化権を持っていたが、結局アメリカン人には、この映画の持つテーマとか奥深さを理解し、映画化できる監督はいなかったという事だろうか。でも一度映画化されるたら、二匹目のドジョウというわけで、もうアメリカからリメイクの権利を売ってくれという話があるという。無節操な話だ。

閑話休題、この漫画で気になっていることのひとつに、寄生獣の名前への執着の無さがある。寄生獣たちは人間と同じ様に「言葉」を話す。つまり、「自分自身のアイデンティティーを持っている」はずなのだ。アイデンティティーを持っているという事は、自分の名前を持っているということだが、主人公の右腕に寄生した、この生き物は、自分の名前に対する執着が全くなく、宿主に言われてようやく「ミギー」と自分で自分を命名する。他の寄生獣たちも、全く同様「無頓着」である。

この寄生獣の特徴(著者によるSF的設定)は、寄生した宿主の脳を奪い(ミギーの場合は失敗)、短期間で言葉を解するようになり、社会生活が営めるほどの知識と一般常識を身につけるということだ。人を食う事をなんとも思わないから、「常識」といってもかなり違うが。自分と他人との違いを意識する経験を重ねて自分のアイデンティティーを作り上げたわけではない。自分のことを他人がどう思っているかを考えたことはないのだろうし、突然「自分が何者」と言われても、会話の中での区別をするだけの機能を名前に与えていないのかもしれない。一種の「言語ゲーム」ともいえる。

寄生獣達は、人間のようなアイデンティティーを持たない「物質」や「動物」側の見方を代弁しているとも言えないこともない。どちらにしろ、不思議な存在である。そして、宿り主の高校生「シンイチ」も、寄生されていることで、寄生獣の持つ属性の影響を受けていく。そして彼は自分自身のアイデンティティーに常に悩むまされることになる。

もう1つ、他の寄生獣に関しては分からないが、ミギーは良く眠る。やはり「彼」も、記憶を再構成するためには睡眠が不可欠という事になのだろうか。ということは、彼は「記憶の進化」という正当なメカニズムを持っている事になる。

「寄生獣」という漫画は、そアイデンティティーに関する(想像上での)壮大な実験であるといえるかもしれない。

また最初から全部読みたくなった。パリにも「Book OFF」があるので、まとめ買いしてみようか。






Last updated  2014.11.03 07:20:12
コメント(0) | コメントを書く
2014.10.24


ふと思い立ってソシュールの「一般言語学講義」を開いてみた。「identite」という用語が使われていないかどうかを確かめるためだ。

今まで、それほど気には留めていなかったが、やはりあった。ここにそれを引用する。“Le mecanisme linguistique roule tout entier sur des identities et des differences, celles-ci n’etant que la contre-partie de celles-la.” (p151アクセント記号抜き)「言語のメカニズムは、自己同一性と差異の上に展開する。同じということと違うということは、互いに表と裏の関係にある。」

ソシュール(本人が書いたのではないが、この本によると)は、言語学において「unites(単位)」も重要ではあるが「valeurs(価値)」が本質的であるとも言っている。

記憶科学の源流はやはりソシュールにある。つまり、アイデンティティーという視点で、ソシュール言語学を再評価しなければいけないということだ。構造主義の父というのは、一種の言いがかりだと思う。私は自信を持って、ソシュールが既に一世紀も前に記憶科学を予言していたと断言する。






Last updated  2014.10.24 13:26:08
コメント(0) | コメントを書く
2014.10.23


言語がコミュニケーションの道具であるということが言語の本質をあらわしていないと認識されるためには、新しい言語の定義が提案しなくてはならない。

本来なら、ビッグバン(少なくとも太陽系の誕生)から話を始めなくてはいけないが、それもままならないので、やはり言語つまり人間のレベルから論を進めるのがやはり現実的だろう。

人間だけが言語を使えることは既に自明のことであるが、この意味を知るためには少なくとも動物の認知レベルにまで遡る必要がある。認知アイデンティティーから人間のアイデンティティーへの進化はやはり外せないだろう。

アイデンティティーをキーワードにして、言語理論を構築する必要がある。続く。。。






Last updated  2014.10.24 11:13:53
コメント(0) | コメントを書く
2014.10.06

母国語をマスターした段階で、その言語の作る共同体の一員としての条件付けがなされているとしたら、母国語を別のものに変えてしまえばいいだろうという議論が出てくる。しかしこれは、歴史の中で常に悲劇を起こしてきた。所謂、アイデンティティークライシスである。

人間は、2つのアイデンティティーを同時に生きるようには出来ていないのだろう。日本でも世界でもバイリンガルは、あたかも高等な知性のようなとらわれ方をするが、精神分裂症の一歩手前のようなものである。だれもが、どこかで妥協しているはずで、完全なバイリンガルはありえないのだ。

周囲の見た目から来るアイデンティティーと、言語で習得したアイデンティティーが違う場合も、かなりのクライシス(危機)を引き起こす。移民の二世、また三世が、一番このリスクを負う。アメリカなどの場合は、人種のるつぼとして出身民族が違っても「同化」する傾向にあるが、実際のところ何処まで同化できるのか。私には分からない。

この考察をすると、やはり自分が日本人として生まれ、日本で育ち、日本語の高等教育まで受けたことを本当にラッキーだと思わざるを得ない。私も、一時期は自分のアイデンティティーに関して、自信のない時期を過ごしたこともあったが、やはり日本との関係が強かったことが今の自分を支えている。その中で、今はフランスの文化にかなり同化している。

今でも、2つの文化・言語の間で葛藤はあるが。これは自分が選んだものであり、自分の選択と行動で解決する問題だと今は普通に考えられる。






Last updated  2014.10.06 07:07:35
コメント(0) | コメントを書く
2014.10.02
「自己同一性」というのは、永続的な「再帰運動」であるといえる。今の自分を意識するためには、前の自分を常に意識し、それを土台にして「新しい自分」を常に再生していくプロセスなのである。言い換えれば、われわれの生きるというのは、常に新しい自分を創造するところにある。このサイクルに変調をきたすとき、人間は鬱に陥るのかも知れない。

チョムスキーが「リカージョン(再帰)」が言語を解く鍵であると考えたのはあながち間違えではなかったが、彼はそれを「人類に平等普遍な文法」に拠り所を求めたところがボタンの欠け間違いがあった。

これらを総合すると、「自己同一性」と「シーニュ」というのは同義語であるということが分かる。ここで問題なのは、この「自己同一性」を生む「離散化」「二極化」「座標化」という現象が、どのようにして生じるのかということである。

ここで私は、「自己同一性」というのは単に人間のレベルで起きていることではなく、この太陽系が生まれたのも、そして多分、この宇宙が生まれたのも「自己同一性」という「進化のプロセス」があるからだと考える。

多分、ここで「ついて行けない」と思う人も多いと思う。しかし、太陽系の誕生から、生命、そして人間の誕生に一つの一貫したメカニズムがあるとしたら、それはありえると思えないだろうか。これを前提として、このメカニズムを解明しようとするのが私が提唱する「記憶科学」であり「記憶言語学」である。そして、このレベルになると、本当に洞察力の優れた人たちだけが理解できる世界が広がっている。

私の夢は、この世界が理解できる他の人たちと、その先を見るために共同研究をすることである。私の夢に賛同してくれる人は、はっきり言って少ないと思う。でも一人でも二人でも現れたら、それが人類の財産を膨らませることにつながることは私は確信している。

あなたはその一人ですか?






Last updated  2014.10.02 07:41:49
コメント(0) | コメントを書く

全41件 (41件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.