639285 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

Freepage List

Headline News

全41件 (41件中 41-41件目)

< 1 2 3 4 5

アイデンティティー

2014.10.02
XML

自分が自分であるためには、まず「前の自分」が定義されていなければならない。「前の自分」と「今の自分」が同じであると確信することが、自己同一性の基本である。

動物の世界では、感覚を持った肉体が「自分の枠」となる。動物にもアイデンティティーがあると思われるのはこれをアイデンティティーと見なしているからである。人間のアイデンティティーを語る場合も、この「生物学的枠」がついて回る。しかし、勿論これだけでは人間のアイデンティティーは形成できない。

先ほどの「生物学的枠」が、知覚の座標系と意味の座標系という二層の「価値のシステム」に分離することが起きる必要があるのである。これが起きると、そのときの状況を、二つの座標という形で、記憶することが可能になる。これが所謂ソシュールの「シーニュ」である。そして「シニフィアン」と「シニフィエ」という二つの座標系の座標点が一致したものが「シーニュ」として固定することになる。

ソシュールはここで世紀の大誤謬を犯す。この二つの座標系間の対応関係を「恣意的」と表現してしまったのだ。(彼の言いたいことはわかるが、)「恣意的」という表現を使ったことで、彼の真意を理解できなかった言語学者たちにより、「動機あり/動機なし」という単純な二項対立に置き換えられてしまった。これにより、不幸なことに、シニフィアンとシニフィエの間の恣意的要素の高い視覚言語、手話が言語から除外されることになる。

聴覚言語の場合、音声が時間的な推移をもって「前後に離散する」。これは発せられた音声が時間軸上に二極化するということである。それは何でもいい。例えば、日本語で「か(k / a)」としてみよう。前後があるということは、音声が座標化されるための最低条件である。「か」では「子音/母音」という組み合わせになるが、「あん」としてみると「母音/拍」となる。どちらにしろ二つの要素が前後に並んでいるという点で音声の座標化につながる。

ここで言語学者が犯した間違いは、母音と子音という「音声学」の表現を、そのまま「音韻論」に用いたことである。本来の「音声の離散化」は、「音声の時間軸上の前後への二極化」が基本である。しかし、母音と子音が存在することが前提とされることで、母音同士、子音同士の離散性が語られるようになってしまったのである。先ほどの大誤謬と同じで、どちらも現代言語学の「嘘」である。

視覚言語である手話にも勿論、座標系は存在する。この鍵を握るのが「動きの方向性」である。手話を書き留めるとき、手の動きを大抵矢印で表現するが、この方向性が聴覚言語の「子音/母音」(または「母音/子音」他の組み合わせ)という前後性に対応するのである。

手話と音声言語の大きな違いは、知覚チャンネルの情報量の違いにある。手話は視覚を使うことにより一度に得ることの出来る情報がはるかに多い。また3次元という物理的な座標が予め視覚チャンネルに備わっていることで、一瞬一瞬の静止画の認識も非常に正確なものになり、個体間での共有も非常に楽になるのである。

しかもここで、手話は人間の持つ生物的枠を使う。この枠は、生物学的に既に座標化されているのであり(人間の身体の前後、上下、左右)、物理的プラス生物学的にダブルで座標化が既になされているのである。

しかも、この視覚的座標は、所謂「意味」に対応するシニフィエを喚起する「静的、または動的な視覚的形態」を、二つの座標系を結びつける動機付けに使えるという利点がある。ここで、誤解された「恣意的」という関係が頭にある人は、「だから手話は言語ではない」と断言してしまう。無知とは悲しいことである。

さて「自己同一性」に話を戻そう。「シーニュ」という2つの座標系が交差して生まれる「自分」がある。これは「生物学的な枠を持った自分」に限らない。見たり聞いたり触ったり嗅いだり舐めたりして知っている全ての自分の感覚が母体となって「一切れの自分」としての「シーニュ」になる。

この「シーニュ」の利点は、座標で出来ているために「記憶喚起」つまり思い出すことが可能であるということである。我々は、言葉を知っていると考えるが、常に「思い出す」という作業が無ければ意識の中に言葉を存在させることは不可能なのである。そして「シニフィアン」を思い出すことで、これに対応する「シニフィエ」が連想される。その逆も然りである。

英語では意識は「マインド」として扱われることが多いが、この「マインド」は常に過去の経験を思い出すことでしか持続できないのである。「マインド」という用語の裏には、全てのことが意識上に既に存在していて、それを個の意識が意図的に選択して思考しているというニュアンスがあると思う。この前提を離れ、全てを「記憶」で置き換える作業を認知学者たちがしたらアメリカではやっている認知科学は飛躍的な発展を遂げるだろう。今その兆しは全くないが。

続く。。。






Last updated  2014.10.02 07:08:04
コメント(0) | コメントを書く

全41件 (41件中 41-41件目)

< 1 2 3 4 5


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.