600471 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ともちゃん@ 分かりやすい書き方 New! 佐藤さん 「言語学の嘘」を読み返してい…
ともちゃん@ 物質の視線 みゅうさん 鏡と言う物体に、何らかの認…
CLG2009@ Re[3]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) みゅうさんへ 今既にあることがあり、そ…
みゅう@ Re[2]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) こちらこそありがとうございます。 鏡とい…
佐藤直幹@ Re:とらわれない心(09/05) ともちゃんさんへ >>>何物にも左右さ…

Freepage List

Headline News

全471件 (471件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 48 >

カテゴリ未分類

2019.09.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
生命と認知の起源を考える上で、この3つのキーワードを使って思索をすることにした。






Last updated  2019.09.19 05:49:38
コメント(1) | コメントを書く
2019.09.14
カテゴリ:カテゴリ未分類
このブログを始めた頃は、ある意味、人任せに考えていたと思う。自分は、言語の謎を解明したのだから、時空間的自己同一性、及び生命的且つ認知的自己同一性に関しては、誰かがやってくれるだろうと漠然と考えていた。

結局は、どれも自分でしなくてはいけないと最近思い始めている。言語の謎の解明が拡散してくれないので仕方がない。

今、どうやって言語の謎、つまり言語的自己同一性の解明をしたかを思い出しながら、他の自己同一性のステップアップのメカニズムを考えている。

ゆっくりでもいいから、確実に進んでいけたらと思う。






Last updated  2019.09.14 16:11:19
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
私は今、生命および認知の起源について考察しているのだが、そこに至るまでの「物質的(時空間的)記憶(自己同一性)の進化」を辿る必要があると気が付いた。

言語の起源に関しても、高等生物の言語がない状況を推測することにより、言語のメカニズムが理解できたことから鑑みても、生命および認知の起源の直前の状態を突き詰めることは必須であると考える。

私は、ビッグバンという唯一の宇宙の始まりではなく、リトルバンと私が呼ぶ、個々の太陽系の誕生によって、時空間を構成する物質が生まれたと考えている。

それはさておき、時空間が生まれてから、生命および認知が誕生するまで、どのような進化があったのだろうか。私は、ここに太陽系の形成と、地球の生成が大きく関係していると考える。というのは、地球の誕生自体が、時空間的自己同一性の進化の歴史の一部であると考える。つまり、地球は偶然生まれたわけではないということである、太陽系は一つの生き物であるなら、地球はその臓器の一種であるということになる。

時空間的自己同一性は、物質によって代表されるが、物質を取り巻く様々なサイクルが、この自己同一性の進化を促進するのだと考える。地球の持つ重力、磁力はもちろん、自転公転による昼夜、四季、年という移り変わりが、時空間的自己同一性を進化させる。

今のところ、このくらいしか言えないが、もう少し進んだらまた投稿したいと思う。






Last updated  2019.09.11 03:05:27
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
今、生命の起源と、認知の起源をワンセットにして考えているのだが、認知の起源というのは「意志の起源」でもあることをふと思った。ただ、「意志」という単語に囚われると目標を見誤る可能性がある。

私にとって、生命は物質的記憶の進化の延長線上にある。これは、この宇宙での「存在」を支える進化である。これに対して認知は、その存在何らかの意思を持つことになる。認知の枠で考えると、自分という存在以外を認識して、それに応じて個別に対応するということになる。そして、その次の段階で、言語を通して宇宙に思いを馳せることができる人間が誕生する。

今は、生命と認知において、「同じだけど違う、違うけど同じ」という離散分裂更新循環の原理がどのように実現しているのかを考えている。「意志」であると気が付いたことで、また別の見方ができたと思う。頑張ろう。






Last updated  2019.09.05 13:58:41
コメント(13) | コメントを書く
2019.08.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
コメントをいつもいただくともちゃんさんから、わたしに複眼を持つように言われた。彼によると、私は片目でしか物事を見ていないから、立体像が結べていないということらしい。

そして私が「上から目線」で話を進めているということも指摘された。だが、これは正しい。私は、今科学者の誰もが興味を示さない言語のメカニズムの全貌解明に取り組んでいる。この視点で、例えば菅野氏の複雑系科学を見るとき、私の知っていることが考慮されていないことに一種のいら立ちさえ感じることがある。

本当なら、私が全てを書き換えればいいのだが、私には物理や生物の専門分野はわからない。しかし、そこに言語を司っているのと同じメカニズムがあることだけは確信がある。どちらにしろ、我々に科学や哲学を可能にしているのは言語であるから、言語のメカニズムが分かれば、科学や哲学の概念が変わるだろうことは予想できるだろうと思うのだが、どうもそうは簡単にはいかない。

今、私が考えているのは、自分が見ている言語の世界を他の人たちが想像しやすいように少し整理すること。科学的な説明にはならないが、私がどのような世界観を持っているかを示すこと。これを通して、新しい俯瞰の視点を共有できないかということである。

頑張ろう。






Last updated  2019.08.28 12:51:17
コメント(1) | コメントを書く
2019.08.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
菅野礼司の二冊目の本を読み始めた。

「哲学概論」ということで、わかりやすい部分もあるのだが、私は物理に関する部分に関しては、どうしても飛ばし読みせざるを得ない。

その中で、前の菅野氏の小論文を読んだときに気になった「価値」や「自己同一性」にも触れているのだが、私が考えているものとは、かなりの「ズレ」があるのを感じた(これに関しては、もう少ししたらまとめてみたいと思う)。

私の出発点は言語学であるが、菅野氏の説く複雑系の科学には言語学は、認知科学の一部という位置づけになっている。この認識にズレが、価値や自己同一性の理解のズレに反映しているのだと思う。

私はまだ、離散系科学というものが想像さえできないが、複雑系科学の先に、離散という概念を根幹とした新しい科学が生まれるのだと思う。






Last updated  2019.08.26 23:47:04
コメント(8) | コメントを書く
2019.08.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
実家に届いていた本に、リチャード・ブロディ著「心を操るウィルス ミーム」があった。

パラパラとめくって目を通してみたのだが、全部読む価値はないような気がしてきた。

マインドウィルスの発生に関して、言語の役割に全く触れていないのだ。

他に読みたい本があるので、これはとりあえず後回しにする。






Last updated  2019.08.21 12:31:36
コメント(6) | コメントを書く
2019.08.20
カテゴリ:カテゴリ未分類
長野の実家に、ここ数か月で注文した本が届いていたのだが、その一つに菅野礼司氏の「近代科学はなぜ東洋ではなく西欧で誕生したか」がある。

昨日読み始めたのだが、まだ途中である。結局、終章「21世紀の科学:第三科学革命」の中で、気になった部分の感想を書こうと思う。


・ 「人間の記憶や思考なども高度に組織化された物質系の機能の一形態であることも、やがて科学的に解明されるだろう」p267

これに関しては、私は全面的には賛成できない。先ず、言語に触れていない点。「記憶や思考」ということが言語ではなく認知の範疇だと考えられているのかもしれない。そして「物質系の機能」とするのは、ある意味正しいのだが、私の理論では、物質的記憶の誕生も扱わないとつじつまが合わなくなる。


・ 「自然科学とは自然自体が人類を通して自らを解明する自己反映(自己認識)活動ということになる」p267

この見方は全く正しいと思うのだが、ここに「言語の仲介」という視点が全く欠如している。科学を可能にしているのは、言語核となる記号であるという認識がなく、単に認知能力が向上したから言語を使えるようになったとしているようである。


・ 「科学には終わりわなく、無限に発展しうることも意味する」p268

これに関しては、私も同意する。そして、もう一つの高次な科学を構築するためには、正しい言語の知識が必要である。


・ 「自然科学理論の検証には、その理論の外部、すなわち自然に問いかける実験・観察が不可欠なのである」p268

私が思うに、これでは不十分である。言語の核となる記号のメカニズムを理解することで、自分自身が自然になることができるはずである。ただ、これができるのは多分今、私以外にいないのではないかと認識してもいる。全ての科学者が、自らの中にある自然と対話ができるようになったら、科学は変わる。これは確信している。


・ 「人間が人間自体を完全に解明することは不可能である。その認知科学も自己言及型の理論であるゆえ、完結することはない」p270

単純に言って、人間の本質の解明は認知科学では不可能である。


・ 「自然を支配し、人類のために自然を利用するという科学・技術ではなく、自然との共生を目指す科学・技術が求められる。人間は自然の一部であるゆえ、科学は自然自体が人類を通して自らを解明する自己反映という科学観こそが、そのような科学・技術に導くものであると思う」p271

私は、これはまだ不十分だと思う。人間と自然との共生ではなく、人間と自然は一体でなければならない。ただ、そうなったとき、自然がどのような位置づけをされるかはわからない。


・ 「自然には秩序形成の資質、すなわち自己組織化、自己発展の能力が備わっている。宇宙をはじめ、その構成要素である物質の発展、進化は外からの超自然(神)的な作用によるものでなく、物質の相互作用による自己発展である」p271

これに関しては、私は真っ向から反対する。離散分裂(再)融合更新循環が神の仕業だとは言わないが、物理法則を超越したメカニズムが働いていることで、物質が生まれ、人間への進化が実現されたのである。


・ 「この宇宙の双発的自己発展による自己実現は目的論のようにゴールが定まっているものではなく、自然法則に従って「自ずから発展、進化する」というもので、「自然論(じねんろん)」に近い自然観である」p272

「じねんろん」に関しては、私も賛成であるが、私は進化の目的は定まっていると思っている。ただ、そこに至るまでにどこを通るかどうかは関係ないのである。


・ 「この地球に生物が発生し、人類にまで進化したことは、非常に稀有なことである」p273

これは半分だけ賛成する。地球で人類が誕生したのは、そうなるべくしてなったからである。しかし、この太陽系でそれが実現されたことは確かに稀有であるといえる。


・ 「物質には自己組織化と発展、進化の能力が具わっている、それゆえ、自然科学の目的は物質の存在様式と運動法則、および発展、進化の法則の両方を解明することである」p274

私は、この前に物質の存在自体がどのように誕生したかを解明が必要であると考える。それをビッグバンがあったからとするのは、あまりに短絡的すぎる。


・ 「物理学はこれまで2回の科学革命を経てきた。次に20世紀後半から始まった「複雑系科学」と「認知科学」は、新たなかがくの論理と方法を必要とするから第三科学革命といえるであろう」p274

複雑系に関する私の知識は、まだ不十分であるが、認知科学に関しては、あまり期待できないことは十分認識している。もし、これらの科学が第三科学革命を起こすのであれば、私はその次の第四科学革命を起こしたいと思う。


・ 「認知科学は、情報処理の観点から知的システムと知能の性質を理解しようとする研究分野であり、人間が知的能力を用いていかにして世界を認知するのかその機構を分析解明しようとする学際的学問領域である。それは、具体的には人間の「心」「意識」「思考」「行為」「知覚」といったものを情報処理的な過程として研究する広い学問であり、工学、心理学、哲学などの幅広い分野にまたがる。それゆえ、複雑系科学と密接に関連し、重複する部分が多い」p276

この記述自体には全く問題はないのだが、ここには「言語」が欠如している。


・ 「認知科学によって人間が己を知ることで、自然界における人類の地位を改めて自覚するだろう」p276

今の言語学には、これをする力はない。私も過去、認知科学に期待を寄せたことがあったが、認知科学には知のパラダイムシフトを生む力はない。それだけは私にははっきりしている。

・ 「21世紀には中国が、今後学問、思想の自由を認めるようになるならば、その中心的役割に参入してくるだろう」p277

そういうことになるのが望ましいのは確かであるが、そういう素振りを見せて、我々を裏切り続けてきたのが中国である。私は、中国に全く期待することはできない考えている。


・ 「21世紀の科学は、非常に多面的多彩な分野に展開される。複雑系科学や認知科学以外にも未知の科学分野が拓かれてゆき、まさに全面開花の時代を迎えるだろう。それには「現在の自然」を超えた自然の状態と仕組みを創造する強大な想像力が必要であり、SF的想像力、空想力も求められる」p278
・ 「そのためには新しい科学のための哲学も求められる」p278

今後の私のポジションはここかもしれない。ただ、私の場合、SFだけではなく、オカルトの世界にも足を突っ込む可能性があるので要注意ではある。

「進化する記憶」という視点を持つことが、新しい哲学につながるかどうか、今の私にはわからないが、その方向でこれからも思索を進めていこうと思う。






Last updated  2019.08.20 22:51:08
コメント(4) | コメントを書く
2019.08.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
以前、ともちゃんさんから勧められていた諸星大二郎氏の漫画「無面目」が帰省した実家に届いていたので早速読んでみた。

非常に短いチャイナの古典を下敷きに、古代チャイナの歴史を絡めて全く新しいストーリーを語っているのだが、読みながら岩明均氏の漫画「寄生獣」に出てくる田宮良子を彷彿させるキャラクターが出てきて、ワクワクしながら一気に読んだ。

付随的に、チャイナにこういう古典があることに感嘆するが、チャイナの俗世間は昔も今も全く変わっていないのだろうと感じた。日本人が目指す「ひと」と、彼らが実践する様々な欲の絡んだ社会との隔たりが大きすぎる。この差は今後一切埋まることはないだろう。

実は、実家の戻る前日の土曜日、有楽町の交通博物館内のギャラリーで開催された「妖獣神話展」に行ったとき、諸星氏の他の作品の原画を目にする機会があった。こういうことは、きっと偶然ではないのだろうと思う。

「無面目」では、混沌から直ぐに人間が生まれてしまうので、物質、生命、認知、言語という順番を追ってはいないのだが、この作品から受ける印象が、今の私のテーマである「認知の起源の解明」の助けになるかもしれないと思う。

並行して進む様々なストーリーは、見た目は違うのだが、その根底に流れるメカニズムは同じ。そこには「離散分裂(再)融合更新循環」がある。それぞれを比較しながら、その裏にある宇宙の摂理を解明する。これが私のライフワークである。






Last updated  2019.08.19 12:42:55
コメント(20) | コメントを書く
2019.07.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
今、私の課題となっているのは、認知の起源である。

認知は、一朝一夕に生まれたわけではない。先ず、時空間を生んだ物質的自己同一性が進化して生物的自己同一性が生まれるのだが、この2つ目の生物的自己同一性の誕生と同時に、認知的自己同一が生まれ、進化を始めることになる。

生物的自己同一性というのは、物質的自己同一性の延長線上にある。生命体はあくまで物質であるからである。しかし、生物的自己同一性が成立したと同時に、新しい次元の自己同一性の進化である認知的自己同一性が成立し、生物的自己同一性と並行して進化を始め、その後、言語的自己同一性の誕生へとつながっていく。

物質的自己同一性には、自己が選択的に外界に対して行動を起こすことがない。物質同士に働く「力(離散融合更新循環)」によって全ての相互作用が決まる。ただ、それは全くランダムなわけではなく、例えば太陽系というシステムを生み出し、それを構成する天体の一つである地球という惑星において生物的自己同一性が誕生することになる。

物質的自己同一性は、物理的な相手が存在することで、自分の存在を確かめることができる。ところが、その相手によって自らの物理化学的な構成が変わってしまい、その自己同一性は流動的であり、一定していない。

これに対して生物的自己同一性は、遺伝子によって定義された自己同一性を継続的に更新することで成立している。原子や分子ではなく、有機体としての自己同一性をもっているということになるのだが、それまでの物質的自己同一性では、原子や分子のレベルで自己と他己の境界線が引かれていたのが、生物的自己同一性となると、有機体としての境界線が生じるということである。

では、自己と非自己の境界線ができるということの意味はなんなのだろうか。

物質的自己同一性で、原子や分子が境界線を形成するのは、特に原子が自己同一性を更新しながら、同じ姿を維持しているからである。生物的自己同一性では、この自己同一性の更新が有機体の中で行われることになる。

問題は、この有機体が自己と非自己にどう離散分裂するかということであるが、その一つが細胞分裂であろう。単細胞生物の場合、分裂すると2つの個体になる。

一つの個体は、もう一つの個体を認知しているのだろうか。単細胞生物の場合は、生殖のために異性を探す必要もないし、多細胞生物のように、自分と同じ遺伝子を持つものを自己の延長として認識し、免疫を適用しないという必要もない。しかし、同じ遺伝子を共有し、細胞分裂によって生まれた個体同士には何らかの親和性があるのだと思う。そして、この親和性があることが、多細胞生物になったときに、別の細胞、つまり別の個である細胞に対して、攻撃を加えることなく自己とみなすことができるのだろう。

そして同時に、自分とは違う物体を、「非自己」あるいは「他己」と認識できるようになるはずである。この場合、自分とは違うというだけでなく、どのように違うかを判断するかである。


(続く)






Last updated  2019.07.27 01:36:32
コメント(14) | コメントを書く

全471件 (471件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 48 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.