598556 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ともちゃん@ 物質の視線 みゅうさん 鏡と言う物体に、何らかの認…
CLG2009@ Re[3]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) みゅうさんへ 今既にあることがあり、そ…
みゅう@ Re[2]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) こちらこそありがとうございます。 鏡とい…
佐藤直幹@ Re:とらわれない心(09/05) ともちゃんさんへ >>>何物にも左右さ…
ともちゃん@ とらわれない心 佐藤さん 『いつもの通りですが、人間を…

Freepage List

Headline News

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

知性(インテリジェンス)

2015.11.13
XML

人間の定義が「知能」ではないことは自分の中でははっきりしている。

となると「人工知能」を作ろうという試みは、全く意味の無いものとなる。なぜなら、正しい人間の定義ができてないのに、人間の活動のシュミレートをしようとしているからである。

ふと思い出したのだが、映画「ブレードランナー」で、レプリカント(人造人間)が「思い出」を欲しがっているというセリフがあった。当然、その思い出は「嘘」で、後から植え付けられたものなのだが、レプリカントが自分のアイデンティティーを維持するためには必要だということだ。

ショーン・ヤング演じる美しいレプリカント「レイチェル」は、特に頭がいいわけでもない。他の、開拓用に開発されたレプリカント達と違って、身体機能も高くはなさそうだ。その「彼女」が、自分の小さい頃の記憶を愛でる。これこそ人間のシミュレーションではないだろうか。

つまり、私の考える「人工知能」は、既にこの作品の中で実現されていたのだ。この作品が、今になっても全く色褪せないのは、そのためかもしれない。






Last updated  2015.11.13 13:32:31
コメント(0) | コメントを書く
2015.11.11

欧米では「インテリジェンス」というと普通、人間のことを指す。これは単に「頭がいい」ということを超えて、人間には(神に与えられた)特別な何かが備わっていると考えるからである。

「インテリジェンス」を日本語に訳すと「知能」と「知性」の二種類の選択肢がある。「知性」というと「理性」などと一緒に人間の領域であると考えるのが普通だろうが、「知能」の場合、日本人にとっては、動物と人間の区別はあまり重要ではない。

欧米で「アニマル・インテリジェンス」という表現を使う場合、人間の知性に近いことを動物もやってのける、という意味で使われる。あくまで人間中心の視点を持っていることがはっきりとしている。

面白いのは、日本語では、「アーティフィシャル・インテリジェンス」を「人工知性」ではなく「人工知能」と訳すことだ。SF作品で問題になるのは、動物の知能を機械で再現することでなく、人間の知性を再現することであるのに、日本語では始めから「知性は無理」とでも言っているようだ。

私は、生命レベルの「知覚・認知」の発達したものが「知能」であり、これがさらに進化して「知性」になるという考えである。つまり、動物にも「知能」があると考えている。しかし欧米では、欧米で「アニマル・インテリジェンス」という表現を使う場合、人間の知性に近いことを動物もやってのける、という意味で使われる。あくまで人間中心の視点を持っていることがはっきりとしている。

人間が特殊な生き物であることに異論を挟む人はいないだろうが、何をもって人間とするかに関しては意見がわかれるところである。しかし「頭の良さ」を基準にして考えると、動物も十分頭がいいし、場合によっては人間を凌駕する能力を発揮することもある。となると、何が動物と人間の差を決めているのかである。

霊長類学では既に結論が出ている。それは、分節言語以外にチンパンジーと人間を隔たるものは無いのだということだ。しかし、言語が何であるかに関して、学者達の考察は十分ではない。話はそれるが、意識や無意識を扱うパラノーマルな世界でも、言語についての考察は皆無だ。

私の考える人間の定義は「知性」ではない。あくまで「アイデンティティーの確立」と「記憶の進化」である。ここまで書いてみて、今の自分が、一般の科学者達とどれだけずれているのかを感じざるを得ないが、一つ希望もある。それは最近、リベラルな人権運動に反論する人が増えて来たことだ。

今までなら「レイシスト」のレッテルをはられて社会から葬り去れたところが、ネットの普及により、何かおかしいという感覚を共有する人達が少しずつ増えてきているのだ。これは世界(特に欧米社会)に蔓延した「サヨク主義」への反発である。

もしかしたら、私の理論は、言語学よりは、こちらの方から攻めた方がいいのかもしれない。しかし、ちゃんと言語学的な理論に裏付けされているということが条件であるが。







Last updated  2015.11.12 00:38:33
コメント(6) | コメントを書く
2015.11.06

知覚を定義するのに、外界の物理的刺激の内在化という仮定を立てたことがあるが、最近どうも怪しくなってきた。「粘菌」の本を読んで、「まず、行動ありき」ではないのかと、より強く思うようになった。

「粘菌」本の著者の中垣さんは、「逡巡」という言葉を使っている。私は知らなかったのだが「ためらい」という意味だ。「ためらう」ためには、行動することが前提となる。選択肢に対峙したとき、どれを選ぶかで、その後の状況が変わってくる。

話は飛ぶが、人間は赤ん坊のころから、どのような選択肢があって、どれを選べばいいかを教えられることで成長する。これが価値観と呼ばれるものである。嘘をつくことを咎められる文化と、嘘をつくことで生き延びようとする文化では、子供たちはまったく違った人間になるといわざるを得ない。

あくまで「内在化」があったとすると、この「逡巡」が、それの解く鍵になるかもしれない。






Last updated  2015.11.06 07:30:39
コメント(4) | コメントを書く
2015.11.01
パリの日本書店から粘菌に関する本を3冊購入、この週末で一気に読んだ。どれも中垣俊之氏の著作で、そのうちの1冊は子供向けに描かれたものだったが、わかりやすい絵がたくさんあって数学が苦手の私にとっては視覚的にも楽しめた。

一つ非常に共感できたのは、「知性」という用語の使い方で、欧米の学者との見解の違いである。私も、動物にも「知性」があると考えるが、「Intelligence」という単語は、欧米では人間限定というのがお約束で、動物に知性を使う場合、「動物にもこんなことができるんだぞ」と言って、人間だけが偉いんじゃないと警鐘を鳴らしている時にしか使われない。

私も人間は特別な存在であると思っているのだが、そこの線引きをどこにするのかで、どうもこちらの人とは基本認識でずれている気がしていた。欧米では、どうしても人間中心の見方になるのだが、この考えから抜け出て「知性」を特別な能力ではなく、「知る性質」とする著者の意見に私も大いに賛成できる。 これは日本人だからできる発想なのだろうか。

ただ一つ残念だったのは、「粘菌の知性」ということに著者の関心があるためか、「粘菌の自己犠牲」という側面には言及がなかったことだ。これに関しては、また他の書物を探してみたいと思う。






Last updated  2015.11.01 16:28:03
コメント(5) | コメントを書く
2015.06.03

映画ネタをもうひとつ。

日本からの帰りの飛行機の中で見た映画「エクス・マキナ」。内容を話すとネタばれになるので、単に人口知能に関する映画としておこう。

サスペンス映画としては、それなりに楽しめるが、結局のところ、人工知能ができてしまっている状況から話が始まってしまう。

そして、人工知能とは単に「人間と非常に近い行動を取るもの」という一種漠然とした定義になっている。

人間が何であるかを定義せずに、それを真似る人工知能を作ることは意味がないと思うのだが、そういうところに関する考察はない。

今ふと、映画「ブレードランナー」の、レプリカント(人工人間)の尋問シーンを思い出した。

ブレードランナーと呼ばれる捜査官が、レプリカントの疑いがある個体に対して、様々な質問をしながら人間かそうでないかを判断するというもの。

あの一連の質問に、何か意味はあったのだろうか。

どちらにしろ、人間と人工知能というのは、映画関係者にとって永遠の課題であるようである。






Last updated  2015.06.03 18:21:50
コメント(0) | コメントを書く

スピルバーグ製作総指揮の「ジュラシックワールド」の予告編を見た。

もうほとんど馬鹿のひとつ覚えのように「知性の高い恐竜」という設定が出てくるようだ。

今の世界の認識では、知性というのは、単に「頭がいい」という感覚で使われているが、人間に特有の「知性」は、根底からして違う。

自分という存在を概念化すること。つまりアイデンティティーを持つことがベースにあって、そこから論理的な発想など、頭がよくなるような要素が生まれてくる。

そして、他の個体と記憶を共有することができることにより、知識の蓄積や伝達が行われる。
この「大いなる誤解」に、私がピリオドを打てる日が来るのだろうか。






Last updated  2015.06.03 09:14:21
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.20

ソシュールの唱えた記号論を理解した事で、ある意味、鬼の首を取った様な気分になっていたと思う。しかし、言語の本質を理解するだけでは、全く不十分であり、これから先の研究を進めるにあたり、方向性を考え直す必要がある。

前々から気付いてはいたのだが、人間が言語を使えるのは「知性」が発達したからだというのが一般的な見方である。道具を使ったり、集団生活をすることは、野生のチンパンジーの集団でも観察されているし、こういう行動は人間に特有な物ではない事は分かっている。

しかし、アフリカの平原で多くの類人猿の化石が見つかっている事から、アフリカのジャングルにいた人類の祖先が、木の上の生活を捨てて二足歩行することになることで脳の発達が促され、これが後に人間の知性の発達へとつながったと、この手のドキュメンタリーのナレーションによく出て来る。

ダーウィンの説いた進化論によって、生命、つまり種が、時間と共に、その形態を変えて行くということが当たり前になった。どのようなメカニズムで進化の方向性が決まるのかは、まだほとんど分かっていないのだが、進化するということだけが1つの事実として一人歩きしている、これはその一例である。

私の考えでは、知性のメカニズムがまず動物に生まれ、そのメカニズムが更に進化する事によって、人間に特有な知性が誕生する。といっても、誕生した瞬間に我々が考える様な人間になる訳ではない。しかし、初期の人類は、人間としての最低の条件を備えている。それは言語を発達させる能力である。

といっても直ぐに流暢にしゃべりだす訳ではない。これは、個人個人の意識の進化の形で、日々、そして世代を超えて少しずつ獲得されていく。ここで、1つ留意して欲しいのは、言語の本質とは、価値のシステム、或いは差のシステムを使って「命名する」と言う事である。自分という存在が、自分というアイデンティティーが確立することにより、自分を取り巻く世界を知るという欲求が生まれる。他を知る事は、裏を返せば自分を知る事になる。

人類の黎明期では、視覚言語の占める割合が圧倒的であったはずである。自らの体と手を使い、視覚情報に訴える方が「名の形」を特定しやすいという利点があるからである。しかし、何代か世代を経るにつれて、発音を使った聴覚情報への移行するは、自然の成り行きであったであろう。

ここでいう知性の発達は、実は人間となった生命体の意識の発達といい変える事が出来る。言語は、誰かに与えられた物でもない。生命体の意識の進化によって人間が生まれたとき、それぞれの個体が生きている中で1つずつ獲得したものの集大成を言語と呼んでいる物である。

文法と言われる物は、差のシステムの1つの定着した形に過ぎない。何を命名するか、どの順番で並べるか、これは言語毎にかなり差はあるが、規則性を持って定着することは間違いない。(ただ現在この部分に関しては、具体的に「何故」そうなるのか明確な回答はないのが問題と言えば問題であるが。)

そして、チンパンジーの手話習得において、これが習得できなかったと結論づけられている。幾つかの組み合わせを試しては見るが、それは食べ物を欲しいという食欲に突き動かされた試行錯誤のなせる技であり、言語を習得した事にはならない。

この点に関して、今後も考察して行こうと思う。






Last updated  2013.09.20 05:10:43
コメント(0) | コメントを書く
2012.06.22
先日、ブログにコメントをいただいたのだが、登録しているブログ村で私のブログが、思想・哲学ではなく、外国語のカテゴリーに入っていた事が意外ということであった。確かに現在の一般的認識では、言語学は外国学の一部と考えられているようだ。大学でも、言語学は、やはり外国学部内にあるのが普通だろう。

これには、言語における普遍性を文法を通して記述しようというアプローチが大元にある。これは、森羅万象を物理規則で説明しようと言うアプローチの延長線上にある。しかし、このブログ内でも何度も言っているが、私の考える言語学にはいわゆる「文法」はない。というのも言語の持つ普遍性は既にわかっているからである。言語の普遍性というよりは、人間の特性という事になる。後はこの特性が、人間の持つ視覚と聴覚のどちらかに特化する事によって、どのように言語として発展するのかを、平行して記述しようというものである。

スイスの言語学者ソシュールが提唱した「価値のシステム」、(ほぼ)全ての言語学者に無視されているが、これこそ、人間にしか備わっていない特性なのであり、言語を成立させるために必須なものである。今の課題は、彼らの無関心をどうやって覆すかということである。

動物のもつインテリジェンスが、人間と何処まで一緒で、何処から違うのか、これに関する基本認識を正す事から始めたいと思うが中々難しいだろう。何百年と続いている言語学の伝統を全く覆すことになるのだから。






Last updated  2012.06.22 09:14:13
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.19

前にも紹介したと思うが、フランスには様々な「科学雑誌」がある。大衆向けのものもあれば、専門的なものもある。それに「ムー」的な雑誌も幾つかキヨスク(雑誌専門販売所)等で売られている。

その中の一つに、人間の知性(インテリジェンス)の進化が限界を迎えているのではという記事があった。IQテストの結果が頭打ちになっていることから来る考察で、インテリジェンスの「進化」が止まるという事は、種としての人間の進化も止まるのではないかという論理らしい。その雑誌を買って読んだ訳ではないので、あまり迂闊な事は言えないが、ここにも「知性神話」が影を落としているようである。

私が「知性神話」と呼ぶのは、人間の知性が高度に発達したから言語を使える様になったという論理のことである。人間が類人猿から進化したのは、単細胞生物から多細胞生物に、えら呼吸から肺呼吸へ、無脊椎動物から脊椎動物へ、といった形態・機能上の進化と同様に、知性も進化すると単純に見なしているのだ。生命が地球上に生まれた段階から、現在に至るまでの生命の形質の変化を我々は「進化」と呼んでいる。この「進化」自体に異議を唱える人は少ないだろう(が、ダーウィンを目の敵にしている人たちは世界中に結構いる)。この「進化」を寄与のものであるとすれば、進化の産物であるはずの人間も、引き続き進化を続けるはずであるという論理である。

しかしここで大きな問題がある。進化がどうして起きるのかが、きちんと定義されていないのである。自然淘汰という説明があるが、遺伝子がどうして一つの方向に向かって組織化を続けるのかに関してはほとんど説明がない。それに遺伝子自体がなんであるかの説明も無い。進化が起きた事を容認することで、進化に対する説明をしなくてはならなくなる。進化が無かったと否定はしないのだから、それらしい説明をすることでお茶を濁す訳だ。

この知性神話の根本にある見方は、もう1つの「脳神話」を生み出す。人間(高等生物)の活動は、様々な体の器官(organe)によって保障されているが、脳もその器官の一つであると言う考え方である。そして意識を支えているものは脳の働き、つまり脳細胞の働きによって意識が生まれていると見なしている。

私はこの見方をとる限り、その先は見えてこないと思う。ガリレオが地動説を唱えたとき、ローマ教会から異端視された。しかし人類はこれをのりこえて地動説を受け入れた(今でも一部、天動説を信じている人たちはいるが)。今の科学が居心地がいいといって、それが正しいのではないのである。







Last updated  2012.04.19 18:27:48
コメント(0) | コメントを書く
2011.10.11
何が人間の特性かという問いに対する答えだが、最近は「意味」を考えている。これは、人間しか「意味」を扱う事が出来ないからである。

これに対して反論する人は、人間以外の動物が周りの環境から得る情報を解釈し行動していることを「意味を理解した」と取り違えているからである。

人間の持つ意味はこういった「文脈から類推する意味」ではない。様々な価値が複雑に絡み合って構築されるものである。だからこそソシュールは「signifiqnt/signifie(シニフィアン/シニフィエ)」という表現に「signifier(意味する)」という動詞を使ったのである。

新しい言語学が成立するにはこの部分が非常に重要な鍵を握っている。でないとまた昔に逆戻りである。そろそろ言語学は中世期を抜け出して現代に到達すべきであるが、まだまだ時間がかかりそうである。






Last updated  2011.10.12 00:18:33
コメント(0) | コメントを書く

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.