637106 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

Freepage List

Headline News

全3件 (3件中 1-3件目)

1

恣意性 arbitraire

2012.02.13
XML
カテゴリ:恣意性 arbitraire
l'arbitraire(恣意性)がソシュールの勘違いであったことを言語学界が認める日が来るのだろうか。

これを一部指摘する動きはあるが、踏み込んで間違いであったという動きはないようである。しかし、私はソシュールの記号論を否定する訳ではない。言語学者達にほぼ完全に無視されているが、「一般言語学講義」の中にあるように、言語が「価値のシステム」であることを指摘した功績は大きい。今必要なのは、100年以上も前に考えだされたこの理論のアナクロニズムを修正し、新しい理論として再構築ことだ。

特に恣意性に関しては、今でも手話言語を排除する心理的な要因になっている。シニフィアンとシニフィエの関係を「恣意的」つまり、動機づけのない関係であるとするが、これは音声言語にのみ通じる見方である。シニフィアンとシニフィエが2つの二重の価値のシステムであるという認識に立てば、手話言語も音声言語も、それぞれのチャンネル(視覚と聴覚)の特性を反映しながら全く同じ土俵で論じる事ができる。早くこれに気付く人が1人でも増えてほしいと思う。






Last updated  2012.02.14 20:32:13
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.10
カテゴリ:恣意性 arbitraire
前にソシュールの記号論を大筋で踏襲する事、しかしシニフィアンとシニフィエの関係の「恣意性」は使わない事を書いた。

といって「恣意性」を「離散性」で単純に置き換えるという事ではない。「離散性」はシニフィアンとシニフィエ、双方の成立に関わっており、同じ論理(つまり離散性)を基に成立しているものだから、その関係が「二重の価値のシステム」を形成し、シニフィアンとシニフィエ、それぞれの座標が一対一で対応することになるのだ。

言語をビッグバンから始まる「記憶の進化」の一環であるという考えに立ち、記憶の成立のメカニズムである「離散性」をもって記号論を構築し直す。少なくとも「記憶の進化」と「離散性」という2つの概念を導入・理解することなしには私の理論を理解する事は出来ない。

シニフィエの離散性について、次回は投稿したいと思う。






Last updated  2012.02.11 04:09:00
コメント(0) | コメントを書く
2009.04.23
カテゴリ:恣意性 arbitraire
ソシュール言語学の記事の一部に以下の事を書いた。今回はもう少し詳しく説明したいと思う。

恣意性とは、実は、それぞれ、signifiant(シニフィアン)なら、他の全てのsignifiant(シニフィアン)と、また、signifie(シニフィエ)なら、他の全てのsignifie(シニフィエ)と価値の体系を作っており、この両方の1つづつが出会う場、signe内においては、2つの関係はarbitraire radical(ラディカルに恣意的)ということになっている。動機づけ云々とは次元が違うのである。これはフランスの手話言語学者Christian Cuxac先生の論文にも紹介されている。これがおそらくソシュールの恣意性の本質を見極めた初めての論文であろう。

何故「イヌ」という発音が「人間社会で生きる、四つ足のよく吠える小動物」を指すのか。つまり、言葉の形と意味の関係はずっと人間を悩ましてきた。ソシュールの恣意性は、この問題に1つの答えを出したといえる。しかし面白い事に、本当の答えを出したわけではないのに、それで皆が納得してしまった。arbitraireという非日常的な用語を使った事が、この原因と考えられる。なんか科学的な響きがあるからであろう。ほとんどの言語学者はここで知的好奇心を失ってしまい、それ以上の追求をせずに、他の実践的な言語学へと走ってしまった。

しかし「一般言語学講義」を読んでみると、ソシュールの恣意性はこれだけではないのが明らかである。別に隠されているわけではない。ちゃんと第2部第四章「言語的価値」に、ラディカルな恣意性(arbitraire radical)と書いてある。ただそこに関心がいかないだけである。

ただ私はそこに書かれている文章を取り上げて、それを「再解釈」しようとは思わない。それよりはきちんとした言語理論を別にもち、ソシュールの考えとの接点を探す方が、遥かに有意義だと考えるからである。(今一度精読すれば、またインスピレーションを得られるかもしれないが)

さて、arbitraire radicalをもっと詳しく見てみよう。簡単に言うと、シニフィアンとシニフィエの両方が、それぞれ「座標」であって、それぞれの座標の一点一点同士が接点をもつ事をさす。

この座標という考えは、シニフィアンの場合、音韻システムを見てみればよくわかる。1つの言語、例えば日本語であれば、母音は5つしか存在しないから、全ての母音はこのどれかに落ち着いてしまう。「あ」を1番、「い」を2番としても、それぞれの番号がどの音に対応しているか分かっていれば、問題なく母音(音素)の識別が出来る。1から5までのどれかなのである。

手話の場合、体の生物学的構造がそれを支えている。顔、首、胴、腕、手、指など、同じ人間であれば、数と位置は基本的に同じであり、その運動の仕方も然りである。ただこれだけではない。話者が、対話者に対して、まっすぐに立って正面を向く事で、頭から足、背と腹の軸が対話者の視野に描かれる。左右の軸はこれに対して自然に付いてくる。まさに視覚上の座標である。時間の流れも座標内での各点の軌跡を追う事で認識出来る。このおかげで、本来は立体的な三次元の視野で展開する手話が、ビデオ画像等、二次元上でも十分通じることになる。体の向きが奥行きを補うのである。

シニフィエに関しても座標と言う考えは適応出来る。いわゆるカテゴリー化である。人間はこの世のものを全てカテゴリーに分けて考える。名詞の場合、いろんな基準があって、様々なものに分類される。イヌと一言でいっても、これは生物であり、ほ乳類でありと言った具合に、適応範囲が狭まれて定義される。目の前にいる、ハァハァ言っている小さな肉と骨の固まりのことではない、観念的なものなのである。

ソシュールの恣意性を説明するのに、イヌと言う音声と、目の前にいるイヌをイメージするようにする言語理論書もあるが、ソシュールのシーニュ理論には、このどちらも存在しないのである。このどちらも人間の活動にとってはポジティブなもの(その存在がそれだけで実感出来るもの)として認識できるが、言語の観点から見ると、ネガティブな関係で成立したシステムの要素しか存在しない、つまりシーニュ理論には音声と具体的な対象物(referent)は、居場所がないのである。説明する人間がきちんと理解していない所に、さらに単純化を進めようとすると、完全に本来の理論から脱線してしまういい例である。

arbitraire radicalという用語は、将来、別のもので置き換えたられる日が来ると思う。誰の胸にもしっくり来るものではないからである。恣意性という用語が誤解を生んだように、曖昧な用語は、曖昧な解釈を誘発する。もっときちんと再定義する必要があるだろう。











Last updated  2009.04.23 11:28:16
コメント(2) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.