598974 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ともちゃん@ 物質の視線 みゅうさん 鏡と言う物体に、何らかの認…
CLG2009@ Re[3]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) みゅうさんへ 今既にあることがあり、そ…
みゅう@ Re[2]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) こちらこそありがとうございます。 鏡とい…
佐藤直幹@ Re:とらわれない心(09/05) ともちゃんさんへ >>>何物にも左右さ…
ともちゃん@ とらわれない心 佐藤さん 『いつもの通りですが、人間を…

Freepage List

Headline News

全142件 (142件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >

記憶の進化

2017.02.27
XML
カテゴリ:記憶の進化
このブログでは、幾度となく「動物の認知レベルの記憶喚起」と「動物の認知レベルの記憶喚起をベースとした、人間の言語によるパラダイム的な自発的記憶喚起」を説明してきた。

先ほど、ふと思ったのだが、私がまだ若い頃にメディアの代表であったテレビは、この2種類の記憶喚起の内、前者であり、現在猛威を振るっているインタネットは後者に当たるのではないかと思った。

テレビの場合、番組の放送時間帯は大体決まっているから、番組表を見ながら、時系列に沿って番組を見ることになる。その時間にテレビの前に不在であれば、その番組を見ることはビデオデッキが普及するまでは、再放送があるまで待たなくてはいけなかった。

これに比べて、インターネットの場合、数個の言葉を入力して検索するだけで、自分の好きな番組を検索してみることができる。テレビの全ての番組が載っているわけではないが、テレビには流れない情報番組も多くある。そして、好きなときに再生して、一時停止、そして時間を置いて再生も可能である。

我々が、記憶を進化させていく生き物であるということは、テレビ時代も、インターネット時代も変わりはないのだが、インターネットという特殊な記憶媒体ができたことにより、我々の記憶の進化のスピードとその形態に大きな影響を及ぼしていることだけは確かである。

もしかしたら、インターネットを超える、更に新しいメディアが登場することになるかも知れない。それは、直ぐ先のことなのか、それとも大分、先の事なのか。もし、そんな変革が来るのであれば、自分の目で確かめてみたい。






Last updated  2017.02.27 05:36:46
コメント(0) | コメントを書く
2017.01.03
カテゴリ:記憶の進化
「記憶」と「進化」というキーワードは記憶言語学、および記憶科学では必須なのだが、「進化」という概念を持ち込むと、その目的を提示しなくてはいけなくなると気が付いた。

実際、種の起源のダーウィンが持ち込んだ進化の概念に関しても、進化の目的ははっきりとしていない。記憶科学では、種の進化の目的は人間を作ることであるとはっきりしているが、生物学者たちはそうは思っていない。今でも進化は続いていると考えている。

こうなると、問題は言語の進化である。今のところ、言語の進化というと、インドヨーロッパ語族が様々な言語に進化したとか、英語の進化とか、文法上の進化に限定されてしまっているのだが、私が考えているのは全く違う、いわば、メンタリティーの進化である。

とりあえず問題があることが認識できたところで今日は終わりにしようと思う。






Last updated  2017.01.03 02:15:08
コメント(39) | コメントを書く
2016.09.19
カテゴリ:記憶の進化
記憶の進化の過程で、物質の記憶の内在化(個体化?)による知覚の誕生により、認知という離散系の場を得たのが生命であるという仮定に立っているが、知覚を生む物質の記憶の内在化を突き詰めていくと、物質の記憶の本質に行きつけるかも知れないとふと思った。






Last updated  2016.09.19 08:12:20
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.10
カテゴリ:記憶の進化
ユーチューブを見ていて、ダンロップのコマーシャルのキャッチコピーが面白いとおもった。

https://www.youtube.com/watch?v=8gge70fHW9I

CMの内容は、何かずれているような気がするのだが、「進化は常に非常識から生まれる」は1つの真理だろう。






Last updated  2016.09.10 20:00:22
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.09
カテゴリ:記憶の進化
(MC) ビートたけし・所ジョージ・関根勤・佐藤藍子・藤崎奈々子

たけしの「アンビリーバボー」の番組。

細胞に記憶があるのか、それともエーテルに記憶がプールされているのか。






Last updated  2016.06.09 10:30:37
コメント(11) | コメントを書く
2016.01.29
カテゴリ:記憶の進化

自己同一性というのは、一旦分離した自己が再び時間的(空間的)な差を生成しながら再統合される運動であると考え始めている。

この分離と再統合が「離散化ループ」であり、直接「記憶」を生み出すことになる。

離散化によって生み出される無数の「個々」は、それぞれ相似の構造を持っているが、個々の持つ、記憶を維持する「離散化サイクル」が互いに微妙に違うことが、それぞれの属性を維持することになっているのかもしれない。

そしてこのサイクルが合致した時に化学反応が生まれるとしたらどうだろう。物質は少なくとも常に運動をしている。そこに何らかの「意志」を見出すかどうかは別にして、物質は「不活性物質」なんかではない。この運動が、離散化原理により、より高次な離散化構造を持つ生命体へと進化したと考えられないだろうか。

最初は単に自分の身体を再生できる物質であったのが、自分と外界の「差」を生み出した時、いわゆる「独立して活動する生命」が生まれるとしたらどうだろう。自分を再生する能力が、外界の物理的情報を「記憶」して、身体の内部で「再生」することで、そのばその場の外界の情報を「認識」できるようになる。

まだ思いつきの段階なのだが、とりあえず投稿しておこう。






Last updated  2016.01.29 08:33:02
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.01
カテゴリ:記憶の進化

何度か気持ちがぐらつくことがあったが、やはり「記憶」という言葉が一番しっくりくる。もう一度、これの持つ意味を定義しなおしてみようと思う。

「記憶」という用語の持つ属性を幾つか上げてみると、「存在」「アイデンティティー」「離散性」「進化」となる。

「存在」というのは、記憶が全ての観察可能な事象の大元であるということである。我々を取り囲み、我々を形成している「物質」も「記憶」である。

「物質的存在」が「記憶」であるというのは、「遠い昔」のことを伝えてくれるからである。どんな物質でも「記憶」である限り、個々が進化して昔と全く同じ状態であるとは言えないが、「リトルバン」が創りだした時空間の中で、太陽系という一定の構造を保ちながら今日まで来ている。

「生命的存在」が「記憶」であることは、もっとわかりやすいかも知れない。子供が親と似た形質を持っていることを見れば明確であるが、受精卵からの系統発生から見てもわかるように、我々の持つ遺伝子は古代生物の記憶をとどめている。

「記憶」が「進化する」ということは、次の段階の「人間的存在」が「文明の発展」を通して個々の人間の意識の進化をさせていることにつながる。この「人間的存在」は「人間のアイデンティティー」と置き換えることができる。人間は自分が何であるか知り、それを覚えていることで、人間として存在している。つまり、人間というのは体は物質ででき、遺伝子にその構造を負っているが、「アイデンティティー」という記憶なのである。

人間が扱う記憶には、大きく分けて二種類ある。記憶という言葉から連想されるとおり、過去の記憶と、もうひとつ人間が先のことに想いを寄せる未来への記憶である。そして、その二つの記憶の間に「現在」があるのだが、これは「過去の記憶」と「未来への記憶」との境界線上にあり、二つの記憶の間の綱引きが行われている現場である。

過去の記憶が「歴史」となるのは日本人を含めた一部の人間である。過去の記憶を自分の都合のいいように「捏造」することで自分の存在つまりアイデンティティーを確立する民族がいる。未来への記憶と言う時、一番わかり易いのが、暦と時刻による将来設計であろう。過去の記憶を蔑ろにするものは、未来の記憶を紡ぐことができずに、結局は破綻してしまう。

この二つの綱引きの現場にあるのが「価値観」とか「文化」と呼ばれるものである。過去にこだわるか、未来指向かというベクトルの間で、一人一人の行動の選択がなされる。しかし、この綱引きはそう単純ではない。過去をしっかりと見つめて、その中から未来を見出すことによってこそ「人間の記憶の進化」は促進される。過去にこだわりすぎてもだめだし、自分の勝手な未来だけを欲しても、進化には結びつかない。

日本文化の中心にあるものは「あらゆるものへの感謝」である。この価値観が、日本人を稀有な進化を遂げた民族に作り上げた。感謝の気持ちを持てない民族は、滅びの道をたどるしか無くなる。

最後に「離散性」であるが、多分これが一番分かりにくいだろう。ただ、離散的システムを我々は既に実用化している。それが言語である。だから、私のこの文を読んでいる人なら、離散性を知ることは可能であるとかんがえる。

離散的システムというのは、その構成要素が互いの差によって定義されということである。言い換えれば、離散差位によって個々のアイデンティティーが確立され、全体として離散的システムが成立するということである。しかも、この離散システムは進化する。ただし、言語の場合、言語の上辺だけの変遷のことではなく、その使用者である人間のアイデンティティーの進化という形で実現する。

この理解のための1つの手がかりとなるのが「ソシュール」の記号論である。特に「価値」に触れている部分に注目することで、新しい解釈、いやソシュール記号論を超えた新しい理論を構築することも可能であると私は確信している。

我々が普通に使っている「存在」という抽象概念は、実は言語活動によってその意味に大きな制限を受けている。しかし、言語の本質がわかった時、「存在」が「記憶」に還元できるということが分かる様になる。私が実現しようとしているのは、正にこれである。






Last updated  2015.12.01 08:15:40
コメント(0) | コメントを書く
2015.11.10
カテゴリ:記憶の進化

時を旅するというのは、SFにとって非常に身近なテーマである。

漫画家萩尾望都氏原作の「時の旅人」というアニメがあった。小説家筒井康隆氏は、「時をかける少女」や「七瀬ふたたび」で同じテーマを扱っているし、アメリカのTVシリーズ「Heros」の主人公の一人「ヒロ」も時間を旅する能力を持っている。他にも探せば限がないだろう。

今日、会社帰りにふと思ったのだが、「記憶」という枠を使ってSFが書けないだろうけるかもしれない。ただし、記憶の進化には不可逆性があるので、時を遡ることはできない。タイムパラドックスは、始まると手に負えなくなるので私もあまり使いたくはないから、もっと違った形の「トラベル」になるだろう。

しかし、未来の予知や、過去からの記憶の読み取りということは可能であるとかんがえる。しかし、あくまで主人公たちは「現在」に生きることになる。記憶の進化を、推進させることを巡ってどんなアイデアが可能か、また機会があったら考えて見たいと思う。






Last updated  2015.11.10 13:31:36
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.30
カテゴリ:記憶の進化

最近、支那と朝鮮を見ていると、この民族に未来があるのだろうかと疑ってしまう。

100年以上も前の華夷秩序に根ざした柵封体制の復活を夢見ているとしか思えない行動を見ていると、希望などないような気になる。

彼らは、自分の言語や文化の枷に自らを委ねてしまい、それに酔ってしまっているようである。

進化する人たちがいるなかで、退化する人たちもいる。これが真理なのだろうか。






Last updated  2015.09.30 18:25:41
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.24
カテゴリ:記憶の進化
最近のコンプレックス系の折り紙作品には、v2.3とかのバージョン番号が付いていることがある。有名な神谷哲史さんの「龍神」は、今はv3.5である。構造の大きな変化などが生じた場合に、バージョン番号がアップするのだそうだ。

太陽系宇宙の進化に関しても、同様にアップデートの概念が使えるのではないかと思いついた。

まず、バージョン1は、太陽系の誕生。これにより、自己(記憶)を維持できる時空間が生まれた。

バージョン2は、生命の誕生。これにより、自己を複製できる遺伝子構造が生まれた。

バージョン3は、認知の誕生。これにより、個体を維持できる脳神経系が生まれた。

そしてバージョン4は、意識の誕生。これにより、個体を複製できる言語文化体系が生まれた。

それぞれの表現は、まだまだ再考の余地が残っているが、全体的にはこんな感じになるだろう。

ここで大きく2つの疑問が生じる。ひとつは、バージョン5へのメジャーアップデートがあるかということ。

今、自分の中で考えているバージョン5は、太陽系宇宙自体が、ひとつの個として、他の太陽系宇宙と個と個同士の離散的な関係を持つことである。ただ、これが起きたときに、具体的に人類にどのようは変化が生じるかは、分からない。宇宙空間を越えて旅行ができるようになるのか、他の宇宙人と交信ができるようになるのか、それともSFではまだ想像しえていないような、何かが起きるのか。

もうひとつの疑問は、バージョン5があるとすると、現在の状況はバージョン4.xであるかということ。

今の私の感覚では、半分は少なくとも超したような気がするが、メジャーアップデート間近とは考えにくい。少なくとも、私の提唱する離散性理論や記憶科学が浸透することが大前提と考えるからだ。そうすると、v4.7くらいが妥当な線かも知れない。

人類は、まだまだ科学の本当の姿を知らない。






Last updated  2015.06.24 05:20:05
コメント(0) | コメントを書く

全142件 (142件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.