614370 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

CLG2009@ Re[3]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 青 天さんへ 今、ふと思ったのですが、…
青 天@ Re[2]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) CLG2009さんへ コメント、ありがとうござ…
CLG2009@ Re[1]:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 青 天さんへ >>>古事記の上の巻(神…
青 天@ Re:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) 発話・発音・音→アルファベット表記→反則…
CLG2009@ Re[1]:失われた記号を求めて。。。(その2)推敲中(10/11) 青 天さんへ >>>アルファベット1音…

Freepage List

Headline News

全4件 (4件中 1-4件目)

1

夢と言語学

2015.04.11
XML
カテゴリ:夢と言語学

「時をかける少女」という筒井康孝のSF小説がある。原田知世主演の映画が懐かしい。ユーミンの主題かも好きだった。

最近時間について考えることが多いのだが、これに関連して、変なことを思い出した。

私は昔から、夢とは面白い付き合いをしてきたのだが、その中でも忘れられないものがある。小学生の頃だと思うが、夜布団に入って目を閉じて目を空けたら、もう翌朝だった。寝た感覚がまるっきり無く、ただ時間が夜から朝に変わっていたのだ。一晩の眠りを損した気分で納得行かなかったのを覚えている。

小説の主人公のように、物理的に体ごとタイムリープする経験はしていないので、それは置いておいて、私の体験では、自分の意識の連続性を保ったまま、数時間後に飛んでしまったわけだ。その間、思考が止まっていたのかとも考える。

しかし、一回きりの体験だったので、実験が出来るわけでないのが残念だ。






Last updated  2015.04.11 17:51:18
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.28
カテゴリ:夢と言語学

インターネットで面白いビデオを見つけた。
http://www.youtube.com/watch?v=PaB4oGLL21s

なぜ面白いかというと、自分が以前にやっていたこととほぼ同じだったからだ。自分の中にできるだけの情報を詰め込んで、頭が飽和状態になったところでソファに寝転がって仮眠する。そうすると頭の中にいろんな映像が浮かび、今まで考えていたことの答えが出ることがあった。

ビデオと違うのは、この状態で思いついたひらめきは目が覚めると忘れてしまうということ。このため、思い出せるようにそれを図式化したり、キーワードを何度も繰り返したりした。それで30パーセントでも思い出せれば、そこから先は自力で何とかするわけだ。

今は、思ったことをメモしながら思考することの方が多くなっている。でもやはり頭が飽和状態になるまで詰め込むのは変わらない。結構つらいプロセスだが、見つけたときの喜びも大きい。






Last updated  2013.09.29 01:45:23
コメント(0) | コメントを書く
2009.09.28
カテゴリ:夢と言語学
九月はフランスでの新学期で、バカンス開けでもあるので、いろいろ忙しく書き込みでkできませんでした。10月からはまた定期的にしたいと思います。

ところで、今日は、夢のセミナーに行ってきました。精神分析医の人が自分の様々な経験をふまえての講演会。やはり参加者は女性が圧倒的に多く、こういうテーマへの関心の高さが伺えます。でも即物的であるのも事実。日本でも占い産業を支えているのは女性達でしょう。

セミナーの前半は、夢判断は素人にはできないと言う内容であまり面白くなかったのですが、後半は自分の経験と合致する事が多々有り、よかったです。夢の中で意識をもつことで夢を、はたまた人生まで変えらるという事。自分の、無理矢理夢の中に持ち込んで試行錯誤するという経験で発言もしました。問題は、どう夢の世界の論理を、この「現実」世界に持ってくるのかという事。講師の人もこの部分ちゃんと分かってくれました。

もう1つ嬉しかったのは、夢をコントロールすることが何につながるという問いに、人間と言う枠組みを取り払う事ときっぱり言ってくれた事です。これは正に自分のやっていることと合致します。

最近は意識の有る夢を見ていないのですが、今夜は見れるように自分に暗示をかけて寝ます。皆さんも試してください。これが出来ると本当に楽しいです。






Last updated  2009.09.28 09:40:26
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.09
カテゴリ:夢と言語学
今日はちょっと趣向を変えて「夢の話」をしたいと思う。といっても全くこのブログと関係がない訳ではないので、少々おつきあいのほどを。

私は小さい頃から、夢と変わったつきあい方をしてきた。あまり多くの人と話した事がないのでもしかしたら皆、似た様な経験がある事なのかもしれないが,夜中、トイレに行くとき、夢の続きが見たくて自分の体を起こさないように注意しながら起きて、用がすんだ後、布団に潜り込んだ。意識のある夢遊病者みたいなものである。

夢の中で「これは夢だ」と分かったとき、まずする事は自分を起こさない事。変な話だが,意識もしっかりあるのに、もう一度起きてしまうと夢ではなくなってしまうので、これはとても大切。どちらにしろこの状態はそんなに長くは続かないので、早くしたい事を実行に移す。まずは空を飛ぶ事。スーパーマンみたいにはいかないのだが、宙を浮いて犬かきで進むように飛べる。これは気持ちがいい。(五十嵐大介さんのマンガ「リトルフォレスト」に、湿気100%の大気中を水かきで「泳ぐ」シーンがあるが,それと似ている)もし高い所にいたら、ジャンプする。落ちていく感覚がたまらない。着地はなんのショックもない。でも一度落ちてしまうと、同じ夢の中では二度は出来ないのが残念。

もう1つ、夢の中のディテールの観察。これが結構面白い。かなり細かい所まではっきりしているのだ。当然色もついている。普通、夢から覚めるといろんなことを、うろ覚えだが,一度集中してみるとかなりリアルに思い出せる。夢はきっと既に見た事のあるもので再構成されるのだろうが、全く見た記憶のないものも出てきたりする。謎だ。

後、夢での変な経験のいくつか。小学生の頃だったが、布団に入って目を閉じて,次の瞬間目を開けたらもう朝だった。今でも、その感覚をはっきり覚えている。なんといっても、一晩の眠りを損したのである。中学に入って、朝が弱かったとき、何度も続けて寝坊する夢を見た後,本当に起きたとき、これが現実だとどうしても信じられなかった。そのとき、本当に寝坊したかどうかはもう覚えていないが,その感覚だけは妙に生々しく残っている。

さて本題に入ろう。実は、「夢」というか「夢うつつ」の状態を、自分の研究の為に使ってきた。今はもうしていないが,まだ自分の研究が「海のものとも山のものとも」分からない状態の時、1つの疑問に関して、ありったけの情報を頭に詰め込み,そのままよくごろっと横になった。もともと頭がいっぱいになると眠たくなるたちなので、直ぐに眠気が襲ってくる。すると、それまで見えなかった物事の間の、新しい関係が見えてくる。起きている時は「常識」の枠が抑えていた自由な発想を、夢が解き放ってくれるのかもしれない。ところが,やはり夢は夢、覚めてしまえばほとんど何も覚えていない。だからこの状態で、自分の発見したことを、言葉で表現し、後で覚え出せるようにする。見つけた事の30%でも思い出せれば運がいい。後から何をやっても全く思い出せない事もあるからだ。

科学の進歩の鍵は、インスピレーションがあるかどうかにある。普通は、特に考えていない時に,ふとした事で面白い発想を得る事もあるが,これをいわば無理矢理、起こすのである。これに夢が大いに役立った。でも、新しい発見があっても、それを検証する時間が必要で、すぐには使えない。何度か、繰り返す事で、徐々に自分の目指す理論の輪郭が見えてきた。インスピレーションだけではダメなのだ。

以前に担当教官の先生から,あなたのしている事は泥のプールの中でもがいているのと同じ、という様な事を言われた事がある。先生は多分「無駄な努力」と言いたかったのだろうが、泥を少しづつかき出す事で,底に描いてあるモザイクの絵が見えてくるように、今それが少しづつ実を結びつつある。結局、先生とは協力して研究をする機会は得られなかった。もう今はそれで仕方ないと思っているが、個人的には残念に思っている。

皆が信じている常識に異を唱えようとするのは、大変な事だ。でも、どんな小さな疑問でも、常識とはあわない事が出てくると,どちらを取るかの選択を迫られる。私は、自分の直感を信じることにした。これからも、常識の一体何処がおかしいのか、きちんと検証をしながら,進んでいきたいと思う。






Last updated  2009.08.09 22:24:35
コメント(7) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.