600124 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ともちゃん@ 物質の視線 みゅうさん 鏡と言う物体に、何らかの認…
CLG2009@ Re[3]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) みゅうさんへ 今既にあることがあり、そ…
みゅう@ Re[2]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) こちらこそありがとうございます。 鏡とい…
佐藤直幹@ Re:とらわれない心(09/05) ともちゃんさんへ >>>何物にも左右さ…
ともちゃん@ とらわれない心 佐藤さん 『いつもの通りですが、人間を…

Freepage List

Headline News

全4件 (4件中 1-4件目)

1

音韻論

2016.11.29
XML
カテゴリ:音韻論
私のフランスでの修士論文(相当)のテーマは、「日本語の動詞の活用」だった。

論文の中で明らかにしたかったのは、動詞の活用というのは、日本語の意味の構築の上で、どのように分節するか(今なら、離散するか)だった。

例えば、「行く」が「行か(ない)」になる未然形は、あくまでも次の別の要素へのつなぎとなるが、「行き」の連用形は、「学校へ行き、先生に会った」とできるなど、独立した文節を形成することができるし、「パリ行き」など、名詞に転換することもできる。(文の)意味を作る単位(本来は差位)の区切りとなるか、そうでないかがカギなのだ。

日本語の動詞は、五段活用と上一段/下一段活用の他に、カ行/サ行変格活用があるり、これに全ての動詞が当てはまる。フランスの動詞のように、規則的な活用といっても例外がいっぱいあるのとは大違いである。

この5つのタイプが、日本語の音韻体系(聴覚的離散体系)とどのように関連があるかを今までずっと考えてきたが、言語というものの定義に1つの結論が出た今、これに再び取り組むことを考えている。昔は見えなかった「何か」が見えてくるかも知れないと思うようになったからだ。

といって、直ぐに何かが見えてくるかどうかは分からない。物理や生命的記憶に関しては、Fractalemodeさんとの議論でしか進展しないだろうし、もっと別のことにエネルギーを費やそうと思っている。

とにかく、疑問を持った時点で、答えは半分でているはず。ただ、その半分を見つけるのが大変なサ行というだけである。







Last updated  2016.11.29 22:09:27
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.06
カテゴリ:音韻論
2009年8月6日 修正

前回の投稿で1つ言い忘れた事があるので、追加したいと思います。

前回紹介した「座標モデル」は、音声学的な知識を直接的に使わなくても、表記が可能であることを示す為のもので、この背景には、ソシュールの「言語には、差異しかない」という原則があります。この場合、この差異は「聴覚上の差異」です。

音声言語の話者が、別の話者の「発話」を聞いてシニフィアンを識別するとき、当然、音声学的な特長も考慮されます。しかし、基本にあるのはあくまでも「聴覚による差異の識別」です。音素の識別が、換入(コミュタシオン)でしか実践できないということは、音韻論に携わる人達の間でも常識ですが、この常識が実は忘れられているのではないか、そこが第一の疑問です。(これは、既に分かっている音韻体系の1つ1つの音素の識別ではなく、まだ音韻体系が知られていない音声言語の音素を「発見」する過程のことです。)

私の「座標モデル」は、まず聴覚での音素の識別だけに注目しています。そして1つの「音節(今は仮にこの用語を使います)」の中でどのように構成されるのかに重点をおきます。このモデルの場合、4つの「ポジション」がありますが、この順番が保証されていることで、それそれを1から始まる数字で表す事が可能になります。

言語学、特に音韻論の知識がなくても音声言語は使えます。文字の読み書きが出来なくても同様です。耳だけで十分,用が足りるわけです。「か(蚊)」という文字表記に代表されるシニフィアンの中に、音素記号で書くと /ka/ となる2つの音素があるわけですが、実際のネイティブ(日本人のことですが)は、特別な音声学的知識がなくても十分認識が出来ます。

ここで、ネイティブは1つ1つの音素の音声学的特長を知識としては知らなくても、どれがどうであるか経験で分かっているのではないかと思う人がいるかもしれませんが、これが可能になる為にはまず音素の時間軸上の分節が必要になります。第一段階としてこれが行なわれた上で,次にそれぞれの場所に来る音素がどれになるのかネイテュブは判断する訳です。4つのポジションがこれに当たります。騒音のある場所での会話や、古い録音を聞く場合を考えてください。普通に全部は聞き取れなくても、その場の文脈を考慮しながら,何を言っているのか推測するでしょう。その際、時に聞き違いが起きる事があります。これは、自分の知っているシステムの音素を間違えて当てはめてしまうからです。逆に全く知らない言語に関しては,いくら音韻体系を知識として知っていても,全て聞き取る事は不可能でしょう。その言語の「耳」を持っている必要があります。

音韻論のモデルには「音節」を、上位の単位としたモデルもありますが、その場合、やはり「音素」が「最小の単位」として扱われるので、音素記号での表記を伴います。母音が中心にあって,子音がその前後につく、ということは頭で分かっていても,具体的にモデルの制約としては表れません。

私が言いたいのは,それぞれの音声言語の音韻体系は、シニフィアンから分析すると聴覚による時間軸上の分節化(一番簡単な分節は,子音/母音)がまずあって、この前後の順番が体系の一部を構成すべきなのですが、今の音韻論では「子音/母音」を既に所与の一単位として扱っていて、それぞれのバリエーションを音声学的なシステム、つまり発音器官の何処をどう使って出すのかでまとめた表に当てはめてとらえているという事です。ソシュールの言う「差異」は、あくまでシニフィアンが時間軸に沿って前後の分節にわかれることを基本にしています。ソシュールの原則を採用するなら、これも考慮して音韻システムを構築すべきですが,この部分が音声学上の特長をまとめた表にすり替わってしまっています。

(1)
    シニフィアンA(=「蚊」に対応)
   ーーーーーーーーーーーーーーーーー
    シニフィアンB(=「田」に対応)

(2)
   (最初の部分/最後の部分)
   ーーーーーーーーーーーーー
   (最初の部分/最後の部分)

(3)
   (違う部分/同じ部分)
   ーーーーーーーーーーー
   (違う部分/同じ部分)

(4)
    /α/ /θ/
   ーーーーーー
    /β/ /θ/

上の(1)(2)(3)(4)は、2つの子音 の差異を得るプロセスを簡単に説明したものですが、これだけでは、/k/ と /t/ という2つの音素を得る事は出来ません。他の「子音」との差異を全部検証して、音韻システム内での子音の種類(数)を限定した上で、それぞれの音声学的特長を考慮する事で初めて、国際音声記号が与えられます。ちょっとややこしいかもしれませんが、1つ1つのプロセスを分けて考えると、こういう結論に達します。

ソシュールの「差異」に関して説明するとき、フランスでよく使われるのが、/p/と /b/の音声学差異(例: pain と bain )、つまり「無気音」と「有気音」(日本語で言うと,清音と濁音)です。しかし、まず子音と母音の「差異」に注目して欲しいと思います。「か」が /k/ と /a/ と時間軸上の「前後」に分かれるというのは実は「革命的な事」なのです。これを理解してもらえたらと思います。

このモデルには,将来はアクセントやイントネーションも関わってくると思いますが、今の所、どうなるのか想像がつきません。まずは、シニフィアンの分節化モデルをきちんと確立した上で、次の段階に進む方が先決と考えています。






Last updated  2009.08.07 01:32:59
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.04
カテゴリ:音韻論
コメントを頂いた事を受けて今日は音素に関してもう少し掘り下げてみたいと思います。音素の「座標」による表記です。余談ですが,自分の考えている「一般言語学」は、今の言語学とかなりギャップがあるので,自分でも何処まで説明出来ているのか、皆さんが何処まで知っているのか、分からない所があるので、コメントをいただくことで、この差を縮める事ができると思います。

これは音素の1つのモデル化です。このモデルでは、1つ1つの音素を独立したものと見なさずに、連続したものとして表記します。これは、シーニュを単位とし,音素はあくまでもシニフィアンの構成員である事を優先するからです。シニフィエ(単なる意味とはちょっと違いますが)を持たないものは、音素としては考えていません。そこで、このモデル化は、あくまでもシニフィアン1つ1つを対象にしています。ここでは、日本語を例にとって説明しようと思います。

日本語は,音韻学的には特殊な言語に分類されます。母音での分節ではなく、モーラ(拍)が使われます。「センコウ(専攻)」と言う場合、母音で考えると /seN koW/ と「2分節」ですが、モーラで考えると「セン」の「ン」と「コウ」の「ウ」も勘定にはいるので /se N ko W/ となり「4分節」になります。更に音素で分節すると /s e N k o W/ と「6分節」です。(この大文字を使った表記法は、便宜上のもので、あまり一般的ではありません。)日本語の抑揚のアクセントは、将来はこのモデルにも盛り込もうと思いますが、ここでは音素だけに留めます。

日本語のシニフィアンを構成する最低要素は「ア、イ、ウ、エ、オ」の5つの母音です。これを1から5までの「数字」で表します。

1、2、3、4、5
ア、イ、ウ、エ、オ

これに対し「子音」は全部で13あります。子音が「無い」場合も考慮すると、子音の可能性は14個になります。

1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11、12、13、14
カ、ガ、サ、ザ、タ、ダ、ナ、ハ、バ、 パ、 マ、 ラ、 ワ、 ?

半母音(半子音)と呼ばれものは日本語には「ヤ行」が該当します。「キャ」「キュ」「キョ」というところに使います。同じくこれがない場合を想定します。「ワ行」は、昔は半母音的に使われてましたが(例えば「化学」は「クワガク」と発音)今では、そう発音されないので子音に入れました。

1、2
ヤ、?

最後に残るのが「モーラ」です。人によって分類は様々ですが、ここでは以下の通りにします。ない場合もやはり考慮します。

「セイ(姓)」   の「イ」 J
「トウ(塔)」   の「ウ」 W
「イッタ(行った)」の「ッ」 Q
「ラン(欄)」   の「ン」 N

1、2、3、4、5
J、 W、Q、N、 ?

これを1つにまとめると次の様に4つのポジションをもった数列になります。そしてそれぞれは,1から14、1から2、1から5,1から5という数字で表示出来ます。

(子音,半母音,母音,モーラ)

例えば、「センセイ」をこのモデルを使って表すと以下の様になります。また、幾つの可能性があるかという事を、はっきり表示すると二番目の様になります。

(3,2,3,4)(3,2,3、1)
(3/14,2/2,3/5,4/5)(3/14,2/2,3/5、1/5)

このモデルで一番表現したいのは、まず、音素は独立しては存在できないということです。離散性構造を利用して、最初に得られる音素同士の対立は「子音/母音」でしょう。シニフィアンの「先頭」が「子音」で「後ろ」が「母音」になります。音韻論では、母音、子音が、音声学上、既に別のものと考えられているので,この対立関係はあまり考慮されていません。「蚊」と「蛾」の換入(コミュテーション)をする場合、/k/ と /g/ つまり「清音か濁音か」が問題になりますが、それ以前に、子音と母音が時間軸上に順番に並んでいる事は問題ではないのです。音素を生み出すためには、まずこの二極構造がないといけないのですが、音韻論では扱っていません。これは音声学の知識の介入があるからだと思います。

それに本来はシニフィアンの中でしか「音素の二項対立」は実践出来ません。音韻体系が分かった上で、シニフィエを持たない音素の連続(例えば「クナバ」)を作る音は可能ですが、これを使っては音素を弁別する事は出来ません。「クナバ」が地名だったり,人の名前だったりして、シニフィエが生まれると、例えば「スナバ(砂場)」と換入(コミュテーション)出来るようになります。

この「座標・数列」での表記は、音素の聴覚によるモデル化の一例です。このモデルの利点は、どの音素に関しても、1つのシステムの中でとらえる事ができることですが、反面、これで言語を表記しようとしても慣れない限り「チンプンカンプン」なものになってしまうでしょう。論文に載せる例文をこれを使って表現しても、(一見)数字の羅列になってしまいますから。このモデルは、あくまでも「聴覚のみによる(二項)対立」を元にして構築されたのですから、これが言語の一般的な表記に使えないからと言って、嘆く事はありません。モデルにはそれぞれその目的があるのです。流用できないから、よくないモデルではありません。

アンドレ・マルチネの「二重分節」は、音素の文字表記がベースになったものでしょう。文字(グラフィック)表記上では、形態素も、音素も、同じ「単位」扱いになますから、一次分節と、二次分節という発想が出てきたと思います。しかし、シーニュ理論では、1つ1つの音素のレベルでは、シニフィアンになれず、シニフィエもありません。文字表記すると一見、一次分節と、二次分節の間には連続性があるように見えるかもしれませんが、この2種類の分節は同じレベルにはありません。二次分節(音素への分節)は、シニフィアンを構成している「価値のシステム」のレベルだけで考えるべきです。つまりここでは、音素の表記が、そのまま研究対象としての音素と同一視されてしまうことによって、混乱が起きているのです。

このモデルは、まだまだ熟慮する必要があると思いますが、私の考える「音素」の一端を理解していただける助けになれば幸いです。過激な言い方かもしれませんが,現在の言語学の常識は、私に取っては非常識です。私はこの信念の下に研究しています。(もう大学等の研究機関からは,距離を置いてますが。)ちまたで、そう教えられているからと言って、そのまま受け取らないで、いちど胸に手をあてて考えてみてください。例えば「手話(音のない言語)の音韻論」で本当に大丈夫なのですか。どこかで現実逃避してはいないでしょうか。

私は、日本の大学を卒業して、一度メーカーに就職してから、ある日、思う所あって退職し、30近くになって初めて言語学に手をつけました。もともと批判精神(あまのじゃくだけなのかもしれませんが)は、あった方ですが、おかしいと思った事は、もうこの年では、そのまま受け入れられだけの「柔軟性」はなくなっていました。自分で納得出来る事だけを信じたいのです。ある程度の人生経験をもって言語学に入った事で,言語学の「嘘」が見抜けたのだと思っています。その後、七転八倒して自分の理論を構築するように努力してきました。そのかなりの部分がソシュール一般言語学に通じる事が分かりほっとしましたが、同時に彼ほど誤解されている人はない事も理解出来ました。まだまだ道のりは長そうです。

これでますます分かりにくくなる可能性もありそうですが、取りあえず投稿します。今後機会をみて、書き直すと思います。






Last updated  2009.10.18 09:25:46
コメント(6) | コメントを書く
2009.07.20
カテゴリ:音韻論
前々回の投稿で、今まで考えていた考えが1つ進んだ気がする。

「シニフィアンは「分極化」することによって、音素と言う「座標」を生み出す」

これは、前々から考えていたものだが,こんなに短く言った事はなかった。今、思い出したが,以前、これに関して書いた事がある。でも、この時はまだ「座標」という表現は使っていなかった気がする。どちらにしろこの考えが他の研究者の気を引く事はなかった。「分極化」あるいは「二極化」する理由にピンと来ないらしい。「離散性」の重要性が全く認識されていないのだ。

ただ、この表現には1つ「誤り」がある。分極するのはシニフィアンではない。分極化したものがシニフィアンになるからだ。では何が分極するのだろうか。前、分極化に関して書いた時、これを「認知単位(unite cognitive)」とした。生物の個体が、外界の刺激を知覚し、それに対し自分の知識(記憶)と照らし合わせ,行動を起こす、これが認知行動の基本だ。(実は、毎回こういう「推敲」を繰り返す。その度に、新しい「もの」が生まれ,それに新しい「名前」をつける事によって研究が進む。)

動物のレベルでは、この「認知単位」は「1つの独立した対象」として知覚される。認識する際(つまり行動に移す前に)に、この対象を、様々なパラメータ(基準)を使って吟味・判断する。こういう動物の「識別能力」は、非常に高度なものであるが、それは特に種のもつ能力による所が大きい。イヌが自分の飼い主を、優れた嗅覚で認識出来るのも、そんな能力の1つである。またこれは、個体別のパフォーマンスにもよる。いくらチンパンジーが種として知性が高いと言っても、全ての個体が「頭がいい」訳ではない。松沢先生が「アイちゃん」を研究対象に選んだのも「アイちゃんが実験好きらしい」とことが理由なのだそうだ。

これに対し「分極化した認知単位」を持つ人間の場合、認識という行為は単なる「識別」ではなくなる。「認知単位」に「分極化による離散性」が生じる事により、「認知単位」同士が、1つのシステムの中で「相対的な価値」を持った単位として振る舞う。音声が「子音」と「母音」に分かれるという単純な現象(実はかなり複雑なのだが)でも、この「相対的な価値」を見る事が出来る。2つのシニフィアンの間で「子音」か「母音」のどちらかを軸にして(つまり、どちらかが「同じ音素」ということ)、もう1つの「違い」を使ってバリエーションを作る。音声言語の場合、このバリエーションは発声器官の性質によって制限され、「一定数の音素」のシステムに落ち着く。この場合、「価値」は基本的に相対的なものだが、音声学的な特長も音素の識別には重要である。「あ」は、やはり「あ」と聴こえる。

人間はこのシステムによって、音が続く場合でも(つまり音が途切れる事がなくても)音声を音素に「分極」する事によってシニフィアンを識別する事が出来る。発声方法を変えるから様々な音素を得られるのではない。多分、全ての言語学者がこれを分かっていない。言語学はまだまだ確立していないのだ。

この原理をきちんと理解すれば、新しい「音韻論」を確立する事が出来るはずだ。言語学にも、まだまだ「世紀の発見」が出来る余地が残っているのである。これが進めば、他の科学との接点も生まれてくるはず。これを目指す人が1人でも増えてくれればと思う。







Last updated  2009.07.21 00:55:17
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.