000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

青 天@ Re:「言語学の嘘」とは何か。。。(10/12) New! 発話・発音・音→アルファベット表記→反則…
CLG2009@ Re[1]:失われた記号を求めて。。。(その2)推敲中(10/11) 青 天さんへ >>>アルファベット1音…
青 天@ Re:失われた記号を求めて。。。(その2)推敲中(10/11) 文字列を目で追いかけながら、心の声で読…

Freepage List

Headline News

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

シーニュ(記号論)

2016.11.25
XML
韓国の朴槿恵大統領のスキャンダルで韓国中で「恥ずかしい」を連呼しているが、日本人はこれを額面通り受け止めてはいけない。日本語の「恥ずかしい」とは、意味が違うからである。

日本語の場合、恥ずかしいことをした主体は恥ずかしがる自分である。だからこそ、恥ずかしいところを反省したり、直そうとしたりする。ところが、韓国の場合、恥を感じる主体は自分であっても、それは自分が悪いのではない。他人に自分の恥部を暴露されてそれが恥ずかしいと思っているのだ。つまり、隠し通せるはずだったものを暴露した人間が悪いということになり、恥部を反省したり直したりということにはならない。韓国人がいつまで経っても同じ過ちばかり歴史で繰り返すのは、この自分は常に正しく、悪いのは常に他人であるという感覚である。

最近は、海外の話題を翻訳して提供するサイトがあるが、こういう「シニフィエの乖離」があることを疑ってかからないととんでもない誤解をすることになる。






Last updated  2016.11.25 18:41:56
コメント(58) | コメントを書く
2016.03.25
まだ「記憶科学」の全体像を明確に提示することができないでいるのはもどかしいが、この理論の中で言語学の占める部分は非常に大きい。これを私は「記憶言語学」と呼ぶ。

「記憶科学」の根幹をなすのは「離散融合更新循環」であるが、人間が類人猿に別れを告げたのは、外界に対する作用/反作用でしかなかった認知活動が、このメカニズムによって「意識」になることで、共有できる記憶を生成できる「言語」を手に入れたのだ。

ただし、ここで1つ明確にしておかなければならないのは、言語でよく取り沙汰される「意味」というのは、人間がまだ類人猿のころの認知活動の名残であり、それが言語を使う上での「動機」にはなっているが、言語によって生成、蓄積、進化する記憶自体とは関係がないということである。

言語によって作られるものは「二重の価値体系」である。今の人間は、この価値体系の1つを意味を同列にみているのだが、これを分けて考えない限り、言語の本質を理解することは不可能である。

ソシュールは、そこに一歩手前まで迫っていた。彼の弟子が記した「一般言語学講義」の中にも、「価値」を扱った章がある。つまり、ソシュールは、言語は価値体系であること、そして、価値体系の差で成り立っていることを見抜いていた。(ただ、これに関してソシュールの功績として言及する言語学者を私は知らない。)

ソシュールの犯した間違いは、「シニフィアンとシニフィエ」という「Signifier(意味する)」という動詞を使った表現を用いたことにある。折角、価値の体系であることを発見したのに、自ら「意味」という、類人猿時代の名残を組み込んでしまったのである。

これに対して、ソシュールは何もしなかったわけではない。だからこそ「シニフィアンとシニフィエ」の関係は「恣意的」であるとして、自分が導入した「意味」を排除しようとしたのである。しかし、時既に遅し。彼の先見の明を理解できる言語学者は現れなかった。

ソシュールの「恣意性」は、「意味の排除」を目的にしていたと考えれば納得が行く。ただ、自分で、自ら導入したものを、わざわざ否定することにより、ソシュール言語学は全く理解されなくなったと言っていいと思う。もし、ソシュールが、意味は動物(認知)レベルの話であったということが理解していれば、こういうことは無かったと思うが、彼の認識にそれは無かった。それは、どうしようもない。

私が記憶言語学にこだわるのは、言語というのは全ての学問の媒体であるからである。全ての科学者が記憶言語学を理解したら、科学は確実に変貌する。私はそのために日々頑張っている。







Last updated  2016.03.26 00:50:07
コメント(12) | コメントを書く
2016.03.08

今までは「シーニュ」を言語学の観点から論じてきたが、これを「記憶」つまり「アイデンティティー」の観点で論じてみようと思う。

言語にとって「シーニュ」は、言語活動の核をなすものである。ソシュールによればここで「シニフィアン/シニフィエ」が出てくるが、最近の私は「Signer(署名・サインする)」という意味の動詞の分詞である「シニアン/シニエ」を使うことにした。一番厄介な「意味」を「シーニュ」の理解から外すことが目的である。

断っておくが、これは「意味」を論じないことではない。「意味」は「認知」つまり心理学の分野の概念であって、ソシュール言語学には必要がないからである。認知及び心理学の範疇ということは、それを使う人の「意図」が関わってくるのだが、「シーニュ」自体を考えるときに、これは必要ないと言うことなのである。

それでは「シーニュ」とは何であるかというと「二重の価値体系」であるということになる。二重というのは「シニアン/シニエ」のことである。「シニアン」は、聴覚言語では「音韻体系」であり、これが「価値体系」であるのは比較的わかりやすいのだが、「シニエ」に関しては少々説明が必要になる。

例えば「ウサギ」というシーニュの「シニエ」であるが、日本語という価値体系の中で、どういう基準で「ウサギ」になるのか様々な基準がある。これを1つ1つ挙げていく必要がある。

・物か現象か

・鉱物か生物か

・植物か動物か

・魚か鳥か獣か

・野生か家畜か

・食用か愛玩用か

・助数詞は何か(この場合は、「匹」か「羽」)

・素早いか鈍いか

などなどである。

この二者択一(あるいは複数の選択肢)の基準は、個人が自分の経験で決めていくものである。そして「ウサギ」は当然、「ウサギ」1つでは定義ができない。「物」か「現象」かの基準をとっても、他の「物や現象」を知っている必要があるからである。逆に、「物か現象か」の基準に「ウサギ」も参加する。こうやって相互に絡み合った基準の体系が「価値体系」なのである。

ここで注目して欲しいのは「食用か、愛玩用か」という基準である。日本では戦中や戦後直後は「ウサギ」を食べていたから、世代によってどちらにでも転ぶ可能性があるということになる。つまり「ウサギ」という「シニエ」には、「ウサギを食べよう」という人と「ウサギをペットにしよう」という2種類の行動への分化を促す基準があると言うことである。(公園の白鳥を見ると、支那人には「野生」か「養殖」かの基準が頭をもたげるらしい。日本人にはそういう発想はない。)

他にも「植物か動物か」の基準に照らすと「動物」になり、「ウサギは死ぬ」となり「ウサギは枯れる」にはならない。つまり、様々な行動(言語活動否かに関わらず)に対して、促進したり制限したりする役割を果たすのである。

もうひとつの例として「嘘」を挙げよう。これに該当する言葉、つまり「真実でないことを言う」は、恐らくどの言葉にもあると思うが、この「シーニュ」の「シニエ」に関して、文化的に大きな差がある。

日本では、「嘘」をつくことは悪いこととされて子供の頃から躾される。「嘘」をつくとこっぴどく叱られたという経験をした人は多いだろう。ところが、これが支那や朝鮮になると「嘘も方便」という日本では例外的に嘘をつく場もあるという教えが標準になる。つまり「自分のために有利になるのであれば、嘘をつくことは全く問題ない」のである。また「嘘」の「シニエ」がこういうことであるなら、「真実」の「シニエ」にも当然影響を及ぼす。彼らと話が咬み合わないのはこのためなのだ。

こうして見ていくと「シーニュ」1つにしても、それを使う個人の「アイデンティティー」を左右する「価値基準」として重要な役割を果たしていることがわかる。私が「シーニュ」が「アイデンティティーの核」であると考えるのはこういうことである。






Last updated  2016.03.09 02:25:04
コメント(32) | コメントを書く
2016.03.07
少し前に、ソシュールの「Signe(シーニュ)」に対応する動詞として「Signifier(意味する)」ではなく「Siger(署名する)」が適当であると投稿した。

これと関連するのだが、彼が「Signifier(意味する)」という動詞を使ったせいで、認知科学や心理学の範疇にある「意味」を彼の記号学から排除しきれなかったのではないかと思い始めた。

「意味」が認知科学や心理学の範疇というのは、これが全ての行動の動機になるからだ。ソシュールの「記号学」では「意味」はなくなり、2つの価値体系の座標の一致でしかなくなるはずだったのだが、「Signifier(意味する)」を使ったせいで、彼の後継者たちが全て誤解をしたわけだ。

となると「恣意性」に関しても新しい解釈が可能になる。「意味」がなくなれば、単に二重の価値体系の2つの座標を結びつけているだけという「恣意性」として理解できる。おまけに「シニフィアン/シニフィエ」でなく、「シニャン/シニエ」となり、手話に関しても全く無理なく使えるようにもなる(フランス語では手話は「ラング・デ・シーニュ」)。

記号学と意味論に関しては、様々な議論があるが、ソシュール自体が用語選択を間違っていたとするのであれば、記号学に全く新しい視点を持ち込むことが容易になるだろう。

その1つが、「Signe(シーニュ)」を人間のアイデンティティーの核とする考え方である。これに関してはまた別の機会に投稿しようと思う。






Last updated  2016.03.08 01:21:39
コメント(12) | コメントを書く
2016.02.14

フランス語の「Signe(シーニュ)」は、日本語では「記号」と訳される。

一般的に、この用語に対する動詞は、Signifiant/Signifieを生む「Signifier(意味する)」であるのだが、もっと単純な「Signer(署名する)」なのではないかと思うようになった。元々、言語は事象に名前をつけることが基本である。つまり「命名」イコール「言語」である。

これを広げて考えると「Signe(シーニュ)」が扱うのは「Signification(意味)」ではなくて「Signature(署名)」なのではないかと思う。つまり、人間の意識の中に、存続的にシーニュを「刻み込む」のが言語なのではないかということである。これにより、我々が発する言葉は、そのまま「署名」という形で記憶され、時間の流れを超えて存在することが出来るようになるのである。

こうして持続的に存在することが可能になった「シーニュ」は、同じ「シーニュ」という「価値の座標」を共有できる他の人間とのコミュニケーションを可能にするのである。

こうなると「Signifier(意味する)」という動詞を選んだソシュールの選択は間違いでなかったのではないかという考えが横切る。つまり、彼がこれを選択したことで、「意味」と迷路に入り込んでしまったのではないかと。

そして「記号」という訳をつけたために、本来は「署名/命名/記名」である、最終的には「記憶」に結びつく道を隠してしまったのかもしれないと。






Last updated  2016.02.14 22:36:31
コメント(106) | コメントを書く
2015.11.24
ともちゃんさんの宿題より:

「記憶の再構成」というのは、「シーニュ」を想起するオペレーションを通し、自らの「記憶を更新する」ことによって実践される。

いわゆるソシュールの「シーニュ」は、「シニフィアン」と「シニフィエ」に別れるのだが、その「形」となる「シニフィアン」に関して、一般的には「音素」という形、つまり文節し、発声器官の特徴でカテゴリー化したものを使う。

ところが、実際に我々の頭の中に展開する「シニフィアン」は「聴覚」を通して成立している。更に「シーニュ」が繰り返し使われることを考慮すると、話者が「シーニュ」を使う場合は、自分の聴覚記憶の中から想起して発声という形に変換し、対話者は、話者により発話された「シーニュ」を聴覚で自分の記憶の中にストックされている「シーニュ」との一致を認識することになる。

「シニフィアン」を記述しようとする場合、伝統的に発話の際の「シーニュ」の生理学的な側面で捉えることになるが、考えを突き詰めると、自分の記憶に既にストックされている「シーニュ」を想起していると言い換えることができる。同じシーニュを繰り返し思い出すだけでは、変化はそれほど期待できないかも知れないが、様々なシーニュを想起し、同時にシーニュ同士を「離散的に組み合わせる」ことにより、既に記憶に刻まれたシーニュとは若干違うものとして新たに記憶に刻まれることになる。記憶の更新による微妙な差が、時間を経てシニフィアンとシニフィエの変化として現れてくると見ることができる。

思考を重ねるということは、「シーニュ」の更新を通じて、記憶自体の再構成が常に行われるということである。「記憶の再構成」というのは、思考のプロセスであるとも言える。







Last updated  2015.11.24 09:49:15
コメント(10) | コメントを書く
2013.05.08

ソシュールの唱えた「記号学」は、それ自体が誰にも理解される事もなく、ましてや、これを「応用」することもなかったが、私の考えている「記憶科学」は、これを間接的にも実現することになる。

ソシュールの直感は正しかったのだと証明したい。






Last updated  2013.05.08 20:35:58
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.29

今、日本に戻ってきているのだが、「悩む力」の著者の姜尚中(カン サンジュン)氏が、NHKでヴィクトール・フランクルの「夜と霧」を解説していた。前回、ちょっと立ち読みした時は、あまりピンとこなかったが、なんか引っかかることがあり、「夜と霧」がどういう本なのか知りたくなりWikipediaで調べてみた。

日本語の題名は「夜と霧」だが、原題はドイツ語で、…trotzdem Ja zum Leben sage。これをgoogleで訳すと「それでも人生にイエスと言う」となる。英題は、Man's Search for Meaning、「人間の意味の探究」と訳せる。人生の意味は、どんな時でも見出すことができる、というフランクルの言葉がその由来ということらしい。

私が言語の考察を通していいたいのは、人間は「意味を見出す存在」でもあるということにもなるはずだ。人間にしか「意味」を見出すことはできない、これはわかっている。ソシュールの指摘した「シーニュ」も、やはり意味をベースにしている。

今までは記憶の進化に気を取られすぎていたのかもしれない。一つ言えることは、人間の定義はそんなに簡単ではないということ。まだまだ探究は続く。






Last updated  2012.08.29 23:19:39
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.13
私の父は、何年か前にくも膜下出血の再発で、聞いて理解する事が難しくなった。自ら話をする方は大分回復したが、まだ会話は難しい。しかし帰国して会うといつもとあまり変わらなく生活しているのに驚く。というのも「聞いて理解する事が難しい」と言っても、紙に書いている事を読んで情報を得る事は可能なのだ。今でも、昔の様に新聞や雑誌に目を通す。

聴覚を使って切り取られた認知単位(記憶単位)に、二極化構造が生まれる事によって、シニフィアンとシニフィエへの分化し「価値の二重システム」が成立し「シーニュ(記号)」が生まれる。私の憶測に過ぎないが、父の場合、音声言語を聞いて理解するメカニズムに問題が起きているように思われる。

この「認知単位の二極化構造」であるが、聴覚情報と視覚情報で時間上の処理の仕方に大きな違いがある。視覚情報は継続的な物理的サポートがある事によって、リアルタイムに処理する必要がない。特に書かれたものを読む場合、平面上に展開された文字は、意味を理解するまでずっと変わらずにそこにある。

手話の場合は、少し微妙である。手話は視覚言語であるといっても、文字表記の様に時間軸上に連続して「全ての視覚情報」がとどまるのでは無いからである。例えば腕の動きは連続写真を重ねる様に空間にはとどまらない。指で「空文字」を空間に書く場合も、その軌跡は記憶な中に刻まれるが、空間にはそれをサポートする媒体が存在しない。

これも憶測に過ぎないが、私の父が聾者で手話を使うことを日常にしていた場合、多分「サイン」を単独で理解する事は容易でも、連続している一連のサインから意味を読み取って理解するのは難しいだろう。人間の体という関節と筋肉で動く構造物という物理的サポートがあるため、始めと終わりを体の運動の空間上の軌跡で切り取る事の方が、音声言語のように「認知単位の二極化構造」によってでしか「1システムとしての音素の集合」を認識すること出来ないのに比べて、遥かにシニフィアンの認識オペレーションの負担が軽いと考えるからええある。

帰国すると父はフランスに関する記事や言語学の本の紹介の切り抜きを渡してくれる。突っ込んだ話は出来ないが、或る程度のコミュニケーションはとれる。もともと無口な人だったので、ちょっと見ただけでは何の問題も無い様に見える。

人間は記憶の蓄積でアイデンティティーを作り生きている。これが破壊される事で認知症になる。医者達はこれを食い止めるのに大きな努力をはらっているが、記憶をどのように(意識的と無意識的)操作して言語が生まれるのか、つまり言語のメカニズムが一般的に理解される様になれば、この点に注目することで脳科学者達が失語症のもっと突っ込んだ治療方法を見つけてくれる様になるかもしれない。

父の為にも私はそう信じている。






Last updated  2012.04.13 18:54:11
コメント(0) | コメントを書く
2010.04.11
前回の続き。。。

知覚情報受信>>反応、この回路は高等生物になるにつれて「個体の経験」に照らし合わせた「判断」の占める位置が高くなってくる。つまり周辺環境の情報を知覚するとき、記憶の中から、以前に同じような知覚情報を受信した時の自分の行動内容とその結果を呼び出して比較した上で反応という行動にうつすというプロセスがあるのだ。この「思考回路」があれば問題解決的な反応は十分にできる。これがいわゆる「知性」なのだが、人間でなくてもこの基本回路は十分機能している。

チンパンジーが絵や人の身振りをみて何らかの事象と結びつける行動はこれにあたる。チンパンジーにもかなりの「概念」は存在するという証拠になるだろうが結局それらを「羅列」するだけで概念間の有機的なつながり(シンタックス)を持った新しい概念単位を創りだすことはできない。特定の個体では、ある程度まで可能かもしれないが、これを他のチンパンジーや人間と共有することは出来ない。「聴覚や視覚情報で構成された言語の単位(つまりはシーニュ)」は、この動物的な思考回路にはのらないからである。

しかし人間もこの動物的な思考回路を駆使している。ただ記憶のオーガニゼーションに「進化」が起きた時(つまり「人類」が生まれた時)、知覚情報と概念、それぞれが「価値のシステム」によって成立するようになる。価値が生まれるということは「よい/悪い」「大きい/小さい」といった両極端の対の概念が生まれることにつながる。これはカテゴリーの成立にも通じる。こうして「なんとなく経験で知っていた概念」は個体のアイデンティティーにまで発展いや進化するようになるのだ。

ただここの「発展(進化)のプロセス」は今後もっと考察を重ねて、1つ1つ欠けている部分「ミッシングリンク」を埋めていく作業が必要になる。今すぐには出来ないだろうが今までもそうやって少しずつ進んできたのだから、これからも同じようにしようと思う。






Last updated  2010.04.11 09:03:15
コメント(2) | コメントを書く

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.