627307 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

CLG2009@ Re[3]:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) みゅうさんへ 開けてよかったです。 こ…
みゅう@ Re[2]:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) CLG2009さんへ ありがとうございます! …
CLG2009@ Re[1]:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) みゅうさんへ 正しく分節化できるように…
みゅう@ Re:イタリア語の聞き取り練習。。。(11/11) 分節化して言語を理解するというのは、た…

Freepage List

Headline News

全10件 (10件中 1-10件目)

1

記憶宇宙論と記憶言語学に関するフェイクインタビュー

2018.04.13
XML

・手話というのは、社会的なマイノリティー言語、つまり少数者の言葉として理解していいのでしょうか?

私は手話はマイノリティ言語だとは思っていませんが、一般的な社会で大多数の人間が耳が聞こえて聴覚発声言語を使うという事実は否定できません。従って、手話を社会で普及させようという運動において、マイノリティー言語という側面を持つことは確かにあります。

しかし、言語は、視覚か聴覚か、どちらの知覚チャンネルを使うかで、視覚身振り言語の手話か聴覚音声言語かに特化するわけです。言語学者は、自分の「記号」が視覚でも聴覚でも成立することを知る必要があります。でないと真の言語の理解にはなりません。


・この場合の「記号」というのはどのような意味で使っているのですか?

この質問に答えるのには、先ず言語とは何か、記号とは何かということから始める必要がありますが、その前にまず人間とは何であるかを、動物と対比して定義する必要があります。何故「動物との対比」であるかですが、人間が動物という認知主体から進化する過程において、言語が生み出されたと考えているからです。

動物と人間との決定的な違いは、個体の持つ「知覚(五感)の記憶」の喚起方法、つまりどうやって思い出すかにあります。ただ、知覚自体も「外界の物理刺激を記憶したもの」であるということはここでは深く掘り下げずに、個体の経験を形成する「知覚の記憶」に関してのみ論じたいと思います。

これには、人間も動物も同じ認知主体であることがベースにあります。認知主体というのは、「外界の物理刺激により、過去の知覚記憶が呼び出され、それをその場における判断に反映させる」という行動をとる主体です。ここで非常に重要なのは、認知主体の記憶喚起は、外界の物理刺激によって反射的に引き起こされるものであって、主体が自発的、選択的に喚起出来るものではないということです。ただ、一旦喚起された記憶が刺激となって、また別の記憶を呼び起こすこともあるため、純粋に外界の物理刺激に負うものではないですが、主体が自ら意図的に特定の記憶を喚起するということは不可能です。

これに対して人間の場合、「記号」という「シニフィアン/シニフィエの二重の価値体系」のおかげで、個人個人の記憶がカテゴリー化や座標化がなされ、それを頼りに、自分の求める記憶を自分の意志で呼び出すことが可能になります。そして個々の「記号」は、シニフィアンとシニフィエ、それぞれの価値体系の特定の座標同士が一致するところに成立します。

記号の成り立ちは、聴覚と視覚のどちらの各チャンネルに特化するかで大きな差が出ますが、特に一般的に「言語の形に対応」するシニフィアンに関しては、その影響は顕著です。これは、記号の持つ「知覚記憶の二極化」という属性が、特化する知覚によりどのようにシニフィアンの生成に影響するかということになります。

聴覚発声言語の場合、物理的な音の知覚が基本にありますが、この連続性をもった聴覚記憶に座標を与えるために、まず聴覚記憶の時間軸上の二極化が行なわれます。この二極化により、人間の音声を「子音/母音」、「母音/母音」、「母音/子音」などという形で、前後の座標に展開することが可能になり、これが音韻論でいうところの「コミュテーション」を可能にします。(現在の音韻論は、音声学の影響をもろに受けており、音韻体系において子音と母音が存在することを前提としているため、聴覚記憶の二極化が起きることによって子音や母音という音素のカテゴリーが生まれることを完全に見落としています。)

コミュテーションというのは、特定の言語の語彙を相互対比しながら、同じ部分と違う部分を持つ語彙を探し、音韻体系自体を確立する手法のことです。例えば、日本語で「か(蚊)」と「き(木)」は、は、語頭は同じですが、語尾が違うという組み合わせになり、ここから「あ」と「い」という異なる2つの母音を音素としてリストアップすることが可能になります。この相互対比作業を重ねることで、特定の聴覚発声言語の限られた数の音素を全てリストアップすることができます。そして1つ1つの音素というのは音韻体系の座標の1つであると言い換えることができます。

さて、視覚身振り言語の場合、やはり同じ「知覚記憶の二極化」を使ってその記号のシニフィアンの座標が構成されることになりますが、この前に聴覚と視覚との違いが大きく影響してきます。

聴覚言語の場合、「記号の二極化」が無くても、音質の高低や音量の大小で、聴覚記憶の連続性に対してある程度バリエーションを認識することは可能ですが、これを音韻体系の音素という座標の形で特定することは不可能であり、シニフィアンの成立には「記号の二極化」が必須となります。

これに対して視覚言語の場合、まず視覚記憶が展開する視野が既に3次元の空間を持っていることが挙げられます。これに加えて、身振りをする人の身体も、上下(頭と足)、前後(腹と背)、左右という3つの座標(左右別々に考える場合は4つ)を持っており、しかも個体間で体節などの特徴が共通するという点が挙げられます。つまり、視覚的にも触覚(身振り)的にも、三次元空間に展開する3つの軸を持った体節等の共通する身体を使うことで、自ずと座標化が成立しているのです。

過去に、チンパンジーに手話のサインを教える試みありましたが、これがある程度成功を収めたのは、視覚身振り言語のもつ、この座標性があったからです。しかし、最終的にチンパンジーが言語を習得することはありませんでした。これは、彼らには、「知覚記憶/記号の二極化」が出来ないからです。

人間の場合、視覚身振り言語において、この「知覚記憶/記号の二極化」がどのように成立しているかというと、それぞれの手話サインが、必ず「始め」と「終わり」によって区切られていることです。この特徴は、手話サインの写真や図画による記述に如実に表れます。サインが始まる場面の身体や手の位置とそれとサインが終わる場面の身体や手の位置を重ねて、その2つの図の間の手の位置の移動軌跡を矢印で示すことになります。これは自明のことのように見えますが、これによって1つ1つの手話サインの座標化が可能になり、手話という視覚身振り言語が初めて成立するわけです。

1つ補足しておくと、「知覚記憶/記号の二極化」というのは、人間が物理的な現象を直接扱っているのではなく、リアルタイムでインプットされる聴覚や視覚刺激を一旦「記憶」という形に変換し、その記憶を時間差をつけて喚起・再生することによって可能になると考えています。ただ、これに関してはまだ具体的な説明ができないのが現状です。しかし、この「知覚記憶/記号の二極化」のメカニズムを理解することが、聴覚言語及び視覚言語を扱う言語学の本当の目的であると考えています。

ここで説明したのは、私が考えている、記憶宇宙論と記憶言語学の極一部です。今、この全体像を説明できるように務めているところです。












Last updated  2018.04.13 17:50:16
コメント(0) | コメントを書く

・「記憶」が「宇宙の全ての存在を支えているメカニズム」だとすると、「記憶」と「存在」はどのように結びつくのですか?

これには一種、哲学的な思索が必要になります。

何かが存在するためには、自分だけでは不十分で、必ず相手が必要になります。つまり、相手の存在を通して自分の存在を確認するという作業になります。

「記憶」というのは、自己が非自己という形で、一旦自分の存在を分離して、バーチャルな他者を作り、更にその非自己を再び呼び寄せて自己と融合して更新するというサイクルになります。これが、自己が自分独りで他者を創りだすというメカニズムになるわけです。

そして記憶という形で、時間差を付けて呼び戻すことにより、存在に時間という次元が生まれ、しかも記憶を呼び出すことによって自己が更新されることによって、進化する存在になります。







Last updated  2018.04.13 17:51:14
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.12

・言語を聴覚と視覚で分けて考えるということですが、文字は視覚で認識しますよね。そうなると、文字は視覚言語なのでしょうか?

確かに文字は視覚的に認識されるものですが、手話と同じレベルで視覚言語であるというわけではありません。

文字というのは平面上の媒体、例えば紙やコンピュータの画面の上に継続的に表示されます。紙やコンピュータ画面見つめる限り、そして紙やコンピュータが存在する限り見続けることができます。これに対して、発声や身振りは、時間の流れと共に消えていってしまいます。これをよく感じることの出来るのは、外国語を習いたての人が早口の発音に付いていけない時ですね。知っている単語が飛び飛びにわかっても、話はどんどん先に行ってしまいます。勿論、母国語でもこれは起きます。

聴覚言語や視覚言語の場合、個人の記憶の上で言語活動が行なわれますが、文字の書記言語の場合、物理的な媒体という外部の記憶を使います。個人の記憶活動は、一瞬一瞬のオペレーションですが、物質的な媒体を持つ文字は恒常的なものです。文字による記述は、個人の記憶を補完するものですが、それは言語活動自体ではありません。







Last updated  2018.04.12 22:00:40
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.10

・最初の人類は、何語を使って話していたのでしょうか?

言語の起源に関する考察は、最初の言語の記録が今に伝わっていないので憶測の域を出ないのですが、私は、人類の黎明期、人々は手話を使っていたと考えています。理由は単純で、聴覚を使った言語では、お互いが同じ音韻体系を共有し、さらにコミュニケーションが可能になるほど語彙や文法を発展させることは、一代では無理だからです。

これに対して、視覚を使った手話の場合、視覚的に物体、行動、現象、感情等を身振りを使って表現することが可能です。実際にアマゾンの奥地の農村で生まれた聾の人が、ブラジル手話話者との接触がなくても、耳の聞こえる家族との間で手話を生み出した例が幾つか報告されています。

これはあくまで推察ですが、最初の人類は手話を使いながら、聴覚発声言語を少しづつ発展させて行ったのだと思います。この時期が、どのくらい続いたのかは分かりませんが、視覚身振り言語から聴覚発声言語に完全に移行するには、かなりの世代交代が必要だったと思います。そして、この段階で既に絵や文字の使用も現れた可能性があります。そして、文字を発明した言語民族は、集団の記憶の効率的な保存と伝達の方法を手に入れることになり、文明を発展させることになります。

今現在、手話を使う人たちの大部分は、耳が聞こえない人たちです。しかし、人類の黎明期では聴者聾者関係なく全ての人間が手話を使えたと思います。そうなると、生まれつき目の見えない人は言語の習得が非常に難しくなります。ところが、聴覚発声言語が発達してくると、今まで耳は聞こえなくても言語にはアクセス出来た聾者は、聴覚発声言語には簡単に対応できなくなります。これに対して、盲者は耳がきこえれば、逆に聴覚音声言語にアクセスが可能になります。つまり、聾者と盲者の言語共同体の中での立場の逆転があった可能性があります。







Last updated  2018.04.10 21:41:40
コメント(0) | コメントを書く

・記憶言語学で手話はどのような位置づけですか?

結論から言って、使う知覚運動チャンネルは違うが、れっきとした言語です。

人間は生まれながら、認知活動の中で記号を発達させ言語を発明する能力を持っています。この能力を、聴覚を使って発達させたのが所謂音声言語で、視覚を使って発展させたのが手話言語になります。

私が、音声言語のことを「聴覚発声言語」とし、手話言語のことを「視覚身振り言語」とするのは、どちらの知覚チャンネルを使って言語を獲得したかをはっきりさせるためです。

・この場合の言語の定義は何ですか?

正にここに「記憶」という概念が登場しますが、一般的に言語の定義というと、コミュニケーションの手段ということになっています。

でも私はそれが言語の本質ではないと考えています。コミュニケーションは個人の言語習得や言語自体の発達に不可欠な要素ですが、あくまで二次的、副次的なものです。究極の言い方をすれば、それは言語以前の動物の認知のレベルに属するものです。

それでは何が言語の定義かというと、かなり複雑なのですが、大きく、個人の記憶のレベルと集団の記憶のレベルに分けて考える必要があります。

まず個人の記憶のレベルですが、個人の経験、つまり知覚や行動の記憶が記号化され保存され、記憶から自分の意志で呼び出した記号同士を組み合わせ融合させることによって、新しい意味を持った文や単語を作り出し、他人とのコミュニケーションに利用しながら、個人の記憶を進化させる、この一連のプロセスが個人レベルの言語活動になります。そして、新しい意味を持った文や単語というのは、新たな記号として個人の記憶を更に複雑なものへと進化させていきます。

また記号というのは、同時に個人のアイデンティティーを確立するものです。このアイデンティティーというのは、記号によって自分自身に名前(シニフィアン)を付けることにより、自分の存在を唯一のものと認識し、同時にその存在を進化させて行くことができます。そして、この進化は、新しい経験をしたり、新しい知識を獲得したりすることで促進されていきます。

次に集団の記憶のレベルですが、個人が確立した新しい記号(概念や手法)は、集団の共通な記号として共同体内で使われる言語の一部として蓄積され、次の世代に受け継がれていきます。

言語というのは、単なる知識の集積ではありません。倫理観を含む集団の価値観も言語の中に集約されていき、それが各々の言語民族の作る文化や文明に大きく反映されることになります。








Last updated  2018.04.11 17:44:33
コメント(0) | コメントを書く

・ブログの中に「離散」という表現がよく見られますが、言語学上の「離散」について説明してもらえますか?

言語学では一般的には、子音の清音と濁音のペアが存在する場合、その中間の子音は存在せず、必ずどちらかとして認識される説明として使われます。

例えば、日本語には、清音の「か」と濁音の「が」存在しますが、この2つの子音の中間の音を発しても、聞く人の耳には、必ずどちらかの子音として認識されます。この現象を見て、「k」と「g」は離散的な関係にあるとしています。デジタルの世界で、0か1かのどちらかに転ぶのと同じ理屈です。

この現象も確かに言語の離散性を反映したものですが、言語学上の本来の離散性は別のものだと考えています。

私が考える言語の離散性は、発声が時間軸に沿って前後に二極化し、「子音/母音」のように2つの別々の部分に分かれることであると考えます。ここで子音と母音の間を「+」ではなく「/」で区切るのは、2つが全く別々の物になるのではなく、単に「前/後」というように位置関係をしめすだけだからです。丁度、1枚の紙を二つに折っても、折り線で2つの領域に分割されますが、1枚の紙には変わらないのと同じ理屈です。

この発声の前後の二極化は、言語現象として知られるコミュテーションを支える基本構造となります。

音韻論では、音素同士との関係は差で出来ているというのが原則で、これを現象としてとらえたのがコミュテーションです。例えば日本語の場合、「かた(肩)」と「かさ(傘)」という場合、最初の部分は同じですが、後に続く部分が違います。このような対になる言葉を探し、更に「か(蚊)」と「き(木)」のようにこれ以上分割できない最小単位「ミニマルペア」まで突き詰めていきます。

先ほどの清音の「か」と濁音の「が」の例も、このコミュテーションの構造に乗せることができます。単語の前の部分は「k−g」と違っていますが、後ろの部分は「a」で同じです。つまり、音声の前後の二極化による離散性に還元できます。


・言語の離散性とは、音声の前後の二極化ということですが、今までどうしてこれに注目されなかったのですか?

これは、音韻論では、音素には子音と母音という二大カテゴリーが存在することが大前提になっているためだす。そして、更に、母音は口の形や舌の位置、そして子音は発声器官のどの部分を使って発音するかで、より小さいカテゴリーに分類されるます。そして、これを体現しているのが、国際音声記号表です。

以前、話者が少ない言語を研究している言語学者に、未知の言語の音韻体系を確立するのに、どのような作業をするのかと聴いたことがありますが、その答えが「国際音声記号表」を使うというものでした。私は、単純に、コミュテーションを続けながら音素を特定していくものとばかり思っていましたが、そんなことを考えるのは私だけだったようです。

コミュテーションも離散性も言語学の中では知られている概念ですが、母音と子音というカテゴリーが最初から存在するという先入観があるために、音声の前後の二極化という発想が生まれないのです。音韻論が音声学から発達したとき、音素は差で出来ているという属性は理解できたものの、結局、音声学で培われた子音と母音の二大カテゴリーが疑問視されることなく踏襲されたことによると思います。

それに、音素を平面上に視覚的に表示するということもこれに加担しています。











Last updated  2018.04.11 20:15:08
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.09

・我々が記憶を自分自身の意志で呼び出せるのは記号のおかげということですが、それはどのようなメカニズムなのですか。

これを一言で表現することは無理ですが、記号というのが、シニフィアンとシニフィエという二重の価値体系をもっていることによります。

価値体系というのは、複数のカテゴリーによって場合分けされた一種の座標系で、シニフィアンとシニフィエの特定の座標同士が対応するところに、一つの記号が生じます。そして、このシニフィエとシニフィアンの両方の座標を使って特定の記憶を自分の意志で思い出しているのです。

この記憶の定義は、ソシュールの記号論に対して疑問を投げかけることになります。所謂「記号の恣意性」とは全く違う定義だからです。といっても私はソシュールの記号論自体を批判するのではなく、彼の記号論の解釈に問題が会ったと思っています。

ソシュールには、シニフィアンとシニフィエの二重の価値体系の理解の一歩手前まで行っていた氣がします。







Last updated  2018.04.10 17:10:23
コメント(4) | コメントを書く
2018.04.08

・「記号は特殊な記憶喚起装置」という表現ですが、どのように特殊なのですか?

まずこれは、人間以外の動物と比較して特殊だということです。

言語を使う人類が類人猿から進化したということは、進化論を信じる人なら疑いようが無いと思いますが、問題は、人間と動物の違いが何であるかということです。今のところ、人間には分節言語を使えるというくらいで、はっきりとした定義はありませんが、結局、言語が何であるかの定義が明確になっていないので、堂々巡りになってしまいます。

動物と人間の違いを明らかにするためには、まず動物の定義から始めなければないと私は考えています。動物から人間へと進化したのであれば、人間より前の状態を正確に把握した上で、何がプラスアフファされて人間になったのかを追求するのが正しい道筋だと思うからです。

しかし、これが結構難しいです。というのは、我々は既に進化による産物である言語を使えるようになっているので、言語を使えない状態というのは想像するしかないからです。人間の観点で動物を観察するとき、人間の価値観や行動パターンをそのまま当てはめてしまうことがよくありますが、これでは人間の見方がバイアスとしてかかってしまい、真の姿を見ることは出来ません。

では次に、人間以外の動物の記憶の定義ですが、動物の記憶が呼び出されるのは、外界の知覚刺激と関連した記憶が呼び起こされる場合のみで、個体が自分の意志で記憶を呼び出すことができないということです。呼び出された記憶が連鎖反応で別の記憶を呼び出すこともありますが、個体が記憶喚起を自分の意志で制御することは出来ません。

これに対して人間は自分の意志で記憶を呼び出すことができるということです。そしてここに「記号」が重要な働きをするわけです。そして更に、喚起した記号同士を融合させて新しい記号を創造するという能力も同時に持つことになります。これが所謂、言語能力です。







Last updated  2018.04.08 20:29:03
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.06

・宇宙と記憶との関係と言っても、中々想像が付かないのですが、「記憶」という概念に注目したきっかけは何かあるのですか。

実を言うと、私の出発点は言語学で、まさか自分の言語に関する研究の先に宇宙の摂理があるなどとは全く考えていませんでした。

後で詳しく説明したいと思いますが、言語というものが「自己の記憶を意図的に操作する」ことで可能になっていると気が付いたのが最初です。例えばソシュールの記号というのは、簡単に言うと「自分の記憶をカテゴリー化(座標化)して、自分が必要な記憶を呼び出す選択的記憶喚起の装置」であるということになります。

私達が言葉を話すとき、もう完全に無意識にやっていると思うのですが、自分の記憶から単語や表現を思い出しながら文を作っていきます。使い慣れている言葉だと、記憶喚起がスムーズにいきますが、あまり使っていない言葉、例えば私にとって日本語などは、イメージが浮かんでもそれに対応する単語が浮かんでこなかったりします。所謂「ど忘れ」です。

言語は記憶で出来ていると発見した後、言語の形を支える聴覚や視覚などの知覚も、個体の外界の物理的現象を「記憶」したものではないかと思うようになりました。つまり、聞いたり見たりした言葉は直ぐに記憶に変換されることになります。「記号は特殊な記憶喚起装置」という発想はここから生まれました。

言語から始まって、認知を司る知覚も記憶だとわかった時、更にさかのぼって、生命や物質も記憶であるのではないかと考え始めました。生命が遺伝子によって記憶を伝えていくものであるのは異論はないでしょうし、物質は空間と時間を支える記憶であるとも言えます。最初は、結構自分でも、こじつけのような気がしていたのですが、これは流れを逆にすると「記憶の進化」ということにならないかと考えたわけです。







Last updated  2018.04.07 05:19:55
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.04

・ブログで紹介されている記憶言語学や記憶宇宙論には、「記憶」という言葉がつきますが、この場合の「記憶」というのはどういう意味なのですか?

まず最初に結論をいうと、この「記憶」というのは、宇宙の全ての存在を支えているメカニズムで、更に宇宙の誕生と進化を司るメカニズムでもあります。もしかしたら「宇宙の摂理」といえるものである可能性もあります。







Last updated  2018.04.04 08:34:28
コメント(4) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.