588212 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ともちゃん@ シンプルな言葉 New! 佐藤さん 『「汚れた/綺麗な」という用…
佐藤直幹@ Re:「寄生獣」の真実(08/19) New! ともちゃんさんへ >>>これは『寄生獣…
佐藤直幹@ Re:「寄生獣」の真実(08/19) New! ともちゃんさんへ >>>日本人だけは正…
ともちゃん@ 「寄生獣」の真実 New! (続き) ひょっとして、佐藤さんは『寄生…
ともちゃん@ 「寄生獣」の真実 New! 佐藤さん 『「無面目」と「寄生獣」。二…

Freepage List

Headline News

全39件 (39件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

個体性理論

2015.01.08
XML
カテゴリ:個体性理論

「個人」という概念は、元々日本語にはなかったものであり「individu / individual」の訳語であったのであろう。しかし、この概念が日本語の思想の枠で意味を持つとき、ここに新しい意味が生まれる。

同じ言葉を話す人、同じ民族の人たちが集まれば、それだけで日本人が考える「国」ができるわけではない。日本人の考える国は、皆が幸せに暮らせる場所というイメージがあり、それに向かって皆が努力しようとしているのだが、例えばお隣の支那や朝鮮では、21世紀の現在でもまだ「交代を続ける王朝」を維持しており、支配する特権階級と、支配される奴隷階級という社会構造が連綿と続いている。

アメリカやフランスで住んだ経験を元にした感想であるが、西洋社会の「個」というのは、一種「一神教の神」に対抗する概念である。特にフランスでは政教分離が徹底しており、「この神」の様な権威がなくても、「個人」が集まることで共和国が機能していくと考えている。

今共和制導入により、民族的な要素を廃止し「自由、平等、博愛」を掲げているのだが、私にはフランス人のいう「共和国的な価値観」というのが今一理解できない。フランス人というアイデンティティーも、机上の空論であるような気がしてならない。

日本的な発想では「個」というのは「全体」を構成する単なる一単位ではないと考えている。久保田信之先生も、西洋的な「個人」と、日本語の中で理解される「個人」には差があると指摘している。もっと詳しく知りたいので著書の「ここが違う東西比較文化論」を注文して読んでみるつもりだ。






Last updated  2015.01.08 21:36:11
コメント(0) | コメントを書く
2014.11.09
カテゴリ:個体性理論
少し前に考えて、最近はあまり使っていなかった「個体性理論」という概念がある。個と集団との関係を捉えようとしたものである。

物理には元素、生物には種、そして人間には言語というカテゴリーがある。そして、このカテゴリーに属する多くの個体が存在する。

例えば、水素原子は、無数にある。イチョウの木も同様である。そして、言語に関しては、シーニュ。言語による数の差こそあれ、複数存在する。

そんなことは当たり前だと思われるかもしれないが、水素原子は同じ属性を持っているのに、違う個体が無数に存在することは、実は奇跡的なことであるという考えが根底にある。原子同士、シーニュ同士が、コミュニケーションをするということは「同じであるのに違う」という関係上に成り立っている。

光の正体が、粒子であるか波動であるかという問いに対して、どちらも持っているものと定義するのが、1つの解決法であろうが、やはりこの矛盾を矛盾として真っ向から解決しようとすると、個体性理論が使えるのかも知れない。例えば、個のレベルでみると、粒子だが、集団のレベルで見ると波動であると考えたらどうだろうか。

私が個体性理論にこだわるのは、個と集団の関係を数式で示すことができれば、アイデンティティーの進化のメカニズムが解けるかも知れないと思うからだ。今考えているのは、ここにフラクタルを導入すること。ただ自分には数学的素養が全くないので、ここで完全に立ち止まってしまうのだが。

色んなところで回っている歯車が、実は1つの大きなうねりになっていくような気がする。しかし、それぞれの思惑があり、表面上ではなかなか噛み合っていないような気がする。これが統一される日は来るのか。いや、そう信じて進むしかない。






Last updated  2014.11.09 21:08:16
コメント(0) | コメントを書く
2014.08.02
カテゴリ:個体性理論

ユーチューブを見ていたら、たまたま、この動画に出くわした。

https://www.youtube.com/watch?v=cYPoIaatSy4

「未来授業」というタイトルで、学生を集めての講義形式で進行。

生命体の「動的平衡」に関しては、私の考える「意識の更新・進化」と同じことになるのだろう。彼は「生命体の個体レベルでの進化」に関して、非常に鋭い指摘をしていると思う。今度、著書を読んでみようと思った。

生命レベルでは、確かに十年前と今、一分前と今でも「同じもの」ということは出来ない。しかし、どうして「同じものと言えない」ことを、ことさら強調して言う必要があるのだろうか。それは事実と知った上で、どうしてこんなネガティブな発想しか生まれないのだろうか。

アイデンティティーは、全てのレベルにおいて、自分だけでは決められないし、周りだけでも決められない。この相互関係が私のいう「個体性」である。これが始めからわかっていれば、余分な議論をせずに済む様な気がしてしょうがない。これが宇宙の摂理だと認識すればいいのだ。

学生に対して問題定義をするのは「面白い視点を提供する」ことになるかもしれないが、学生に対して「日本人のアイデンティティー」とは何かと、個人的な意見を押し付けている様な感じがしてならなかった。






Last updated  2014.08.02 07:50:51
コメント(0) | コメントを書く
2014.07.21
カテゴリ:個体性理論
離散化によって起こる「二極化」そして「座標化」、さらに座標化によって生まれる「個」と「全」に関しての考察を続けたいと思う。

現在の私の知識と考察力では、原始の揺らぎの離散化による太陽系誕生から、現在までの記憶の進化のアウトラインを描く事しか出来ないが、離散化による「二極化」と「座標化」については言語を生んだ離散化でより具体的に見て行きたいと思う。これは最近投稿した「離散性科学」の続きになる。

「シーニュ」を生む離散化の下地になったのが、ワーキングメモリーが「揺らぎ」になると考える。ワーキングメモリーは、いくつもの記憶の端々が、連続して点滅していくイメージで捉えられるかもしれない。生まれては消えて行く記憶の「揺らぎの海」に「離散化」が起きることになる。

ワーキングメモリーは「コンテクスト」を映し出すが、このコンテストには、知覚記憶、運動記憶、感情全てがごちゃ混ぜになっている。ここに離散化が起きると、コンテクストの二極化が起き、それぞれの記憶の「差」が定着することになる。これはコンテクストの「シニフィアン/シニフィエ」への二層化、そしてそれぞれの層の座標が一致した所で「シーニュ」が生まれる。

人類の歴史の中では、間違いなく視覚記憶を使う「手話」が先に登場したはずである。これは視覚記憶の「座標化」が既に行われているからである。この座標化には2つのディメンションが存在する。これは手話のシーニュの場となる人間の視野にある。まずは、背景としての物理的世界である。物質が固定した形で存在し、重力により上下が保証され、光が投射されることで、物理的な差が存続する状態が保証される。そこにシーニュを構成する人間の体が入る。人間の体は、前後、左右、上下の3方向の軸を基に出来ており、関節は皆同じ様に動き、目鼻口は全て顔の上に生物学的な法則によって配置されている。人間の個であれば、この相似性が存在し、これが身体の座標化につながる。

チンパンジーなどを使った実験では、しばしば手話を使ってコミュニケーションをしているが、、、

続く。。。






Last updated  2014.07.21 08:41:39
コメント(0) | コメントを書く
2014.04.01
カテゴリ:個体性理論
一部の科学者に言わせると「地球」という星が誕生したこと自体「天文学的な偶然」によるものであるらしい。

そして、こういう数字を突きつけられると、科学的にその誕生のメカニズムを解明しようとするよりは「神の意思が働いた」と結びつける人たちがいる。

私は、太陽系が生まれたら、必ず地球的惑星が生まれるとは思わないが、記憶の進化は「必ず、その方向に進んでいる」のであるから、途中でそれが断念されるような突発的な事件が起きない限り「地球」は誕生すると考える。

記憶科学の視点で見ると、地球の誕生の確率、そして遺伝子、脳、人類の誕生の確率はどう計算されるのだろうか。






Last updated  2014.04.01 19:39:30
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.29
カテゴリ:個体性理論


昨日に引き続き、また新しい発見があった。

脳の中での記憶活動の基本になっているものは、一定量の刺激を何かの作用として伝える細胞の動きだと思っているのだが、それが実は「スイッチ」なのではないかと思い始めた。

スイッチというのは予め決められた刺激に対して反応する。始めから反応するエネルギーを蓄えていて、それを一定量の刺激という条件が満たされると、そのエネルギーを開放する。

自分は細胞とかに詳しくはないが、このことを頭においてまたいろいろ探してみようと思う。スイッチであることがわかれば、私の記号論ももっとスムーズに行くはずだ。

「夢の扉」の「どこでもスイッチ」ありがとう。






Last updated  2013.09.29 17:35:37
コメント(0) | コメントを書く
2013.01.28
カテゴリ:個体性理論
さっき投稿したばかりだが、一つ思いついた事がある。

地球の表面状では、何処が中心という事は言えない。自分のいるところが中心になる。私の考える宇宙も、これに通じるものがあるのかもしれない。

こう考えると、地球が球体であるのには意味があるのかもしれない。そうなると、地球の中心には何があるのか。本当に何かが詰まっているのか。単に「何らかの記憶」があるだけなのか。

謎は深まるばかりである。






Last updated  2013.01.28 08:58:37
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:個体性理論
今考えているのは、宇宙には一つの均一な時空間があるのではなく、無数の太陽系がそれぞれの時空間を持っていて、それが、一つのもっと大きな宇宙を作っているのではないかと言う事。それぞれの太陽系は、同じメカニズムで出来ているが、それぞれ「差」がある個体であると考える。これは、個体の関係にある原子(または分子)が、時空間を作っているのと同じことである。

星の存在によって時空間が歪むのではなく、星自体が一つ一つ全体の宇宙の成立に組しているのだから、我々に歪んでいる様に見えるのは当然なのでないかと考え他方が、分かりやすいと思う。ただ、そのもう1つ上の宇宙にどんな時空間があるのか、これはまだ分からない。

少なくとも均一ではない。従って中心も果てもない。宇宙は膨張しているのではなく、我々の見方が間違っているのだと思う。

全ての星が、宇宙を構成する個体だと言う事は、それぞれの星が「中心」になるということになる。まだ、これを説明する事は出来ない。今は,イメージがあるだけである。

このからくりを理解するためには、記憶がなんであるかをもっと深める必要がある。そうすればまた何かが見えてくるはずだ。






Last updated  2013.01.28 08:30:43
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.28
カテゴリ:個体性理論
私がまだ小さい頃、手塚治虫の「火の鳥」は愛読書だった。宇宙、生命、人間、という壮大なテーマを、何巻にも渡り、様々な題材を通して作品に作り上げている。数学や物理が苦手でも宇宙論を展開する事は可能なんだと、子供心に思わせてくれた。

今、自分が展開している宇宙論は、手塚のそれとは全く一緒ではないが、いろんなところで重なりがある。彼は単に「漫画の神様」であったのではなく、その人間としての資質として、一つ上の領域に達していたのだと思う。しかしそれは漫画の世界のことと、まじめに取り上げられる事はなかったかもしれない。

もし私が本を書く事になったら、彼の思想をぜひとも紹介したいと思う。そして、こういう素晴らしい人を生んだ日本と言う国に生まれた事を本当にラッキーだと思う。






Last updated  2012.07.28 18:21:13
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.10
カテゴリ:個体性理論
記憶科学を普及させる上で最大の難関は、今の言語学者達の持っている、誤解、思い違い、思い込み、ボタンの掛け違い等々を、彼ら自身にどうやって、認識、納得させることである。あまり愚痴りたくはないのだが、これを考えると頭が痛い。

私が記憶科学で展開しようとしている理論も、実は既に公のものになっているのだが、問題はそれの解釈の仕方である。ソシュールの提示した近代言語学は、多分本人にも正しく理解される事なく、一世紀の月日が流れてしまった。この間に、言語の謎を解く事に関して、一種のあきらめ感みたいなものが浸透してしまったのかもしれない。

そしてもう1つの難関は、記憶科学を使って何を証明出来るのかという事である。記憶科学が社会的に認知されるには、これは不可欠である。こうなるとやはり、離散性という概念を使って、音声言語と手話言語を同じレベルで論じる事になるのだろう。しかしこれには、目新しさがない。それでも今の自分にはこれしか残っていないのかもしれない。






Last updated  2012.07.10 08:18:09
コメント(0) | コメントを書く

全39件 (39件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.