599329 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

言語学の嘘(ソシュール記号学の再考)

PR

Free Space

《自己紹介》
佐藤直幹(さとうなおみき)と申します。令和元年で満53歳になります。丙午です。現在、フランスのパリ近郊在住で、翻訳を中心に仕事をしています。
nsato75@yahoo.fr

記憶による自己同一性進化論という、テーマに取り組んでいます。言語の本質を追い求めているうちに、人間とは何か、認知とは何か、生命とは何か、太陽系とは何か、時空間とは何か、物質とは何かという問いが生まれ、これらの根底に流れているが「記憶」という概念だと気がつきました。

ただ。ここでいう「記憶」の概念は、端的に言うと私の造語で、我々の知っている「記憶」をカバーしてますが、全く新しい概念で「すべての存在を生み出し、支え、進化させる」ものです。

記憶による自己同一性進化論は、今の科学の枠組みとは全く違うものになりますが、今の人類の知識を、新しい枠組みで捉え直すというプロセスと考えれば、矛盾は無いと思います。一言で言うと「科学のパラダイムシフト」を起こしたい訳です。

今は、ソシュールの記号学を「記憶による自己同一性進化論」という枠の中で再構築することを課題としています。ソシュールの「一般言語学講義」を再読しながら、記号学を新たなレベルに引き上げることを目標としています。


日本の大学では経済学を専攻しました。卒業後、金属素材メーカーに就職しましたが4年後の1995年に退職、直後にフランスに渡航し、言語学の勉強を始め今に至ります。一応フランスで修士と同等の免状(DEA)を取得していますが、博士論文は途中で断念しました。

高校三年のときにアメリカのイリノイ州に1年間のホームステイ留学、大学3年に上がる前に韓国に一年間、語学留学していました。最近は大分忘れましたが、フランス手話もフランスで勉強し、私の言語理論の重要な支えになっています。

始めはフランス語で発信しようと思いましたが、フランス語の語彙の概念を借用しながら、日本語で書く事にしました。あまりネガティブなコメントにはおつきあい出来ないと思いますが、興味があれば読者の方々と色々とディスカッション出来ればと思います。

「日本人の為のフランス語自習室」というブログもあります。最近は更新していませんが、フランス語に興味の有る方は是非どうぞ。
http://francais75.exblog.jp/

趣味は折紙ですが,最近は半分プロとしてやっています。
折紙のバラが専門です。ここに作品を発表しています。ミクシーでは、もっと多くの作品を公開しています。ハンドルネームは「Mikki」
http://pliagedepapier.com/gallery/index.php?cat=11645

2015年8月に、「バラの折り紙 ROSE」という本が出版されました。
http://www.amazon.co.jp/バラの折り紙-1枚の紙から作る-佐藤直幹/dp/452905466

2018年1月27日に「美しいバラの折り紙」という本が出版されます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9/dp/4529057674/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1516427564&sr=1-1&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E5%B9%B9

2019年9月24日にアメリカのTuttle社から「美しいバラの折り紙」の英語版「Naomiki Sato's Origami Roses, create lifelike roses and other blossoms」が出版されます。
https://www.tuttlepublishing.com/other/naomiki-satos-origami-roses


Copyright (C) 2009-2018 Naomiki Sato All Rights Reserved

Profile


CLG2009

Category

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ともちゃん@ 物質の視線 みゅうさん 鏡と言う物体に、何らかの認…
CLG2009@ Re[3]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) みゅうさんへ 今既にあることがあり、そ…
みゅう@ Re[2]:認知の起源は、意思の起源でもある。。。(09/05) こちらこそありがとうございます。 鏡とい…
佐藤直幹@ Re:とらわれない心(09/05) ともちゃんさんへ >>>何物にも左右さ…
ともちゃん@ とらわれない心 佐藤さん 『いつもの通りですが、人間を…

Freepage List

Headline News

全61件 (61件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

記憶言語学

2017.03.01
XML
カテゴリ:記憶言語学
このブログは今の所、毎日のアクセス数が、300から600回位の間で推移しています。

ともちゃんさんが、ブログを始めから読み返しているだろう時は、アクセス数が一挙に上がることもありますが、それは長くは続きません。

このブログを始めて、今年の4月で丸8年になりますが、コメントを残してくれる人はあまり多くありません。一応、ブログ村に登録しているので、そこから来てくれる人もいると思いますが、言語学を勉強している人、言語学を研究している人達の反応が知りたいのが正直な気持ちです。

常連のともちゃんさんやFractalemodeさん、そして桜葉さんは言語学の部外者です。彼(女)らのアプローチは非常に面白いのですが、言語学をすっ飛ばして理解しようとするところが見受けられるので、こちらとしてはとてももどかしいところがあります。

このブログの読者で、一度は言語学をかじったことがあるという人も含めて、言語学関係者の意見を聞かせていただけたら嬉しいです。

私は自分の考える記憶言語学が、21世紀の言語学になるはずだという自信はありますが、言語学関係者の反応が皆無なので、最近ちょっとぐらついています。

よろしくお願いします。






Last updated  2017.03.01 17:37:49
コメント(7) | コメントを書く
カテゴリ:記憶言語学
フランスでは、本当に定期的に「Langage(言語)」に関する特集を、科学雑誌や社会科学雑誌が組む。

今回は、「Sciences Humaines(人間科学)」という雑誌が「Les grands penseurs du langage (言語に関する偉大な思想家達)」と題して特集を組んだので取り敢えず買って目を通してみた。

この特集号には、私が知っている学者と初めて聞く学者の両方がいるが、「記憶」に注目する学者は皆無ということを確認して、ちょっと安心したりもするが、今回1つ面白い記述があった。ソシュールに関して「価値」や「システム」に注目した囲み記事があった。記述自体に目新しい物は無いのだが、「Valeur(価値)」に注目する記事はほとんど見かけたことがなかったので、少し驚いた。しかし、その価値のシステムがどのようにして成立するのかという疑問にはたどり着くことはないようだ。

このブログでの成果をフランス語に訳してみようかと思うが、今はやめておこうと思う。フランス人には多分絶対わからないだろうから。






Last updated  2017.03.01 07:00:09
コメント(0) | コメントを書く
2017.01.17
カテゴリ:記憶言語学
インターネットの登場と普及により、報道とは事実を伝えるものという神話が崩れ去った。

今までは、メディアの垂れ流し状態であったのが、ネット上に書き込まれた記事に対して、実名や匿名で意見の書き込みができるようになったため、報道されない裏側の話が伝わるようになったのが大きいだろう。

そして今やネット民は日本のマスコミが、自分たちの思想に対して不都合な事実を「報道しない自由」を行使してきたことを知っている。10年くらいまでは考えられなかったことだ。

そして、もうひとつ、報道とは権力と対抗するものだという嘘も暴かれ始めている。

最近、映画俳優のメリル・ストリープ氏が、トランプ氏がニューヨークタイムズ紙の障害を持った記者の物まねをしたことを暗に批判するスピーチをしたが、私は彼女の言い分に100%賛成できない。

報道機関が、自分の思想や信念をもって権力と戦うという部分が、私には危険だと思うからだ。このような報道姿勢は意図的な世論操作という副作用を生み出す。日本の朝日新聞の慰安婦捏造記事を見れば一目瞭然だ。

しかし、ネットでの情報も、どこかのメディアが報道したことがベースになっていることが多い。つまり報道機関がなくなったらネット上の基本認識の成立も難 しくなるというのはある。そして、過去のことを知ろうとすると、やはり当時の報道やルポに頼らざるを得なくなる。端的に言って、報道が我々の「共通の記 憶」を形成するのに大きな役割を果たしているのは明らかである。

そして、歴史を紐解く場合、報道された情報が非常に重要になってくる。当時の人間が生きていない状況において、報道されたメディアの字面を追うことでしか、当時の状況を計り知るしかない:つまり、歴史にとって報道は欠かせない存在であるということである。

言ってみれば、報道というものは、人間の記憶合戦に過ぎないということになる。自分が重要だと思ったことを、自分が思った通りに書く。それが伝聞という性格がある限り、本当の事実であることはありえない。つまり、大なり小なり「嘘」が入っているということなのである。

報道と記憶をセットにして考えることによって、新しい報道倫理のようなものが生まれるかもしれない。






Last updated  2017.01.17 01:05:35
コメント(1) | コメントを書く
2016.11.22
カテゴリ:記憶言語学
言語学の学問の最大の弱点は、誰でも既に言語を使えるということだ。

他の科学の分野では、発明や発見で世界が変わるような一大事を起こすことができるのだが、言語学の場合、既に全ての人間が使えるのだから、劇的に何かがおこるということはない。

それでも私が言語学に拘るのは、記憶という視点を言語学に、そして科学に持ち込むことによって、我々の世界観を変えることができると考えているからだ。人間が記憶の進化の本質を見極めた時、何が起こるのかを知りたいのだ。そしてできればそれを自分で引き起こすことができればと考えている。

ただ、記憶の本質を知ることは、間違いなく自然科学の分野での飛躍的な発展につながる。しかし、それを実現できる人類は、今の人類とは異質なものになっているはずである。なぜなら、人間が記憶によって形成されていることを知っているからである。

では、どのように異質になっているのか、これが分からない。これが私の今のテーマである。






Last updated  2016.11.22 09:19:54
コメント(5) | コメントを書く
2016.11.21
カテゴリ:記憶言語学
記憶言語学では、人間は大きく2つに分類される。

真実の記憶を残そうという人間と、自分に有利な嘘の記憶を広めようという人間である。

人間は誰も自分が知っていること、知らされたことが正しいと信じている。しかし、自分が見たこと以外のものは、他人の記憶操作が入っていることを我々は十分に自覚する必要がある。

日本にとって歴史というのはヒストリーであり、それが当たり前だと思っている。だから、学校などで教えられたことが歴史だと信じてきた。ところが、それが実は捏造された歴史であると気づく人たちが増えている。そして、人々に嘘を吹聴することをなんとも思わない民族が隣に居るということも知り始めた。

日本は今でも、望むと望まないに関わらず記憶戦争をふっかけられている。しかし、日本がこれにさらされていることを世界の人たちは知らない。だが、日本語は記憶の進化を推進する言語であるという点は強みである。なぜなら、日本人が行う発明や発見は人類の進歩に貢献するからである。

これに対して、記憶を捏造する民族は、自国内で記憶の進化が起きないだけでなく、その嘘がいずれブーメランとして自分に返ってくることを知るだろう。まあ、それだからこそ、住人の記憶を全ていれ替える「易姓革命」という便利な社会の循環構造があるのだとも言える。お隣の韓国では、今正に、プチ易姓革命の真っ最中である。

しかし、一旦世界に広まってしまった「嘘の記憶」を覆すことは難しい。しかし、記憶言語学が言語の本質をついていることが分かれば、次第にバランスがとれるようになるのではないかという期待もある。しかし、そこまで行くには長い時間がかかるだろうと思う。






Last updated  2016.11.21 23:57:25
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.14
カテゴリ:記憶言語学
記憶は、記憶言語学においては一番重要なキーワードであるのだが、どうも言語との関連において、あまり実感がないのが現実であるようだ。

「自分の意志で思い出して」いないにいても、我々が話す内容は全て記憶から生まれているはずである。これは疑いようがないだろう。

我々が、自分が知っていること、経験したことを言語で表現する。それが例え「嘘」、つまり自分が知らないこと、経験してないことであっても、嘘を着くための言葉や表現は自分の記憶の中から引き出している。

自分が知っていることと言っても、自分が経験したこと以外の知識の場合、他人が自分の記憶から発話したものか、記憶を操作して嘘をついたものかのどちらかである。つまり、我々が知っていることは、全て記憶から生じていることになる。

これは結構大変なことである。貴方が、学校や社会で学んだことのすべてが、自分の記憶と他人の記憶から成立しているということは、自分の経験に関しては問題はないだろうが、自分が経験したことのない知識に関しては、全くの他人任せであるということになる。これは、歴史に関しては顕著である。最近は聖徳太子が実在しなかったのではという主張まで出ているそうである。そうとなると、今まで聖徳太子の顔の入った一万円札を使っていた自分は何だったのかということだ。

つまり私が言いたいのは、メッセージを伝えるとか否かではなく、人間は、言語によって形成された自分と他人の記憶の中で生きていることになる。逆を言えば、人間というのは記憶を生成する言語を操る生き物であり、メッセージをというのは、動物の威嚇行動などと同じの単なるシグナルに過ぎないということになる。

日本を含めた欧米諸国では、歴史というのは「史実」に基づいていると考えるが、世界はそうではない。特に支那と朝鮮は、歴史というのは「いくらでも捏造できる民の記憶」であると考えている。しかも、その捏造の目的は、自分に有利なように、日本を貶めるようにという発想である。つまり、動物のメッセージのレベルと変わらないということである。

人類の記憶の進化は全く別の目的を持っている。ただ、今の私に、それが人類すべてに恩恵をもたらすかどうかは分からない。なぜなら、進化するのは記憶そのものであって、人類はその進化のための布石に過ぎないからである。しかし、少なくとも動物的な支那や朝鮮より、日本の記憶の生成方法が人類の役に立っているのは明らかである。

21世紀、日本が人類に対して果たす役割は大きい。そのためにも、特亜三国をどう牽制するかが大きな課題となる。これは運命づけられていると私は確信している。






Last updated  2016.11.14 09:15:44
コメント(37) | コメントを書く
2016.11.13
カテゴリ:記憶言語学
最近特に、言語というのは「記憶」を作り、伝え、そして操作するものであるという実感がある。ただ、これを他の人と共有しあうのはそう簡単なことではないらしい。(これは私が「離人」であることが原因らしい。)

一番難しいところは、我々は「思い出しながら」つまり「記憶喚起」しながら言語を使っているということが、理解されないことだ。

私の中では、全ての知覚(聴覚や視覚)も記憶であるという認識があるが、それはとりあえず置いておいても、言葉を使って発話する歳、我々は常に単語や表現を思い出しているということが伝わらない。

思い出しながら話していると言われると、演劇でセリフを思い出しながらしゃべっていることを想像する人もいるだろう。つまり、「次のセリフを忘れた」という状況にない限り、言葉は後から後から自分でも意識しないうちに出てくるからである。

しかし、何かについて自分の意見を述べようとする時、自分の考えを一つ一つ構築しながら話す時は、必要な単語や表現を「思い出しながら」話していることが実感できないだろうか。


続く






Last updated  2016.11.13 18:27:41
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.10
カテゴリ:記憶言語学
以前から、私の理論に興味を持ってくれているフランス人の友人がいるのだが、これから少しづつでもお互いの理解を深めるためにメールの交換をしようということになった。当然フランス語になるので、表現についても吟味してもらえる。ただし、直したことで意味が変わってしまうこともあるので十分注意はするつもりである。

D・チャーマーズ氏への手紙も読んでもらったのだが、やはり記憶自体の持つメカニズムから議論を始めるのは、あまりに唐突すぎるので、まずは言語の分野から始めることにした。そして、以下のような定義で意見の一致を見た。

La fonction principale des langues humaines est de faire evoluer et de transmettre la memoire (collective) humaine, la communication n'étant qu'une fonction secondaire. (アクセント記号抜き)

日本語訳は「人間の言語の主要な機能は、人間の(集団的)記憶を進化させ伝承することであり、コミュニケーションは二次的な物に過ぎない」となる。

これからのメールのやりとりで、離散系という概念まで理解してもらえるかどうか分からないが、言語という分野に制限することで、議論を絞り込んで行こうと思う。ただ、どうしても動物と人間との違いという哲学上の問いは避けて通れないが、この違いを離散系という新しい概念でクリアできるかどうか、正念場であるかもしれない。






Last updated  2016.10.10 08:21:15
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.16
カテゴリ:記憶言語学
コメント欄での議論が大分白熱していたのだが、どうも咬み合わない理由が、自分が考えている記憶言語学がほとんど理解されていないままに、ここまで来てしまったことだと判明ししまいた

それで、まず第一に「動物の記憶と人間の記憶の違い」から扱ってみたいと思います。

動物にも確かに「記憶」はあります。しかし、その記憶へのアクセスの方法が人間と大きく異なっています。動物の場合は、認知という問題解決型の知性があり、受けた刺激が、それに関する記憶を喚起し、それを元に判断をしているという仮定に立っていいます。

これに対して、人間の場合は、記号によって知識や経験が離散系として成立しており、この離散化した記憶に自分の意志でアクセスすることが出来るだけでなく、それを進化させることができると考えています。

動物と人間の記憶喚起に関する違いに関して、お二人はどう考えますか。これに、同意していただけなければ、先には、これ以上進めません。






Last updated  2016.09.16 02:31:11
コメント(47) | コメントを書く
2016.09.03
カテゴリ:記憶言語学
>「手話」も「音声言語」も、
>時間の流れの中で瞬間的に消えて行きます。
>瞬間的に消えていく事の中に、言語の秘密がある。

これは、ともちゃんさんの投稿からの引用です。投稿の中では埋もれてしまいそうなので、記事にアップすることにしました。

この対極にあるのが、fractalemodeさんの文字言語論です。人間の言語は、文字に記録することによって大きく進化を遂げています。そして、記憶の進化という流れの中で、今正に新しいステージへと向かっているのです。

この2つを整理できたことは、このブログの成果であると思っています。






Last updated  2016.09.03 18:50:18
コメント(0) | コメントを書く

全61件 (61件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.